レイモンド・メリマン 週間コメント3/17【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント3/31【金融アストロロジー】

March 16, 2014

●3/17の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

メリマンコラムは一つ下の記事になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    満月は前回の新月のテーマが熟し、花開くときです。 この日は太陽と月が、地球を挟んでちょうど反対側にやってきます。0°の新月から始まった地球全体への課題は、満月で180°対向のエネルギー同士がぶつかりあい補いあうことにより、輝く満月というひとつの「結果」を見せてくれます。それは、わたし達が空間から受け取ったエネルギーをどう昇華し、現実に表現してきたのか を、あらためて見せてくれる鏡だと言えるかもしれません。そして わたし達はみな満月を超えて、次の新月までにそのテーマを消化、エネルギーはゆっくり静まっていきます。 さぁ、今回はどんな風景が見えるでしょうか? では今月も行ってみます。(^_-)~☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

満月タイムスケジュール
エネルギーが高まる時です。ヒーリング・メディテーションや祈りを捧げたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じられると思います。

【地方平均太陽時:ソーラータイム(LMT)】
東京・関東ローカルで3月17日02:27前後、北海道周辺で02:33前後、関西方面は02:08頃(日本標準時の場合はこの時間)、沖縄周辺で01:39前後に乙女座26°01’49”で満月となります。

今回のベースとなる新月のテーマについてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

サビアン・シンボルによる【満月のテーマ】
*ここではデーン・ルージャー(ルディアー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・フィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考に、アスペクトを加味して書き下ろしてしています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【月 乙女座26°~27° + 太陽 魚座26°~27°】― 3/17~3/30
 "A boy with a censer" + "A new moon dividers its influence"
「香炉を持つ少年」 +「その影響が多岐に別れる新月」

" Grande dame at tea " + "A harvest moon"
「茶会に集う貴婦人達」 +「ハーヴェスト・ムーン(収穫の満月)」

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)】
→★ どんな言動にも奥底に隠れた動機がにじみ出ることを知る
→★ 無意識のふるまいが後に大きな結果となる可能性
→★ それと気付かれぬうちに密やかに拡がる心理的影響力
→★ 目の前に見えていながら気付かないことに注意
→★ とるに足らないと思える小さな選択が道筋を変えていく
→★ 将来のための小さな希望の篝火
→★ 世俗的な "儀式"が世界を動かす力に気付く
→★ "分配" や "配分" に関わるデリケートな交渉
→★「横取り」や「搾取」的な行為にくすぶる不満感
→★ 苛酷な環境の中で洗練されたふるまいを捨てないことの価値
→★ 重箱の隅をつつくような心理に注意
→★ 来たるべき何かのために自分を整える
→★ 心の目を通して見上げるミステリアスな光が不安と希望を分ける・・・→

エネルギーのポイント:『 "こころのシミ" を落として進む 』 

140317FM
 
     
        さて、今回の満月はちょっと今までとは違う構成でいってみます。今あたりから(実際には1日の新月から)本格的に4月のカーディナル・グランドスクエアの前哨戦に入っている感じが強まってきたこと。月のサイクルがもたらすテーマも、そんな大背景のエネルギーが強くなっているので、サビアン・シンボルの象意に沿って、そんな惑星達の意識の流れを描いてみるのも面白いかな?なんて。(次回新月にはまた元に戻ると思いますが…^_^;)

また、あと4日ほどで春分がやってきます。太陽が牡羊座の0°にやってきた瞬間のチャート、春分図は、その年のおおまかな傾向を表すとされています。で、比べてみると、今回の満月図と春分図、構図がそっくりなんですよね。大幅に違うのは月の位置くらいかな。。なので、1月1日の新月図と共に、この満月図もまた、今年の全体的な傾向とオーバーラップするところがあるかもしれません。(けっして手抜きでは…)

        それと、ちょっとしたニュース(?)。今回の満月は、去年9月19日に起きた魚座の満月とはちょうど太陽と月の位置が真逆で起きるんですね。 それに気付いたとき、『これ面白いな… 半年を経て満月同士が180°の関係って、まるで満月の満月。本当にハーヴェスト・ムーンみたい・・・』 なんて思いました。 そしたら、アストロロジャーのレン・ウォリックとエリック・フランシスがそのことに言及していて、しかも、まだ発見されて間もない太陽系外縁天体(キュビワノ族)である "120347 サラシア" が、去年は月と、今回は太陽とコンジャンクトしていること、そしてそれが銀河中心とはスクエアを形成することを指摘していたんです。 おまけに今年1月16日の満月は、ちょうどそのサラシアとは120°のトラインを形成していたと……。 

fullmoon


彼らが言うには、『サラシアに関してはまだどのアストロロジャーも、はっきりとした解釈を与えるには至っていない。だから、去年9月19日の満月期(0°)を基点に、今年1月16日の満月期(120°)を経て今回の180°対向の満月に至るまで、世の中や自分の心理・身辺にどんな変化があったかを見ていくことによって、新天体の解釈に関するひとつの答なりヒントが浮かび上がるかもしれない。 』 とのことでした。 

新しい惑星の解釈をつめていくには色々な技法があります。 その天体が得た名前から神話の物語を参考にする、発見時のイベントチャートや命名チャートを読み解くなどが代表的ですが、もうひとつ、月のサイクルの要所でその天体がコンジャンクトした時のエネルギーを見ていく…というのも、有効な方法なんですね。 サラシアはとても遅い惑星(公転周期約274年)です。なのでしばらくは、あらゆるエネルギーの源と言われる銀河中心との回路も崩れないでしょう。

  2013年9月後半に種子を孕み、今年1月後半に成長を見せ、そして今回で結実していく「何か」を見つけられるかな。。この3回の満月期に注目して自分に何が起きたか、世の中がどんな風に流れていったかを考えてみるのも、特にアストロロジーを実践するひとにとってはとても興味深いのではないかと思います。(もしかしたらサラシアって、良いにつけ悪いにつけ、何かしらセンセーションを伴うエネルギーかも? なんて漠然と思っているのですが…)

・・・って、あれ? またもや前置きが長いですね!(^_^
そんなわけで、今回のサビアン・シンボルの基本的な解釈は、去年9月19日の満月のときに書いたものが引き続き参考になると思います。なので・・・もしよかったら、もう一度見てみてください。(太陽と月の位置は逆になりますが、シンボルそのものの持つ原型は変わりません)。


crested_lepard


        さて、今回の満月。上に挙げたキーワードは、去年の満月よりちょっと厳しいムードが漂っているかもしれません。同じサビアン・シンボルから導き出しているけれど、やはり背景となるアスペクトを加味したときは味わいが違ってきます。。前回新月のエネルギーポイントは 『焦点を合わせる』 そして 『発想の転換』 でした。 世界ではウクライナ問題、マレーシア航空機の消失、中国経済の先行き不透明など、どうなるのか? 何が起きているのか? 全体に見通しが効かない状況が続いています。 (雲にさえぎられ、光明を求めて道を探す…今回は新月のサビアン・シンボルがそのまま構図通り、世界に顕現してしまった感じです…) 1月の満月期の終わりにもたらされたSTAP細胞の華やかなニュースは、この新月期で失望に変わりました。 でも、そこにもきっと、全員が集合的に分かちう根本的な問題が存在して、光を当てられるのを待っているのだと思います。

さて、新月のエネルギーポイントは今月末の次の新月まで有効です。 そして、それに加える今回のポイントは…『 "こころのシミ" を落として進む 』。季節の変わり目でもあり、疲れも出やすいころです。もしかしたらわたし達のこころにもいつのまにか、うすボンヤリとしたシミのような疲労感が滲んでいるかもしれません。エネルギーが一度ピークに達し、そして次の新月を目指してなだらかに落ちていく満月期。ここでもう一度、気持ちを、感情を、視線を転換し、あらためて焦点を定めなおしたいところかも?

        今回の満月には緊張感があります。東の地平線には山羊座の冥王星、西の地平線のわずか下には蟹座の木星。冥王星は、やがてオポジションを形成すべくやって来る木星を待ち受けているかのようです。まるで、自分の主張や権威を徹底的に守り抜きたい気持ちと、相手に対して度を超えて踏み込もうとする気持ちがせめぎ合っている感じ。 またこれは、全てを壊してでも "真実" を追究しようとする止めようも無い空間の衝動と、リアリティを超えて限りなくふくらんでしまった泡が、こころの大地で正面衝突しようとしているようにも見えます。 この満月期、空間には静かに張りつめた空気が漂うのかもしれません。

そんな中、わたし達はそれぞれに天を見上げます。 そこには何が見えるでしょう?  天頂付近では、月のノースノードが未来からのエネルギーをめいっぱい吸い込んで下界に送り込んでいます。隣にそっと寄り添うのは小惑星ヴェスタ、セレス、そして逆行中の火星。

        ヴェスタはまるで天のかがり火。それとも、ささやかにゆらぐ命の炎かな? ハーヴェストの女神セレスは、『人生は、原因と結果とが輪廻するようなもの。だからこそ、たとえどんな環境にあろうと、どんな状況にいようと、わたし達はただそのまんまで…今在ることの素晴らしさを感じられるはず…』と囁きかけているようです。 天頂のセレスの言葉は、わたし達人間に与えられた収穫のための智恵なのかもしれません。 

では火星は? 天秤座を逆行する彼は、傷付いた戦士でしょうか。神との戦いに敗れ、どこからともなく飛んでくる矢を怖れながら、失われたイマジネーションの世界をトボトボと後戻りしているようです。もちろん、彼にはまだまだ、目に見えない底力があって、噴火の時を待っているのですが…。 遙か下界では堕天使の烙印を押されて天から追われたルシファーが、期待をこめて彼をみつめています。自分を天に連れ戻してくれるのは、本物の戦士だけなんだと言わんばかりに。。けれど、今の火星はそれに気付けるでしょうか? 火星が怖れを抱いて防衛的になる時、その視野はとても狭くなってしまいます。尖ったスタッズ越しに疑わしげな目でギロリと睨んでいたりして.......(^_^;


night


        じゃ、天底付近には何があるかな? そこには一瞬一瞬 過去になっていく時間の排出口。わたし達はこの門によって自分という存在を確認しています。そう、月のサウスノードです。 そこで創られるのはわたし達の日常の姿かもしれません。一方、満月に光を与える意識の源ー太陽と、"鎮魂"と名付けられた小さな天体レクイエムからは、天に向かって神の指、YODがそびえ立っています。レクイエムは、『どうして!何故ここで譲らなくちゃならないんだろう…こっちが正しいのに....』と呟いているよう。これはわたし達のこころに宿る、バベルの塔でしょうか? その塔の下から見上げるわたし達には、これからの2週間、どんな空が見えるでしょう...。

        この満月では、上に在る物、上に立つ者、有利に見えるもの、多くを持つ者に対して、自分自身の「影」を投影していくようなエネルギーも感じます。 くすぶる不満や哀しみのこころが、一時的にでもある境界を越えたとき。「こうなったのは誰かのせいだ」と思ったり、「悪いのはアイツだ」と言い放ってしまえば…きっとその一瞬は自分自身を忘れることが出来るのかもしれません。 同じ気持ちのひと達を募って、ちょっとした愚痴や悪口を言いあえば、少しは気持ちが軽くなるのかもしれません。 あるいは、正義の名の下に悪いヤツらを懲らしめようと動くひとだっているでしょう。

けれど今のわたし達は、まだ見通しの効かない雲の中を飛んでいる飛行士でもあります。 その目には、フラストレーションを抱えて精一杯強がってみせる天上の火星が、巨悪の大ボスに見えているかもしれません。天上に集うヴェスタやセレスが、気取ってハイティーを嗜みながら、ゴシップに興じるセレブリティに見えているのかもしれません。

        太陽とレクイエムの組み合わせは、どうにも抗いがたい運命という感覚と、澄み渡ったこころがやがては復活の歓びに満たされるという、二つの相反するエネルギーを創り出します。 ここでわたし達は、自分達の「影」をそっくり誰かに投げかけるか、それともけっして絶えることのない希望のかがり火を見るか、そのどちらかの視線を選び取ることになるかもしれません。 それが日常のとても些細な選択だったとしても、その積み重ねは、やがてやってくる収穫のとき、まったく異なる果実となるのではないでしょうか。 見上げる視線はそのまま反射して、わたし達の足許に帰ってきます。 そこには、牡羊座の天王星がグランドクロス形成を目指して力を溜めています。。


lines


        一方、金星にはエケクルスが、水星にはネッソスがコンジャンクトしています。 そしてこのところずっと、海王星とオルクス、土星とセドナが対峙しています。 混沌とした世の中を舞台に、トリックや欺瞞、詐欺的な行為が増えていきそうです。 驚くようなことをしてひとを信じさせ、依存させていく宗教まがいの行為も目に付くかもしれません。 たとえどんなに不安にかられたとしても、どんなに苦しいときでも、自分で考え、自分の足で立つことを忘れてはならないと思います。だってそうしてさえいれば、たとえ回り道をしたとしても、失敗したとしても、そこから沢山学ぶことが出来るから。

        乙女座の満月には、批判精神が宿ります。健全な批判精神があるとき、わたし達は自分のことも他者のことも、公平に見ていくことが出来ます。 目の前にあることを、そのまま受け止めることも出来ます。 けれど、本来は自分で引き受けるべきこころの「影」をいったん外側に投影したとき、内なる批判精神は病み始めます。 見えるはずのものが見えなくなり、そこに無いものを見始めたりします。

それはやがて、自分の「しるし」をこの世界に少しでも残したいという欲望と共に働くようになるでしょう。そして、足許がおぼつかないままに、広大な海の波間で夢を見始めます。 ネッソスは言います。『原因は、結果を見るのだ』 と。 こうして、魚座のまどろみの中で見た束の間の夢は、それが戦いの悪夢であろうと、美しいユートピアの夢であろうと、やがて裁定者オルクスと出会うことになります。

        けれど。わたし達が創りあげるどんな人生も、どんな物語も、その結末には必ずミステリアスな謎が潜んでいるように思えるのです。 それは、まだ何も書かれていない、宛名の無い手紙。 過去と未来を繋ぐもの。それは、何かが起きてアタフタするわたし達の机の上にそっと置かれ、ひたすら気付かれるのを待っています。 そう。で、それは、何? 何だろう… やっぱり、まっさらな、再生への希望…そして、意志かな!? そこにはまだ一行の文字も書かれていないけれど。。。

plum_brossoms


        さてと。。 こんな感じの満月、どうでしょう? シンボルから拡がる意味、そして惑星や感受点のアスペクトを受けてひとつの筋書きのように読んでみたけれど、ちょっと抽象的だったかな。。 

あ、そうそう、もうひとつ。これからカーディナル・グランドクロスを超えて5月末くらいまで、天上にはマイナー惑星達の 『火のグランドトライン』 が形成されます。今回の役者達は、エリス・イクシオン・アトランティスの三つ組みです。え、グランドトラインなんて言ったって、面子がワルばっかり!って?w  まぁそうなのですが… でも、マイナー惑星の裏の顔はみんな強力なヒーラー達なんです。 ただ、出会い頭にカサブタを無理矢理はがすようなエネルギーを送ってくるだけで…。  

だから、確かにこの三つ組みは、集団の中での疎外感や、人間の傲慢さへのしっぺ返し、そして一皮剥けば何だって出来てしまう人間存在の怖さみたいなものを見せてくれるかもしれません。わたし達みんなの中にあるものとして。 けれど、わたし達が、その険しい通路をそれぞれに凜!として過ぎ越すことが出来たなら…。本当に、どんな状況にあっても遊び心を忘れず、わははと笑いとばせるしたたかさを持てるかもしれません。そして、真実を怖れずに直視する強さ、醜さも美しさもまとめて呑み干しながら進んで行く、度量の大きさを手に入れることが出来るかもしれません。

これから先は、火の危機のとき。けれど、同時に熱誠の炎も、勢い良く燃え盛るでしょう。そのときこそ、火に焼かれた戦士さんたちを、魚座の海王星とカイロンは優しく潤してくれるのだと思います。

        乙女座の満月。。最近忙しくてちょっとくたびれ気味ではあるけど、やっぱり空を見上げて素敵な天のかがり火をみつめたいなって、思います。もし消えてたら、焚き付けちゃおうかなw。


milkyway


have a great trek!!!★

hiyoka(^_^)


では、この後下に続けてメリマンコラムの抄訳、行きます!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by aea mu   March 16, 2014 23:20
今年に入ってから、予想外の事が立て続けに起こって正直疲れています。今回の満月を契機として再度、心と身体の調子を整えるためにサボっていたヨガ教室に行くことにします。

カーディナル・グランドクロスなんかに負けないぞ
エイ!エイ!オー!(^_^)/
2. Posted by hiyoka   March 17, 2014 01:21

aea muさん

あ、ヨガ、いいですね!
特に 直撃組にとってはバランスどりってすごく大切。。
エクササイズと休息のリズムでうまく乗り切れますように^^

エイ!エイ!オー!(^_^)/~☆*
3. Posted by サラ   March 17, 2014 22:07
hiyokaさん、

こんばんは。 こんなハードな天体配置の最中、記事up (メリマンさんのコラムまで!)ありがとうございます。それにしても・・この疲労感は、私だけではなかったのだと思えるだけでも救われますw

9月19日・・
忘れもしない出来事が突然起こった日でした。
この出来事が発端で、私の何かが・・かなり強引に、、剥ぎ落とされた感じですゎ^^;


そして今回やってきた満月と共に、やってきた課題に対して今回は、違ったアプローチで臨もうとしているようです。

サラの気配ww できる限り消しながら。。(爆
4. Posted by hiyoka   March 18, 2014 00:06

サラさん

こんばんは^^
今の星回りの下、特にカーディナル・サインに主要惑星や感受点を持つ方なら、疲労感を感じる方が自然なんだと思います。「オラオラ、成長せんか〜〜い!」なんて、莫大なエネルギーを受けてるんですものねw。逆に、疲れを感じないと適度な休息を取らない怖れがあるので、その方が問題アリかもしれません。。

おぉ....サラさんの中の何かが、サラシアと共に発動...!
いえ、冗談じゃなく、自分と似た名前(ニックネームでも)の天体って、人生の要所要所で効いてくることがあるんです。とても不思議ですが、実際にいくつもそういう例を見てきました。サラシア効果…注目ですね。

忍者(くノ一?)サラさんの動静、今後やいかに!?
期待です☆(^_^
 
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント3/17【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント3/31【金融アストロロジー】