金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 2/14金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 2/21

February 17, 2011

○2/18の満月 — みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

    さあ、新月のテーマが花開くときがやってきました。毎回のコトで耳タコ目ダコの方もいらっしゃると思いますが・・、満月のエネルギーのベースとなっているのはあくまでも前回の新月のテーマ。それは満月でパワーの最高潮を迎え、花開きます。そしてこの期間の色々な経験や想いを消化しながら、次の新月に備えて歩みを進めていく・・・そんな意味で満月はとても大切な折り返し地点。そして小さな果実を手にする時でもあります。 さて、今月の満月はまたもやいつにも増して強力です。。(今回はなるべく手短にいってみようと思います。 ^-^;)

FMphoto


満月タイムスケジュール
ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

ソーラータイム(LMT)
東京・関東ローカルで17:54前後、北海道周辺で18:01前後、関西方面は17:35前後(JST)、沖縄周辺で17:06前後に獅子座29°20’で満月となります。

その他主な惑星スケジュール
2/17 18:34頃 太陽・海王星コンジャンクション
2/19 04:12頃 金星・土星ワクシング・スクエア
2/22 06:13頃 水星魚座入場
2/23 10:07 火星魚座入場
2/26 04:57頃 木星・冥王星ワクシング・スクエア
3/02 11:39 金星水瓶座入場

3/05 05:45頃 新月@魚座13°55’


今回の基調となる新月のテーマについてはココをご覧ください。


------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【満月のテーマ】
*ここではディーン・ルディアー版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版ではなく、透視家エルシィ・フィーラーのオリジナル版サビアン・シンボルを使っています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。


【月 獅子座29°20'  太陽 水瓶座29°20'  】

"A Mermaid" + " A Butterfly emerging from chrysalis"
"An unsealed letter" + "The field of ardath in bloom"

今までの現実感覚に新しい気付きが加わる→ ★ずっと望んでいた物事に一歩踏み出す→ ★小さな好奇心が秘める大きな可能性→ ★インスピレーション→ ★まだハッキリとは掴みきれない物事を理屈で明確にしようとする→ ★古いやり方を捨てることの難しさ→ ★情報過多による混乱→ ★隠されたものは明らかに、開かれたものは隠されるという奇妙なパラドックス→ ★理屈抜きで新しい繊細な感覚を得る ・・・・

幸運のポイント
アタマではなくハートで物事を決める、合理性にこだわらない、腹式呼吸/下腹部の筋肉に意識を置く、今までやらなかったこと・又は真に望んでいたことをやってみる、アイディアを分かち合う、自分であり続ける、旅に出る、煙水晶、アメシスト


    今、太陽の周囲にはセレス、ネッソス、水星、火星、海王星・・・そして魚座に入ってきたばかりのカイロンと、強力な惑星達がひしめいています。一方の月は、恒星レグルス、そしてトランス・プルートと呼ばれる感受点ともコンジャンクト。それぞれに違った方向性を持つ星々のエネルギーを一身に受ける今回の満月は、わたし達の感情面を強く刺激してきそうです。

    2/3の新月のテーマは、潮目の変化を読みながらも、自分自身を自由に表現したい!という強い気持ちに導かれて様々な経験をこなしていくことでした。 今回はそうした体験のさなかで、「強い想いの力」がクローズアップされてくるでしょう。周囲の人々との交流の中で新しいインスピレーションを得たり、今までやりたくても控えてきたような物事に思い切って着手してみたり。 ビジョンを共にする仲間と新しいプロジェクトを始めよう、なんて話が盛り上がるかも・・・・? まだ何かはっきりした展望が見えているわけではないのですが、とにかく何かしら行動を起こさざるを得ないような、オシリを蹴飛ばされたような気分も生まれそうです。まるで空間から「目を覚ませ!」とでも言われているような感じかな。。

また、いつになく感性が繊細になるひとも。もしかしたら対人関係の影響をモロに受け、感情の波に翻弄されてもうグッタリ・・・なんてこともあるかもしれません。 パートナーや恋人との関係では、お互いにあえて触れないできた水面下の問題があったりすると、それが再び浮かび上がってくる可能性も。そんな時は、こころに溜めてきたことを徹底的に吐き出して、お互い新しい局面に踏み出すことを促されるでしょう。

    新月当時はまだまだ出発点だったため、ゆっくり進む余裕もあったと思いますが、いよいよ満月、降り注ぐエネルギーのウォーミングアップは十分です。今はとにかく一歩でも前に向かって進むしかありません。

    今回満月とコンジャンクトしている恒星レグルスは「ライオン・ハート」とも呼ばれる王者のシンボルです。合い言葉は「勇気と威厳」。 大きな夢に向かって、何があっても胆力で乗り切る力を与えてくれる星です。 たとえ自分の思いや行動がこれまで頼りにしてきた理屈に合わなくても、論理的な説明がつかなくても、結局最後に暗闇を呑み込んで青空に変える力はわたし達自身のハートから生まれたエネルギーに他なりません。このエネルギーは全体のために身を尽くす高貴な精神のシンボルでもあります。そして、まだ見ぬ大地に向かって人々の希望を道連れに旅立とうとする精神をも意味しています。獅子座の最終度数は、全体の幸福を願うまでに成長した自我をシンボライズしてもいます。多分これは、この時期を良い感じで乗り切るために必須の精神性だと言えるかもしれません。 お腹に力をいれて重心を保ち、この王者のパワーを使ってみてください。

とはいえ今回、月が吸収する惑星たちのパワーも侮るワケにはいきません。大きな目で見れば、この期間は何でもアリのサバイバル世界の始まりです。 全体にちょっと魅惑的な雰囲気も漂う時期ですが、それと同時にかなり奇妙でトリッキーな側面もありそうです。 

そんな中で、時には周囲を駆けていくひと達が眩しく見えたり、自分のアイデンティティがよくわからなくなったり、イケイケムードに翻弄されて何を信じればいいのか、道を見失ったように混乱を感じるときがあるかもしれません。 突然、自分だけが停滞してしまったように感じるひともいるかもしれません。

    でも、ひるまずに進みましょう。今降り注いでいるエネルギーは、ちっぽけな理屈で説明できるようなものではありません。 今まで有効だった合理的な判断基準さえアテにならないかもしれない・・・そんな時期、頼りになるのは自分のハートで下した決断だけです。 

もしなにか思わぬことが起きたとしても、ソレはソレ。今までこだわってきたことが自分自身にとって本当に本当に大事なことだったのか?を直視する良いチャンスが来ています。 その上で、もしそれが本当に自分の道と思えるなら(たとえ今のところは・・・だとしても)、もう振り返ることはありません。ただ 進みましょう。  そして、「もしかしたらもうどうでもいいことだったのでは?」とちょっとでも思えるなら、不必要なものとサヨナラすることを怖れずにいきましょう。この時期、何かから逃げているのかそうでないかを一番よくわかっているのは他の誰でもない、自分自身です。
本来の自分自身の場に降りていって、そこで宇宙から降り注ぐ純粋なパワーと共に在ること・・・極論すれば、今なすべきことはそれだけなのかもしれません。

    NASAナショナルジオグラフィックの記事によると、2/14、太陽は4年ぶりに最大規模のフレアを放ったことで新しい活動周期に入った可能性があるということでした。磁場の不安定化から吹きだした大量の荷電粒子(太陽風)が17日昼頃には地球の大気圏と衝突したのだそうです。 このフレアの強度はまだ2000年代始めにみられたものから比べるとスケールが小さいということですが、アストロロジーの世界から見ると、今後太陽活動が活発になってくるとすれば、それは他の惑星達の動きとあいまって、とても興味深いシンクロニシティがみられるように感じます。 

    太陽が位置する水瓶座最終度数から放射されたエネルギーは満月のサビアン・シンボル『封をされていない手紙』で開花します。そしてフル・ムーンの儀式を終えた太陽は、そこから魚座の0°、『花盛りのバビロンの空中庭園』を取っていきます。未知の霧にとりまかれた世界、魚座に入る寸前にわたし達が目にする この手紙は、誰かに届いて開封された状態なのでしょうか? それとも、まだ誰宛にも投函されないまま、オープンになっているのでしょうか?  ここには深い謎がこめられているように思います。 ここに秘められたメッセージは多分、まだ宛先さえ記されていないもの、誰のものにもなっていないもの。。。これを受け取るのも、そのまま拾わずに通り過ぎるのもわたし達それぞれの選択。 けれど拾って開けてみると、そこには自分だけに向けたとしか思えないような内容が書かれている・・これは魚座が秘めた謎のひとつです。

けれどもしこのメッセージを受け取ったなら、その時わたし達はその内容をそれぞれのこころに携えて、そして、けっしてちっぽけな論理や自尊心というシールで封をしてしまわずに、オープンな態度で魚座世界に入っていくことが出来るでしょうか? 

一歩ゲートをくぐれば、そこには蠱惑的な花の空中庭園、魚座宇宙が待っています。それはわたし達の夢の世界と現実を繋ぐ庭園です。 そして多分、究極にはわたし達をより高いレベルに成長させるための、絶対的オープンさとサレンダーが要求される場所なのだと思います。

今回の満月はわたし達の足もとを煌々と美しく照らしながら、同時に今まで確かに存在すると信じていた大地が突然揺らぐような経験をさせてくれるのかもしれません。これまでの日蝕や月蝕のテーマもまだしばらくの間、リフレインしています。いまだ目に見えない未来に向かってワクワクするような気分と共に、この希有な時期をみんなで共に歩んでいきたいと思います。


Sun2



Have a nice trip!!!★

hiyoka.(^_^)


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 2/14金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 2/21