レイモンド・メリマン 週間コメント 8/27 【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント 9/3 【金融アストロロジー】

August 31, 2012

●8/31の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    満月は前回の新月のテーマが熟し、花開くときです。 この日は太陽と月が、地球を挟んでちょうど反対側にやってきます。0°の新月から始まった地球全体への課題は、満月で180°対向のエネルギー同士がぶつかりあい補いあうことにより、輝く満月というひとつの「結果」を見せてくれます。それは、わたし達が空間から受け取ったエネルギーをどう昇華し、現実に表現してきたのか を、あらためて見せてくれる鏡だと言えるかもしれません。そして わたし達はみな満月を超えて、次の新月までにそのテーマを消化、エネルギーはゆっくり静まっていきます。 さぁ、今回はどんな風景が見えるでしょうか? では今月も行ってみます。(^_-)~☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

満月タイムスケジュール
エネルギーが高まる時です。ヒーリング・メディテーションや祈りを捧げたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じられると思います。

【地方平均太陽時:ソーラータイム(LMT)】
東京・関東ローカルで23:17前後、北海道周辺で23:23前後、関西方面は22:58前後(日本標準時の場合はこの時間)、沖縄周辺で22:28前後に    魚座8°33’で満月となります。

今回のベースとなる新月のテーマについてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

サビアン・シンボルによる【満月のテーマ】 8/31~9/15
*ここではデーン・ルディアー版ではなく、透視家エルシィ・フィーラーのオリジナル・フレーズをマーク・エドモンド・ジョーンズがノートに書き取ったオリジナル版のサビアン・シンボルを使っています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。


【月 魚座8°~9° + 太陽 乙女座8°~9°】

"A girl blowing a bugle" + "First dancing instruction"
「ラッパを吹く少女」 + 「初めてのダンスレッスン」

"A jockey" + "A man making a futuristic drawing"
「騎手」 + 「未来的な素描を描く男」

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)】
 →★行動にあたって社会一般に受け入れられる方法論を受け入れる
 →★注意を喚起する呼び声をこころの中に聞く
 →★社会を怖れずに立ち向かいたい気持と
   常識から外れない程度に行動したい気持の相克
 →★用心深く一線を越えようとする
 →★人間関係の絆や愛を求めていることに気付く
 →★新しさへのやむにやまれぬ希求がこれまでの論理性をおびやかす
 →★世間の上辺の善良さから脱して人間の現実を見据える
 →★単なる「善い人」であることを乗り越えようとする
 →★未来の姿かたち、未来の状況のアウトラインを予感する
 →★物事をどんどん進める中で感じる興奮と歓び
 →★巧みな印象操作や人を操り動かす動きに注意する
 →★社会的な交流を拡大していく中での創造性の挑戦 → ・・・・

エネルギーのポイント:
『 競争原理を創造的に使う 』 『 自己の潜在力を引き出す 』

120831FM
     
        8/18に起きた新月のエネルギーポイントは、「 バランス 」と「 自分を浮揚させる力 」に気付き、新しい可能性を感じて、それをどう具体化していくかという挑戦でした。 こうしたテーマのもとで開花をみる、今回の満月。ブルームーンです。

Bluemoon


        ブルームーンと呼ばれる現象には2通りあり、ひとつは2010年秋に起きたような、同じ星座宮の中で2回満月が起きる現象、そしてもう1つは今回のように、同じ月に2度目の満月を迎えること。年に12回の新月に対して13回の満月という組み合わせは、それだけでも何とはなしに・・・ちょっとした居心地の悪さや、どこか外れ者になったような感覚を呼び覚ましそう。

        魚座の月は一般にメランコリックなイメージを持つけれど、今回のサビアン・シンボルは、社会と渡り合って前進しようとするエネルギッシュな側面と、競争原理や巧みな政治力に動かされていく人間という存在への怖れ、そしてもしかしたら、隠された嫌悪感と同時に自分を護ろうとする気持が透けてみえるかもしれません。 魚座って、魂レベルの進化への門であると同時に、わたし達を取り巻く広大な社会の集大成、一種のるつぼでもあるんですね。

そんな社会の中で何かを現実にカタチにしていこうと思ったら、やはりどうしたら受け入れられるかを考えていかなくてはなりません。そんな葛藤の中で、当然のように直面するテーマがここには示されているようです。

4室乙女座の太陽に対して月は10室魚座でカイロンとコンジャンクト。
カイロンはヒーリングの惑星とも言われますが、彼が示す癒しは全ての傷や不都合な記憶と真っ向から向き合った末に得る智恵としてもたらされるものです。 太陽が在泊する4室乙女座の副支配星ともいわれるカイロン。今回、この魚座のカイロンが投げかける問いは、わたし達にとってとても大切な意味を持つかもしれません。

『 自分がやろうとしていること、思い描く夢は、払うことになるだろう自己犠牲に見合っているだろうか? 安全と安定のためには妥協すべきなんだろうか? これまで突然に期待を裏切られた記憶を乗り越えて、それでも前に進めるか? トリックに満ちた世の中で、貫き通すに値する自分の価値観とは?  』

それでも少女はラッパを吹き、騎手はレースで勝つために、持てる全ての技術と才能をめいっぱい花開かせようとするでしょう。注意深く、でもこころは大胆に。今までにないゴールとやり方を目指して。

天頂には8/18の新月でお話しした小惑星リリスが逆行中で、天底近くの水星(トランスプルートとコンジャンクト)とオポジションを形成中です。うっそりと動きの重い周囲の社会に対して、永遠に反抗し続ける少女リリス。挑発するように極論を突き付けるアジテーター、リリス。 獅子座の終盤度数にある水星は、そんな彼女をうるさく思いながらも無視することは出来ません。 過去に戻って停滞するのがイヤなら、自分の殻から外へ出て刺激に身をさらし、一歩でも進んでいくしかありません。 

良くも悪くも妥協を知らないリリスの呼び声を受けとめて、きっと水星は、身の置き所のない感覚や、「 どいつもこいつも、ったく何考えてるんだよ! 」的な苛立ちを乗り越えていくのではないでしょうか。 それには自分の精神をいつだって貫いてきたはずの、普遍の価値観に気付くこと。 そして、チマチマと自分や相手の欠点をつつき、不完全であることを嘆くのではなく、そのままの自分と周囲を冷静に見ていく、健全な批判精神に向かうこと・・・まるで医師がカルテを分析するように・・・そして何に対しても誰に対しても変容の可能性を認めていくこと。こんな意識の使い方が大きな鍵となりそうです。

先日Twitterでもお喋りしたけれど、月のノースノードが約1年半ぶりに星座宮替えとなり、ノースノードは蠍座に、サウスノードは牡牛座に入って来ました。 これは、金星の逆行やオカルテーション、金環食に月食、そしてトランシットの惑星が集まるなど、長い時間と様々な現象を経て探求してきた双子座・射手座軸のテーマが次のフェイズへと移り変わっていくことを意味します。 

黒か白か、敵か味方か、勝利か敗北か、愛か憎しみか・・・そんな、あらゆる情報の二元性がもたらす分裂・分離をどう乗り越えていけるか、その解を探し求めて懸命にコミュニケーションしてきた、そんな季節が終わっていきます。 そしてこれからの約1年半、もっとディープな触感を求めて、これと思った物事や相手に飛び込み、深く浸透し合っていくこと、そして得たエネルギーを実際に自分達の資源、資産、才能として蓄積し、新しい価値観から全体を見ていく・・・わたし達の中で、そんな意識エネルギーの循環がひそやかに始まっていくでしょう。 蠍座の持つ、全てを呑み干して自分の血肉とし、それに「成って」いける力を吸引して、サウスノード側で現実を創っていくだろうわたし達。 牡牛座の大地に立って、未来に向かう新しい美意識のもと、住みやすい社会を少しでも現実化していけるでしょうか。

ブルームーンの太陽と月は、乙女座・魚座9°を取っていきます。 未来を直観し、ペンシルでササッとモノクロームの素描を描く画家。その心の眼には、全てを夢幻の遊戯として楽しめる世界、あるいはフェアで健全な競争社会が映っているのでしょうか?  わたし達、今どんなデッサンを描けるかな?

encore_doescher_f
 Credit : Russell Doescher (Texas State University  http://www.txstate.edu/)


このブルームーン、東の地平には木星・カオス、ヴェスタがコンジャンクト。西の地平にはフォルス・イクシオン・ヒュロノメがコンジャンクトしています。

    少しずつ溜まってきたエネルギーがある時いきなり何事かを起こしたり
    人生何でもアリだぜ、どーんと来い!的な大胆さに身を投じてみたくなったり
    お酒、タバコ、ドラッグ、ジャンクフード、その他なんでも、
 体に悪いモノがやめられなくなったり
    そうかと思うと、突然深い悲観に襲われたり・・・

特に双子座、射手座の中盤に個人的な惑星や感受点を持つひとは、日々の対人関係やパートナーとのコミュニケーションの中でそんな不安定な気分に翻弄されることがあるかもしれません。中には原因不明の体調不良に見舞われるケースも。。(フォルスが絡む体調不良がある場合、蓄積疲労で抵抗力が弱っているかもしれません。なるべく早めに専門家に相談することをオススメします。)

けれど、自分の内側を生きる生命の火は、どんな状況であろうと、どんな感情の中にあろうと、密かに静かに、燃え続けています。自分が何処へ向かっているのかわからなくなったら、そのわからない混沌から全てが生まれ、新しい道が切り拓かれることを"知っていて"ください。 エゴにがんじがらめになるのでもなく、無理して善い人になるのでもなく、本物の自由を得るために、ただカオスを楽しむ。ここにはそんな強さへと向かう、チャンスの扉が開いていると思います。 


        ちょっぴり異端者の月、ブルームーン。 それでも社会と関わりを持ちながら、複雑怪奇なあれやこれやをかいくぐり、未来志向で駆けていく。 天王星・冥王星の空中トンネルはまだまだ始まったばかり。だからハードなことも沢山あるけれど、自分の中に何か新しい価値を創り出していくことの楽しさもまた、味わっていけそうな満月期です。ほんとに、久々にスケッチブックでも開いてみようかな?


have a great trek!!!★




hiyoka(^_^)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント 8/27 【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント 9/3 【金融アストロロジー】