A Happy New Year!!!●1/4の新月+日蝕—みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

January 02, 2011

金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 1/3

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2011年1月3日(フリー版より)
翻訳:hiyoka
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また merriman.jpでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(文中のは翻訳者によるものです)
------------------------------------------------------------------------------------

今回のコラムは≪先週を振り返って≫と≪短期ジオコズミクス≫で構成されていますが、都合により、≪短期ジオコズミクス≫のみとさせていただきます。と言っても大変短いのですが・・・。(^_^;

なお、≪先週を振り返って≫では2010年の出来事と天体位相、そしてファイナンシャル・アストロロジーとの相関関係を振り返り、その有効性に言及。トレーダー社会に浸透しつつあるものの、いまだにメインストリームではあり得ないことは、それだけ有利だということでもあり、全く問題ではないとしています。但し、その有用性にも関わらずなかなか率直には受け入れられない原因として、市場にいまだに根強い旧態依然とした世界観と相場の動きに対する幻想を具体的にあげて検証しています。
また2011年に入って物事がますます加速化していくこと、そうした中で全般にわたり今後は旧いやり方は通用しなくなると警鐘を鳴らしてもいます。

そして、最後にこう結んでいます。

「何よりまず、私達はファイナンシャル・アストロロジャーであり、その研究の分野は天王星が司っている。 天王星のDNAに追随者の血は無い。真実というものはコンセンサスや因習には依拠しない。天王星が追うのは、喧伝された何かではない、真実そのものなのだ。」


≪ 短期ジオコズミクス ≫

    1/4火曜日、3度目にして最後の木星・天王星のコンジャンクション(0°)が起きる。これはレベル1のジオコズミック・サインであり、その日から11取引日以内にプライマリー・サイクルが完成する確率において、通常より高い可能性を示唆するものだ。前2回の形成時は、これに続き株式市場において1〜2週間にわたる爆発的反騰が起こった。しかしながら、歴史的に見ればそうした状況が常に起きてきたわけではない。価格上昇に繋がる底値とほぼ同じくらい、下落に繋がる天井が存在するのだ。そして示現するのが天井だった場合には、底の時よりも強力なサイクルの終わりを示す傾向がある。現在、米国やドイツなど世界数カ国の株式指数がその2年来かそれ以上の高値水準まで騰がっている。これまでの研究から見れば、この状況は1/4から11取引日以内に示現する筈の、天井からの急激な下落を示唆し得るものだ。





訳文ここまで
-------------------------------------------------------------------



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by aea   January 02, 2011 12:11
5 新年明けましておめでとうございます。

世間一般の人が正月休みでのんびりしている中、更新お疲れさまでした。m(_ _)mぺこり

今年も宜しくお願い致します。
2. Posted by hiyoka   January 02, 2011 17:32
aeaさん、あけましておめでとうございます。

お正月ということで短文のみの更新となりましたが、今年もマイペースで続けていきたいなと思っています。

こちらこそ、本年もどうかよろしくお願いいたします。m(^_^)m

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
A Happy New Year!!!●1/4の新月+日蝕—みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)