★大ボス・天王星・冥王星スクエアと海王星そして土星…レイモンド・メリマン 週間コメント4/7【金融アストロロジー】

March 31, 2014

○3/31の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きるわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造していると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。
    例えば…シンボルの光景やキーワードを覚えておくだけでも、何かに迷った時の指針になるはず。。ではでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新月タイムスケジュール
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【地方平均太陽時: ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで 3月31日 04:05前後、北海道周辺で 04:11前後、関西方面(日本標準時ならこの時間)は 03:45 前後、沖縄周辺では 03:16前後に 牡羊座 9°59’で新月となります。

前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【 新月がもたらすテーマ 】
*ここではデーン・ルディアー版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・フィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考にし、アスペクトを加味して読んでいます。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、解釈の内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【太陽・月 牡羊座 9°~10° (3/31~4/28 )】
"An crystal gazer"
『水晶占い師』

"A man teaching new forms for old symbols"
『古いシンボルに新しい形を与え教える人』

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)】
→★過去をふり返ってこれから先を思う
→★なかなか身動きが取れない中で新しい道を探す
→★時代や周囲、全体の流れに合わない気持ちを抱える
→★時期尚早、またはじっと雌伏しているような感覚
→★物事の表面下に潜む構造をじっとのぞき込む
→★何かが起きようとしているという予感
→★動いて危険を冒すより混沌の中に留まりたい気持ち
→★急いで立ち上がり何かを修復する必要
→★どうにもならないような事をなんとかしようとする情熱と力
→★虚しい日々の生を一転輝かせる宙返りの発想
→★感情の動揺を経て常識破りの知恵をしぼり出す挑戦
→★直感力と戦略を駆使して切り抜ける・・・→

エネルギーのポイント:「心のシフトを意図する」「肩の力を抜いて指先の繊細な力を保つ」

140331NM

        さぁ、3月最後の日に迎える新月。ここからいよいよカーディナル・グランドスクエアの口開けとなるエネルギーがやってきます。というか、もう前倒しでそれを感じているひとも多いのではないでしょうか? 何がどう…とは言えないけれど、体への圧迫感や眠気、疲労感、なんとなく調子が悪い、ストレスが溜まってつい飲み過ぎたり食べ過ぎたり、不安や抑鬱にかられたり逆にはしゃいでイケイケになってみたり、または無意識の言動が増えたり。。 顕れ方はひとにより様々だし、感知する度合いも出生時のチャートによって強弱があると思います。でも、いずれにしてもこのあたりから先は、全体に万力で締め上げるようなエネルギーがかかってきます。なので、敏感なひとは心身に溜めてきたものがぎゅっと圧縮されるような感じがあるかもしれません。 そして、圧縮されたらその反動だってあるはず。ならばその反動を、どうせなら現状打破に向かって使えたらいいな、と思います。きっとカーディナル・グランドスクエアの挑戦はそのために来るのでしょうから…。

        いわゆるカーディナル・クライマックス期のピークは4月21日~25日の週となります。22日の明け方に天王星・冥王星が正確なスクエアを形成した後、23~24日に火星・木星・天王星・冥王星がカーディナルサイン(惑星順に天秤座、蟹座、牡羊座、山羊座)の13°にそろい踏み。25日には木星が14°に抜け、火星も逆行を続けて離れていきますが、グランドスクエアの余韻は凸凹しながらしばらく続くでしょう。

今回の新月のあと、4月15日の満月は皆既月食(日本では東部北部のみで見られる部分月食)です。そしてカーディナル・グランドスクエアを挟み、次の新月4月29日はちょっと珍しい非中心の金環食。これは残念ながら日本からは見られません。けれど、この2つは日本の戦後始原図の重要ポイントをヒットする強力な蝕になります。 この日食の新月期、5月15日の満月を経て次に29日の新月、そして6月13日の満月があります。このあたりもけっこう強力そう。。そして6月21日の夏至図では、春分図に続いてもう一度、アセンダントに冥王星が乗ります。

そんなわけで、きっと間に緩急のリズムはあるとしても、これから3カ月ほどの間には、政治・経済・社会面で色々な変化、様々な出来事が起きてきて、それがまた種火となって次の変化を呼び、今年、来年と続いていく…そんな感じになっていくと思います。 これについてはまた後ほどアスペクトの部分で触れることにして、早速シンボルにいってみましょう。

sakura


        1つ前の新月のポイントは 『焦点を合わせる』そして『発想の転換』でした。サビアンシンボルの『雲の中を飛ぶ飛行士』 は、見通しの利かない中、一生懸命集中しながら手探りで光明を探し続けてきました。はたして今回の新月で、それを見つけることは出来るでしょうか? (そういえば忽然と姿を消したマレーシア航空370便も謎だらけで釈然としない状況が続いています。出発時のイベント図を見ていると、つい色々な憶測が浮かんできます。沢山の乗客の方々、そして機体…早くみつかるといいのですが……)

さて今回、まずベースとなるエネルギーのシンボルは『水晶占い師』。 丸い水晶玉をじっと見つめて未来を占ってくれるひと。イメージ的には、ちょっと神秘的な衣装を身につけた深い瞳の女性が浮かんできますね。 彼女の目には、過去、現在、未来…あらゆる光景が浮かびます。 水晶占い師にとっては、それらはひとつのシンボルでしかないでしょう。占いを依頼したお客さんに何が見えたかを告げたとき、初めてその光景が生き生きとした意味を持ってきます。そして、そのひとが知りたい未来、こうでありたいという願いの内容に沿って、ひとつの判断が下されます。

過去があって、今がある。今という時が、未来を創り出す…。「お金持ちになれるでしょうか? 」「素晴らしい相手に巡り会えるでしょうか?」 「才能は認められるでしょうか?」 「幸せになれるでしょうか? 」「失せ物は一体どこにあるのでしょう…? 」 水晶占い師は、時間を超えた領域に入って意識の焦点を合わせ、 "今ここに無いもの" を水晶玉の中に見出します。 そこには全ての願いが叶う未来が見えるかもしれません。いえ、それとも? …これって、ちょっとドキドキするような体験ですよね(^_^; 

それは占う側と占ってもらう側のエネルギー交流が創り出す、時を超えた神秘です。けれど、占ってもらう側のわたし達自身は、いまだに『雲の中を飛ぶ飛行士』かもしれません。辿り着きたい場所は何となくわかるけど、道も方法も全然見えない…。そんなとき、水晶玉の中にまず見えるのは、分厚く垂れ込めた雲の姿かもしれません。占い師は思います。「これがこのひとの未来? 違う、これは今の姿ね、きっと。。」 そしてこう訊ねるかもしれません。「あなた、本当に結婚したいの?」  「あなたは本当にその仕事をしたいと思ってる?」  …そして、わたし達がこころの奥底に隠し持った願いを掘り起こし、そのエネルギーが、あるカタチとなって立ちのぼるように手助けしてくれるかもしれません。  

flower2


        わたし達は、誰か素敵だと思うひと、成功しているひとの姿を見て「ああなれば自分も幸せになれるかもしれないのに…」と感じます。 額縁に飾られた立派なひとの絵を見て、「こんな風になって、こんな所に住みたい!」なんて思います。それはイメージの世界、夢のシンボル…。では何故その姿や絵に惹かれるのでしょう? 何故そこに行きたいのでしょう……?  願いは、ひとつのパワーです。そのパワーが、わたし達の未来を創り出します。…でも、どんな風に?

秘密はこの 「何故?」 に隠されていそうです。そこには、わたし達がよくやる 「世の中は1+1=2って決まってるんだから当然でしょ?」 なんて合理的な後付けの理屈は存在しません。きっと水晶占い師は、わたし達の、その奥底の叫びから過去・現在・未来を読み解き、大きなヒントを与えてくれるのではないでしょうか?  言い訳もカッコ付けも要らない、赤裸々でナマの、魂の願い。 わたし達が行き詰まった時に一番力を発揮して突破口を見出すのは、きっとその部分から出て来るパワーなのだと思います。 それに、気付くこと。 何なのかを、見つめること。 水晶占い師のように、余計な壁をスッと通り抜けてダイレクトに自分自身のコアに繋がること。 このシンボルは、そこにこそ、混沌とした未来を覆う雲を上手に抜ける道、本当に行きたいところに辿り着く、それぞれの能力が隠されていると告げています。

screamin_jet


        さてエネルギーは次の度数、『古いシンボルに新しい形を与え教える人』をとっていきます。 わたし達の世界には、文明の黎明期から数多くの優れた「先人の智恵」が遺されています。 それらは文字や図形、絵画、詩やことば、音などあらゆる象徴形式の中に深遠な意味を抱き込んで、長い歴史を生きながらえてきました。カバラ、錬金術、タロット等に見られる神秘的な象徴や、数多くの古文書、古代文字や経文など…優れた思索とインスピレーションによって生み出された古代のシンボルたち。 それらが伝える"本質的な意味合い"は、人間が人間である限り、永遠に変わることはないでしょう。 

        それでも、時代の変遷は容赦なく物事の表層を変えていきます。時間の感覚も変われば、物の見方も変わっていきます。 たとえばわたし達が今使っている漢字なんかも、もともとは、古代に生きた人々の知と営みの証しとして生み出された一種の"呪"としてのシンボルだったのかもしれません。名付け、表し、遺すこと = 最初の"呪"の成立、という意味で…。けれどわたし達は、今の忙しい日常の中で、このシンプルかつ深淵な意味を感じ取る機会は殆ど無いかもしれません。

また、このブログの星読みで使っているサビアン・シンボルは、1920年代中盤という近代にもたらされたものです。けれど召喚者マーク・エドモンド・ジョーンズによれば、このシンボルは "サビアン・ブラザーフッド" と呼ばれる古代意識の介在によってもたらされたものだそうです。それは、古代メソポタミア文明の時代、7つの惑星を象徴する7つの都市のひとつとして栄えたハッラーン(今のトルコ南東部に遺跡がある)の「月の寺院」を護り、後にイスラム帝国時代となっても、密やかに古代バビロニアのアストロロジー(そしてアストラル・マジック)の叡智を伝えたと言われるマスター達、"サビアンズ" を指しています。

でも考えてみると、「シンボル」って、象徴する内容が複雑になればなるほど、時代の風雪の中で摩耗し、とらえどころがなくなっていくという宿命を持つのかもしれません。「外見の美」ひとつ取ってみても、昔のお多福さんは超絶美人の象徴だったはず…けれど今その絵を見せられて、「これは美人薄命ってことを意味しているのです!」 なんて言われても、「そ、そうだね。えっと愛嬌あるよね。。でもメタボは体に悪いってことだよね…」 な〜んてことになるかも・・・(^_^;

        そこで今回のシンボルが語るように、古いシンボルに 『新しい形』 を与えることで元々の意味を再生させ、もう一度広く伝えていこうという意識が芽生えてきます。それは、古いシンボルに "新しい衣装" を着せることです。 ただし、主役は常に 「表現されるべき中身」の方であって、けっして新しい衣装の方ではありません。けどそれって、実はかなり難しいことなのではないでしょうか?

flower


たとえば、古くなってしまったオートクチュールの服をほどいて新しい服に作り替えるにしても、それが創られた当時の偉大なデザイナーの精神を知り尽くし、縫製マイスター達の職人芸をもって取り組まない限り、出来上がった服はまったく別物になってしまうと思います。 古い偉大な叡智に手を付けるということは、そのひとの力量と器がそのまんま結果に顕れるということ。一種の覚悟を必要とするし、浅薄な動機で出来ることではないと思います。 単に外側のカタチを今風に変えただけでは、シンボルの価値に命を吹き込むことは出来ません。古代のマスター達と同じとはいわなくても、少なくとも、全身全霊をこめて、古い時代の息吹とその真髄にダイレクトに突っ込んでいけるだけの献身が必要になると思います。 それは、文字通り身を削る作業になる可能性があります。そして常に、叡智を殺してしまうかもしれないという危険がつきまといます。 

必要なのは、卓越したスキル、大いなる献身、そして風雪を耐えて遺されてきたものへの畏敬の念と、新しい流れへの適応力… うーん、、、一筋縄ではいかなそう。。  それでも、時代の急流の中で、瀕死の叡智に新しい生命を与えることが出来るとしたら…そしてそれを次の時代に伝えることが出来たとすれば… それは作業者にとって、身を削ることなど何でもないと感じられるほどの祝福となるのではないでしょうか。 

sunset


        このシンボルは、古代の叡智だけを指しているのではありません。わたし達自身の身の回りや社会の中で、もう古くなってしまったもの、錆びてしまった考え方やシステム、すり切れた絆をどう捉え、どう扱っていくのか?という挑戦を示しています。 わたし達は、もう役に立たなくなったと感じるものを、ポイと捨てることで過去から解放されたいと思うことがあります。行き詰まったとき、目の前にあるものを壊してしまえば先が見えるのでは?と思うことがあります。 または、とりあえず新しいカタチを与え、何か適当な理屈をつけ、いっそ呼び名もあらためることで、何とかやり過ごそうとするときもあるでしょう。 けれど、その選択で、本当にOKなのでしょうか?

もし"そのもの"が携えてきた力=役立つエネルギーが100%使い尽くされ、まったく意味を失ってしまっているなら、廃墟は壊して更地にするしかないのかもしれません。けれど、自分自身の内側に、あるいは社会の中で、昔から受け継がれてきた "何か"="シンボル" は、本当に死んでしまったのでしょうか?  そこにはまだ、磨きなおし、修理し、新しい光を当てていくことで未来に役立つことの出来る、美しい機能が眠っていたりはしないでしょうか? 

捨てるほうが、壊すほうが、簡単かもしれません。 古いものを掘り起こし、今に役立たせるのは精神的にも肉体的にも(または物質的にも)大変な作業になるかもしれません。 それでも、そこには苦労に値する発見の可能性が潜んでいます。 あるいは…少なくとも…別れを告げる前に、壊してしまう前に… 過去に自分達が人知れず支えられてきたことを知り、感謝と敬意を感じられるだけの「心の拡がり」を持てるかもしれません。 そしてもしかすると…そんな心の在りようの中にこそ、失われたはずのシンボルが新しい生命を得ているのかもしれないのです。

        新しい一年の旅路を始めて間もない牡羊座も、10°までやってきました。水晶占い師は、意識の様々なレベルを総動員して透明なクリスタルをみつめ、そこで古いシンボルと出会いました。そしてそれに、未来へと繋がる命を与えるための新たなカタチを掴もうとしています。それはやがて、コトバとなって伝わっていくでしょう。 まだまだ旅は始まったばかり。道は綺麗に舗装などされていません。 そしてサイクルの始まりには、ともすると危険がつきまといます。おそらくここで生まれてくるものは、巷でよく聞かれる 「新しいパラダイム」 なんて大層な響きには程遠いと思います。 けれど、ここでの小さな理解と選択は、後に大きな結果を生んでいくでしょう。 だから、日々衝動を突き動かすような喧噪の中で、ほんのちょっぴり立ち止まってみたいと思います。 

        大きな時代の流れの中に細々と生きるちっぽけな自分。けれど、そんなひとりひとりの「自分」の中に、古代から連綿と受け継がれてきた叡智のシンボルが息づいているとしたら……?  自分が本能的に知っていること。 それを、本能的な衝動の嵐に翻弄されることなく、そっと覗き込んでみる。 日々生まれ変わっていく細胞の中に、自分意識を動かすシステムの中に、きっと時を経ても輝きを失うことの無い大きな生の意味が潜んでいるかもしれない。それに覚悟をもって向き合い、新しい名を与えよう…。 このカーディナル・グランドスクエアを抱いた新月期の約1ヵ月、そんな気持ちを持って過ぎ越していけたらって…思います。


lost_galaxy




have a great trek!!!★

hiyoka(^_^)



もうひとつ、アスペクト編を下にUPします。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
★大ボス・天王星・冥王星スクエアと海王星そして土星…レイモンド・メリマン 週間コメント4/7【金融アストロロジー】