レイモンド・メリマン 週間コメント11/11【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント11/25【金融アストロロジー】

November 17, 2013

●11/18の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

11/18 アイソン彗星の発見チャートが満月図と同じになっていました。お詫びして訂正します。m(_"_)m
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    満月は前回の新月のテーマが熟し、花開くときです。 この日は太陽と月が、地球を挟んでちょうど反対側にやってきます。0°の新月から始まった地球全体への課題は、満月で180°対向のエネルギー同士がぶつかりあい補いあうことにより、輝く満月というひとつの「結果」を見せてくれます。それは、わたし達が空間から受け取ったエネルギーをどう昇華し、現実に表現してきたのか を、あらためて見せてくれる鏡だと言えるかもしれません。そして わたし達はみな満月を超えて、次の新月までにそのテーマを消化、エネルギーはゆっくり静まっていきます。 さぁ、今回はどんな風景が見えるでしょうか? では今月も行ってみます。(^_-)~☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

満月タイムスケジュール
エネルギーが高まる時です。ヒーリング・メディテーションや祈りを捧げたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じられると思います。

【地方平均太陽時:ソーラータイム(LMT)】
東京・関東ローカルで11月18日00:34前後、北海道周辺で00:40前後、関西方面は00:15頃(日本標準時の場合はこの時間)、沖縄周辺で17日23:45前後に   牡牛座 25°26’ で満月となります。

今回のベースとなる新月のテーマについてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

サビアン・シンボルによる【満月・月食のテーマ】 ― 11/18~12/2
*ここでは有名なデーン・ルディアー(ルージャー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・フィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考にアスペクトを加味して書き下ろしてしています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【月 牡牛座25°~26° + 太陽 蠍座25°~26°】

 "A large well kept public park" + "An X-ray"
「大きくて手入れの行き届いた公園」 +「エックス線」

" A Spaniard serenading his senorita" + "Indians making camp"
「恋人にセレナーデを歌うスペインの男」 +「テントを張るインディアン」

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)】
 →★文脈や裏を読まずに反応する
 →★不満足な物事であってもそれを陰で支える見えない努力を知る
 →★何か大きなシステムの一員であることの良い側面を見ていく
 →★赤裸々な自分自身を知られないための仮面
 →★自分の期待や嫌悪を他者に投影する、または投影される
 →★自分ではなく周囲の思いと一体化している自己に気付く
 →★生きてるだけでみっけもの的な感覚
 →★自分のホーム、ルーツ、内的世界に立ち戻る必要
 →★または、何処かにある真実の自分の"ホーム"への渇望
 →★人にどう思われるかを気にすることをやめる
 →★何もかも忘れて空っぽになるor情熱的になりたい気分
 →★明日また新しい闘いに臨むために今日を大切に過ごす
 →★内面の深みに降りて伝えるべきメッセージを見出す→ ・・・・
 

エネルギーのポイント:
 新月『 見えない壁を行き来する 』
 満月『 一度本来の自分に立ち返る 』

131118

        11月も半ばを過ぎて急に寒くなりましたね。。 伊豆大島の台風被害もまだ癒えないうちに、今度はフィリピンを襲った超強力台風。。異常気象、活発な太陽活動。地震。事故。そして世界の至るところで毎日のように起きる様々な事件、力のぶつかり合い、欺瞞に陰謀にリーク。政治・経済・社会…日本も相変わらず揺れています。社会も、大地も…。というより、わたし達 "人間総体" のこころが根底から揺れ動いているってことかもしれませんね。でも、自分自身に何か大きなことが起こらない限り、わたし達は足許の揺れに慣れてしまい、それが日常だよねって自然に思い始めます。でなきゃ毎日暮らしていけないし。株は多幸症みたいに騰がったりしてるし。(余談ですが、これについてはメリマンさんが今週コラムで、ウォールストリートジャーナルに載ったFRBの緩和策執行担当マネジャーの "告白" を引用して  "政府による世界史上最大規模の金融市場介入" と指摘し、アストロロジーによるマーケットタイミングを無視するかのようなブルっぷり…これも人による天の青図の選択結果であることに触れていました。"FRBとは戦うな”が教訓だね、彼らは2016年まで緩和策を止めないかも…なんて感じのことも仰ってましたが。。) でも、自分の周囲だけでも振り返ってみれば、カーディナル・クライマックスが始まった頃からはもうすでにいろんなことが変化してしまってるけれど。。

個人的に最近感じるのは、天王星・冥王星スクエアを大背景にして、世界中に蔓延する不信感の根深さです。パーソナルなものからグループ、社会、国…いたるところに 「こちら側」 VS 「あちら側」 の対立が存在して、怒りや不安をぶつけあってる感じさえします。天王星、もう地団駄踏んでカッカきてます。冥王星も、底深〜く踏みつぶさんばかりの勢いを溜め込んでます。大地も揺れます。。。 もちろん、それぞれに理由はあるし、その言い分を語り出せばキリがないのだけど。でもその底の底には、もう名前さえ付けられないような積年のエネルギーが溜まっていて、理屈抜きに爆発するタイミングを計ってるみたい。 意識しようとしまいと、もう全員が協力して。それがたとえ争うカタチであったとしても、どんな信条やエクスキューズがあったとしても、結局は人類総体が協力して。。その行き着く先は?  わかりません。 今の私達がどこに向かっているのか? それって、100年くらい経って、その時生きてる存在が振り返ってやっと見えてくることかも? でも、一つ言えると思うのは、もし今が歴史の変わり目なら、多分過去はあまり参考にならないんじゃないかってことです。 

b_hole


社会的にも、個人の人生でも、過去を蘇らせようとしたり、逆に過去を怖れて繰り返さないよう防ごうとする…そのどちらも、こんな星回りの下では成功しないんじゃないかと思います。 もちろん、過去から学ぶことは沢山あります。知識はとてもとても大切です。でも、じゃ新しい方策は? 具体的にどうしよう? ってなると、実は何にも参考にならない、判断基準が見当たらない。それでも前に進まなきゃならない。それが今回の天王星・冥王星スクエア。そして来年4月にやってくる、天王星・冥王星・火星・木星のグランドスクエア。 わたし達は、少し前からその準備段階に入りました。 凸凹道を揺れながら、とにもかくにもバランスを保って毎日を生きています。押し流されずに自分の人生を生きていくなら、せめて自分の足許は自分の真実で固めておきたい……

『でも、"真実"なんて、この世にあるの?』

『一応あるよ? だって今、生きて、息してるでしょう? たぶん、明日も生きるつもりでしょう? それは何故? 今、ココに意識がある。わたしという感覚がある。それは否定出来ない。たとえ湧き起こってくる感情はただ月の位置に刺激されたり、火星だの土星だのの圧力や、誰かからインプットされた情報に触発されて出てきただけのものだったとしても。 名状しがたくここに居るという事実。 肉体が在り、感覚が出て来る。快不快がある。余計なものを全部剥ぎ取った"わたし"。もう、そこからもっともっと深みに降りていくしかないし。それだけで十分じゃない? 』

『うーん・・・そう言われてもなぁw。』

『じゃ、なぜ人を殺しちゃいけないんだろう・・・ね?』

『へ? 当たり前じゃんそんなの。』

『そう? ま、もちろん当たり前だけど。でも社会がーとか 正義がーとか 自分がされてイヤなことは人にもしちゃダメーとか、そういうんじゃなくて。建前でも方便でもなくて。本当になぜなのかな?…人間て。 自分って。生きものって。いつのまにか大人として当たり前に生きているけど。ほんとは何やってるのかな…ねぇ、何?』

        と、いきなり話がヘンな方に飛んでしまいましたが(^_^;  今回のテーマって、普段は大人として当たり前に受け入れている観点を一回自分なりに、もっと原点ぽいところに立ち戻って見直してみる必要を示しているかもしれません。たとえ、その究極の答が 「だって人間なんだから…仕方ないんだよね。」 だったとしても、「仕方ない」の扉を、自分の中でどの程度の深さのところに立てているかが問題なんだと思います。もう一度、自分が本当に望むもの、希求する状況を確かめて、無駄を削いでいくために。多分、何かの準備として……。 

autumsky2


        牡牛座25°〜26°の満月は、「美しく手入れされた公園」 から 「セレナーデを歌うスペインの伊達男」のエネルギーをとっていきます。ブレイン・ボヴィは広大な公園を整備するための組織やシステム、働く人々の存在を見通すエックス線のような眼差しを示唆していました。それは、もっともらしい上辺の「美しさ」や「正しさ」の裏側を見抜く目。特に、自分にとって「これぞ正しいよね!」と感じられる "心地良い" 意見を聞いたときは、すぐに受け入れない方がいいかもしれません。 それに、怖い部分を突いてくる脅しにも...。相手の動機を考えてみる。自分の反応をよく観察してみる。裏を取る。自分の目と耳とアタマと、必要なら足で確かめる。学ぶ。意見を持つなら責任も持つ。出来れば冷静にディベート出来るくらいに。それが出来ないうちは保留でOKってくらいでいいかも。 今はフワッとした気持ちだけだと足を取られやすい時期です。蠍座の土星もまだまだ睨みを利かしているし、魚座の海王星は理想やファンタジーのみで浸かっていくと、意外と手強い蟻地獄になったりします...。 けれど、そんなモロモロを射貫いた上で、あらためて自分にとっての「本物の美」や「本物の価値」を感じ取っていく…戦士サン達にとっては、そんな挑戦の満月でもあります。
(なにせこの満月、ダークな女神の大ボス格、恒星アルゴルとコンジャンクトですもの。強くあれ!って睨まれそうw。)

        26°のセレナーデはロマンチックな光景です。スペインの伊達男サンの目はハート型。。恋するセニョリータに愛の歌を捧げながら、彼は何を見ているのかな? 一方、満月に光を与える太陽のシンボルは「テントを張るインディアン」です。 夕刻も迫り、一夜の安らぎを得る土地を見つけてそこに落ち着くのでしょうか? それとも旅の途中? 狩りで遠征したのかな? それとも、彼らは住んでいた土地を追われたのでしょうか? 彼らにはそこが家、かけがえのないホームです。良い土地を見つけたのだとしても、一夜の仮寝だったとしても、そこでホッとひと息ついて、誰にも邪魔されずに自分達だけの、安堵の夜を過ごすことが出来ます。

情熱的なスペイン男性だって、根底ではそうなのかもしれませんね。愛する彼女に求婚して、共に暮らしたい。彼女と一緒なら、満足と安らぎを得られるに違いない。イケメンで歌の上手な伊達男サンも、外でカッコつけ通すのはけっこう大変だったりするのかも。。(^_^; そう、彼は彼女の中に、「究極のホーム」を夢みているのかもしれません。明日も闘う力を養うために…。愛する者を手に入れて、自信と信頼に支えられ、足許を固めていくために…。

        このシンボルは、お気に入りの美しいものや素敵な音楽を愛でながら、とてもロマンチックに経験されるケースも沢山あります。なので満月の夜、そんな体験が出来るひとはぜひ十分に味わってくださいね!!  でも、その奥底にはやはり、自分が本当に価値をおくものは何か? 自分が本当に「らしくあれる」世界ってどんなものなのか? ひとりに立ち返って、自分の内面をおさらいするというテーマが隠されています。 それがたとえ、ちょっぴり寂しかったり、こころもとなさを伴う作業だったとしても。 今、それを試してみるにはとても良いとき。闘いはこれからだから… 。それは、きっと未知へと誘う冒険だから。。

autum_woods


        今回の満月で目に付くアスペクトは太陽・月に対して水瓶座のネッソスがTスクエアを形成していること。 ちょうど山羊座の冥王星に金星がコンジャンクトし、天王星とのスクエアに参加したばかりでその余韻もあります。 個人的な世界観、思い、譲れない線と、自分が属している職場や周囲、社会で声高に語られる価値観とのぶつかり合いがクローズアップされる感じです。意見の相違があっても、本当に思ったことが言えないような雰囲気があるのかな。逆に、目障りな異端者をスケープゴートにしてしまう流れを作ったり、巻き込まれたりする危険も?  でもネッソス絡みで何かあるとすれば、それを見ることからは逃げられないかも。ならば何故それが起きるのか、目と耳とアタマを使って外側でしっかり捉える。そして、反応している自分の「芯」のありかを再認識する手立てに使ってみてください。 本当に本当に大事な原点、最後まで譲れない一線とは何なのか? 見極める好機かも…。
まずは自分の中にどんなメッセージがあるか、みつけてみましょう。何か言ったり行動を起こすのはそれからでも遅くないはず。

        ここしばらく、射手座ではフォルス、イクシオンがコンジャンクトしています。両方共とても遅い惑星だけど、そこに早い惑星が来る度に働きが前面に出てきます。今回はグリーヴが参加中。この小惑星はなかなか侮れません。文字通り、喪失の痛みや哀しみを意味するけれど、天災、事故、病気、事件など、死が絡むイベント時にもよく顔を出します。この三つ組みが火星とスクエアってことは、心理面に限っていえば 「大義名分さえあれば何でもOKだよね。手段を選ぶ必要ナシ!モラル? 何それ美味しいの?」 的な気分を生み出します。これがエリス、木星、BMリリスとも絡んでいるので、感情や思考はそっち方面に向かう可能性大かも…。でも悪いばかりじゃなくて、凡庸なモラルの抑圧をはね飛ばしたところで出るアイデアや思いは、これからクリエイティブに十分活かせそう。何か具体的なヒントが隠されてるかもしれません。 勿体ないので、はやまって大胆過ぎる行動はしないでくださいね! 現実は厳しいかも。。(^_^;

autumsky


        Dscに乗る魚座のカイロン。そして海王星・アスボルス・パラス&アトランティスのTスクエアあたりも今回、効いてくるかもしれません。 常に一抹の不安がつきまとう日常で、天頂近くのアスボルスは死せる身として限界を持つ人間が、どうサバイバルしていくか?…という問いを投げかけています。東の地平から昇ってきたパラスとアトランティスは、今のわたし達を支える文明が持つカルマと、わたし達の中に芽生えた不信感を、まとめて海王星にぶつけてきそうだけど。。

対人関係であれ、信条や世界観的なことであれ、真っ向から「どうよ!」なんて言っても、海王星相手だとノレンに腕押し。べき論が先立てば、海王星のネガティブな面を刺激して逆に疑心暗鬼に陥りそう。または、ちょっとしたことで騙されやすくなるかも? 多分、誰も責任を取ろうとはしないでしょう。 無駄な衝突は避けて、少し回り道をしても智恵を使うこと… 逆行中の賢者カイロンを使って(忍耐は要るけれど)、策略を察知したらそれを逃れつつ、消化しつつ、まずは自分の中で、失ったものを取り戻す − 自分にまつわる物事や人間関係の仕組みをよくよく理解する ー そして次の行動を決める。そんな路線でいくのが賢い選択かもしれません。

        そうそう、今から今月末には肉眼視出来ると言われるアイソン彗星。このところ太陽活動がずっと盛んになっているのはこのアイソンのせいでしょうか。歴史が大きく動くときに姿を現すのが彗星だとも言われています。 刻々と近付いて来るアイソンも、多分今の地球には人知れず影響を及ぼしているはず。。 ディスカバリー・チャートを見ると、ICにフォルスとイクシオン。MCに木星とヴェスタ。どんなことだってアリのイクシオンに突然のカルミックな出来事を司るフォルスが天底にあるというのは強力です。先ほどから幾度となく地震も来ているけれど、ジュノーとアスボルス、それに海王星のTスクエアはちと不穏かな。満月の下、少しずつ小出しにエネルギーが解放されますように。。冥王星・天王星・水星のTスクエアもあって、対人も国家間も緊張含みかなぁ。集合意識的自己憐憫にカーンと蹴りをいれてくれそうな惑星配置に見えます。

Ison

ところで、肝心のアイソンがチャートに出ていないけれど、この時蟹座の29°15'に位置していました。

そのテーマをひと言で言えば、
『 世界の舞台裏で秘密裡に決定付けられた伝統と遺産を
 わたし達はどうするのか?・・・その選択と挑戦 』
です。 そして乙女座28°〜29°でセクスタイルとなる太陽のテーマは
『 集合離散を繰り返す経験の中にあって
  ・・・人生の深い意味を理解していく挑戦 』 
また、天秤座28°〜29°の土星とはスクエアだったんですね。で、土星のテーマを引いて見ると
『 何が起きても、何処にいても、理解と智恵を介して
  ・・・そこに在ることを受け入れ・・・自らの家とする能力 』 
……ん? 何か今回のテーマとものすごくオーバーラップしてる!!!  この満月とアイソン可視化の時期が重なるなんて、何か本当に計り知れないものを感じていまいます…。刻々と太陽に近付くアイソンの運命や如何に......

05
 11月28日午前5時過ぎごろ東南東の空、乙女座のスピカの近くに見える...はずのISON...


        今はたぶん、少しでも自分に栄養を与えるときなのだと思います。遠い目を持って、自分も他のひとも、ちょっと許しながら、見えない壁を行き来しながら。。 いつの日か、何処にいてもそこが真の"ホーム"だと感じられるようになるまで…。こころに戦士のブルース、じゃなくセレナーデを歌いつつ(もちろん愛でも!w)、ヤドカリみたいに歩んでいきましょう。。


素敵な満月の夜になりますように!!

NGC3783



(時間に追われてちと乱暴に書いてしまったかも?と思いつつ…)
have a great trek!!!★

hiyoka(^_^


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by フツウの戦士22号   December 01, 2013 10:39
hiyokaさん、こんにちは(^O^)

太陽・月共に双子座生まれなせいもあってか内面ハードな満月&欠けるフェーズでした。

うっかりフォースの暗黒面が出てきてしまい、心が崩れ落ちるような喪失の痛みや哀しみを味わい、頭では(まだこんな想いが燻っていたのか…)と起こっていることを落ち着いて理解しようとしつつも、感情は乗りこなし難くて参りました。

見回せば周囲もなんだか激しそうな様子で、風当たりも穏やかでない情勢でしたが、とにかくその場はやり過ごし、家ではできる限り横になったりして休んで、やっと少し心も軽くなり、夜明け前の雰囲気です。といっても迎えるその朝は大荒れの嵐かもしれませんがσ(^_^;)

それから自分のルーツやホームについても、じっくり考察の時を過ごせました。過去を振り返り、現在を見つめ、そして未来はどうしたいのか想いを馳せ…。新たな変化を受け入れる時、星のサポートが得られると信じて前に進むしかないのかなぁ。

いつも警報だけでなく、傾向と対策まで出してくださって感謝です!起こっていることが指し示すテーマが頭の片隅にあるだけで、辛くても『今、ここ』を味わい尽くそうと思えるものですね。ありがとうございます(^人^) 新月の予報も楽しみにしております♪
2. Posted by hiyoka   December 03, 2013 02:15
 
フツウの戦士22号さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。^^

そう。本当にキツかったですよね。わたし自身は引きこもり状態で、タスクに没頭せざるを得ないような状態でしたが、それでもこころと体に空間からやってくるエネルギーの重みをずっしりと感じていました。。そしてもうあと何時間かで射手座の新月がやってきます。

フツウの戦士22号さんは、双子座生まれなんですね。双子座も射手座も、今は魚座の海王星やカイロンがスクエアの関係にあるせいで、霧の中をずっと手探りしながら、ときどきドスーンと果てしない暗いクレバスに落ち込むようなことがあると思います。そんな時は、自慢の逃げ足も、感情にさわらずフッと吹き抜けさせる術も効かず・・・痛みや苦しみを抱えてのたうちまわるような時を過ごすかもしれません。アタマのどこかでは、それが起きることはきっとひとつの祝福なんだって、わかっていても、渦中にあるときはどうしようもなくて...。

けど、ゆっくり体を休めれば、ふと微笑むことだって出来る。苦しみを過ぎ越したそのとき、ふと空間が変化しているのを感じる。見渡しても何も変わっていないけれど、確かに何か違う。・・・自分が大きくなって、空間と溶け合い始めたのかな? な〜んて。そう、苦しみを過ぎ越して変化を受け入れたひとは、「信じる」って唱えなくても、すでに星のサポートを受けているのだと思います。何がどうなるとかじゃない。火が来たら共に燃え、風が吹いたらそれに乗り、水が押し寄せたら流れ、大地が迫ったら踏みならして進む!
幸福も至福も、きっとその先に待っているんじゃないかな。。

フツウの戦士22号さんの新しい道に、沢山の光が降り注ぎますように・・・(-人-)
どうか素適な新月を! ☆^^

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント11/11【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント11/25【金融アストロロジー】