『フォーキャスト2011』金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 11/8

November 03, 2010

●11/6の新月—みんなに降り注ぐエネルギー(気まぐれUP♪)

11/5 日本の始原図(新月時)を追加しました。

    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きるわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造していると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。 ではでは今月も行ってみます!(^_-)

新月タイム・スケジュール
11/6、日本では東京・関東ローカルで14:11、北海道周辺で14:17前後、関西方面は13:52前後、沖縄周辺で13:22前後に蠍座13°40’で新月となります。ヒーリング・メディテーションや願い事をしたい方、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。

前回の新月のあらましについてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【新月のテーマ】

*ここではディーン・ルディアー版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版ではなく、透視家エルシィ・フィーラーのオリジナル版サビアン・シンボルを使っています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。


【太陽・月 蠍座13°〜14° 】

"A man handling baggage" + "An inventor experimenting"
"Shellfish groping and children playing" + "Telephone linemen at work"

あれこれと可能性を捨てられない状況→ ★フェアであることと利益や安全を得ることの両立に悩む→ ★物事を重荷と捉えず受け入れることを意識する→ ★新しい刺激を求めて手探りする→ ★隠されていたものが露わになる→ ★周囲の出来事にどう関わるか・距離を置くかの選択→ ★目先に惑わされず選んだ1つの事に集中する必要・・・・→

キーワード: 「迷い」「超越への希求」「リズム」
エネルギーのポイント:「細心の注意と集中力、意志を使い苦境を乗り切り調和へと向かう」
ラッキーポイント: 感情の解放、ルーティンの見直し、休息と集中のリズム

NM101106

    今回の新月蠍座の13〜14°のテーマは、ひとことで言ってしまえば「迷いのトンネルをいかに抜けて光を目指すか?」です。

もともと蠍座は物事をとても深く感じる能力を持っていますが、特にこの度数は敏感で、普段は気付かないで通りすぎてしまうような微細な情報もキャッチする能力を与えます。そして、そのキャッチの仕方は独特で、アタマで考えたり分析したりする前に、深く潜在意識に入り込んでしまような感じです。そんな時は無意識のうちに影響を受けて、「なんだか落ち込んでるな」とか「あれ、なんとなく楽しい!」的な感覚を持つのですが、もともとこの度数に個人的な惑星や感受点を持つひとの中には、それに慣れてしまい、「自分はあんまり深く感じたり考えたりしないし・・」と思っているケースも見られます。けれど実際には一種の情報過多から自分を守るために蓋をしていることも多いんです。

それに加えてこの度数はもともと正義に対しても敏感なところがあり、阻害や偏見、憎しみなどのダークなパワーと闘おうという意志を持っています。本来野蛮な争いはキライなので、何とか美と調和の方向にもっていこうと努力します。このエネルギーには大きな磁力があるので、うまく使えれば持ち前の魅力を最大限に発揮して、素晴らしい調整役になれる可能性を秘めています。けれどその意志と、押し寄せる様々な情報との狭間で混乱が生じた時は、あちこちに注意が散乱して考えがまとまらず、不注意なミスを犯したり、大事な時に決断を下せないこともあるかもしれません。また急に面倒になって、何かと理由をつけて身を引いてしまうこともあるでしょう。

いつもそれだと物事を成し遂げることはなかなか出来ないけれど、今回の場合は・・・あまりにも疲れてしまったら、頑張りすぎてワケワカラナクなるよりも、かえって一度身を引いてみたほうが良いかもしれません。

何故なら、物事を的確に判断しようとしても、今回の惑星配置だとちょっと霧にまかれたような、地に足が着かないような、そんな感覚が付きまとうからです。目に見えない深い部分で、何かが解体作業中みたいな感じと言えば良いでしょうか。 そんな時は いったん休息して、溜まった感情をどこかで発散!! そして自分に十分な栄養を与えてあげてください。楽しむ力を回復させましょう。

    ところで今回の新月を支配するのは火星と冥王星。その火星は射手座にあって、準惑星エロスとコンジャンクト。この2つは以前の新月時、金星と三つどもえで天秤座にあり、なんとなくセクシーでワクワクするようなエネルギーを作り出していました。
まるで「愛とは何か?」について会議でもしていたような感じでしょうか。前の新月テーマのひとつ、「欲望と愛の違いの認識」。これは火星・金星・エロスが出会ったときのメイン・テーマでもあるんです。

eros


    金星とエロスはセクシュアリティの異なった側面を表しています。金星は情愛とそれにともない自分と相手の価値を認めること、美の確認、楽しさや優しさをわかちあうことを求めます。絆を保つことも大切な要素だし、時にはそのためにちょっぴり打算が入ることもあります。それに対してエロスの愛はどちらかというと非個人的な感覚と言えるかもしれません。バイセクシャルでもあり、一般的にはダークなイメージの世界にも、平気で足を踏み入れることがあります。根っからの冒険者であり、新しい体験を求めて本能的に行動する放浪者、エロス。彼にとって絆を長く保つことなど全く価値がありません。それより大切なのは、一瞬の融合とそこから得られるきらめきです。本来エロスが求めているのは、相手と触れあうことによって自分の限界を超越すること。まだ見ぬ地平の境界を越えて飛翔したいという、深いソウルフルな願望です。

だからエロスが行動的な火星の力を借りてとてもうまく働いたときは、たとえ行きずりの相手でも、社会的にはNGとされるような関係であったとしても、ドロドロしたものが残らない、不思議にクリエイティブなひとときを過ごすことが出来ます。その関係は「友愛」とか「同志」に近いものになるでしょう。 ただし、エロスのエネルギーを上手に使うには何ものにも依存することのない、自立した精神を持っている必要があります。これは本質的に探求者や達人の世界。なので中途半端な気持でウカツに誘惑に乗ってしまうと、底深い闇の世界が待ち受けている・・・・・・・・・・・・・・かもしれません。(^_^;)  

    今回の新月、逆行中の金星は自分のホームグラウンド、天秤座の入り口にさしかかっています。情愛の絆はちょっと一息入れなくちゃモード。今まで培ってきた絆を再認識し、暖かさや慈しみの感情を静かに振り返ろうとしています。なのでたった今は射手座の火星とエロスの世界。射手座は本来あまり物質的な星座ではないので、ここでの一触即発の融合願望は、違う創造性に昇華されていくかもしれません。遠い異境の地を夢見たり、官能的でエキゾチックな音楽やダンス、アートに身を委ねたり、創ったり。 タントリックな宗教哲学やマジックの世界を探求してみるにも良い機会となりそうです。 ここでの「欲望」はすべて「生命の探求」に繋がっていきます。「自分はいったい誰なのか?」 「何処へ行こうとしているのか?」・・・ この時期、あまり現実世界で冒険したくないひとにとっても、そんなエネルギーの使い方はとてもステキだと思います。

そうそう、金星逆行中はなるべく高額なお買い物は避けたほうが吉! 特に趣味のもの、嗜好品、アート、服やアクセサリー類などはいつものような眼力が働かず、後で後悔しやすいです。この時期、オークションやネットショッピングは購入ボタンをクリックする前にもう一度考えて。実用品はOKです。

    ところで、もう一方の支配者、冥王星は? 
彼は現在山羊座で月のノース・ノードとコンジャンクト。対向の蟹座のサウス・ノードとの間に強いエネルギーの流れを作っています。そして同時に牡羊座のダーク・ムーン・リリスとTスクエアです。またこの時間、乙女座を進んでいるVtxが、やはり牡羊座のエリスとインコンジャンクト。 うーん・・こちらもやっぱり、今まで抑圧されていた感情や負の記憶に揺さぶりをかけてきそうな配置かな。何か大切なものを失いそうな気がして、不安になるひともいるかもしれません。もしかしたら突然、理不尽に怒りが湧いてくることも。

    海王星とカイロンはあいかわらず水瓶座で日本始原図の月・ASCとコンジャンクション。日本人の心(アイディンティティ)の解体作業中です。わたし達の国が新しい確固としたアイデンティティを獲得するには、まだ少し時間がかかりそうです。また今回の新月ではちょうど彼らが12室秘密のハウスに入るため、何かが水面下で動いている感じ。水星とはスクエアとなって、報道も伝聞もアテにならず、何が正しい判断なのか見えないもどかしさが一層強く生じそうです。財政面・外交面でも、新たな不安要素が表面化するのかもしれません。射手座の火星はエロスとのペアリングだけでなく、こうした問題に対して果敢に挑戦するエネルギーとして使われる可能性があります。それは真実を求める力です。 ただいずれにしても情報が錯綜しがちなため、あちこちにフラフラせず、一番大切な物事にエネルギーと精神を集中することがカナメになりそうなエネルギー模様です。

同じく日本の始原図では射手座の火星が天頂へと向かう中、10室(政府与党・オーソリティ)射手座のサウス・ノードには突然のカルミックな出来事を示唆するフォロスが0°。11室(議会・国際友好・組織・団体)では公正な闘いを表す山羊座のパラスに冥王星とノースノードが0°。こちらも未来を深くみつめた上での適切な思考・判断や処置が求められているものの、ともすると焦りを招き、流れを抑圧する方向に「力づくの政治」が行われかねないエネルギー構成です。そして11/17〜18には日本の太陽に土星が0°、射手座のサウス・ノードには火星が辿り着きます。このあたりも難問題が続きそう。。。

M_JAPAN101106

そんな雰囲気の流れにあって、これから先もし何かの拍子にネガティブな気持が出てきたら・・・「これは次のステップに進むために絶対必要なことが起きてるだけ。OK!」と言って胸をはって・・・悩んでください。堂々と、大いばりで落ち込んでみてください。出てくるものは認めないわけにいきません。でも、たとえ倒れふしていたとしても、あなたの中には凛とした火がいつも燃えていることを忘れないでね。

    そんなわけで・・・これからの1ヶ月、もしどうしたら良いか選択に迷うことがあったら、いったん立ち止まり、自分にとっての優先順位をよく見直してください。そしていったん選択したら周囲でどんなことが起きても気にしないで1つのことに集中する、と決めて頑張ってみましょう。

太陽も月も、新月の後まもなく同じ蠍座をゆっくり進行中のヴェスタと出会います。ヴェスタはわたし達ひとりひとりの内なる炎を静かに守る、強靱で精神性の高い女神です。 また時には聖なる娼婦とも呼ばれ、自分の身を削ってでも、死すべき運命にある闇の子供達を抱きとめ、聖なる存在に変容させようと心をくだく、巫女神でもあります。ヴェスタは出会うものを高みへ昇っておいでと招いています。太陽と月はヴェスタの心を水星へ、火星へと伝えて行くでしょう。 もしわたし達が迷いのトンネルに入ってしまったら、きっとヴェスタの炎が明るい光の世界へと導いてくれる筈です。

そして今月中には海王星、金星、木星がそれぞれ逆行から順行へと転じます。主要な3つの惑星から素直な意識の放射が始まるとき、きっとまた何か、新しい風景が開けてくるのではないでしょうか。 もしそれが夢見たものとは少し違っていたとしても、この流れは今後向かうべき未知の大地へとわたし達を誘ってくれると思います。
射手座の新月がもたらすものは、「拡がりと成長」です。
迷いながら、楽しみながら、行きましょう!!


【惑星タイム・スケジュール】
海王星順行開始:11/7 15:05頃(JST)
水星射手座入場:11/9 08:59頃(JST)
金星順行開始:11/19 06:17頃(JST)
木星順行開始:11/19 01:54頃(JST)


Good Luck to You All !!★


hiyoka.(^_^)



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『フォーキャスト2011』金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 11/8