レイモンド・メリマン 週間コメント 2/18 【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント3/4 【金融アストロロジー】

February 24, 2013

●2/26の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    満月は前回の新月のテーマが熟し、花開くときです。 この日は太陽と月が、地球を挟んでちょうど反対側にやってきます。0°の新月から始まった地球全体への課題は、満月で180°対向のエネルギー同士がぶつかりあい補いあうことにより、輝く満月というひとつの「結果」を見せてくれます。それは、わたし達が空間から受け取ったエネルギーをどう昇華し、現実に表現してきたのか を、あらためて見せてくれる鏡だと言えるかもしれません。そして わたし達はみな満月を超えて、次の新月までにそのテーマを消化、エネルギーはゆっくり静まっていきます。 さぁ、今回はどんな風景が見えるでしょうか? では今月も行ってみます。(^_-)~☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

満月タイムスケジュール
エネルギーが高まる時です。ヒーリング・メディテーションや祈りを捧げたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じられると思います。

【地方平均太陽時:ソーラータイム(LMT)】
東京・関東ローカルで2月26日05:45前後、北海道周辺で05:51前後、関西方面は05:26前後(日本標準時の場合はこの時間)、沖縄周辺で04:56前後に   乙女座7°24’で満月となります。

今回のベースとなる新月のテーマについてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„,○,„☆¤☆°¨--------------------------

サビアン・シンボルによる【満月のテーマ】 2/26~3/11
*ここでは有名なデーン・ルディアー版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・フィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使いブレイン・ボヴィの解釈を参考にしています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【月 乙女座7°~8° + 太陽 魚座7°~8°】

"A harem" + "A cross lying on the rocks"
「ハーレム」 + 「岩の上に置かれた 十字架」

"First dancing instruction" + "A girl blowing a bugle"
「最初のダンスレッスン」 + 「ラッパを吹く少女」

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)】
 →★俗世間から離れて心地良くありたいという心理
 →★周囲の流れに妥協するか、自分の思いを貫くかの迷い
 →★閉塞した空の向こう側を覗いてみたい気持ち
 →★許し難いことが目に付いて心が狭くなる
 →★誰かをスケープゴートにする・またはされる
 →★自分の気持ちや信条を率直に訴えたいという心理
 →★社会の約束事の重さとプレッシャー
 →★受け入れられやすい形の言葉や行動を練りあげた上で
   怖れずに一線を越えていく
 →★まだ流動的な将来のために基礎固めをしていく→ ・・・・

エネルギーのポイント:
『 整理・整頓』 『自他共に一歩ずつ進むことを許す』

130226FM

        2月26日未明、乙女座の満月。水星の逆行下...魚座には個人の意識を司る惑星と、集合的意識と深層意識を司る遅い惑星が大集合しています。そんなタイミングで起きる今回の満月。今、魚座には海王星、太陽、カイロン、火星、水星が在泊し、26日昼前にはそこに金星が加わります。土星は蠍座で逆行中だし、本当にどこを見ても水っ気たっぷりな時間帯です。 水は情緒を支配すると言われていますが、魚座のそれはとてもミステリアス。ミルク色の霧の中、流れを受け入れながらどんどん進んでいっても…いっても...行っても行っても、コレだ!という核心に触れることの無い世界です。 

そこにはまるで半透明のジェリーのような、柔らかくてしたたかな壁があって、夢と現実、精神と物質とを隔てているかのよう。 探求者達の中にはそのジェリーの壁に閉じ込められて、二度と帰れなくなってしまうひともいます。 魚座の領域はわたし達人間にとって、最後の最後に遭遇する最高度の冒険世界かもしれません。 普段は精神世界や目に見えにくい世界とは縁のないひとでも、今はなぜかそこに心惹かれることがあるかもしれません。そこまで行かなくても直観的になったり、もしかすると、知らないうちにサイキックな体験をしていたりする可能性があります。

        さて、そんな魚座にエネルギーが集中している今、対向する乙女座で起きる満月は、前回の新月でもたらされたテーマの下、わたし達にどんな顔を見せてくれるのでしょう?  新月のエネルギー・ポイントは『身近な関係のテスト—忍耐と遊び心がつちかう成熟』 でした。対人関係で我慢を強いられたり、期待が裏切られたり、改善すべきことを再発見したり…中には人間関係に疲れてしまったひともいるかもしれません。 そんなプレッシャーの中では、ふとした遊び心やユーモアに救われたりするもの。いきなり衝突してくるエネルギーを斜めにかわして、自虐も他虐もネタに出来てしまうような、そんな高等戦術を使えたらいいけれど、それって相手を見ないといけないし、なかなか難しいですよね。。 じゃ、満月のテーマには何か打開のヒントが隠されているかな? じゃ、いつものようにサビアン・シンボルをみてみましょう。

winterland2


        まずベースとなるのが乙女座7°の「ハーレム」。 ハーレムといえば、特権階級の男性用に沢山の美女が侍る場所っていうイメージ。江戸時代の大奥もそんな感じかな。厳重に管理されていて、やたらな人は入れません。囲い込まれている美女達はといえば、外に出たり恋愛したりという自由は無いけれど、その代わりに一応安全で贅沢な環境を与えられているし、しかもエライひとのお気に入りになったりすれば内輪での権勢も手に入りそうです。まぁ、それはそれで大変そうですが…とりあえずは権力という大きな庇護の中で、待ったなしの飢え貧困からは解放されます。自分の一族の繁栄だって約束されるかもしれません。 ハーレムの美女には、どことなくミステリアスな雰囲気も漂います。。 でも、これは乙女座のシンボル。乙女座的にハーレムをみていけば、それはある種のギブ&テイクであり、一種のビジネスであるかもしれません。いかに自分を魅力的に見せ、自分を高く評価させるか。自分を高く売り込むか。これ、多分ハーレムの一員にとっては大事なポイント。 そして、そのためには忍耐も必要だし、犠牲にしなければならないことも多いはずです。 

ん?…ちょっと待って。。 そう考えてみると…今の社会で生きるわたし達ひとりひとりって、男性・女性にかかわらず実は目に見えない壁に囲まれた、ハーレムの一員のように思えてきたりもします。。 また逆に、自分の心の中に高い壁で囲まれたハーレムを作り、その中に閉じこめられたような生き方をしているひともいるのではないでしょうか。ならばそこにはきっと、自分だけの心地良いラグが敷いてあるのかもしれません。まるで新月のサビアン・シンボル、『子供達の遊戯用に床に敷かれたラグ』のように...。

        ハーレムの中に囲われていれば、自由を求める気持ちも高まります。外に出て、気兼ねなく思う存分自分らしさを表現してみたい!と。一方、ハーレムから閉め出された外部の人間は、一度でいいからタブーを犯してハーレムの中を覗いてみたいと願っています。いずれにせよ、それは社会的な危険を伴う行動です。安全でいるには妥協し、忍耐するかしないのか? それとも自分の思いを遂げるために、一線を越えていくのか…? ここにはそんな問いかけが潜んでいます。太陽が位置する度数のシンボル、『岩の上に置かれた十字架』もまた、ある種の犠牲と危険をはらんだ冒険、そしてどの道を行くのか?という岐路を指し示しているようです。

tinycosmos


        そして、エネルギーは乙女座8°の『最初のダンスレッスン』に向かっていきます。 透視家エルシィ・フィーラーの脳裏に降りたイメージは、社交界にデビューするためのワルツのレッスンでしょうか? それとも、ダンス狂時代とも呼ばれた1920年代当時、ホールで大流行していたというチャールストンでしょうか? いずれにしても、ダンスは自分の中にある言葉にならない想いを表現するためにはとても有効な手段です。けれどそのダンスが即興であろうとクラシックであろうと、良い踊り手になるにはある「型」や「テクニック」を通し、その場にふさわしい動きが出来るように規範に合わせた訓練を積まなければなりません。

最初のダンス・レッスン…ちょっと緊張しながら恐る恐る踏み出す一歩。まだぎこちないリズムとステップ。でもその時、わたし達の体の中には確実に、表現され、解放されることを待っている名付けようのないエネルギーが存在しています。少しずつ、確実に、クセを直し、動作を洗練させながら、いつかは熟練したダンサーのように、自分の思うままに表現し、伝え、周囲の感情を動かし、ステージで、ホールで、ありのままに受け入れられていく…… それは、単なる「型」を通り越して、自他共に、より深い世界へといざなわれる「道」でもあります。 その時、乙女座の知力は一線を越え、魚座が抱く底知れぬ未知の世界へと溶け込んでいきます。

        もちろん、そんなトコまで行き着くには大変な訓練が要るかもしれません(^_^;。 けれど社会の中で、日常の対人関係の中で、自分の中に溜まったポテンシャルを自由に発揮していくには、やはり地道なレッスンが必要なのだと思います。 識別力を発揮し、その場にふさわしい規範を見出すこと。自分の内部を整理・整頓し、規範の中で自分なりの表現を磨いていくこと。 それは社会という枠の中で、「安全と危険の境界=ラグの端っこ」をまたぎ、自由に駆け巡る手段を手に入れるためには避けて通れない道。 対向の太陽のシンボルは『ラッパを吹く少女』です。 少女はラッパを吹くことで周囲の注目を集めます。 きっとわたし達が属する集合体全体のために、何か訴えたいことがあるのかもしれません。さぁ彼女の技量はどうでしょうか? ラッパの音色は彼女の思いをうまく伝えてくれるでしょうか?  そしてその呼びかけに、人々はどう反応するでしょう?  全ては訓練によって身に付けた技量と、犠牲を払ってでもその訓練に耐えてきた内なる情熱にかかっている… これは、今回の満月がわたし達に見せてくれる、ひとつの回答かもしれません。。

        気付こうと気付くまいと、わたし達の内部には今沢山のエネルギーが溜まりつつあります。それは使われることを待っているエネルギーです。それをどう使うか、どんな音色を奏でるかは.....きっと、わたし達に委ねられているのだと思います。

blueFire


アスペクトから少し…

        この満月—太陽と月、そして間近に控えるカイロンには、双子座7°台の木星がTスクエアを形成しています。木星は海王星と共に魚座の支配星。だから今 魚座に渦巻く沢山のエネルギーは天底の木星によって刺激され、乙女座の月を通して何らかの形で表現されたがっています。 それはパートナーや職場など、身近な人間関係に表れるかもしれません。とにかく何かやることがあるはず…または、何かしてあげなくては…っていうのもありそう。 どこからともなく押してくるこのエネルギーのプレッシャーはかなり大きく、ひとによってはちょっとした緊張感として感じられるかもしれません。

木星は今、双子座7°台で順行中です。このあたりの度数、覚えてるひと、いるかな? そう、去年11月28日に月蝕が起きた位置です。あの時に生まれたエネルギーのポイントは『古い絆』『水面下に生成されるもの』でした。木星は一週間ほど前からこの位置に来て、3カ月前のテーマをもう一度チェックしてごらん、と言っているようです。 

一方、月は小惑星キュベレーとタイトにコンジャンクト。 これは自分に何か欠落した部分があり、そのせいで上手くいかないと感じる、または疎外感を感じ取る可能性を示唆しています。とはいっても、それは一種の盲点のようなもので、感じてはいるけれど、どうすればいいかがなかなかわかりません。とにかく自分には何かが足りないみたいだと気付きます。でも、もしここで木星の刺激力が上手く働けば、キュベレーは自分が在泊するサインのエネルギーをフルに使ってその能力を補おうとするでしょう。つまり、乙女座の力です。(自分のネイタル・チャートを知っているひとは、この月とキュベレーが何室に入るかを見てみると、今回ハイライトされる人生の領域が浮かんできます。またネイタルのキュベレーと土星の関係を見てみるのも面白いと思います。) 

また準惑星研究のパイオニアの一人でもあるゼーン・B・スタインは、小惑星に関する著述の中で、このキュベレーが働く時には常に、土星にエネルギーが向かっていくと言っていました。土星は今蠍座で逆行中です。となると…ここでもやはり、識別し、整理・整頓し、責任とスキルを通してこれまでの関係性を再吟味するような動きを促されるのかもしれません。そして、要らないものをそっと手放した上で、なおも残った大切な事柄に深くコミットしていくというテーマもまた浮かび上がってきます。

水星逆行 (2/23~3/18未明, エコーフェイズ~4/6夜)
水星は魚座の19°台~5°台まで逆行していきます。水星の逆行自体は年に3~4回あって、別に珍しいことでもありません。ただ、今回は魚座の霧の中を戻りながら、多くの惑星と再接触していきます。これはいつもに増して、じっくり腰をすえてかかる必要がありそうです。逆行中はなにかと判断に迷ったりするかもしれません。そんな時は慌てて事を進めずに、一拍おいて心を整理し、目を瞑って自分の深いところの声を聞き取ってみて。。そして最後の最後には、内側からわき起こる直観を信じてみてください。 ぇ、何もわいて来ない時はどうすればって? うーん、そんな時はきっと、『何もしないこと』をする必要があるのかもしれません!

水星の逆行期は将来に向けて新しいことを始めたり、約束事を取り決めたりするのには向いていません。霧深い魚座に惑星が集合し、双子座の木星によってあれこれと矛盾をはらんだ情報が過剰に集まりがちな今、物事はとても流動的になっています。なので何かを構築したり進めたりするよりは、過去をふり返って計画や物事の再検討・再配置をしていくのに向いています。満月のテーマもまたそれを応援しています。

古い人間関係や、もう終わったと思っていた問題が再燃する可能性もあります。そんな時、チクっと心が痛むようなことがあっても、冷静に見ていてください。ふり返るのはいいけれど、情に流される時ではありません。その出来事が自分にとって一体何であったのか?を見切るチャンスです。もし毒になるようなことであれば、そこに戻る必要はもう無いのですから。。

        そんなこんなで今回の水星逆行、あぁいつものヤツね、なんてナメてはかかれないかも?  
もちろん、事故を招くような判断ミスや誤解、行き違い、高い買い物の失敗や電子機器の故障、データ損失など要注意事項はいつも通りです。また魚座では、アルコールやドラッグその他、何かにふけることによる逃避行動にも気を付ける必要があります。けれどそれに加えて、特に言葉によるコミュニケーションでは、魚座の繊細さと乙女座の正確さの両方を意識してみるのをオススメします。 

水星とコンジャンクションの位置にある、魚座の火星はかなりのクセモノ。逆行の水星とスクエアで絡む双子座の木星がひとたびヤンチャすれば、水面下に溜まった感情のエネルギーは一瞬のうちに怒りに変わるかもしれません。それは理屈では割り切れないタチのもので、じわっとサイキックに伝染する恐れがあります。でも、もしその怒りに同化してしまったら、覚めたとき、激しく後悔することになりそうです。もし攻撃される側に立ってしまったなら、斜め上にヒラリとかわし、スキルがあればユーモアで切り抜けましょう。 よく見極めて、それが効かない相手なら中途半端に対応せず、そっと離れるか冷徹な対処を。闘いに値する相手でもなければ、その時でもありません。

天王星・冥王星スクエアを大背景に、あいかわらず牡羊座のエリスと射手座のイクシオン・フォルス組はトラインで結び付き、長い間フタをされていた水面下の問題を暴き続けています。これは個人レベルでも、社会全体にも、引き続き現象として表れてくるでしょう。 負のエネルギーが様々なカタチを通して噴出してきた時、それにどう対応するか。 この期間はもしかしたら、わたし達それぞれにとって、過去に束縛されること無くもっとステキな未来を創り出していくための、小さな試金石となるかもしれません。
        
        こうしてみると、この満月もなにやらいろいろありそうですね… でも。せっかく水のエネルギーを満々に湛えた希有な時期です。たまには時間を作って海や湖に行ってみるのも悪くないかも? でなければ水族館でじっくり魚たちを観察したり、ひたすら釣り糸をたれてみたりとか! 詩や音楽やアートに触れるのも良さそう。。 自分だけのスペースを大切に、リラックスして何かを創って遊んだり、もしかしたら瞑想を始めてみるのも良いかもしれません。忙しいひとは、なるべくデトックスを心がけてね。あ、そうだ!ダンスのレッスンも忘れちゃいけないポイントかなw? 


        ふぅ......と、またいつもと同じ小さなため息をつきながらw。。。 
        今、希有な水の衣をまとった地球はわたし達を乗せて、微かにふるえながら壮大な旅団と共に宇宙を旅しています。何処へいくかはわからない。何処にいるのかさえ、本当はわからない。でもわたし達は生きてここにいます。

ふと見上げれば、まだまだ凍てつくような冬の夜空。でもそこには魚座の深い優しさを受け、乙女座の冷徹な現実精神を放射して、輝く満月が昇ろうとしています。彼女は片時もわたし達から目をそらすことなく、じっと見守っています。 だからもう何が起こっても慌てず、何が起こらなくても騒がず、このエネルギーをせいいっぱい受け止めて、今というダイナミックな時を過ぎ越していきたい…そんなふうに思ったりする夜明け前です。。(^_^;





have a great trek!!!★

hiyoka(^_^)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by らいらっく   February 25, 2013 09:01
hiyokaさん こんにちは^^☆

なんとなく毎日、心がざわついています。
落ち着きたい、リラックスしたいと思うのですが
魚座に天体が密集していると
蟹に天体密集の私はハートがゆらゆらしてしまうらしく(笑・・・

いま好きな人がいまして
「うわあ私、恋してる!!」って感じなのですが
そのせいもあって全然寝られません(笑

恋をするって素敵なことだと思いますけど
目の下のクマ・・・^^;洒落になりません(汗

なんか「春来るのかなあ・・・」ってほど
寒さの厳しい昨今ですが
hiyokaさんもお体に気をつけて☆
いつも深遠な月読みをありがとうございますm--m
2. Posted by hiyoka   February 25, 2013 19:26
 
らいらっくさん、こんばんは。^^
わぁ一足先に、ハートに春の訪れですね☆

眠れなくなるほど こころ乱れる恋をしている時って、ハートに埋め込まれたひとつの種子が芽吹いて花を咲かせようとしてる
綺麗に咲きたい 咲きたい!って叫んでる…

何の変哲も無い日常が違った光に照らされて あぁ、自分にはこんなトコがあったのか..なんて気付かされることもしばしば

きっと今、らいらっくさんの人生の中で 恋といっしょに 恋をきっかけとして 色々なエネルギーがダイナミックに動いていそう!
そういう出逢いって素晴らしいなと思います

出逢うべくして出逢っているのなら、少しくらい目の下にクマさん飼っててもOKw 楽しいことも嬉しいことも苦しいことも エィっとぶつかって、思う存分駆け抜けてくださいね
そしてエネルギーを燃やし尽くしたら、鏡に映る自分の中にまた新しい種子が! それは"絆"かもしれないし、見たことのない”光”かも...

ステキな恋の戦士さんに乾杯!^^



3. Posted by らいらっく   February 25, 2013 20:59
hiyokaさん

ことばって・・・不思議ですよね。
ただの文字なのにエネルギーが伝わってくる。
hiyokaさんの言葉はいつも美しく、大好きです!
素敵な言葉をありがとうございます^^☆
4. Posted by サラ   March 01, 2013 20:20
hiyokaさん、
こんばんゎ。
今回のメッセージも思い当たる事が多々アリです。。
魚座に☆が集結してるなぁ。って・・
なんだかいつものようにシャキっとした自分が居らないのですょ。(笑)
今日なども、仕事していて、強烈なエネルギーがwやって来たりしましたが・・『ま、こんなとこで争う必要ないでしょ。ま、いぃっかぁ。。』みたいな。
知らず知らず。。斜に構えておりましたゎ。
5. Posted by hiyoka   March 01, 2013 23:32
 
サラさん、こんばんは。^^

今回の満月、本当に魚座らしさサクレツしてる感がありますよね。それを乙女座側からみると、ほほぅ、なるほど・・・みたいなw。 水星も逆行中だし、曖昧模糊とした中で日々出会う様々な"トゲ"を、しなやかに透過させる術を身につけるには絶好のチャンス到来かな?

そのトゲを自分の中で溶かしてしまうか、そのまま回避して後々また違う星周りで再会するか・・・的なことも含めて、なにげに意識を向けてると面白いかも?なんて思っています。「...おっ溶かしてる溶かしてる・・・ウハハ」な〜んてw。

ナナメに構えてるサラさんの体の中を、しゅわ〜ッと通り抜けてる何かがきっとありそう☆^^


 
6. Posted by サラ   March 02, 2013 15:50
hiyokaさん、

>様々な"トゲ"を、しなやかに透過させる術を身につけるには絶好のチャンス到来かな?

なるほど・・そういう捉え方、良いですね♪
なんだか、楽しくなってきました☆



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント 2/18 【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント3/4 【金融アストロロジー】