January 29, 2012

昨日はありがとうございました。

昨日は投資日報社さん主宰のメリマン・アストロロジー勉強会でした。 わたしは第1部、アストロロジーの基礎部分のお話をするということでお声がかかり、プレゼンさせていただきました。  で、実はお話する項目と筋道をいろいろ考えて行ったのですが、冒頭の天球図とナチュラル・チャートの関係や星座宮の意味など、サラっと触れて次に行かないと.....と思っていた部分で持ち時間全部を使ってしまうという結果に。。


参加してくださった方ご自身の簡易チャートを見ていただきながら、天王星・冥王星スクエアと個人の人生との関係とか火星逆行とか...沢山のことをお話したかったのですが、持ち時間を知っていながら立ててしまった自分の計画に最初から無理があったのだと思います。ほんの鳥羽口しかお話出来ず、参加してくださった皆さまにはとても申し訳なく思っています。。


でも、お話した内容には不思議と後悔はありませんでした。(話し方がヘタクソ、とかはまったく別としてですけど...-_-;) 


会場に立ってボードの前でお話し始めた途端、「あぁここ、飛ばせない。。占いとは目的の違うアストロロジーを理解する上ですごく大事な部分....」という思いが強く押し寄せて、「よし、やってしまおう...」と一瞬にして決めてしまったという感じでした。 結局、期日までに一応それらしく体裁を整えたはずの項目に、自分自身で納得いっていなかったのだと思います。 このことはわたし自身の今後の課題と反省点として、キチンと考えていきたいと思います。 貴重な体験をさせて下さった参加者の皆さまと、投資日報社さんにとても感謝しています。


また、ちょっと嬉しい発見もありました。このお話をいただいた時、投資家の方々のための勉強会ということで、大きな意味でフォーキャストに関連するとはいっても全く趣旨の異なる話題、とりあえず儲けることには直接関係ないお話をして興味を持っていただけるかな?と少し心配でした。 でも、ご自分の人生と様々な惑星の示唆するエネルギーとの関わりに、真摯な興味を持たれる方がいらっしゃることをダイレクトに知ることが出来ました。


 わたし自身も(ヘタクソながら)時々試しにちょこっと相場に参加することがあります。そこで感じるのは、相場はひとの心が作っているということ。。。けれど、相場のアストロロジーはパーソナルと決定的に違う部分もあります。 例えば、相場や社会一般を読むときは、人々の心の、ある種「平均値」を読まなければならない......とでも言えば良いでしょうか。 過去と今の集積、そこから未来を予測していくことになります。


けれどパーソナルの場合は、わたし達自身の側により多くの選択肢があるように思います。持って生まれたエネルギーと、その時その時に降り注ぐエネルギーとのミクスチャーをどう自分が翻訳していくか、それを自分の即座の決断と行動にどう表現していくのか?  この問いかけをダイレクトに感じ取りイキイキと実行出来るとしたら、それはひとりひとりの「私」しか居ないと思うのです。 ひとはそれぞれが抱える大きなテーマの中で、過去と現在の集積を元に未来の可能性を選択することが出来る....そんな風にわたしは考えています。


 社会にしても経済にしても、集合体の反応は集団が大きければ大きいほど遅く鈍くなる傾向があります。けれど、ひとたびパニックが起きればそのスピードは個人の対処を超えて加速してしまいがちです。 そんな集合体を作っているのは、結局わたし達ひとりひとりなのですけど。。(^_^;


そんな思いもあって、とてもプラクティカルである種単一目的を持つ相場アストロロジーと共に、その氷山の大元であるアストロロジーを知って人生に活用される方が沢山増えたらいいな・・・と思う今日この頃です。 また機会をいただけるようでしたら、今度はもっと良い形で皆さまにお話出来るよう考えたいと思っています。


つたない話を最後まで聴いてくださった皆さま、ありがとうございました。また、お声をかけて下さった方、メールを下さった方、ありがとうございました。 これからお返事させていただきますね。


今日は久々に、溜まった私用を片付けています。そんな中、ふと思い立ってこの記事を書きました。毎週日曜夜にUPしてきたメリマン・コラムはそんな訳で今週はお休みさせていただきます。m(_"_)m


皆さまどうかステキな日曜の夜を!!☆



hiyoka(^_^)



hiyoka_blue at 19:41│Comments(2)TrackBack(0) 星読み随想 | お知らせ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ton   January 29, 2012 22:50
hiyoka様、
昨日はありがとうございました

お話をお聞きしてるあいだに、自分の人生の経過とオーバーラップしてきて、とても興味深かったです。

深遠なアストロジーの世界をとてもあの時間ですべて理解できるとも思っておりませんので、お話をお聞きできる機会があればまた参加したいと思います。

先生方、先輩諸氏の厚情に感謝しております
ありがとうございました。
2. Posted by hiyoka   January 30, 2012 00:02

tonさま

コメントありがとうございます。

興味深かったと言っていただけて、とても嬉しいです。

限られた時間の中で、また毎回参加される方のお顔が異なるかもしれないとき、何をどうお話すればよいのか悩んあげく、結局ドタン場であのようなことになりました。(^_^;
貴重な体験を分かち合っていただけて、本当に感謝しています。

この先のことはまだわかりませんが、機会がありましたらまた、ぜひ!^^
お話の方法も、わたし自身も、少しずつ進歩していければと思っています。

ありがとうございました!!

コメントする

名前
 
  絵文字