●6/4の満月/月食 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪エロスとカオスの邂逅_金星太陽面通過(金星オカルテーション)

June 03, 2012

レイモンド・メリマン 週間コメント 6/4 【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2012年6月4日(フリー版より)
翻訳:hiyoka 
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また merriman.jpさんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(文中の は翻訳者によるものです)
--------------------------------------------------------------------------

≪ 先週を振り返って ≫

        世界の株式市場は、世界規模で爆発する負債問題の破滅的帰結に対して反応し始めている。これは迫り来る天王星・冥王星ワクシングスクエアが、2012年6月に都合7回起こるアスペクトうち最初の形成をスタートすることによって予測されていたことだ。これについては一言、『だから言ったろうに』という話なのだが、このコラムを去年来読み続けてきた読者の方々は、この33ヶ月に及ぶジオコズミック・サインが2012年6月〜2015年3月まで効力を発揮することを重々ご承知だ。去年の7〜8月にこれら2つの惑星"発電所"が正確なスクエアまであと1°まで迫った時、米国の法的債務上限を引き上げるための最終的で苦渋に満ちた妥協案がついに成立したが、それを追うように、結局のところは次の週、格付機関S&Pによって米国の信用格付がトリプルAから史上初めて格下げされるという結果が待っていた。これにより世界の株式市場は急落した。

        しかし、こうしたタイプの経済危機に際してどう対処するかを見出すにあたって、もし皆さんがトレーダーでないか、またはトレーダーであっても世界の株式市場を十分にショートしているなら、話は全然別の問題だ。全くもって、世界の何処にも安全でリスクの無い投資など見当たらないという、この時代初の状況が存在する。まぁ皆さんはこれまで以上に『ディール・オブ・ザ・センチュリー/世紀の取引』で大儲け、などという誇大宣伝を耳にするだろうが、それは皆、いまだにお金を持っていながらそれをどうしたらよいかわからない人々に対して投げつけられる、無価値なゴミが増えていることを示すだけに過ぎない。(99%の私達が打撃を受けると共に1%の富裕層も莫大な増税に打ちのめさる。それが現在進行中の金融崩壊の裏に分け隔てなく潜む現実というものだろう)。
Deal of the Century : 1983年米国で公開されたウィリアム・フリードキン監督の映画。実は破綻寸前という企業の実態をよそに、最新テクノロジーの武器を南アメリカの独裁者に一番高値で売りつけた者が勝つという、競合企業のセールスマン同士の競争を描いたコメディ?らしい。
        キーワードは『あなたの財産を守れ!』で、これはとにもかくにも土星が冥王星に対してウェイニングフェイズにある時(2001〜2020年)の呪文だ。それは株式市場やそれに類した場に『あなたの財産を投資しよう!』という呪文がしきりに唱えられたワクシングフェイズの時(1947〜1966年,1982〜2001年)とは似ても似つかない。今や状況はその様相を全く異にしている。特に2010年、土星が冥王星とのワクシングスクエアに達し、FRBが短期金利をゼロ近くに抑え続けたばかりか、今や米国10年債がたったの1.5%という記録的に微々たる利回りとなるなど、一連の量的緩和策をスタートさせてからその傾向が顕著だ。

        こうした流れで行けば、皆さんはまもなく自分の貯蓄口座を維持するために銀行に利息を払わねばならなくなるかもしれない。何故なら、ここ何世紀もの間支配してきた賢明な投資の規則書が、逆さまにひっくり返されているからだ。人生を通じて貯蓄に励み、資産に投資してきた。だがそれをやり続けてきた結果が、過去5年間の純資産と利息収入に手ひどい損失を被るという悪夢に終わる。だが政府の指導者が気付いていないのは、それが連邦の2008年と2011年の歳入に16%の減少を同時にもたらし、結局は単に米国の(そして世界の)負債の山を増大させただけだったことだ。私のファイナンシャル・アストロロジーの理解によれば、こうした潮の流れは月のノースノードが不況の座である水瓶座と山羊座を去ってから徐々に終盤に近付こうとしているにもかかわらず、なおも預金者や資産保有者は罰されてきた。そして今や再び、世界の株式市場を嵐が襲おうとしている。

        33ヶ月にわたる、天王星・冥王星スクエアの世界へようこそ!皆さんは今までと同じではいられないだろう。世界もまた、どうすればよいかの手掛かりを持ち合わせはしない。何故なら、1)物事は今までと様相が違い、参照すべき過去は前回天王星・冥王星がスクエアとなった1931〜1934年だが、当時の指導者達はどうすればよいかの手掛かりを持ち合わせなかった。2)効き目のある物事を遂行するには忍耐力と長期を見据えた計画が要求されるが、政治家達は忍耐力を持ち合わせない。何故なら有権者に忍耐力が無いからだ。だが良いニュースがある。2012年終盤(大統領選の後)〜2013年を通して、この苦しみを止めるための実際的な長期計画が進展する可能性を秘めたアストロロジー上の時間帯が存在するのだ。この計画のために払わねばならない犠牲を通してもたらされる結果を見るには5〜8年(土星と冥王星が2020年1月に合流/コンジャンクトするまで)かかるだろう。

ところで、ここで真剣に問わねばならない質問がある。「何故私達は銀行を必要とするのか?」そして、「民主的原理と平等に価値を置く健全な経済と社会において、銀行が果たす適切な役割はどうあるべきなのか?」 冥王星は負債と銀行を支配し、山羊座は政府を支配する。山羊座の冥王星が危機を脱するための鍵を握っているのだが、その危険な曲がり角に到達するのは通常、15年間のトランシットの中間期、すなわち2015年だ(冥王星が実際にその248年周期の中で山羊座に滞在するのは2008〜2023年)。

        世界中の株式市場が手ひどい打撃を受けた先週、貴金属市場が上方に飛び立ったことに注目してみると興味深い。金は金曜1日だけで1トロイオンスあたり60.00ドル騰がった。先週、金はそのトリプルボトムである1520〜1540のラインを割りそうな不穏さだった。それが金曜には、1630まで騰がっている。さて、ここで中央銀行の諸氏方にお聞きしたい。あなた方はこれでもまだ金はリアルな通貨、リアル・マネーではないと思われるのか? 最初からずっと言ってきたように、通貨市場が不安定である限り、金は長期では騰がる以外に無いのだ。しかもヨーロッパの通貨は、ユーロ圏の銀行を支え、いくつかの加盟国で取り付け騒動が起こるのを防ごうとヨーロッパ各国が苦闘する中で、まったくもって不安定となっている。これは全て、土星・冥王星のウェイニングフェイズにおける最後の8年間が見せる様相の一部であり、また天王星(危機の惑星)が冥王星(死、負債、そして再生の惑星)との正確なスクエアを形成しようとしている現在、特に強力だ。


≪ 先週のベスト・トレード ≫

        過去数回の週間コラムで、私はレポート購読者向けに発信した推奨トレードの内容を差し挟んできた。多くのケースでこれらのレポートが非常に正確だったことに応じてか、読者の皆さんにはこうした情報が好評だったようだ。そこで私は今後このコラムに≪先週のベスト・トレード≫という名の新しいコーナーを入れてみようかと思っている。

        先週の週刊購読者レポートから5/28【ダウ平均】:『ポジション・トレーダーは12,610またはそれより高値でショートを狙うのが良いだろう。その場合、引けで12,750以上にストップロスを置くこと』 先週の高値は12,611だった。週末の大引けは12,118で終わっている。これ以上、何処を探しても無いくらいの好結果となった。

        日刊購読者向けレポートから5/21【金】:『積極的なトレーダーもまた、現在1540以下にストップロスを置いてロングしている。今、その1/3を利食いすることでかなりの益を確定しよう。そして1540〜1555まで下落したところで買い戻しを狙おう』 5/21、金は1599でトップアウトした。5/23、金は1532.80まで下落したが、1540以下で引けることはなかった。今日、6/1金曜日現在、金は1630まで騰がり、このトレードは1週間で1コントラクトあたり約80ドルの利益を示している。


≪ 短期ジオコズミクス ≫

        2012年、最も強力なジオコズミック・サインのいくつかが、最も濃密に寄り集まった時間帯が、6/23〜29だ。これには天王星・冥王星のワクシングスクエア、金星と土星両惑星の順行開始、そして木星の海王星へのワクシングスクエア形成が含まれる。これらはそれぞれ市場の崩壊と一致する可能性を持つシグナルの一種だ。この時間帯は、これから起こり得る全ての事象、自らのエネルギーそのものの中で増大していく力の最強の「磁石効果」を象徴し、+/−1週間の揺らぎを持って、その期間の集合心理にクライマックスをもたらす。

        それに先駆けて、今週(そして来週)もまた、私達は並外れたジオコズミック・サインの組み合わせを体験する。6/4月曜、月食を迎えて逆行の金星に火星がスクエアを形成し、海王星が逆行に転じる。これは潜在的にヒステリーが支配する時であり、無防備な人々に投げかけられる非難について、その真偽を見抜くという挑戦の時でもある。愛情関係にとっても奇妙な時で、活発なやり取りはみられるものの、一体誰を信頼出来るだろうか?そして火曜の夜または水曜の朝、非常に稀な金星による太陽のオカルテーション(食)が起こる。直近でこれが起こったのは1761〜1769年、そして1874〜1882年(天王星・冥王星ワクシングスクエア期の半ばで米国市場最長の経済不況が起きた時)の2回だ。これは間に8年を挟む2回のペアで起こる。今回のペアの初回は2004年6月だった。

        6/7木曜には、太陽が火星に対して戦闘的なスクエアを形成する。続く6/11月曜、木星が双子座に入ってその1年にわたる旅を開始し、一方水星は天王星・冥王星スクエアに対してTスクエアを形成、これもまた株式にとっては潜在的な「急落」日であり、なおかつ2012年6/24〜2015年3/17の天王星・冥王星スクエア期全体を通して何が起こり得るかの、もう一つの予告編だ。


≪ 長期的考察及びトランシット物語 ≫

        先週は私にとって良い週だった。いや、良くない訳が無い。結局のところ、牡牛座終盤に入った木星が、乙女座にある私のネイタルのアセンダントに好ましいトラインを形成しつつあり、そしてこれが私の9室(教育、セミナー、旅行)を通っているのだ。

        そんな訳で、私は月曜の夜ニューオーリンズに滞在し、UACが開催されるごとにその最終日に催される大がかりなレグルス賞の晩餐会場で、アストロロジー界、金融業界の親愛なる10人の友人と共にテーブルに着いていた。UAC(United Astrology Conference)についてよく知らない方々のために説明するなら、これは世界各国のプロフェッショナル・アストロロジャーや研究者による最大規模の会合だ。UACは4年毎(大統領選の年)に開催され、50を超える国々から約1500人の実践者が参加する。これは並外れた、しかも高エネルギーに満ちたイベントであり、5日間の間にファイナンシャル・アストロロジーを含めて18の分野で約300もの講座が提供される。

        月曜の夜、レグルス賞の晩餐会が開かれた。ここではアストロロジーの5つの分野に対する貢献に対し、5種類のレグルス賞が授与される。この賞はアストロロジャーにとって、映画界に例えるならオスカー賞に匹敵する。各賞にはそれぞれ5人の候補者がいる。私はレグルス賞の「調査・発見・革新」部門にノミネートされていた。私はワクワクしていたし、同じテーブルに着いた友人達も同様だった。だが、私は選に漏れてしまった。賞は私の良き友人であると共に、真のオリジナル思考の持ち主であり、また惜しくも数ヶ月前にこの世を去った、ロバート・ブラシュクに授与された。私はロバートを良く知っているので、こんなことを言っても彼は怒ったりしないが・・・最近逝ってしまったヤツが相手ではどうしたって勝ち目はない。

        という訳で、OK、それはそれだ。そして私はこの賞がロバートに授与されたことが素直に嬉しかった。彼はこの賞にふさわしい人物だった。また、その後に最後のレグルス賞の発表があったのだが、これは「アストロロジー専門家のイメージUPへの貢献」という部門で、私はこの賞を1995年に受賞していた。そして、なんと驚いたことに、かつ嬉しいことに、この賞がカナダはアルバータ州エドモントンの、クリス・マクレーに授与されたのだ。クリスは私が1998〜2008年までISAR(The International Society of Astrological Research)の会長をしていた時に副会長を務めてくれ、現在の会長の下でもその役割を果たし続けている。彼女は受賞スピーチの中で、アストロロジーの世界で彼女のプロフェッショナルとしての役割をどう活かし開発するかについて、私が与えた助力の全てに対する特別な謝辞を述べてくれた。それは、リサーチ部門のレグルス賞を取れなかったという、私のちょっとした失望感を埋め合わせる以上のもの、特別で、胸を打つ瞬間の訪れだった。私はその時幸福感と共に、自分のチャートを進行する木星の温情と善意を感じたのだった。

        だが、それで終わりではなかった。もう1つ別に、他の5大レグルス賞を凌ぐ賞の授与があったのだ。それは「ライフタイム・アチーブメント」賞といって、これまでのUACではたった3人のアストロロジャーにしか与えられていない。私達の誰も知らない内に、今回はこのライフタイム・アチーブメント賞が2人に授与されることになっていた。2つの内、最初の賞についての紹介が半分ほど進んだ時、突如として私は、彼らが今話しているのは・・・私のことだ!と気付いた。ワォ!驚いた!そして・・・なんて名誉なことなんだ!私の親しい友にして仕事仲間でもありバニティ・フェア誌で高名を博したマイケル・ルティンと共に、この仕事で肩を並べる仲間達によって、アストロロジーという分野に捧げてきた人生そのものに対する賞を与えられたのだ。私はこのように認めてもらえたことに対し、本当に襟を正す思いだった。

        ところでUACの会議は、特別に選ばれたメンバーによる、2012年米国大統領選に関するパネルディスカッションで締め括られた。私はその司会役を務めたのだが、2008年にパネリストとして参加した時には、参加者6人の全てがその年の選挙で勝利者になりそうな候補者としてバラク・オバマの名を挙げた。そして今回もう一度、5人全てのパネリストが何故今年オバマが再選される可能性が強いかについて、それぞれの理由を挙げたのだった。私は彼らのそれぞれに、自分の予測の達成確率を尋ねた。そのレンジは70%(チューリヒのクロード・ウェイス)から90%+αというところだった。また彼らは、今年の選挙結果は問題含みで、投票日から数日の間はどうなるか全貌が見えないという、2000年とよく似たことになるのではないか、という意見でおおむね一致をみた。疑惑に満ちた2000年の選挙結果では、投票日に水星が逆行中だった。そして2012年の投票日、再び水星は逆行するのだ。私はそのパネルディスカッションを、『2012年11月、私達はここに集ったアストロロジャー達が真に優秀であるのか、それともかなりリベラル寄りの色メガネをかけているのか、その結果を目撃することになるでしょう』という言葉で締め括った。

        もしかしたら、殆どのアストロロジャーはリベラル寄りの考えを持っていて、多分私はその殆どの人達と比べてもう少し保守寄りなのかもしれない(とはいえ、私自身は自分を独立・中道派だと思っているのだが)。だが私の観点からすると、オバマの勝利については私のアストロロジャー仲間ほどの自信は持ち合わせない。私の研究では、オバマの勝利には55%かそこらの確信しかなく、そしてこの数字は、もし経済がこのまま落ち込み続ければ、特に天王星(混乱とリーダーシップの変更)と冥王星(経済不況と負債)の下では、変化する可能性が高い。この選挙に関する私の最終予測を出すのは9/20近辺になるだろう。私は自分の考えを定める前に、この天王星・冥王星が発するシグナルに対して有権者と候補者がどう反応するかを観察する必要がある。

        さて一方、先週一週間にわたって、こうした才気溢れる思考を持つ人々のコミュニティで過ごせたことは私にとって良い体験だった。それは、異なるイデオロギーを持った人々が共に仲良く過ごし、互いに敬意を払い、しかも生産的な会話を交わせることを、私にあらためて示してくれたのだ。もし議会とホワイトハウスに、アストロロジーのコミュニティがいかに機能しているかを観察出来るチャンスがあったなら・・・そうだ。そこでは山羊座と牡羊座でさえ、仲良くやっていけるのだ。





訳文ここまで
-----------------------------------------------------------

UAC大統領選パネルディスカッションのUストリーム録画
http://www.ustream.tv/recorded/22941325

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by らいらっく   June 05, 2012 10:57
わーメリマンさん おめでとう!!!

日本の片隙から喝采を送ります!!!

そしてhiyokaさん
いよいよ世界が動き出した感じですね^^
どんな展開が私たちを待っているのか
わくわくしてしまいます^^

いつも翻訳ありがとうございます☆☆☆
2. Posted by hiyoka   June 05, 2012 12:30

らいらっくさん
コメントありがとうございます!!^^

受賞の件、メリマンさんほんとに文面が嬉しそうで
訳しててなんだかほんわかしてしまいました。
これを1つの区切りに、また新しい教育プロジェクトに
力を注いでいかれるのかもしれませんね。

世界は毎日のように大きく動いていて
こうしている間にも地球のあちこちで沢山の躍動が
起こっているのを感じます。
同時に、窓の外の緑にほっとする自分もいたりして(^-^)

ほんと、ワクワクどきどき。
らいらっくさんにも、弾むような毎日でありますように☆
3. Posted by らいらっく   June 05, 2012 17:23
メリマンさんの受賞は
なぜか我が事のように嬉しいです^^!
投資もしないしアストロロジャーでもありませんが
いつもhiyokaさんの訳文を
楽しませていただいているからですね^^☆

hiyokaさんにも素晴らしい日々でありますように☆
冒険を楽しみましょうー^^!
4. Posted by hiyoka   June 05, 2012 20:44

ありがとうございます!^^

明日は金星オカルテーション。
らいらっくさんにも素晴らしいエネルギーが沢山降り注ぎますように☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
●6/4の満月/月食 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪エロスとカオスの邂逅_金星太陽面通過(金星オカルテーション)