レイモンド・メリマン 週間コメント 5/30 【金融アストロロジー】★6月の主な惑星スケジュール★

May 31, 2011

○6/2の新月—みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きるわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造していると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。 ではでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新月タイムスケジュール
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【 ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで朝06:21前後、北海道周辺で06:27前後、関西方面(日本標準時)は06:01前後、沖縄周辺で05:32前後に双子座11°01’で新月となります。(日蝕時刻とは異なります)

次の満月までの主な惑星スケジュール(日本標準時)

6/03 05:02頃 水星 双子座入場
6/03 16:28頃 海王星 逆行開始@魚座0°55’ 
6/03 17:37頃 月 蟹座入場
6/04 22:57頃 木星 牡牛座入場
6/05 21:04頃 水星・カイロンスクエア@双子座・魚座5°28’
6/06 00:04頃 月 獅子座入場
6/08 05:40頃 水星・土星トライン@双子座・天秤座10°28’
6/08 04:34頃 月 乙女座入場
6/08 06:08頃 月・海王星 オポジション@乙女座・魚座0°55’ 
6/09 23:24頃 金星 双子座入場
6/10 07:31頃 月 天秤座入場
6/10 14:34頃 月・天王星オポジション
6/10 17:08頃 金星・海王星スクエア@魚座・双子座0°54’
6/12 09:34頃 月 蠍座入場
6/14 11:39頃 月 射手座入場

6/16 05:13頃 満月@射手座24°23’(皆既月蝕)


前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【新月/日蝕のテーマ】
*ここではディーン・ルディアー版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版ではなく、透視家エルシィ・フィーラーのオリジナル版サビアン・シンボルを使っています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。


【太陽・月 双子座 11°〜12° 】

"A new path of realism in experience"
"A topsy saucily asserting herself"

社会全般に対する違和感→ ★今までとは異なる生き方の模索→ ★支配する側への不信→ ★自分にとって否定すべき現実をみきわめる→ ★「自分でないもの」との対立軸からあらためて自分を知る→ ★弱い立場のものを守る意識→ ★見えない壁を突破しようとする意志→ ★逆転の発想→ ★自主独立と協調の両立へ→ ★自己信頼の獲得 ・・・・

エネルギーのポイント:「静けさを伴う勇気」 「自己を宣言する」
幸運のポイント:
ひとりで過ごす時間・光と色・緩急のリズム・流れる水・みつめる
リング状のもの・鳥の声・流れる雲

110602NM


    牡牛座の新月・蠍座の満月を経て、これからたて続けに日蝕と月蝕、そしてまた日蝕と、3回もの蝕が続く壮大なエネルギーの時間帯を迎えようとしています。 残念ながら今回の日蝕は日本では観察できませんが、それでも蝕のエネルギーには大きなインパクトがあり、長い間空間に木霊してわたし達のエネルギーに影響を及ぼします。直近では1/4の日蝕が記憶に新しいですよね。 今年も6月でちょうど半分。6月22日には夏至・・・なんだか沢山のことがありすぎて、長かったのか短かったのか。。。 それにしても、今年はこれまでにもう十分、いろいろなことがありました。去年の今頃と比べたら、世の中は勿論、自分自身もずいぶん違ってしまった・・と感じる方は多いのではないでしょうか。

まだまだ世の中は混沌として、とても先が見えるとは言えない状態です。 それでもわたし達はそれぞれに、新しいアイデンティティ・新しい世界を求め、歩いたり走ったり立ちすくんだり、ときには転んだりしながら進んできました。 

    さて、この日蝕の新月から次の日蝕の新月期が終わるまでの1ヶ月半ほどは、これまで続いてきたアイデンティティ探求の集大成となるかもしれない、大切な時間帯となりそうです。 牡牛座の新月では新しい発想を現実に生かしていくことに挑戦し、蠍座の満月では感情面でのおりあいをつけることが要求されました。 今回は、あらためて内面をクリアにみつめ、調べ、整理し、信頼していくことがテーマ。 そしてもし本当に望むなら、今までみるのを避けていたような、ちょっと苦手な側面にも静かに光があたってきそうです。

この日蝕の支配星は水星です。そして、3日の早朝には自分の支配宮である双子座に入ってきます。双子座は思考とコミュニケーションの星座宮。ホームに帰還して水星も元気いっぱい・・・ですが、東京ローカル図ではインターセプトに。 それもあって、今回のエネルギーは、確固とした思考が順を追って明確なカタチで浮かび上がるというよりは、無意識からヒョイッと反応がわき起こってくる感じに近いかもしれません。 「○○だから××なんだ」とか、アタマの中でそんな段取りを経て考えるのではなく、まるで 「○○じゃない、××でもない・・・で、最後に残ったもの、それが私!」 とでもいうような。 思考の手順があまりにも瞬時に行われて、なんだか考えてないのに初めから結論が出てきてしまったような気さえすることも。。でも、一瞬のヒラメキともまた違うような・・・。そういう思考方法に馴れていない場合は、ちょっと不安になったりするときもあるかもしれません。

でも、天秤座の土星がしっかり支えてバランスを取る働きをしてくれそうです。 この時期はふっと湧いた考えを見過ごさず、大切に扱ってください。 メモをとったり、信頼できるひとに話しながら整理するのもひとつの手です。 もしかしたらその中から、大きな結果へと繋がる新しい発見があるかもしれません。ブレークスルーのチャンスは身近なところに潜んでいます。

社会面・仕事面では相変わらず流動性が高く、不安定な感じが続きそう。もうお馴染みの「予期せぬ出来事」も起こってきそうです。 でも、それと同時にクリエィティブな発想を助けるエネルギーもやってきます。 今までに無いアイディアや工夫をこらしたり、新機軸のものを取り入れてみたり。 出来そうなことは、未来のために思いきってトライしてみる価値があります。 けれど、もしも周囲の環境がカチカチに固まっていて、自分の望む変革などムリだと感じられたなら、いっそのこと、キャリアの方向性や人生の考え方そのものを再検討してみる良い機会にもなりそうです。 ただし性急に結果を求めるのではなく、まずは静かに自分と周囲の状況をみつめてみてください。

「この時期、何か自分の生き方/やり方に反するようなことに出会ったら、闘うのか、退くのか。 ・・・ひとつの決断を下すときは、自分の判断がどの程度周りのひと達に影響を及ぼすかを慎重に考えたほうがいい。そして、もし行動するなら自覚を持って・・」 東の地平から昇ろうとしているケンタウロス族の準惑星、キラルス。彼の辿った宿命からは、そんなメッセージが聞こえてくるような気がします。

Nest


そんなわけで、ひとり静かにものごとを見つめる時間が大切と言いながらも、この時期は同時進行で人間関係のテーマもクローズアップされてきます。蟹座にはこのところ、古代インドのヴェーダの神から名付けられた、小惑星ヴァルナが滞在中。そして、山羊座の冥王星とはクインデシルとちょっと厳しいアスペクトを結んでいます。 このヴァルナをアストロロジャー、エリック・フランシスは 「イコーリティ=平等性の本質を表す者」 と定義しています。 確かに、世界には今もありとあらゆる不平等が存在しています。格差とか差別とか、そんな堅苦しいことばを使わなくたって、すでにわたし達は日常の人間関係の中で、それと気付かずに「多様さが織りなす現実」 と 「本質的不平等」との混在を当たり前のように受け入れているのではないでしょうか。

権威を持つもの、声の大きいもの、財力・武器・優れた能力を持つもの・・・「他者」のハウスに陣取る山羊座の冥王星は、自分より大きな力の存在と、それに対する怖れや羨望の気持ちを投影してきます。 一方、「私=アイデンティティ」のハウスに滞在するヴァルナは、『 あなたは確かに凄い力を持っている。認めよう。それでも、あなたがあなたのままでいたいように、わたしもまた、自分自身でいたいのだ。わたしがあなたに成れないが如く、あなたも、そして誰も、わたしには成れない。しかもなお、存在の根底では、あなたとわたしは同じものである。』  と語りかけています。 これってとても当たり前のようだけど、その実、この社会の日常でそういう感覚を保ち続けながら泳いでいくのって難しいことだな、と感じます。 けれど、せめてこのヴァルナの本質を自己のアイデンティティの核として持ち続けられたなら・・・世界は少しずつ変わっていくのかもしれない。。なんだかそんなことを考えさせられました。

また、魚座の海王星・カイロン組と乙女座のオルクスが、このところずっとオポジションです。着々と知識の領域を拡げていきたいのに、どこかで目に見えない壁にぶつかってしまい、フラストレーションが溜まってるひと、いませんか?  多分、「知」の部分だけでは太刀打ちできない領域に、知らずに踏み込んでいるかもしれません。いえ、もしかしたら、向こうから近付いてきているのかも。。。合理的に対処しようとすればするほど霧の中で迷うような感覚。キチンと明確化出来ない自分に腹が立ったりします。

そんなときは、深追いせずにアタマを休めてあげましょう。別に魚座チックなファンタジーや夢の世界に遊ばなくても、ごく普段の生活の中で、とりとめなく何かを考えたり感じたり。 『・・・・・・・・。。あ、いけない!妄想、妄想、な〜んちゃって♪ははは』  今の時期は、これまでそうやって取るに足らない物事、誰かに悟られたらちょっと恥ずかしいかもしれない思い・・・ただの逃避行為として無視してきた思考の流れの中に、何か大事なこと、見ておくべき、考え抜くべき物事が隠されているかもしれないんです。 なので、たとえバカみたいに思えることでも一応、気付いたらあわてて打ち消したりせずに光をあててみてください。そこには確かに自分自身の確固とした分身、無視された影の分身が存在しています。たとえそこに見えるものがどんな姿であれ、光をあててみる価値はあります。バカげた衣装を剥いでみたときそこに残っていたのは、今まで気付きさえしなかった、重要な記憶、大事な潜在力だった.....なんてことが、本当に起きるかもしれません。

さて、牡牛座にはまもなく木星が入場してきます。ひととのネットワーク、大地の力、家計や資産など、実質的なことにもハイライトがあたりそう。 大きなくくりで、叶えたい夢や理想をあらたに描いてみるのにも良い感じ。それと共に、古いシステムを再検討し、必要なら綻びを修復。新しい考え方の導入も、じっくり検討するよい機会になりそうです。

そうそう、ここでは準惑星候補のセドナと、ケンタウロス族のアスボルスがコンジャンクト中。 セドナは海の恵みを司る女神、そしてアスボルスは大地の原初的な生命力とサバイバルの力を司るといわれています。わたしはこのアスボルスをひそかに「ダイハードの星」と呼んだりしているんです。。この惑星はもともと、どんな逆境にあってもどんなに打ちのめされても、静かに耐えて生き延びる、地球の命の源をシンボライズしています。(パーソナルでは、ネッソスと共に様々な「虐待」に関連する星でもあります。) だからこの「日月・蝕祭」の間、大地の星座宮で、そして希望や理想を表すハウスで、この2つの小さな惑星達がコンジンャクトしているのって、とても偶然とは思えません。これからの地球やその上で生きるわたし達自身に、彼らは何か大きなことを問いかけているのではないでしょうか。  それはもしかしたら、わたし達それぞれのアイデンティティが大きく拡がって、やがては地球や宇宙につながっていく、そんな未来に向けての祈りなのかもしれません。

それに加えて天頂近くでは小惑星セレスが月のノードとスクエアです。このセレスはまた、恒星マーカブとコンジャンクト。ちょっとアグレッシブに怒っているような感じかな。 セレスといえば母なる大地の女神、豊穣と農耕を司る惑星です。放射性物質で汚染された大地や、TPPなどの農業問題がクローズアップされていることから、これもまた地球を、限りある生命を、これからわたし達はどう育んでいくのか?  という問いかけのように思えます。 地底にひとり立つ、女神ジュノーの存在も、気になります。


    パーソナルなアイデンティティの話から地球規模の集合意識まで、なんだか話が大きくなってしまいました。。でも2012年にはいよいよ、カーディナル・クライマックスのラスボス格でもある天王星・冥王星スクエアが起こります。今年後半からは予行演習的なことも含めて、その強力なエネルギーを上手にキャッチし乗り越えていくための新たなチャレンジが始まりそう。 。だから、これからの1〜2ヶ月はちょっと特別な「日月の蝕祭」です。 何かの始まり。・・・そして何かの終わり。

・・・わたし達はまるで、少しずつカタチになってきた作品に最後の仕上げ彫りをほどこす彫刻家のよう。。 作品創りにけっして終わりはないけれど、展覧会の日は近いかも。 だから世界の中心で、自分だけのオリジナリティをそっと叫んでみよう・・・ 何かそんな気持で、このお祭りタイムを大切に過ごしてみたいな、なんて思っています。




have a Great Trek!!!★



hiyoka.(^_^)


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by らいらっく   June 01, 2011 08:50
はじめまして。
いつも楽しみに拝読させていただいております。

今回もまた
素晴らしい読みに圧倒されました^^

この混沌とした新月日食を・・・
快刀乱麻を断つが如し。

なんだかとても感動してしまいました!

フツウの戦士さんへのメッセージ
これからも楽しみにしております。
2. Posted by hiyoka   June 02, 2011 00:47
らいらっくさん

コメントありがとうございます!

いつも1つのチャートが語りかける星達のメッセージを どれだけわたし達の言葉に翻訳できるか? そのニュアンスをくみ取れるか?・・・ まだまだつたないなーと感じつつ毎回手探りしながら、せいいっぱいこころを寄せて書いています。なので、そんなふうに言っていただけてとても励みになりました。

あともう少しで新月タイム!
この日月蝕祭が、らいらっくさんにとって、そしてフツウの戦士さん達にとって、素晴らしい日々でありますように・・・(^-^)☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント 5/30 【金融アストロロジー】★6月の主な惑星スケジュール★