レイモンド・メリマン 週間コメント 1/16 【金融アストロロジー】○1/23の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

January 22, 2012

レイモンド・メリマン 週間コメント 1/23 【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2012年1月23日(フリー版より)
翻訳:hiyoka
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また merriman.jpさんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(文中の は翻訳者によるものです)

--------------------------------------------------------------------------

次回のコラムは翻訳者の都合により、お休みさせていただきます。m(_"_)m


≪ 先週を振り返って ≫


    再び、今週のコラムは1/20金曜の米国市場が引ける大分前に書かれ投稿されることになる。私が現在アムステルダムに滞在していて、土曜にセミナーの予定があるからだ。米国市場の大引けはCETで今夜11:15だ。今週のリポートはまた短いものになるだろう。


    先週は株式市場で反騰が続行し、木曜までにいくつかの指数 — 例えばダウ工業平均、ナスダック総合、ブラジルのボベスパ、アムステルダムのAEX、そしてチューリヒのSMIなどがサイクル新高値まで上昇した。ドイツのDAX、ロンドンのFTSE、ロシアのMICEX、そして香港のハンセンもかなり近いところまで行った。 しかしながら、日本の日経、オーストラリアのオールオーディナリーズ、中国の上海、アルゼンチンのメルバルでは、価格はこれら市場が10月につけた高値のはるか下方に沈んだままだ。ダウ平均は12,700の記録に近づいており(引け前の記述)、これは2011年5/2の高値12,876からもそう遠くない。他の指数が2011年の最高値に届かないでいる時、ダウ平均がそれを超えるかどうか、常に監視したいところだ。


  貴金属もまた先週はサイクル新高値まで騰がり続けた。1/19木曜までに、金は1670まで騰がり、そして銀は3100(31ドル/1オンス)で引けている。木曜と金曜に月とヘリオセントリックの水星の両方が射手座に在ったことを考慮して私達は購読者の皆さんに、ポジショントレーダーであれば利益の一部を確定し、もし積極的な短期トレードをしているならロングの全てを利食いするようアドバイスした。これは3週間前の購読者向けスペシャルアラートでの、金を1530以下、銀を2660以下で買いに入るというアドバイスに基づくものだが、このトレードは再び例外的な成果を挙げることが出来た。COMEX市場で取引している皆さんにとっては金での140ドルの値幅取りは1取引単位あたり14,000ドルの利益になり、銀での430ポイント以上のそれは1取引単位あたり21,500ドルの利益を表す。1年のスタートとしてはすこぶる幸先が良い。また直近安値から保持してきたユーロのロングポジションも非常に上手く行った。そして残るは株式指数で新規のショートポジションを取るタイミングがまもなく来るかどうか、だ。 



≪ 短期ジオコズミクス ≫


    今週もまた重ねて興味深い週になると思われる。太陽は金曜、1/20に山羊座から水瓶座へと滞在するサイン(星座宮)を変えようとしている。それによって、太陽は木星・土星オポジション(1/19~22)に対してTスクエアを形成する。月曜には水瓶座で新月となる。どんな惑星でもそのサインチェンジは、投資家心理とその関心の対象が転換するシグナルだ。 そして新月に向かって騰がり続けている市場は反転しやすいが、特にその新月が風のサインで起きる時、この傾向は顕著だ。 水瓶座は風のサインだ。実際に今現在、天井が形成されているのかに注目しよう。もしそれが決まりとなれば、私達はショートサイドで相場に入るべくオーダーを入れる。


   だがそれが全てという訳ではない。火星がその25ヶ月ぶりの逆行運動(乙女座)を1/23~24に開始する。これは4/14まで続く。これもまた、投資社会による見通しが突然変化する事象に合致している。


    さてこれらの反転シグナルは2年間の新たな弱気市場へと繋がるのだろうか? あるいは、サイクル新高値、そしておそらくは年初来高値へのもう一押しとなる、単なる穏当な修正安を暗示するのみだろうか? 私達は株式市場が歴史的高値をつけている時、木星による牡牛座0°~7°の2度目の通過が終焉に近づきつつあることを知っている。去年5/2と6/21、木星はそこ( 牡牛座0°~7°の間 )に在った。その後市場はダウ平均で19%下落、ドイツのDAXに至っては30%の下落をみた。これが意味することは、現在のプライマリーサイクルがひとたび天井をつけてトップアウトすれば、この手の下落が再び起こるということだ。木星はこのセクターに3/7まで滞在する。つまり、今後7週間の間にこうした下落はいつ何時でも起こり得る。  



≪ 長期的考察 ≫


    ・・・は来週再開するつもりだ。その間、私たちのフォーキャスト2012ウェブキャストの予定変更についてお知らせしたい。番組は2012年2/19、EST(東部標準時)午後1時から始まる。これは去年12月に予定されていたが、11/29から始まった私の視力障害によって一度中止されたものだ。(詳しくはmmacycles.comへ)


   当時の私はプレゼンテーションの準備をするだけの視界が得られなかった。だが今私の視野は回復し始め、新しい世界に向けて自分自身を調整しつつある。それもこのコラムの読者の方々から多くの助力となる示唆を頂いたお陰だ。私は皆さんに薦めて頂いた多様な眼のエクササイズをこなし、ハーブの「ヘンルーダ」を使ったホメオパシーのレメディを試み、その他鍼治療、高圧酸素療法、そして勿論ルテインのような特定の眼の栄養素を含むサプリメントを摂っている。多くの事をやり過ぎのように聞こえるだろうが、これらは全て治癒の助けになってきた。それをシェアするのは、現代のデジタル・エイジにおいては多くの方々が私と同じように眼の故障に悩んでいるのを知っているからだ。読者の方で眼科の専門家からの提案をもう一つ紹介しよう。それは3分ごとにコンピュータの画面から目を離して上を見上げることだ。そんな訳で、多くの読者の方々が私を助けてくれたように、こうしたアイデアが似たような状況を経験している方の助けになればと思う。


   カーディナルサインの初期度数で天王星と冥王星が互いにスクエアを形成するという大背景が存在し、そして自らのネイタルチャート上でそこに惑星や感受点を持つ皆さんがいる限り……私はこのコラムを通じて最大限のアドバイスを提供したいと思う。多分皆さんの殆どが当てはまるのではないだろうか。これは世界にとって、そして殆どの個人にとって3年間にわたる強力な変革の期間なのだ。


  世界に関しては、それは世界中の負債爆発とその結果に関連している。社会的には私達の自由への衝動 — 特に経済的自由、そしてそれと同じくらいに抑圧や孤立、孤独からの社会的自由と関わっている。これらは私達が今年から2015年にかけて体験する事柄だ。これらは個としての私達一人一人が、そして世界中が政治的に直面する問題だ。 そしてこうした問題に対して実行されるべき必要な解決策は、私達が新しい世界秩序を生み出すまでに、5年~8年にわたる受容と犠牲、そして調整の時を必要とするだろう。 


   私達は重要な時を生きている。今の私達の行動自体が自分自身の現在の状況と、未来に築く基礎のゆるぎなさの両方を決定付けるだろう。 私はこれが1940年に始まり1960年代中盤に飛翔を遂げ、そして1988年~1993年のキャプリコーン(山羊座)・クライマックスの間に超音速に達した私達のルネサンスにおける、小休止に過ぎないと信じている。この、私達のルネサンスは一旦私達自身がこれらの問題を解決すれば、再び展開し始めるだろう。 私はそれが2017年~2021年の間のいつかだと考えている。 


    この癒やしと変革、そして脱・旧構造への鍵となるのは1960年代、天王星が冥王星とコンジャンクションを形成してその112~142年にわたるサイクルを開始した時に生まれた人々だ。これは彼らが自分自身の力と、その裏に秘められた意図を表現するための時だ。 私達は今、刻々と初回1/4局面、すなわち今年の秋以降、土星が蠍座に入場して2015年まで滞在することによって強化される「 審判の時 」に向かって歩みを進めている。このサイクルとその原理について私達が理解すればするほど、私達は荒れ狂う大波の中で自分の人生の舵を取り続け、前に進んでいくことが出来る。そして他の人たちも同じように進んで行けるよう、手助けをすることが出来る。そして、こうした行為の連鎖によって、この惑星とそこに住む者達全体の健全性を護ることが出来るのだ。 






訳文ここまで

------------------------------------------------------------------



hiyoka_blue at 20:30│Comments(2)TrackBack(0)│ │金融アストロロジー 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by らいらっく   January 22, 2012 20:46
hiyokaさん こんばんは^^

今週のメリマンさん
読んでいて胸が熱くなりました。
この時代の荒波に生きていく使命感というか・・・
特に最後の方の文章はじーんときます・・・^^

私も天冥合の時代生まれですし
蟹座初期に個人天体ラッシュの身の上ですので(汗
メリマンさんとともに
この激動期を乗り越えていこうと思います!

いつも翻訳ありがとうございますm--m
2. Posted by hiyoka   January 23, 2012 03:38

らいらっくさん、こんばんは!!

本当にそうですよね。

フォーキャストもそうでしたけど
メリマンさんのパーソナル向けコラムを読んでいると
勇気づけられます。

世界中を覆う荒波の中では
小さな木の葉の舟みたいなわたし達だけれど
恐れずせいいっぱいエネルギーを使って
ココに生まれて良かったと思えるような
生き方をしたい...そんなふうに思えます。

わたし自身も冥王星・天王星に個人惑星が
強烈なアスペクトくらっているひとりなので
もう、日々鍛えられている最中です。(^_^;

おっと、バタバタしてたらもうこんな時間!
これから明日夕方の新月に滑り込みセーフで
間に合うよう、頑張りますw。

あいかわらず厳しい中にもギアチェンジの新月!
らいらっくさんにとって素敵な日になりますように ☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント 1/16 【金融アストロロジー】○1/23の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)