金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 7/26-3金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 7/26-1

July 25, 2010

金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 7/26-2

      7/21、各紙の見出しは『住宅市場がつまずく』と宣言した。記事は『国内主要市場で住宅販売が悪化・・・そして業者は建設計画を減らしている』というリポートで始まっている。これは土星の天秤座入りだけではなく、月の *ノースノードが山羊座にあり、非常に敏感な「山羊座ポイント」、即ち山羊座0° (2011年2〜3月到達)へと向かいつつあることにも関連している。これはノード・サイクルの原則に基づくテクニカルから見て不動産市場のボトムを示 し、このサイクルは前後2年の幅を持っている。(水瓶座15°〜蠍座15°、又は2008年9月〜2013年7月) おそらく不動産市場が大底をつけるのは山羊座にある月のノードが天秤座の土星(山羊座の支配星)とスクエアを形成する時(2010年9〜10月)か、又は冥王星とコンジャンクトする時期 (全て2010年11月)になるかもしれない。
     
* (月のノースノード:天球上で白道[月軌道]と黄道[地球の公転面]が交わる点。交点が2つあるうちノースノードはアセンディング・ノード、また占星術上 ドラゴンズ・ヘッドとも呼ばれる。月のノースノードは惑星エネルギーの吸入口であり、対向するサウスノードを経由して各個人の脳により翻訳され、3次元領域の現実と して現象化されていくという考え方がある。また月のノードは古くから、過去生・今生・来世を繋ぐものという解釈もされている。)

 同じく7/21、こんな見出しも目に入った。『米軍、パキスタン軍との協調活動を拡大』  これは牡羊座の天王星(2010年〜2019年)、そして特に火星・土星のコン ジャンクトと天王星とのオポジション(7/30〜31)がもたらす影だ! 大がかりな戦闘の危機がくすぶっているのだろうか? 特に火星が冥王星とスクエア を形成する8/3、その同じ日に木星が冥王星にスクエアとなる。これらは敵意と脅威を暗示するアスペクトなのだ。
これは多量の火星エネルギー、そして強力な牡羊座のエネルギーだ。火星と牡羊座は戦争や軍事衝突との結びつきを持つ。そして冥王星が山羊座にある時、あなたがはずみで行動すれば、その結果がどういうものであれ、結局は有罪を宣告され責任を負わされることになる。 指導者達(そしてそうでない者達も)が彼らの感覚を制御し、衝動に屈することの無いよう希望しよう。

7/22木曜、『バラク・オバマは大恐慌時代以来の最も全面的な改革となる金融規制強化法案にサインした』とウォール・ストリート・ジャーナルは述べた。 これはより多くの規則と、そしてより多くの銀行を破綻させる規制力を持った、より多くの政府機関を意味する。 『規制する側は用心深くあらねばならないだろう。』とオバマは警告した。そう、その通りだ! そしてこれについては銀行側も同様だろう。 山羊座には冥王星が睨みを利かせている。 そして翌7/23金曜、ウォー ル・ストリート・ジャーナルはセンセーションを巻き起こそうと他の2つのホット・トピックスを取り上げた。最初の記事は『上院、温暖化ガス放出防止への努力を棚上げ』というものだった。また2番目の記事は来るべき「ブッシュ減税」の期限切れに関するものだった。ガイトナー財務長官とホワイトハウスは、"最も裕福なアメリカ人達以外"の全ての人々のために、減税が存続することを望んでいる。だが議会では、大統領自身の党である民主党内の議員多数を含んだメンバーが、例外無く全ての人々への減税を許容するというスタンスを取っている。 税金をめぐる熾烈な闘いは、さらにもう一つの冥王星のテーマだ。

      さて、株式市場はどのように反応しただろうか? 前週の金曜7/16、ダウ工業平均は261ポイント下げていた。週明け月曜7/19は57ポイント騰げた。火曜日は早々からおよそ150ポイント下がって いたが、引けに向かって騰げ続け、75ポイントのプラスで終わった。水曜日、FED議長ベン・バーナンキが米国経済は『異例なほど不透明だ』という議会証言をするまでは、騰がり続けた。 ビンゴ! ビッグ・ベンは解っている。 そして彼の所見に従い、ダウ工業平均は素直に200ポイント下がった。だが議会は果たしてちゃんと聞いていただろうか?
     
ところが翌日木曜、市場はオープンと共に勢いづき200ポイント以上の騰げで引ける。そして金曜にはヨーロッパの銀行が「ストレス・テスト」を通過したというニュースが流れると共にもう102ポイントの騰げを見せ、今月の高値を更新した。

あなたは今自分自身をうまくコントロール出来ると考えているだろうか?  このリアリティの新しい入り口では無理だ。ここでは物事が「牡羊座の天王星」特有の稲妻のようなワープスピードで起きてくる。生き残りの鍵は、まず謙虚であることなのだ。私は *シャーリー・シェロッドの物語については言及さえしなかったが、彼女の名をGoogleで検索してみればわかる。 あなたは謙遜した態度でいたほうが良い。もしあなたがブログを書いたり会話したり、そして誰かを クビにしたりする時、例えば「人種差別」(今や天王星・冥王星のホット・トピックなのだが)などという物事についてあまりにも不用意に扱ったりすれば、事実をストレートに受け入れる前に、あなたは強制的に謙虚さを学ばされる羽目に陥るだろう。

* (Shirley Sherrod :米農務省の黒人女性局長だったが、意図的に編集された動画が保守系ブログに公開されたことが元で白人農場主に対する人種差別発言を行ったという濡れ衣を 着せられ、事実上解雇処分された。動画一つを証拠に一部のメディアがシャーリー・シェロッド氏叩きを展開し、中間選挙を11月に控え、人種問題に神経質に なっていた政府は簡単にそれに乗ってしまった。その後オバマ大統領やギブズ大統領補佐官など政府要人が彼女に対する正式謝罪を行った。....主にウィキペディアより)

他のマーケットでは、酷暑によって動意付いた穀物価格が今月高値レベルまで騰がった。金と銀は、火曜の早い時点まではここ数週間の底値レベルまで下がっていたが、その後水曜・木曜の射手座ファクターに入って印象的な騰げを見せた。そして金曜には誰もが疲れ果て、週末の休みに備え売られたのだった。
 
カーディナル・クライマックスの最深奥の今月、その最初の週へようこそ!

hiyoka_blue at 21:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 7/26-3金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 7/26-1