レイモンド・メリマン 週間コメント 8/29 【金融アストロロジー】★お知らせ★

August 28, 2011

○8/29の新月—みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きるわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造していると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。 ではでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新月タイムスケジュール
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【 ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで12:23前後、北海道周辺で12:29前後、関西方面(日本標準時)は12:04前後、沖縄周辺で11:35前後に 乙女座 05°27’ で新月となります。

次の満月までの主な惑星スケジュール(日本標準時)

8/30 15:40頃 金星・木星 トライン@乙女座・牡牛座 10°21'
8/30 18:18頃 木星 逆行開始@牡牛座10度21’
8/31 03:26頃 月 天秤座入場
8/31 09:08頃 月・天王星 オポジション@天秤座・牡羊座 3°34’
8/31 11:21頃 月・冥王星 スクエア@天秤座・山羊座 4°57’
8/31 16:32頃 水星・月ノースノード トライン@獅子座・射手座 20°
8/31 21:08頃 月・ジュノー コンジャンクト@天秤座 11°03’
9/01 03:43頃 月・土星 コンジャンクト@天秤座 15°09’
9/02 03:49頃 月 蠍座入場
9/02 20:50頃 月・木星 オポジション@蠍座・牡牛座 10°20’
9/03 12:37頃 太陽・木星 トライン@乙女座・牡牛座 10°19’
9/04 06:04頃 月 射手座入場
9/05 12:52頃 月・金星 スクエア@射手座・乙女座17°38’
9/05 16:35頃 月・ノースノード コンジャンクト@射手座 19°43’
9/06 11:04頃 月 山羊座入場
9/06 17:08頃 月・天王星 スクエア@山羊座・牡羊座 3°20’
9/06 17:08頃 月・冥王星 コンジャンクト@山羊座 4°54’
9/07 00:39頃 火星・エリス スクエア@蟹座・牡羊座 22°17’
9/07 04:34頃 金星・月ノースノード スクエア@乙女座 射手座 19°42’
9/08 18:43頃 月 水瓶座入場
9/09 00:19頃 水星・海王星 オポジション@獅子座・水瓶座 29°04’
9/09 14:06頃 月・木星 スクエア@水瓶座・牡牛座 10°11’
9/09 14:59頃 水星 乙女座入場
9/10 09:30頃 水星 エコーフェイズ終了@乙女座 1°13’
9/11 01:02頃 火星・セレス トライン@蟹座・魚座 24°48’
9/11 01:17頃 水星・カイロン オポジション@乙女座・魚座 2°17’
9/11 02:32頃 月・海王星 コンジャンクト@水瓶座 29°01’
9/11 04:27頃 月 魚座入場
9/11 06:12頃 金星・セレス オポジション@乙女座・魚座 24°45’
9/11 08:55頃 月・カイロン コンジャンクト@魚座 2°17’
9/12 09:47頃 太陽・月ノード Tスクエア@乙女座・射手座・双子座18°56’

9/12 18:26頃 満月@魚座 19°17’


前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。


------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【新月のテーマ】
*ここではディーン・ルディアー版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版ではなく、透視家エルシィ・フィーラーのオリジナル版サビアン・シンボルを使っています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。


【太陽・月 乙女座 05°〜06° 】

"A man dreaming of fairies"
→「妖精の夢を見ている男」
"A merry-go-round"
→「メリーゴーランド」

こうでなくてはならない、という枠を全て外してみる感性を研ぎ澄まし、委ねる人生の昇り下り、廻り廻る流れを意識する→ ★社会における自分の立ち位置を確認する→ ★日常から離れたい気持ち→ ★理想と日常との境界をみつめる→ ★これまでの来し方を思う→ ★変わらぬ日常を外側から観察する視線に気付く→ ★全ての物事の顕れに精神的な意味を見出す→ ★二元性を超えた普遍性を夢見る→ ★新しい理想を模索する ・・・・

エネルギーのポイント:「二元性」「理想と現実の再検討」
精霊の顕示:
    姿勢を正し、胸の前で両手を合わす・夜明けの音を聴く・手鏡・アイボリー・渦・緑色の瓶

110829NM

    
    前回の新月から始まった"ちょっとタフな8月"もやっと終わりを告げ、ちょっとひと息つけそうな乙女座の新月がやってきました。 今年前半のテーマを通して徐々に芽生えてきた新しいアイデンティティ。約一ヶ月前から今度は「実践の旅」が始まりましたが、いきなりジェットコースターに乗せられたような激しさを味わった方も多いのではないでしょうか。 世界でも日本でも、政治・経済面、気象や地殻変動など、あいかわらず様々なことが立て続けに起き、落ち着くヒマもありませんでした。 そして8月初旬から続いた猛暑は、太陽・金星が海王星(降水量との相関を持つといわれる組み合わせ)にオポジションを形成したあたりから突然鉈を振り下ろしたように断ち切られました。 これを書いている8/27の早朝は台風の発生であいかわらず不安定な空模様ながらも、夏から秋へと移ろっていく雲のトンネルに確かに入ったような気配を感じます。

    では今回はアスペクトから見てみましょう。

 この新月図には今もまだ、天王星・冥王星のスクエアが存在しています。これは今年の夏を前哨戦として、来年から本格化し、2015年まで続くカーディナル・クライマックスのラスボス格として全体に睨みを利かせている、天空のプロデューサーです。 今月もまた、折りに触れていろいろなことを起こしてくるかもしれません。 挑戦はまだまだ続きます。 けれど、この新月では乙女座の金星、そして太陽・月に、山羊座の冥王星、牡牛座の木星がそれぞれトラインを形成しています。この組み合わせはヒートアップした真夏のノボセを冷まし、ひとときグラウンディングさせて、今までよりは建設的な雰囲気を作ってくれそうです。

  蟹座の火星と山羊座のダーク・ムーン・リリスがオポジション、そのリリスがエコーフェイズの水星とはクインカンクスに。アプライではないのでそれほど強いものではないと思うけれど、火星にはヴァーテックス(Vtx)がコンジャンクトで、場合によってはエモーショナルな衝動を刺激してくるかもしれません。DMリリスとのペアはかなりセクシャルな雰囲気も作りそうです。またこの位置のDMリリスは「これが正しい」と信じることを他者に対して何が何でも通したいという気持ちを持っています。公的にも私的にも、権力闘争的な味わいを持ち、相手を支配したい、という感じ。けれど基本的にDMリリスの場合は、エゴイスティックな願望が強く働くことから、モメ事や返り討ちの可能性も高いです。または感情の乱反射が起こり、跳ね返される怖れも加わってうまく動けない可能性も。。 このあたりはちょっと修行が必要かも?  このエネルギーに影響されそうだと感じたら、火星の衝動をどこまで合理的に昇華できるか、不調和な部分に徹底的に焦点をあて、知的に処理していく作業に挑戦してみよう・・・くらいに考えておくと良いかもしれません。また金銭的・財政的な面でこのエネルギーが出るケースでは、ひとりよがりの願望で無理な資金計画を立てたりしがち。このあたり、要注意です。 ( 基本的にリリスが絡むときは、そのエネルギーを無私の行為に使わないと厄介なことになりがちです。)  面白いことに、これと同時に天空では木星(ゼウス)・金星(ヴィーナス)のトラインに、ジュノー(ヘラ)から抗議が来ているようなカタチが。。 この雰囲気は・・・仕事、お金、楽しみ(妄想っぽい?)、そして公正さに関する問題でもあるのでしょうか?  晩夏の夜の一幕劇・・・みたいな可能性もあるけれど、もしかすると何かしらネゴシエーションが必要な場面があるのかもしれません。

 またこの新月は、冥王星・カイロン・天王星と共に、オシロと呼ばれるアスペクト・パターン(120°・90°・150°・30°・60°)を形作っています。 オシロスコープ、オシレータなどで耳慣れた、あの「オシロ」です。 オシロスコープは電気信号を波形としてとらえ、表示します。 オシロというアスペクトもやはり非常に繊細で、「場」や「他者」のバイブレーションに対して感受性が鋭いと言われています。 それでいて冷静・沈着で忍耐力があり、ひとりでコツコツと物事を積み上げていきます。 けれどその穏やかでオープンな性質は一種の仮面で、内面には感受性の鋭さからくる緊張がみなぎっています。 一見とても感じのいい雰囲気を持っているけれど、何か違和感を感じさせるのはこのためです。 他者がそれを感じ取るとき、このアスペクトを持つひともまた、経験からそれを感知しています。このアスペクトは優秀な研究者タイプを創り上げます。 けれど内面では常に自己批判の嵐が吹き荒れ、自分自身に満足することがありません。 そして内面の緊張が限界に達したとき、突然溜まったエネルギーの噴出を起こし、逃避行動に走ったりします。

 ん、このアスペクト、なんとなく乙女座の一側面を思い起こさせるような・・・?   冥王星・天王星・カイロン、そして新月の太陽と月。 これは乙女座の新月が投げかける、チャレンジなのでしょうか?


Virgo
 click picture to enlarge.

    さて、今回の新月のテーマを見ると、乙女座に入ってかなり内省的な要素が色濃くなってきたように思えます。しかも現在多くの惑星が逆行運動中。(冥王星・天王星・海王星・木星・カイロン・エリス・アスボルス・ネッソス・パラス・ヴェスタ・セレスなど)  またこの新月と呼応するように、乙女座の支配星、水星は27日に滞留から順行に転じ、激しいストームフェイズからゆっくりとエコーフェイズ(シャドウフェイズ)に入りました。 この時期を例えて言うなら、一種のリハビリ期間でしょうか。。 逆行期に起こったこと、体験したことをふり返り、嵐の渦中には見切れなかった物事をクリアにすべく噛み締めながら、ソロソロと進んでいく感じ。 アイドリングから徐行運転していく感じです。 この期間の水星は順行になったといっても、まだまだ不安定さが付きまといます。 冥王星・天王星のスクエアもいまだにバックグラウンドで睨みを利かせていることを考えると、厳しさが少し緩んだといっても、いきなりイケイケモードにはなりづらいところ。 今からしばらくは8月の疲れを心身共に癒し、自分も世界もちょっと俯瞰で見てみることによって、次のフェイズのために英気を養うと良いのかもしれません。  このエコーフェイズは水星が逆行を開始した地点、乙女座1°まで戻ってくる9/10に終了します。 そしてそれからが、ホームに戻った水星の本領発揮!となりそうです。

エコーフェイズが終了する9/10、水星は魚座のカイロンとオポジションを形成します。 このカイロンはケンタウロス族の筆頭格でもあり、ヒーリングにも関連することから、現代のアストロロジャーは射手座・乙女座の副支配星として扱うことが多いです。 そうした中で、インターセプションの専門家アリス・ミラーはこのカイロンを乙女座の新しい支配星として明確に位置付けています。

この水星・カイロンのオポジションは、今回の乙女座新月の精神的ハイライトと言えるかもしれません。 何故なら、カイロンそのものが、乙女座と魚座という、対極・二元の世界の橋渡しの意味を持っているからなんです。 乙女座は地上的な星座宮であり、実際的な物事の完成と完全さを目指すと言われてきました。 けれどアリス・ミラーは、 『 もともと乙女座は生まれながらに霊的にも精神的にも完成された状態である 』 と言いきっています。 彼女は言います。  『生まれながらに完全で完成された状態であるにも関わらず、古い教えではそれを認知することが出来なかったばかりに、過去のやり方を踏襲し、固める方向に行きがちだった。 けれど、牡羊座から乙女座までの魂の旅路を経て、「人間」としてまったき完成をみた乙女座は、新しい経験に踏み出さねばならない。 過去の踏襲を続けても、そこには失敗と罪悪感が待っているだけだ。 彼らに必要なのは、心身ともに完璧さを備えた少年/少女であることを自ら認め、まだ見ぬ「大人」と出会うために新大陸に踏み出し、ただただ実践を重ねていくことなのだ。』 と。

    乙女座(6室)が「過去(すでに確立されたものごと)を向いた乙女座」でいる限り、次の天秤座(7室)へと向かうとき、大きなギャップとショックを感じることになります。 過去の失敗を気に病み、深いところで罪悪感を抱えたままで他者と出会うことは、繊細な乙女座にとって痛みを伴う作業です。 ではこの失敗や罪悪感はどこから来るのでしょうか?  それは1つ前の獅子座からの転換点で起こったものだと言えそうです。  

獅子座でひとは高らかに自己を宣言し、世界の中心で自分を表現していきます。 舞台の上でスポットライトを浴びて。。。  けれど乙女座に入るとそれが逆転します。 まるでピラミッドの頂点にいた筈が、ひっくりかえっていつの間にか底に落ちてしまったようです。 それはあくまでも他者との共存の世界に挑戦していくための、言わばイニシエーション。 元服ショック。または割礼の痛み。  乙女座でひとは、獅子座の原型で見過ごしてきた、個の存在としての全てを学び、味わい、大地に立って大空を仰ぎ見て、自分が結局は「小さな取るに足りないもの」でしかないことを知ります。 そして、スポットライトの当たらない日常の中で、現実と直面し、自己犠牲の精神や奉仕をも学びます。 この獅子座→乙女座の反転は、自我の体験としては強烈なものです。

    けれど、ピラミッドは本当にひっくり返ってしまったのでしょうか?  いいえ、乙女座は今も変わらず頂点に立っています。ただ違うのは、その頂点がそのまま、次のピラミッドの底面となっているということだけです。 ですから本来の乙女座が象徴しているのは、ひとつのピラミッドを征服し終えた者として、胸をはって次の実践に入っていく魂なのです。  けれど古い乙女座は悩みます。獅子座のプライドが剥げ落ちた魂の記憶は、乙女座のこころの何処かに生きていて、折りに触れてもっとしっかりしなくては!もっと完全無欠に近付かなくては!と自分をムチ打ちます。 それは他者に投影されて、鋭い批判の矢となって飛ぶこともあります。 傷に触れることを怖れて過度に内気になるケースもあります。 また完成度の高い繊細な神経を備えているため、過敏体質が現れるひともいます。

そんな乙女座を解放して本来の完全な姿に戻すためには、対向の魚座のゴールと常に繋がっていることが必要になります。 その、乙女座と魚座の橋渡し役を果たすのが1977年にデビューした準惑星、カイロンです。 ( ちなみに家族や家庭の問題を多く取り扱ってきたアリス・ミラーはそのフィールド・ワークの中で、『 この年以降に生まれた子供達にはいわゆる「ニュー・キッズ」、「クリスタル」や「レインボウ」と呼ばれる魂を持った子が多く見受けられる。彼らは同じ乙女座生まれでも旧世代とは異なる特徴を示している。しかしそれが要因となってADHDやアスペルガー症候群と診断されるケースも多々見られる・・・』 と述べていました。) 

カイロンは右脳と左脳を統合し、乙女座の繊細さを未知の領域へと向かわせます。 また魚座の深遠な霊性を、現実に即した知識として翻訳し、精査し、整理していく働きも持っています。 地上の現実と未知の世界の理想という幻。 この二元性の境界を苦もなく駆け抜けて、智恵のもたらす明晰さを与える者、不死と死を体験し、その痛みを知って永遠に回帰した者。痛みをもたらし、それを智恵に変える者。それが半人半馬の哲人カイロンです。 そして、この働きがカイロンの持っている癒しの力、その源でもあります。

 9/10、エコーフェイズを終えた乙女座の水星が魚座のカイロンと対峙する日。 この日は乙女座のひとに限らず、わたし達みんなにとって、精神的に何かのヒントを得られる日となるかもしれません。 今まで縛られてきた物事やこだわりからの解放、日常の取るに足らない仕事と思ってきたことの中に存在する深い意味の発見。 「今ここ」と「未来の向こう側」、「わたし」と「あなた」の関係性の新しいとらえ方、精神世界の探求者であれば、もしかしたら神々の遍在を感じ取るチャンス?  また、夏のヒートアップで声高に喧伝された物事や、抱いてきた自分自身の信条をあらためて吟味してみるにも良さそうです。 

オポジションは緊張感のあるアスペクトですが、そのはりつめたエネルギーの中から感じ取れるものが何であるにせよ、この水星とカイロンのエネルギー的対話は、乙女座の持つ実質性をもう一段バージョンアップする絶好のチャンスとなるのではないでしょうか。 

乙女座は今、しっかりと大地に立って大空を仰いでいます。 今一度、今回のサビアンのテーマを読んでみると、 提示されたシンボルが象徴する意識の根底に、上でお話ししたような乙女座の原型がしっかり根付いているのを感じます。。。 ぐるぐる廻るメリーゴーランド。 今日もまた同じような1日が廻って来るのか・・・でも、このメリーゴーランドに乗る少年/少女達はみんな笑顔です。  リズムに乗ってアップ&ダウンを素直に楽しんでいます。 彼らはメリーゴーランドの周囲で大人達(先達者)が見守っているのを知っています。 そしてこの木で出来た小さな馬が、やがてはカイロンのように大空高く舞い上がり、未知の世界に向かって駆けていくことを知っているんです。そこには深い信頼があります。その信頼とは信じることではなく、理屈抜きにただ、「知っている状態」なのだと思います。


    そして9/12には魚座の満月がやってきます。 

サビアン・シンボルのテーマは:

【月 魚座 19°〜20°   太陽 乙女座19°〜20° 】
"A master instructing his pupil" + "A swimming race"
→弟子を指導する師 + 水泳競技
"A table set for an evening meal" + "An automobile caravan"
→夕食の用意がととのったテーブル + 自動車キャラバン

自分を失わずに深淵に飛び込むことの挑戦→ ★変化と浮き沈みの体験→ ★核に触れていくことへの怖れ→ ★規則・規範への過剰依存→ ★自己犠牲という名の妥協→ ★自分の力を隠して他者の列に並ぶ→ ★自分の力のみを頼みとして他者から乖離する→ ★抑え付けられることへの反発→ ★過信と自己信頼の違いを知る→ ★自分本来の力への目覚め ・・・・

    あら・・ちと挑戦的。。なんとなく厳しめのエネルギーかな?(^_^;  でも、乙女座新月の花が開くなら、これくらいのことはアリかもしれませんよね。 もし・・・まだ自分でもはっきり気付いていない本来の力があるのなら、そしてそれをちょっとでも見出せるのなら、そしてそれが乙女座の象徴、「完全無欠」を一瞬でも感じられる挑戦なら・・・もう流れのままに実践!実践! そんな感じで行きたいと思いますw。

    そして、9/23には秋分。天秤座に太陽が入場します。ここから先は、太陽、水星がカーディナル・サイン初期度数の天王星・冥王星とTスクエアのアスペクトを結んでいきます。このあたりから天空では新たなギアチェンジが行われ、秋から冬に向かって雰囲気を変えていくのかもしれません。

    ・・・これからの1ヶ月、やっぱりいろいろありそうかな。 みんな、つつがなく楽しく毎日を過ごせたらいいな.....。 でも、もし雲で覆われた日があったとしても、その上方はいつだって澄み切った秋空。 これからの1ヶ月、乙女座の透徹した精神をもらって、日常という名のメリーゴーランドに乗っていきましょう!!


have a great trek!!!★



hiyoka.(^_^)


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by らいらっく   August 28, 2011 21:30
hiyokさん こんばんは!

あー深い!!!
星座って本当に深い、占星学って本当に深い!!!

読みながら唸ってしまいましたー(笑
時間をかけてゆっくり咀嚼したいと思います。
いつも宇宙の深遠に誘ってくださって
本当にありがとうございますm--m

お引越し、新しい環境のセットアップなど
しばらくとてもお忙しいこととお察ししますが
どうか充分にご自愛を^^
そして素敵なメリーゴーランドの日々をお過ごしください^^☆

永遠に回り続けるのかと思えた子馬たちが
いつかペガサスのように天空を駆けていく・・・

どんなにワクワクするでしょうね^^!本当に楽しみです☆!
2. Posted by hiyoka   August 30, 2011 13:45
らいらっくさん

ありがとうございます!^^

昨日今日と、だいぶ過ごしやすくなりましよね。
水星がエコーフェイズに入り、新月を過ぎてから
全体の雰囲気も微妙に変わった感じがします。

日本では政治の世界にも変化があったけれど
日本始原図では7室に入る新月での首相交代

たとえ過渡期であるとしても 
わたし達日本人全体にとって 代表であるひと達って誰なのか
自分達の国って何なのか 自分が生まれた国・・国って何なのか
あらためて日本のこと、見直せたらいいなと思いました

蝉は今日も あいかわらず全身全霊で空気を震わせています
なんだかそれがとっても健気で
ひとつの季節が終わっていくんだなぁ・・・って
ちと感傷的・内省的にになってみたり。。


....なぁんてノンビリ言ってる場合じゃないのですが(^_^;

この新月期に寄せて、アストロロジャーのリン・ヘイズが
「さあ魂の手術を受ける時がきた」と言っていて
なるほど、言い得てるかも!と思いました。

もうひと仕事片付けて、はりきって引っ越し準備に取りかかります (^_-)

らいらっくさんも、時折パタタッと羽ばたいてみせる子馬に乗って
少女みたいに笑って 時を駆け抜けていかれますように!! ☆
3. Posted by らいらっく   September 01, 2011 09:45
hiyokaさん ありがとうございますm--m

確かに新月以降 
急に空気が変わりましたよね^^

きっと今月は凄い月になるのでしょうね^^!
魂の手術・・・なんて
持病を根本から治療していくようなイメージです。

いつもワクワク感をありがとうございます^^
素敵な新月期を☆!
4. Posted by hiyoka   September 02, 2011 21:08

ありがとうございます^^

ほんとに内省的かつ強烈な月になるかも?な予感がすでにヒシヒシとw。
魂のオペ、絶賛執刀中な感じです。

お互い、がんばりましょ(^_^)ノ☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント 8/29 【金融アストロロジー】★お知らせ★