レイモンド・メリマン 週間コメント 7/25 【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント 8/1 【金融アストロロジー】

July 30, 2011

○7/31の新月—みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きるわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造していると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。 ではでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8/1 主な惑星スケジュールの内、時間がソーラータイムになっていた箇所がありましたので、標準時に訂正しました。m(_"_)m

新月タイムスケジュール
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【 ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで03:58前後、北海道周辺で04:04前後、関西方面(日本標準時)は03:39前後、沖縄周辺で03:09前後に 獅子座 07°15’ で新月となります。

次の満月までの主な惑星スケジュール(日本標準時)

8/01 13:04頃 金星・天王星トライン@獅子座・牡羊座4°22’
8/01 23:36頃 太陽・木星スクエア@獅子座・牡牛座09°01’
8/03 12:51頃 水星逆行開始@乙女座1°12’
8/03 18:22頃 火星 蟹座入場
8/03 19:34頃 火星・海王星トライン@蟹座・魚座00°02’
8/04 02:12頃 月・天王星オポジション@天秤座・牡羊座04°19’
8/04 15:54頃 月・土星コンジャンクト@天秤座12°36’
8/05 13:26頃 金星・木星スクエア@獅子座・牡牛座09°19’
8/08 23:56頃 水星・海王星オポジション@獅子座・水瓶座29°54
8/10 00:59頃 火星・天王星スクエア@蟹座・牡羊座04°11’
8/09 05:41頃 火星・ジュノースクエア@蟹座・天秤座03°39’
8/10 13:13頃 月・天王星スクエア@山羊座・牡羊座04°11’(冥王星コンジャンクト)
8/10 15:05頃 月・冥王星コンジャンクト@山羊座5°13’

 (月・冥王星・天王星・火星・ジュノー グランドスクエア)
8/11 05:33頃 月・土星スクエア@山羊座・天秤座13°08’
8/11 13:50頃 火星・冥王星オポジション@蟹座・山羊座05°14’

8/14 03:57頃 満月@水瓶座20°41’(コンジャンクト ネッソス)

前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。


------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【新月のテーマ】
*ここではディーン・ルディアー版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版ではなく、透視家エルシィ・フィーラーのオリジナル版サビアン・シンボルを使っています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。


【太陽・月 獅子座 07°〜08° 】

"The constellations in the sky"
→空の星座
"A Bolshevik propagandist"
→ボリシェヴィキ派のプロパガンダ活動家

【テーマの流れ】
恒久的に見えるものの微細な変化に気付く→ ★暮らしの中で新しい自分のキャラクターを生み出す→ ★強力な他者への同調→ ★内面の動向を隠して表面を強調する→ ★情動作戦をしかける/しかけられる→ ★政治的な正しさ、立場の正当さを主張する→ ★硬直した「正義」がもたらすプレッシャー→ ★過去の夢に戻りたい願望→ ★発展期と衰退期の交差を目の当たりにする ・・・・

エネルギーのポイント:「巻き込まれない」 「ソフト・ランディング」
精霊の顕示:沈黙・宇宙の法則・日常に隠された神秘・休む・青い水・桜色

110731NM


    7月の終わり、2回目の新月は "ちょっとタフな8月" の始まりを告げているようです。 とはいっても、ネガティブなことばかりが起きるというのではなく、いろいろな心理が複雑に綱を引き合って、何だかとても賑やかなイメージ。 この傾向は満月あたりでピークを迎え、水星が順行に移る月末まで尾を引いていくのではないかと思います。

    サビアン・シンボルを見てみましょう。前回の新月では、このところ日蝕や月蝕を通してずっと続いているテーマ 「新しいアイデンティティ」 を探求する旅が、いよいよ 「実践の段階」 に入ってきました。 そして満月では、具体的に行動していく上で物事の二面性を見ていくこと、裏の動機を感じ取り、浮き足立たないようにすること、一歩一歩クリアな視点を獲得することなどが補足されてきました。

今回の新月では行動と表現の獅子座に進んでそのテーマがいっそう深まり、外側の潮流に対する内面、つまり「エゴの問題」が強調されています。 獅子座8°のサビアン・シンボルに出てくる「ボリシェヴィキ」とは、ロシアの社会主義革命に主導的な役割を果たし、ソ連共産党の初代指導者となったレーニンが率いる、ロシア社会民主労働党の左派だそうです。暴力による革命と徹底した中央集権によって組織を統制していました。(Wikipedia)   うーん・・これはやはり、新たな挑戦の1ヶ月になりそうな感じかな。。。ここまでがんばって来たところで、ちょっとした中間テストでしょうか? 本当に、そうかもしれません。 この1ヶ月の過ごし方、こころの有り様が、今年後半の方向性に影響を与えそうな気がします。

    獅子座は「私」を行動で表すサインです。 その「私」は、牡羊座で意識として生まれ、牡牛座で物質と生命を発見し、双子座で知的好奇心と二面性を獲得し、蟹座で精神的子宮から外界へ向かって殻を破り、成長する意志を得ました。  だから獅子座で言う「私」とは、いまだ無垢なエゴが意志を持った状態。 そして外側の世界 — 人間関係や社会などのプレッシャーを受けて矯正されていく以前の、持って生まれた「自分」、また血や輪廻によって受け継がれた一種の「才能」を発揮していく状態でもあります。 

意志を持ったエゴは果敢に自分を表現していきますが、しっかりとした防御には気が回りません。まだ自分しか目に入っていないのです。   だから自分の力を大いに感じ、自分の考えが正しいと思ったときは、世界の中心に立ってドラマチックにアピールします。そして この力を一番うまく使えるのは、本当に無垢で純粋な「私」を、おおらかに表現するときです。そこに余計な計算や複雑に錯綜した欲など入る隙はありません。 そこにある欲を例えるなら、世界の中心から宇宙に向かって「我ここにあり!我を見よ!」と叫ぶ、そんな感じです。そしてこういうときの獅子座には、人々のこころを魅了する独特の華やかさがあります。 まるで太陽のように、生命の源が若々しく燃えています。

けれどこのドラマチックなアピール力は、物事が自分にとって不利な状況に陥ったとき、サバイバルのために使われることもあります。 自分の状況を有利にするために表面を取り繕ったり、「自分ではない者」を装ってあくまで輪の中心に居ようとしたり、周囲の愛や賞賛を得ようとするときです。 その力は小さなプライドを守るためにも使われます。 また、アストロロジャーで幼時のトラウマに関する研究家でもあるアリス・ミラーは、獅子座の子供が抑圧されたりシビアな家庭環境にあるとき、自分の身を守るために周囲から期待された役割を上手に「演じる能力」が発達するケースが多いと報告しています。 こうして獅子座の精神は、世界の中心に自分自身を置いて果敢に闘いながら、その都度結果と直面し、それによって成長していくことになります。

今回のサビアン・シンボルのテーマは、獅子座が本質的な挑戦として抱えている 「手つかずのエゴ」に関わるものです。 それは、この光と影のエネルギーをどう受けて立ち、どうクリエィティブに使っていくのか? という挑戦ではないでしょうか。 獅子座は王者のサインとも呼ばれます。そして生まれながらの王者は、自らのエゴの扱いとその結果に大きな責任を負う者でもあります。

leoNM


    では少しアスペクトを見てみましょう。 この新月では天王星・冥王星のスクエアを背景として、各惑星のアスペクトも個人的・社会的エゴのぶつかり合いを示唆するような位相が多く出ています。

今回のチャートには「イリテーション・レクタングル」と呼ばれるアスペクトが2つ見られます。 このアスペクトの特徴は、とてもしっかりしたメンタリティ。 そしていつも自分の精神を拡げていきたいと欲するこころです。 けれど、一度決めたことに固執したり、アタマが固くなってしまうとき、このアスペクトは大きな葛藤を抱えます。 外からのプレッシャーには非常に頑固で動こうとしません。自分の信条を守るために言葉を武器として他者を責めることもあります。エネルギーが内側に閉じこめられて、何かに狂信的になったり熱狂したりする面もあります。 

このレクタングルを形成するのはまず逆行目前の水星とオルクス組+セレス+海王星+ジュノーの5惑星です。 もしわたし達のこころが無邪気さやしなやかさを失ってしまったら・・・個人的にも社会的にも — 経済面・家計面の見直しの必要性と債務の不透明さがもたらす葛藤、あらゆる種類のコミュニケーションの行き違い、謀略、イデオロギーや「正しさ」をめぐる争い、宗教的対立、力の奪い合いや反発しあう心理、報復行為などの危険性が示唆されます。「全体のために」というスローガンのもと、利己的な動機で動くひと達がいるかもしれません。 また満月チャートと合わせてみると、まだまだ気候変動や地殻変動の危険も去ったとは言えないような気がします。。

この一ヶ月、社会的には日本も含め各国の政治・経済の分野でまた一騒動あるのかもしれません。また疑似オカルトやダークな世界に熱狂するひとも出てくるかもしれません。 わたし達はそれが悪いことでも良いことでも、自分が信じたいものをよく精査もせずに信じてしまいがち。8月はその傾向が強まりそうな感じです。 またひとによっては、8月のうちに何か大きな方向転換を経験するケースもありそうです。

もう1つのレクタングルは冥王星+金星+キラルス+パラスの4惑星で形成されています。 こちらは仕事やプライベート両面で、パートナーとの関係に緊張が生まれやすい組み合わせです。 無意識に相手を傷つけるような言動が出たり、うまく愛情や信頼感を伝えられなかったり・・・。 相手を信じ切れず、とりあえず自分を守り優位な立場に立っておこうとするこころが生まれるのかもしれません。 でも、もしそうした傾向が出るとしたら、 そんな心理に陥る原因について探るべきときが来ているのだと思います。そしてその関係がいったい何をもたらすのか、あらためて見つめてみたいと思います。

滞留中の水星は恒星レグルスとコンジャンクト。 このレグルスはロイヤル・スターと呼ばれる星の1つで、まさに生まれながらの王者を表す星。 身に備わった気高さや勇気を示すと同時に、凄惨な闘いや残酷な結末も示唆していて、この星自体がとてもドラマチックな存在です。 

ではこのレグルスの洗礼を受けて逆行に入る水星は何を語っているのでしょう?  今回の水星逆行は、アチコチで賑やかに演じられるドラマに自ら参加するのではなく、 内なる精神の目でしっかりと観察するよう促しているように思えます。  目の前で繰りひろげられる葛藤劇のプレイヤーになるのではなく、まず観察者としてそれを見る。 そして同時に自分を見る。 自分の中に瞬時に起こる反応を観察してみる。。。そこにあるのはプライドでしょうか? 立場を失う恐怖でしょうか?  それとも、本気の闘いに値するような何かでしょうか?  獅子座のエネルギーにとってそれをまず見極めることは、次の段階に自分を拡げるための大きな一歩になりそうです。

水星が逆行に入るときはいつも言われることですが、一般に大きな契約や決め事、高価な買い物はなるべく避けたほうが良い時期です。 特に今回は財政・家計・資産面に注意を払い、ムダを省く工夫やポートフォリオの見直し、今までの計画をじっくり練り直すなど、「よく見ること」「考え直すこと」にエネルギーを費やすのに向いています。で、その結果を行動に移すのはできれば月末過ぎてからのほうが無難かも。。またその他予定の遅れ、誤解や言葉の行き違いや勘違いによるミス、乗り物関係・通信関係の事故や破損、不注意による損失などにも気をつけたい時間帯です。

逆行は水星だけではありません。8月は冥王星、天王星、海王星、カイロン、パラス、ヴェスタ、セレス、エリス、フォルス、ネッソス、などお馴染みの惑星がそろって逆行中。 これらの逆行は主に精神面で現状を否定するような雰囲気を作り出し、わたし達を内的対話へと導いていきます。

もう一つ、特徴的なアスペクトは月のノース・サウス両ノードを底辺に、逆行中のエリス、ネッソスとの間に形成されるクレイドルです。これは子守のアスペクトと言われるもの。 外の世界から飛んでくる矢が内側に届かないよう、まるで赤ちゃんを守る揺りかごのような役割を果たすとされています。 ただ、エリスとネッソスが月のノードに絡んでいる今回のクレイドルは、ちょっと一筋縄ではいかないかも・・・?  

8室のネッソスは幼時のトラウマや酷い仕打ちに対するこころの傷を示唆し、ノースノードと共に東京ローカルのアセンダントとYODを形成しています。 そしてエリスは「遺棄された女」。 ダークなもの、不浄、悪として疎まれてきたもの、女性の本質の一部でありながら、歴史の中で長い間抑圧されてきた側面を意味します。そしてこれは男性の中の「女性性」を癒すことにも関連しています。(この2惑星に関しては前回7/15の満月で触れました。)  エリスもまたアセンダントとスクエアです。

エリスとネッソス両惑星とも、見たくない傷を自分の眼でしっかり見つめ直し、自らの手で癒していくことを要求される惑星です。 それは大変な作業になるかもしれません。 けれどこれを成し遂げることが出来たとき、この小さな星達は本当に大きな光と癒しをもたらしてくれます。  今回のクレイドルは、こうした内的作業に勇気をもって挑戦するひと達のためにあるのかもしれません。

何故なら、エリスとネッソスの組み合わせは、このアスペクトのちょっと厄介な面を引き出しそうな気がするんです。 それは、見たくないもの、信じたくない事実を完全にシャットアウトして居心地の良い場に留まろうとする願望。 これ、気付かないうちにけっこうやってしまいます。で、もちろん留まっていられれば良いのですが、クレイドルを破るスクエアとYODが示しているアセンダントとの繋がりは、ノードのバリアを破って中の赤ちゃんを揺りかごの外に放り出してしまうかも....。 そのとき、エリスとネッソスの暗黒面(報復願望)の谷間に落ちてしまう危険もないとはいえません。 

あ、でも不安にならないでくださいね。そのときはそのとき。 だって王者獅子座のエネルギーですもの、落城するわけにはいきません。 「イヤ・・くるしぅないw」とか言いながら、高貴な態度でコブや痛みを受け入れてしまいましょう。 そうやってわたし達は、いつだって前に進んできたんですから。


    アクションとリアクションの星座宮・獅子座の新月のもと、天上ではまだまだ沢山の惑星達が尽きぬおしゃべりに興じています。 今回はちょっと厳しめのことばっかりピックアップしてしまったのかな。。。( 長いのも厳しめなのもいつものことって言われるかもしれないけれど...^_^:)  

ただ、8月は約1ヶ月にわたって火星が天王星、冥王星、土星との間に次々とシビアなアスペクトを結んでいきます。それを考えるとき、やはり気を引き締めていこうと思うんです。きっと太陽を追う金星は、困難を乗り切るために自分を信じる力を刺激してくれるはず。 獅子座は演じることを楽しむ才能を持っています。 どんな状況にあってもヘコまず胸をはって、フツウの王者っぷり、フツウの女王様っぷりをまず自分にアピールしてください。 何があろうとなかろうと、わたし達は皆宇宙の流れに乗っています。 魚座のカイロンはそんなわたし達の水先案内人として、海王星の霧をインスピレーションに変えてくれるでしょう。エゴに甘く響くのではなく、もっと深いところにそっと降りてくる透明なインスピレーション。 それをキャッチできたら、このひと月の宝物になります。今、 天秤座の土星はこんなふうに呼びかけています。 『 しっかり立て。最後の最後まで決してあきらめるな 』 と。。

--------------
    余談になりますが、わたしは獅子座を思うとき、遠い昔の子供の頃の出来事を思い出します。 アメリカ内陸部に住み、まだ海や湖を見たこともなかった先住民の幼い少年がいました。 彼は誕生日に生まれて初めてプールに連れてきてもらったとき、自分は当然泳げるものと信じ切って、いきなり飛び込みました。 水が怖くてプールの端っこにしがみついていたわたし。 突然のことにえっ?とふり返ると、バシャバシャ大きな音と派手な水しぶきが。。。彼は溺れていました。 周りの大人は誰もその子がそんな無謀なことをするなんて思いもしなかったんです。 もちろんすぐに彼は助け出されました。 けれど、彼は怖くて泣き出すなんてことはありませんでした。 それどころか、自分はどうして大人と同じように泳げなかったのか? 何故助けられねばならなかったのか? それが腑に落ちないようで、本当にビックリしていたんです。 

その子にはそれきり会えなかったのですが、後日、彼の様子をプールのひとから聞きました。  彼はインストラクターから「教えてもらうこと」を学んだようです。 そして皆が驚くような早さで上達し、あっという間に子供達の中で一番速く泳げるようになりました。 でも、彼の水泳スタイルはけっして教えてもらった型どおりではなく、まるで自分の体から湧いてくるインスピレーションに導かれるような、とてもユニークな美しさを持っていたそうです。 その子はまぎれもなく獅子座でした。 今あの少年のことを、何だかとてもまぶしく思い出しています。。


   
have a Great Trek!!!★


hiyoka.(^_^)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by らいらっく   July 30, 2011 18:57
読み終わって「ふいーっ」と息をつくような今回の新月です(笑
いつもながら壮大なhiyokaさんの読み・・・
拝読していると宇宙の呼吸と同調できるような気がしてきます・・・^^

それにしても
アスペクト表を見ただけでも
くらくらきてしまうほど盛りだくさんですね!

心優しい蟹座の火星が(別称ヘタレとも言いますが・笑)
牡羊座天王星と山羊座冥王星のシビアなガチンコ勝負に
はたして耐えられるのでしょうか・・・(汗汗!

ちょうど今回のt火星がn火星と重なる自分としては
もう何が起きるんだか起きないんだか
チキンなハートがドキドキです^^;!
(しかも前向きではなく尻込みで・汗)

ところで
獅子座の少年の話・・・とても印象深いですね・・・。

なぜか獅子座の方とは縁がなく生きてきてしまったので
いまひとつ理解が薄かったのですが、
記事の最後のエピソードでちょっと感じられたような気がしました。

生まれながらの王者って、そういう発想をするのですね^^
少年漫画の主人公みたいだと思いました(少年ジャ○プに出てくるような・・・)
ちょうど
北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手が
この少年のイメージときれいに重なって見えます^^・・・
2. Posted by hiyoka   July 31, 2011 01:12
書いてるうちに特に長文になってしまった今回の星読み
最後まで読んでくださってありがとうございました!!m(_"_)m

蟹座の火星はけっしてヘタレじゃないですヨw。

確かに、出会い頭に「アン?ブッ飛ばす!(ギロリ」
みたいな 前のめりコワモテじゃないけれど
彼には本当はとても大きなハートの力があります。

受け止めて、感じて、抱きしめる力
じわわっと変容させていく力

それを生命力に変えて
周りにも放射していくことができます

もしかしたら、これって最強かもしれません。。
鍛えがい、すっごくありそう・・・
獅子座がアニメやマンガのヒーローなら
蟹座の火星は対向する山羊座土星の構造や組織の力を
月のやり方を通して帝王に教え育てていく参謀かな

ただ感じすぎることが怖くて地下室にかくまいすぎると
火星クンがフラストレーションを起こして
いきなり「キレたぞ!暴力革命だぁ〜!」なんて
脱走がてら無差別テロを起こしかねないのが
タマにキズなんですけど。。(^_^;

この新月は獅子座の太陽の放射力も味方。
輝く太陽光線をお部屋にいっぱい呼び込んで
火星をそっと遊ばせてあげてくださいね
ひととき輝く英雄もステキだけど、
ハートのことばで語れる息の長い戦士さん、無敵(キリッ

あの獅子座の少年の話、子供のころ鮮烈な記憶だったのに
多分大人になってから今まで一度も思い出したことなかったんです

それが獅子座を書き始めたら急に
当然のように「そこ」にポッと蘇ってきました。
不思議です。。。☆
3. Posted by らいらっく   July 31, 2011 08:38
hiyokaさん
いつもお返事ありがとうございますm--m!

大人になってから突然甦って来る子供のときの記憶って
・・・ありますよね^^☆

あんなに印象的な出来事だったのに
どうして忘れていられたんだろうと
不思議に思うことがあります。
え、こんな凄いこと忘れてた、みたいな(笑

hiyokaさんのコメントを拝読して
子供のころに視た強烈なヴィジョンを思い出しました。

小さな喫茶店のウインドウに突っ込んだタクシー、
路上に飛び出した黄色い座布団に鮮血が付いている
(事故った直後に偶然居合わせてしまったのです・汗)

なんだか周囲がうるさくて夜中に目覚めたら
自宅の後ろの家がオレンジ&朱色の炎に包まれて燃えていた
(まだ小さかったのでとてものん気に観察してました・笑)

ヴィジュアル的に強烈なんですが(笑
でもきれいさっぱり忘れていました。
日常の煩雑さから思考をドロップアウトしないと
開かない記憶庫なのかもしれませんね・・・^^

蟹座の火星 自己評価でヘタレてると思ってました^^;!

普段は静かなくせにテリトリー侵犯者とみるや攻撃に転ずるので
本当に要観察・取扱注意なんですね(汗
自覚していないとそのエネルギーに簡単に流されてしまいます。
それも悪くないとは思いますが、
エネルギーに翻弄されるよりもできれば
意識的に創造的に使用したいと願っています^^;

できれば・・・より
自由でニュートラルな方向で^^☆
4. Posted by hiyoka   August 01, 2011 00:06
らいらっくさん

わぁ確かに強力なヴィジュアルですね
しかも、どこか火星っぽいイメージ・・・

何かに触発されてそんなふうに突然蘇る記憶って
必ず深い意味がありますよね。。

自分だけにしかわからないような
でも、気付いてみるとストンと腑に落ちるような
なんと!そうだったのか・・・。。みたいな

意識を自在に扱うって
昔だったら隠遁して瞑想三昧だったり
何十年も山で荒行する修行者さんの到達点だったけれど
今は格段に強烈なエネルギーが降り注いでるおかげで
フツウでもある程度は入れる世界になってきたと思います。

なにがあっても、いつでもクリアボタンを押せる
自由でニュートラルな意識、いいですよね・・・☆
本当はそういうところからしか「愛」なんて
生まれないのかも

実はゴールも無く目標も暫定。ココってそんな世界だけど
がんばって行きましょ・‥…━━━☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント 7/25 【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント 8/1 【金融アストロロジー】