●12/17の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)○1/1の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

December 22, 2013

レイモンド・メリマン 週間コメント12/23【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2013年12月23日(フリー版より)
翻訳:hiyoka  
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(文中の は翻訳者によるものです)
--------------------------------------------------------------------------

告知ホリデイ・シーズンのため、来週のウィークリー・コラムは休載させていただく。よって次回のコラムは1月6日付けとなる。


“ 読者の皆さんにとって来年が繁栄と喜びの年となりますよう、MMAを代表してお祈り申し上げます。” ― Raymond Merriman

≪ 先週を振り返って ≫

        世界の株式市場は前週終盤から先週初めにかけて苦闘していた。そしてその後、FRBが殆ど全ての人々が望んでいたことを発表した。すなわち、彼らは “テーパー” を開始し、毎月の証券購入を850億ドルから750億ドルへと段階的に縮小するということだ。大規模ではないが、始まったのだ。株価は高々と急騰し ー 米国では史上新高値をつけ ー そして貴金属は急落した。ドルは舞い上がり他の通貨は下落した。

         FRBの発表を歓迎した動きは、木星がその好ましく調和的な土星へのトラインを完了した前週(12月12日)に起きた、二大政党による大変ささやかな予算合意に次いでの出来事であり、前者もこのホリデイシーズンに向けて非常に歓迎される進展だった。ファイナンシャル・アストロロジャーの一人としては、こういった良いニュースが表出して、射手座という黄道上の “サンタクロース” ともいうべき星座宮の象意にこうもピタリと適合するのを見られたのはこの上ない喜びだ。しかしながら、今週私達は山羊座へと移行する。そこはもっと酔いが醒めた時間帯であり、人々は一般的に、使いようのない贈り物を返却したり、実際に利益を得られるような未来のプランを練ろうとする。


≪ 短期ジオコズミクス ≫

        いくつかの天体によって打ち上げられる、かなりエキサイティングな花火に事欠かないホリデイ・シーズンがやってきた。それは、拡大と楽観の星座宮、射手座を通る太陽の旅の終わりを飾るにふさわしいと言えるだろう。太陽は今、冬至をくぐり抜けて山羊座で過ごす一ヵ月のために準備をしている。祝祭はまもなく終わりを告げ、新しい年のために建設的で現実に即した考案をすべきシリアスなビジネスの時が始まる。

        最初に検討すべき課題は、12月21日〜1月31日にわたる金星の逆行だ。金星は8年ごとに、黄道上の殆ど同じ位置で逆行・順行を繰り返す。その8年の間、金星は逆行というダンスを5回演じるが、その逆行ないし順行が起きた黄道上のポイントを互いに線で繋げると、殆ど完全な正五角形となる。これは今まで何百年もの間アストロロジャーにひらめきを与えてきた、宇宙の深奥に根ざす数々の神秘のひとつだ。何故金星なのか? 何故正五角形なのか? アストロロジャーとしての私達は、多くの “隠された” 謎を懐に抱いている。哲学者として、また形而上学者として、私達は多くの見解を保持している。そしてファイナンシャル・アストロロジャーとしての私達もまた、数多くの経験を携えている。
金星逆行:日本時間では12月22日朝〜1月31日
その経験は、この逆行が80%近くの相関性をもって、2週間の内に株式市場に起きるプライマリー・サイクルの終了に関わっており、そしてしばしば、例えば2009年3月6日や2002年10月10日に見られたように、まさに逆行のその日にこれが起きることがあると実証している。しかしながら、8年ごとの中で最もその相関性の低い例が、おそらく現在示現中の金星逆行だろう。そのプライマリー・サイクルとの相関性は、それでも50%と若干高めだ。

今回の金星逆行がどんな出来事と一致するか ー そして先週は何と合致していたか ー といえば、ちょうどテーパリングを開始すると発表したFRBに見られたような、中央銀行の政策変更だ。これは史上最高値からのリバーサルと同期するだろうか? 私にはわからない。しかしながら、ウォールストリートジャーナルの最近の記事でレポートされたように、12月23日〜1月3日の間は1年の内で一番ひんぱんに株式が上昇するという傾向を前提とした、季節的トレンドが存在する。1月3日といえば、いまだに金星逆行に伴うプライマリー・サイクルの天井とそこからのリバーサルの、2週間という許容時間の範囲内とは言えるだろう。

        現在、市場トレンドのリバーサルと大規模な価格変動に相関する、いくつかのジオコズミック要因が発効している。まずヘリオセントリックの水星が射手座を運行中で、これは12月15日〜26日までだ。これは株式や貴金属など多くの金融市場における大幅な価格の上下動と同期する。そしてどちらの市場も先週、その価格は大きく動いた。株式は先週初めまでの下げ基調から急騰し、史上新高値をつけて週を終えた。貴金属はその反対を行った。

12月25日、火星は天王星にオポジションとなり、冥王星・木星と共にグランドスクエアを形成する。これは1月8日まで続く。12月30日には太陽が冥王星にコンジャンクトし、両惑星が1月5日まで天王星と木星にTスクエアを形成する。それに火星を加えるなら、これもグランドスクエアだ。これらはアスペクトとして強力だ。
実際にはまず30日に太陽が天王星に正確なスクエアを形成し、その後日本時間では1月2日に冥王星とコンジャンクトする。但し、天王星・冥王星は現在継続的にスクエアを形成しており、30日は火星もすでに強力なオーブ範囲内にある。
したがって、通常なら、私達は大幅な価格の上下動を予測する。特に火星、木星、天王星が絡む場合はなおさらだ。これらはボラティリティと大規模な価格変動の惑星だからだ。ただ一つの問題は、今がホリデイ・シーズンだということだ。市場を動かすだけの出来高はあるだろうか? 私はこの場合、市場が季節的な静けさに覆われるという見方は取らないだろう。それに、もしこうしたシグナルが噴出して下降に向かえば、それは “パニック” そして(または)“ヒステリー” のシグナルとも見なされる。けっしてお行儀の良い指標ではないのだ。これらの惑星フォーメーションはエキサイティングで革新的にもなり得る。だが同時にまた、破壊的であり、暴力的にさえなり得る。だから今後2週間は、リスクを取る前によくよく考えてみることをお薦めする。


≪ 長期的考察 ≫
“政府が国民を保護すると見せかけて人々の労役を無駄使いするのを防ぐことがもし出来るとするなら、私は米国民にとっての幸福な未来を予測する。”

ートーマス・ジェファーソン
(先頃受け取ったニューズレターよりの引用)

        さあシートベルトを締め、準備をしよう…何に対してか? 起き得ること全てに対してだ。これからの5ヶ月間は、全カーディナル・クライマックス期 ー 2008年1月に始まり2015年3月まで続く “艱難の7年間”  ー の内で、ほぼ間違いなく、最も異様で、奇妙で、驚きに満ち、そしてことによると、フラストレーションの溜まる期間となるからだ。
「艱難の七年」:ヨハネの黙示録に記された、神のもたらす試練の時代を指す言葉
過去33ヶ月間(2012年6月24日〜2015年3月17日)には、私達の人生における最も長期の主要アスペクトであり都合7回起きる、天王星・冥王星のワクシングスクエアが含まれていた。それは『フォーキャスト2014』と前回のウェビナーで詳説したように、この注目すべき天体イベントの前半に起きた「隠匿された物事の露呈」を伴う、カーディナル・クライマックスの一部だ。

このような「露呈」という事象の最もドラマチックな表出が今現在進行しており、その流れは木星が天王星・冥王星スクエアに対してTスクエアを形成する、2013年8月〜2014年4月まで続く。ファイナンシャル・アストロロジーの研究では、木星・天王星・冥王星のTスクエアは、経済危機や株式市場の厳しい下落との歴史的相関関係を持っている。では今回もそうなるのだろうか? おそらく、そうはならないかもしれない。何故なら、月に850億ドルから750億ドルとわずかなテーパリングが発表されたとはいえ、FRBはいまだに手厚い証券購入(市場介入)を続けているからだ。これはまだ市場を支えるに十分な額だ。

しかしながら、株式市場の支えになるとは思えない物事も存在する。それは、投資家の関心が金融及び財政施策から、政治的騒乱や社会の混乱へとシフトするようなケースだ。大衆の欲求不満が溜まりに溜まって吹きこぼれるとするならこの側面からだ。今から5月20日まで、最初は金星が、次に水星が、そして最後に火星が、連続的に逆行に転じていく。金星は、最初に前進のマーチを行い、その後にくるりと向きを変えて後退するという宇宙パレードを、12月21日に開始する。
金星逆行:日本時間12月22日 06 : 52 ごろ開始
市場もまたその動きに倣う可能性はあるが、その場合はおそらく、しばしば皮肉を込めて(そして不正確に)アフォーダブル・ケア・アクト/ACA(手頃な価格の保険法)と称される、オバマケアの立ち上がりを巡ってエスカレートする諸問題をきっかけとして何か起きるのかもしれない。無数の人々が、彼らの現行の健康保険を1月10日までに失う可能性がある(期限は1月1日から10日に延期されている)。

これらの惑星逆行は、木星・天王星・冥王星Tスクエアの傘下にあって、ACAを改変するための突然の、そしてひょっとすると違法とも捉えられる決定を示唆している。オバマケアの修正問題について公表されている意図は、「助けが必要な人々を政府が援助する」というものだ。まさにその通りで、週を追うごとに無法化していくように見えるこの法令に直面して、人々は今や助けを必要としている。だが一度法律化してしまえば、その修正は一人の人間の裁量を越える。ところが議会の承認を経ずに度々変更される布告は人々をますます混乱に陥れ、翻ってそれは、米国における大衆のフラストレーションの突然の高まりという結果に導いていく。

それでも、大いなるカーディナル・クライマックス(2008年〜2015年)という背景の中で、私達はその終焉へと近づきつつある。私のささやかな意見を述べるなら、ベン・バーナンキとFRBが、世界の他の中央銀行と協調しつつ、過去6年間にわたる彼らの巧みな金融政策の操作によって、大恐慌の危機から経済を刺激し続けてこられたことは、全くもって驚異的だ。そうだ、確かに中間層 ー 貯蓄者層 ー は壊滅させられた。だがもし彼らが、そのドラマチックな金融緩和政策の観点をもってアクセルペダルを踏み抜き、ダッシュすることが無かったなら、事態はもっと悪化していたかもしれない。

        思うにこのホリデイ・シーズンに入って、私達は過去を振り返り、彼らの成し遂げたことをありがたいと感じるかもしれない。彼らは深刻な経済不況を防いだ。そして今、もし彼らが政界の支持を得て、長期にわたる真に継続可能な成長へと導く健全な財政政策を実施することさえ出来たなら…私達は単にこのホリデイ・シーズンだけではなく、それを越えて感謝することが出来るだろう。そうなれば、私達は未来に自信を持つことが出来る。私達のためのみならず、私達の子供達にとっての未来に対してもだ。

        現在、2014年を迎えるにあたり、私は子供達にとっての未来が輝かしいとは全く思わない。私達がこの世界的負債という怪物を本当に狩り取ろうとし始めるまで、それは無い。負債比率の削減がそのスタートだ。だがいまだに私達は、負債総額を刈り込む必要に迫られている。それはまさに天王星・冥王星スクエアの反映として、高く、さらに高く、今も積もり続けている。





訳文ここまで
----------------------------------------------------------

わたしがマンデーン・アストロロジーと星座別個人予測部分の翻訳を担当させていただきました『フォーキャスト2014』が12月25日から投資日報社さんより発売されます。もともと投資家向けの本で、価格も8000円と一般向けとはいえないかもしれませんが、相場以外にも政治・経済・社会に関わる占星予測に興味のある方には、日本の状況と重ね合わせて読んでも興味深い内容だと思います。詳細は↓こちらにありますので、よろしかったらどうぞご覧ください。m(_"_)m

2014banner


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kazuto   December 31, 2013 01:07
hiyokaさん。

こんにちは。

kazutoと申します。

毎週、訳してくださって、

ありがとうございます。

2014年フォーキャスト購入したら、
表紙にお名前が載っていたので、
「オーッお名前が載ってる!」って
感激しました。

水瓶座の私ですが、自分の殻から、
なかなか出ることができない・・・。

来年こそは!

いつもいつもありがとうございます。
2. Posted by hiyoka   December 31, 2013 02:42

kazutoさん

コメントありがとうございます。
名前を見つけてくださって、感激していただけるなんて嬉しいです!!

そうなんですよね。今年は表紙に名前を入れてくださっていて…表紙のデザインを見るまで何も知らずにいたので、おぉぉ?と思ってしまいました。
 
そのぶん、責任も重いので… これからも、もっと精進しないと、です(^_^;

水瓶座さん、来年はいろいろ賑やかそうですよね。土星先生は天王星と共に水瓶座の支配星でもありますし、上手く付き合えば頼もしい味方。新しくて堅固なコミュニケーション・スキルを通して、大いに盛り上がる良い年になりますよう、お祈りしています!!

ゆるりと楽しい大晦日・・・そして元旦の新月を迎えられますように☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
●12/17の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)○1/1の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)