るるさんへの返信金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 4/4

April 02, 2011

●4/3の新月—みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きる わたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々で すが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読み の世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造している と言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。 で はでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新月タイムスケジュール
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【 ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで23:50前後、北海道周辺で23:56前後、関西方面(日本標準時)は23:31前後、沖縄周辺で23:02前後に牡羊座13°29’で新月となります。

次の新月までの主な惑星スケジュール(日本標準時)
4/04 05:23頃 火星・天王星コンジャンクト@牡羊座1°17’
4/04 08:37頃 太陽・土星オポジション(@新月の度数)
4/04 22:51頃 海王星 魚座入場
4/09 18:10頃 冥王星逆行開始
4/12 06:00頃 火星・冥王星スクエア(牡羊座・山羊座7°30’)
4/18 12:03頃 満月@天秤座27°44’
4/20 19:36頃 太陽 牡牛座入場 
4/21 13:25頃 金星 牡羊座入場
4/23 19:04頃 水星順行開始
5/01 13:45頃 火星・木星コンジャンクト@牡羊座22°20’
5/03 16:09頃 新月@牡牛座12°30’

*前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。


------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【新月のテーマ】
*ここではディーン・ルディアー版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版ではなく、透視家エルシィ・フィーラーのオリジナル版サビアン・シンボルを使っています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。


【太陽・月 牡羊座 13°〜14° 】

"An unsuccessful bomb explosion"
"A serpent coiling near a man and a woman"

不確実でデリケートな物事を安定させようとする→ ★声の大きな者に耳を傾ける→ ★情報バブルの中を行く→ ★信念の強化→ ★感情に動かされる→ ★虚しい怖れ、虚しい期待、両方の存在に気付く→ ★両極に別れてしまった物事の壁をどう乗り越えるかの挑戦→ ★目に見えない大きな力を感じる→ ★シンプルな悦びと恵みに気付く→ ★新しい道への模索→★将来の可能性と力を内側にうっすらと感じる  ・・・・

エネルギーのポイント:「挑戦」 「1本の細道をバランスを取りながら行く」 「新しい未来のカタチを探る」
幸運のポイント:
リラックス・冷静さ・受け入れて、整理する・動物との交流・ゆっくりした運動・マッサージ・青い水と青い光のイメージ又は瞑想・ラピスラズリ・淡いピンクと淡いイエロー

110403NM


    牡羊座は黄道帯最初の星座宮、そしてその牡羊座での、今年初めての新月 — 新しいテーマの始まりです。 このところずっと「アイデンティティ」というテーマが続いてきました。今までに、なんとなくでも「新しい自分の姿」が浮かび上がってきたでしょうか? もしそうなら、いえ、まだハッキリとしたかたちなど見えて無くても、この新月から何かしら行動の中でそれを表現していくことを促されるかもしれません。そういえば4/10は統一地方選もありますね。 そんな日々の行動の中で、気付くことが沢山ありそうな新月図、とてもパワフルなニュー・ムーンです。

今、牡羊座には沢山の惑星が集まってパーティ状態。 このパーティは一種のホーム・パーティかもしれません。家族や親しい友人たちと、安全で暖かい部屋の中、美味しいお酒や食事をわかちあいながら心のふれあいを楽しみ、ホッとひとときを過ごしたい。何かを心から信頼していたい・・・そんな願いも感じられるチャートです。 太陽と月の出会いの会場には、すぐ側に楽しいことが大好きな木星も控えています。 何かとストレスが溜まりがちな今日このごろ。 機会があればどうか心を少しでも楽しませてあげてください。  

ただちょっと注意。楽しいばっかりのパーティなら良いけれど、この新月の180°対向には天秤座を逆行中の土星が睨みを効かせ、警告を発しています。まるで、「眠るな!足もとを見ろ!今こそ目を見開け」・・・とでも言っているように。。 せっかくイケイケの牡羊座パーティなのに、足をひっぱるようですが、この土星の力はやはり今のわたし達には必要な注意力なのかもしれません。

新月の翌日4日の早朝、牡羊座の火星が天王星とコンジャンクト。恒星デネブ・カイトスやブラック・ムーン・リリスともコンジャンクトしています。水星が逆行中でもあり、もともと短気な組み合わせである火星・天王星はかなりの爆発力を秘めていそうです。緊張感漂う情報や白か黒か矛盾する話が多く飛び交う今、その渦の中で自分を見失い、足もとをすくわれたり、アタマが眠ったまま行動してしまわないよう、少し注意が必要となるかもしれません。 身近なひと達との間で、自分の意見をいつになく強硬に主張してしまうひと、誤解からくる突然の感情的な爆発を経験するひと、また、何かとてもラディカルな決断をするひともいらっしゃるかも。。また水星逆行との相乗効果?もあるので、ちょっとした事故やケガにも要注意。ヨシ!となったら思いっきり行くのもいいけれど、その前に1回、深呼吸ね。 この期間は少し複雑でトリッキーな側面もあるので、自分がどんなふうにエネルギーを使っているか? 使おうとしているか? ちょっと観察してみる余裕を持つと吉です。

またこの時期は、自分自身が感情的な暖かさを求める一方で、相手のことには無頓着になったりしやすいです。けっして冷淡な気持ではないのですが、独立と行動への衝動がとても高まり、関心が自分にだけ向きやすくなる傾向があります。ひとの事になると、共感はしているにも関わらず、同時に超然とした気分にもなりやすいのです。そのため、コミュニケーションは活発だけれど、常に対人関係において矛盾を抱えることになるかもしれません。 けれど、少なくともお互いに対話のマナーを守り、最低限の約束をキチンと果たすことによって、無用な摩擦を避けることが出来るでしょう。 

恒星デネブ・カイトスはどちらかというと土星のような味わいを持っている星。この星がかかわる時、惑星は制限を受けたり、働きを抑制されたりします。うまく働けば、無用な争いに発展しがちな火星・天王星の衝動を和らげてくれるかもしれません。今世界で繰りひろげられている争いや闘いの中にも、どこかで何らかの形での妥協、撤退や終結、少なくともそれに向けての努力が見られる可能性もあります。 

けれど、両者のもたらす衝動がこの恒星の働きによって内側にこもってしまうことも考えられます。抑圧されたエネルギーはやがて解放を求めて噴出するでしょう。一見、何の問題もなくサラサラと流れていくように見える日常の交流や出来事の中で、ある時突然に堰を切ったように感情が噴出してくるようなことがあったら、それは新しい自己発見の大チャンスです。 どうかそのエネルギーを誰かや何かにぶつける前に、自分の中に本当は何が起こっているか、みつめてみてください。 自分が本当に求めているものは何か、そして何を怖れているのか? がくっきりと浮かび上がってくるかもしれません。 それを理解しておくことは、きっと大きな力となるはずです。

反面、この組み合わせは何か突然ともいうべきタイミングで、自分の中から大きなパワーが生まれ、多くのことを成し遂げることが出来る・・・そんな可能性も持っています。少なくとも、今まで自信がなくて躊躇していたことに着手しようと決断する、そんな勇気をもたらしてくれるかもしれません。多分、このエネルギーをどんな風に使うかは、わたし達の一瞬一瞬の決断次第なのではないでしょうか。自分なりの、より良い世界への祈りの気持。明るさを呼び込む、そんな気持をぜひ使ってみてください。

4日の夜には海王星がその約14年にわたる水瓶座の旅を終えて、いよいよ故郷である魚座にイングレス、そして8月始めまで滞在した後再び逆行して水瓶座に帰ります。魚座に本格的に戻ってくるのは来年2月始めです。 この海王星が魚座に戻るのは、1862年以来のことになります。海王星はとても精妙なエネルギーの惑星なので、すぐにそれと感じ取ることは出来ないかもしれません。けれどこれから先徐々に、宗教に対する考え方、世界観や文化芸術・理想・霊的概念などの分野に大きなシフトが起こるのではないかと思います。

それはとても深く、高い精神性をもたらす時期となりそうですが、そこに至るまでには乗り越えるべき幻想や欺瞞、失望、裏切りなどのネガティブな側面も出てくるでしょう。 海王星の最初の帰還となるこの新月期は、 資産・資源・財産に関わるミス・インフォメーションや過度の期待、また情報操作や広報・報道関係の混乱にも要注意です。海や水に関する出来事も考えられます。 魚座や海王星に縁の深い方、もともと感受性の鋭い方は、霊的インスピレーションが高まったり、重要な夢を見たりするかもしれません。良い眠りをこころがけてくださいね。

3/31から水星が逆行中で、これは4/23日まで続きます。また4/9からはいよいよ冥王星が逆行に転じます。

水星が逆行中は、色んな意味で見通しがききにくくなりますし、判断ミス、誤解やデマ、噂によって物事が動いたり、予想と逆に動いたりしがち。また電子機器や機械、乗り物などに関する故障や事故も起こりやすいです。データはコマメに保存とバックアップを。契約事や大きな買い物は慎重にしてくださいね。 また、火星・天王星コンビとも作用し合って、事故やケガにも要注意です。あわてて動く前に深呼吸を。 

でもこの時期は、天秤座の土星力の助けを使って色々な物事を見直したり、計画をあらためて練り直すにはとても良い時期です。

冥王星が逆行を開始する前後も非常に強力なエネルギーとなります。 冥王星はわたし達の奥底に、「深く、深く人生をみつめなおせ」とささやきかけてくるかもしれません。もし出来るなら、逆行開始前後の期間、色々な情報の渦の届かない時間を作り、ひとりで静かに過ごすのも良いかもしれません。忙しい中、たまにはゆっくり自分と向き合ってみましょう。また、瞑想に慣れている方はとても深く入っていける時です。 

社会的にもまだまだ落ち着くには遠い情勢ですが、日本の始原図を見ても、この新月は予断を許さない状況を示唆しています。 財政・税金問題のゴタゴタや、報道や情報の混乱、政府と民意の乖離とそれに対する怒り、諸外国との協調そして行き違いによる軋轢、突然のラディカルな出来事などが考えられます。太陽の活動もこのところずっと活発なので、 強めの余震や原発関連・放射能汚染、海や水に関する出来事など、引き続き十分注意が必要な時間帯です。 

もうすでに沢山の犠牲が出ました。このまま徐々に終息に向かってほしいと、こころから思います。けれど、最初のショックから少しずつさめかけてきた頃が、これから先の日本とわたし達自身にとって、一番大切で重要な時期と言えるのかもしれません。 目を見開き、それぞれのペースでバランスを取りながら、この新月期のテーマをこなしていけたら・・と思います。


serpent


さて、今回の新月のサビアン・シンボルは 「ひとりの男とひとりの女。その近くで蛇がトグロを巻いている」という構図です。 男性性と女性性・・・これはわたし達の生きる、二元の世界の両極のシンボルかもしれません。右と左、白と黒、嘘と真実、生と死、愛と憎しみ・・・数え上げたらキリが無いほど、わたし達はこうした極性の中に捕らわれているとも言えます。 そして、その近くでトグロを巻く蛇。 この蛇は、ヨガで言うクンダリーニ・・・尾てい骨から各エネルギー・センターを貫いて昇っていく、究極の気付きへと導くエネルギーを思い起こさせます。この絵の中の男性と女性はカップルでしょうか? それとも、たった今出会ったばかりの2人でしょうか?  彼らは、二元の世界を超えて溶け合うことの出来る、蛇の智恵がすぐ側にいることに、果たして気付いているでしょうか?

またこの蛇は、クンダリーニと同時に、4つのリリスの存在を思い起こさせます。ブラック・ムーン・リリス、ダーク・ムーン・リリス、小惑星リリス、そして恒星アルゴルです。アルゴルはギリシャ神話のゴーゴン三姉妹。その中で特に有名なのがメデューサです。髪が蛇で、その目を見ると誰でもが石になってしまうほど恐ろしい怪物。もともとは美しい乙女だったのですが、海神ポセイドンの寵愛を受け、攫われた先のアテナの神殿で愛を交わしたことから女神アテナの怒りにふれて醜い姿に変えられました。そして、その果てに英雄ペルセウスによってその首を切り落とされ、非業の死をとげたとされています。 また、リリスはアダムの最初の妻で、神の命令に背いてアダムに対する従属を断り、自ら天界を追われる運命を引き受けたと言われています。そして、イヴに智恵のリンゴを食べることを勧めた蛇は、このリリスが化身した姿だとも言われています。

リリスもアルゴルも、昔から占星術の世界ではとてもダークな役割を与えられてきました。復讐や憎しみ、嫉妬やセックスに関わるタブー、死の世界や凶運などです。確かにこれらの星が関わるとき、そのネガティブな側面が出ることも多いのですが、これは長い歴史と宗教的偏向の中で抑圧され、ゆがんだカタチでそのエネルギーが使われてきたからではないかと思います。

リリスやアルゴルの蛇のエネルギーは、ポジティブに使われるとき、人間の限界を超越していくような働きをします。つまり、二元の世界を超えて、人間の創り上げた「神」なるもののイメージをも含んだ、全ての怖れから来る「タブー」を乗り越え、互いに溶け合い、ひとまわり大きなアイデンティティにまで達する・・・という挑戦です。確かにこれは、普通に生きるわたし達にはとてもとても難しいことだと思います。

けれど、もしかしたらそれはこれからの時代、男と女、生と死、嘘と真実、富と貧しさなど、日常に交錯する様々な両極性をひとつずつ、少しずつ、小さな壁から乗り越えていこうと苦闘する、人間の純粋な欲望を後押しするものかもしれません。 智恵の蛇は案外わたし達の近くでクルリとトグロを巻きながら、気付いてもらえるのを待っているのではないでしょうか。


    わたしがメインで使っている日本の始原図(日本国憲法衆院可決時/A.Miller方式)では1室魚座・7室乙女座がインターセプトされています。それはもともと非常に高い精神性を持つにもかかわらず、ひとつの国としての確固とした顔=アイデンティティを持つことがとても困難であること、漫然とした無意識に支配されやすいことを示唆しています。そのインターセプトが解けるまでは、折にふれて、目を覚ますような出来事を無意識に引き寄せていく・・・そんなチャートです。インターセプトの研究家、アリス・ミラーは、外惑星、特に天王星が挟まれたサインを通過するときに最大のブレイクスルー・チャンスが訪れると言っています。その魚座を天王星が通り過ぎる、まさにその最後の日、大震災が起こりました。そして今、天王星に代わって海王星が国としての日本を試すかのように魚座に入ろうとしています。

占星術的には1年の始まりともいうべき春分を越えて、初めての新月。この真新しい出発の新月は、わたし達にとって、そして日本という国にとっても、より良いアイデンティティを創りあげていく、その出発点になると思います。  太陽と月に対向する土星の新月。 何が起きたとしても、そして傷を負ったとしても、また再び起ち上がって少しずつ壁を乗り越えながら、素晴らしい人生と新しい世界を探求していくこと。 「それこそがあなた!」  今、全ての星達がそんなふうに囁きかけているように感じられてなりません。


Have a Great Trip !!!★



hiyoka(^_^)



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 春分生まれ   July 27, 2016 07:02
hiyoka様
おはようございます^^。

今の私の状況を小さくとらえると
ストレスだけど
意識を遠くに持っていけば
何て時計の針の様に順調に進んでいるのだろうと(笑)

そして今私の心がこの時点に来たのなら
また違うものに見えてきた気がします^^。

どう乗り越えていくか
どう昇華していくか

やってみますーー。

ちょっと愚痴かな(笑)

善き日をお過ごしください(^_-)
2. Posted by hiyoka   July 28, 2016 00:21

春分生まれさん、こんばんは^^

ちょっぴり愚痴りたくなる気持ち、よくわかります。

今の全体の星回りから観ても、何もなくても激しいエネルギーが飛び交っている今日このごろ。底に眠っていたものが掻き回されて、ドロドロしたものも、輝くような小さな芽も、いっしょくたに舞い上がって先が見えないような状態。ちと重い何かを抱えながらも、泥の中からキラッと光る粒子をつまみ上げては内側に貯めていく。悩ましい日々の内にも一筋の光が射す刻がある。それを捉える力を残せるように。そしてあるとき突然理解がやってきて、やがては全てが過去になっていく。それまで、渦に呑まれないよう肩の力を抜いて。バランスを取りながら一歩、ゆるりとまた一歩。…今って、そんなときかもしれませんね。。

ハァーーとひといき、深呼吸!春分生まれさんなら、きっと(^_^

Great trek!!!☆^^


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
るるさんへの返信金融アストロロジー/週間コメント by レイモンド・メリマン 4/4