March 29, 2011

るるさんへの返信

こんにちは。お返事が遅くなりすみません!

詳しいご事情やお住まいの地域も知らないまま無責任なことは言えませんし、とてもおおざっぱなことしかお伝えできないかもしれません。ただ、感じたことを書かせていただきますね。

真っ先に、結論めいたことを。。大丈夫です。どうかどうかご自身の選択に自信をお持ちになってください。

3年前からこのような時代を予想して食の仕事に移行されたんですね。慧眼をお持ちなのだと、こころから尊敬します。これからもっともっと大切なお仕事になっていく筈です。

今、地震や津波、それに原発問題でわたし達みんなが大きな不安を感じています。今までも沢山の危機がありましたが、時が経ち周りの様子が元に戻ればひとは不安や痛みを忘れて元の生活に戻っていきました。 けれど星回りを見ても、今回はそうはならないと思います。人間の、生活・こころ・・・根本的な部分を変えていかなくてはならないぎりぎりの時が始まっているように見えます。多分わたし達は、長い間豊かさを追って頑張りつづけるうちに、どこかにゆがみが溜まってしまったのかもしれません。。本当に、未曾有の時代ですし、わたし達の目にふれるような事はきっと表面のごく一部にすぎないかもしれません。そしてだからこそ、るるさんのような方が必要なのだと思います。

これからは徐々に、そして今まで以上に「大地」の大切さがクローズアップされてくるでしょう。大地を友として、愛情をこめて、食物になってくれる生命を育てるお仕事にはきっと大きな報いがあると思います。確かに今までは豊かさ=お金の時代がずっとずっと続いてきました。「社会がこれから先も永遠に何事も無く繁栄し続ける」という暗黙の幻想をみんなで追ってきたし、それが社会に溶け込んで暮らすための手段でもあったかと思います。けれど、そのような豊かさは、今回のような大自然の力の前では本当にはかないものですよね....。

命をはぐくむこと。 わたしは、この地球上でこれ以上の豊かさは無いと思います。人間も、動物も、植物や虫たちも。その上にしっかり立ってこその、物やお金だと思うのです。

もちろん、田畑のお仕事は大自然との厳しい闘いの連続でもあります。きっと挑戦した方でなければわからない大きなご苦労があると思いますし、時には打ちのめされるような事だって起きるかもしれません。それでも、生命あるかぎり、人間は必ず命の原点へ帰ってきます。命の原点に立つとき、人には必ず「工夫」が生まれます。その時、本当に力になるのは嘆きよりも、目の前の大地から再び命を引きだそうとする、とてもシンプルな意志、そこから生まれる希望、そして真っさらな祈りなのだと思います。

るるさんは今まで頑張ってこられて、今は少しお疲れが出ているのではないでしょうか? もしそうだとしたら、どうかご自分に優しくなってください。もしかしたら、ご家族との関係の中でお子様や奥様に少し甘えられても良いころなのかもしれませんね。。たいそうな事ではなく、出来るときに、少しゆったりとして、ご自分の「呼吸」を聞いてみてください。 今というこの瞬間、真に大変なことなど何も起きていない・・・そんな本当の静謐を感じてみてください。 るるさんの隣に、それはきっとありますから。。

これからは政治経済や金融の仕組み・流れも多分、世界的に大きく変わっていくのではないかと思います。富という巨大な力の在りようも含めて。 そしてそれは今後、カーディナル・クライマックスの真のコアと言われる天王星・冥王星のスクエアを中心として、今までにない速度で展開していくようにも思います。あるいはもうしばらくの間、昔からの価値観と新たな思考法や生き方とがせめぎあって、限りなく両極化していくような動きがあるのかもしれません。政治経済・社会でも、そしてわたし達個人の精神の中でも、葛藤や分裂の動きがあり、そうした経験を経て、より良い時代に向かっていくのかもしれません。その変化の度合いをどれほどのひとが気付いているでしょうか。もちろん、わたしにも未来が果たしてどうなるのか・・・見えているわけではありません。 

けれど、るるさんはその、台風の「目」に居ることを決心されたのだと思います。周囲が、世の中がどんなに変わろうと、命をはぐくむためのお仕事は必ず残り、「かたち」として帰ってきます。

少しお元気になられたら、可愛いお孫さんにどうかるるさんの決心とお腹からの笑顔を見せてあげてください。お金や物はあれば便利だし、あるに越したことはないのは確かです。けれど、どんなにお金を残したとしても、極端なことを言えば、ある時突然紙切れになってしまう可能性だってあります。「信用」そのものが売買されているのですから。

これからどんな世の中になっていくにせよ、子供達に残してあげられる最高の財産は、るるさんがその都度その都度ご自分の選択を信じて強く生きていかれる、その姿を見せてあげることだと思います。子供達を「護る」ということは、どんな時代にあっても、胸を張って生きていく力を伝えてあげること。 例え転んでも、起き上がってちょっとブツブツ言ったりして、それでもやがて笑って歩き出す、そんな力をしっかり伝えてあげること。 これ以上の財産ってあるでしょうか?  それはわたし自身が親との関係で学ばせてもらったことでもあります。(本当のことがわかってきたのはずいぶん最近になってからでしたが... ^^;)

傍目からどう見えようと、いつもご自身が選択された「台風の目」に在ってください。その中心で、本当の「価値」を探し続ける、るるさんの姿を眩しく見るひと達がきっともう少し先に待っていると思います。


・・・とりとめもなく思ったことを書いてしまいましたが、これでお返事になっているでしょうか? メリマン・コラムもフォーキャスト本も投資とアストロロジーという観点から書かれたものですので、実際ひんぱんにトレードされている方、アストロロジーを勉強している方でないと、なかなかわかりにくい部分があるかもしれません。また、このお返事もるるさん個人のチャートをもとにしたお話ではなく、そのためもし的外れと思われる部分がありましたらどうかご容赦ください。


今、るるさんとご家族のご多幸を、そして田畑に豊かな実りあることを、
こころからお祈りしています☆


hiyoka (^_^)

hiyoka_blue at 00:50│Comments(3)TrackBack(0) 星読み随想 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by るる   March 29, 2011 10:45
本当に本当に、見ず知らずの私などにご丁寧なお返事有難うございます。

私は、そんなたいそうな、人間ではありませんが、私の祖父の教え、思い出しながら、気持ちだけは、忘れずに、生きてきました。

自分で、自分が、だめなところや、いやなところがたくさんあります、考える事は、いくらでも、できるのですが、いざ、体を動かすとついていけなく、やるせなくなることも度々です、今までの、仕事は、まだ、若いとき程度には、動けるのですが、農業は、30分で2休みくらいです、

(今までは豊かさ=お金の時代がずっとずっと続いてきました)

この事が世の中を、歪めてきたのだと考えています、食料問題、建設の不正、もろもろ、お金がからんでますよね、

現在、子供たちの遊ぶ場所がない、なぜ、ゲームなのか?なぜ、携帯なのか?

野球サッカー、運動を、している少年を見ると輝いています、その子たちが仕事をしますと、体に切れがあるんです、私の店で、働いてくれた子供達それぞれ良いところはありましたが、切れが違いました。




2. Posted by るる   March 29, 2011 10:45
15年位前私の町の市長に、子供たちが、四季を通じて遊べ、県内県外から、種を蒔き、芽が出、花が咲き、実に成るまで、楽しみに訪れられるような場所を、ボランティアを募り、お金をかけないで、造りお金がかからない遊びをして、しかし、周りでは、魚釣り、飲食店、バーべキュウ、等々民間で、そして、隣町には立派な温泉(今では、荒廃寸前)があるので、宿泊を町の活盛カになるのでは、考えたのですが、、、
全然、無反応でした、私に何も力がなく、お金も無い事が改めて、思い知らされただけでした。


さて、今回の、東北の方々の悲痛な思いがある中我が家の事を、相談したことは、私の我がままでした、しかし、被災された方も今無事な方も、これからの生き方を、お金だけではなく、充実した、人生になれる世の中になればと、切に願い、お祈り申し上げます。


私も、命ある限り、皆様に、笑顔で、自分の、できることをやり遂げたいと思います、

貴方様も、健康で、いつまでも良いレポートを頑張ってください。

本当に、有難うございました。
3. Posted by hiyoka   March 29, 2011 21:28


るるさん、お返事ありがとうございます。

るるさんはきっと、これから秋の豊かな実りの季節を迎えられるんですね。

ずっと考え、醸成してきたことを少しずつカタチにしていくような季節。そして春のひと、夏のひとに実りの夢を見せてあげて、勇気づけ、今せいいっぱいに動く大切さを伝える季節。

そしてやがて冬が来たとき、人は次の種を育てるための土壌になっていく。宇宙の、永遠の波の中でわたし達みんなが生きているんですね。。

わたしもがんばって素適なアンティックになって、そしていつの日か豊かな土に還れるよう、生きていきたいと思います。

ありがとうございました☆

hiyoka(^_^)

コメントする

名前
 
  絵文字