レイモンド・メリマン 週間コメント10/5【金融アストロロジー】○10/13の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

October 11, 2015

レイモンド・メリマン 週間コメント10/12【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2015年10月12日(フリー版より)
翻訳:hiyoka 
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(翻訳者はこの記事をエッセイに近いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。また文中の は翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。)
--------------------------------------------------------------------------

『フォーキャスト2016』の翻訳作業その他の都合により当分の間 抄訳とさせていただきます。今週は ≪短期ジオコズミクス≫ と ≪長期的考察とマンデーン・アストロロジー≫ のみです。
m(_"_)m


≪ 短期ジオコズミクス ≫

        今回の水星逆行(9月17日〜10月9日)は、顕著にその存在を主張した。私はいまだかつて、この短期間にこれほど多くの姿勢変化や政策変更を目撃したことはない。過去3週間にわたるFRBの右往左往についてはこのコラムでも述べてきたが、中東情勢の突然の変化によって、この地域に対する米国の主要な政策もまた変更を余儀なくされた。一方、下院議長ジョン・ベイナーの辞任に続き、有力な後任候補と見られていたケビン・マッカーシーの立候補辞退の発表もあった。これは共和党内の足並みの乱れを表すものだ。しかしながら、民主党は民主党で無秩序な様相を呈している。次期大統領候補の筆頭、ヒラリー・クリントンはTPA(貿易促進大統領権限)反対論者へと自らの立場を変えることによってオバマ大統領との結束を乱し、同時に副大統領ジョー・バイデンが民主党の大統領候補として参入する門戸を大きく開いた。

        水星が逆行運動を終えた10月9日は、多くの金融市場におけるリバーサルとの間に強い歴史的相関関係を持つ、いくつかのジオコズミック・サイン発効のただ中であった。10月8日木曜には金星が、大衆的に好まれやすく楽観的な星座宮である獅子座を離れて乙女座入りした。これはスポットライト志向から労働志向へのシフトを表す。さて、最近の米国を思い返してみれば、ローマ法王、習近平中国国家主席、そしてロシア大統領の訪米など、興味深い百花繚乱が見られた。これからはひょっとすると労働組合系の幹部達が私達の目を引くのかもしれない。

10月10日土曜、金星が土星にスクエアを形成する。これは地位や物的な価値を高めるのではなく、低くする傾向がある。その次の日(10月11日日曜)、太陽は天王星とのオポジションを形成することにより、天王星・冥王星スクエアのトランスレーションを終了する(10月6日〜11日)。これらの天体現象は、市場トレンドの突然のシフトと関わりやすい。トレンド変化が再び起きるとするなら、それは騰がってきた株式と商品には厄介な兆しとなるかもしれない。

先週のコラムにおいて、このトランスレーションに関連するもう一つの象意を指摘した。『自然現象という側面から言えば、これは洪水、地震、ハリケーン、竜巻、突風など大自然の力が噴出する現象との相関性を持つ』。先週はこれらの全てが示現したが、特にサウス・カロライナ州の洪水は、まるで聖書の1シーンかと思うほど大規模なものだった。こうした現象はまだ終わらない可能性がある。10月23日、土星が都合3回の内最後のセスキクォードレート(135°)を天王星に対して形成する。土星は大地(地球)と政府を支配し、天王星が突然の活動、混乱、分裂、そして振動を象徴することを考慮すれば、先週から続くイベントの影響力はまだ終わっていないだろう。こうしたエネルギーは、また異なるレベルの現象として示現する時を待っている。

        木星と海王星もまた重要な役割を演じつつある。これらは共に原油を支配する点で重要だ。先週論じたように『10月6日〜17日の11日間には木星・海王星のアスペクトもたっぷりと効いていることから、原油価格に再び変動が起きることも予測し得る』。 原油は騰がっており、7月22日以来初めて1バレルあたり50ドルを越えた。10月いっぱいは木星と海王星に対する調和的なアスペクトがあるので、中東における地政学的緊張が原油価格を今週少し過ぎまで維持する可能性はある。しかしながら、私達は11月終盤を懸念している。何故ならその時、土星が全3回の内最初のウェイニングスクエアを海王星に対して形成するからだ。ジオコズミックな観点から見れば、原油(そして金利)にとっては、こちらの方が今起きている天体現象よりはるかに重要な相関関係を持っているのだ。


 ≪ 長期的考察とマンデーン・アストロロジー ≫

“独裁者を見れば…. そのパターンは常に同じだ。まず人民から銃を奪う。そうすれば押し入って彼らを支配出来るからだ”

ー ベン・カーソン, 共和党大統領候補者
     “カーソン、より多くの人々が銃で武装すべきだと示唆” より
     by Susan Page, USA Today, 2015年10月6日


    過去7年 ー そして特にこの3年間 ー は、非常に暴力的な日々だった。ファイナンシャルまたはマンデーン・アストロロジーの分野では、これは天王星と冥王星の原理と一致し、またこれらは強力なカーディナル・スクエアのオーブ圏内で推移してきた。このアスペクトは今年の終わりまで近接したままだが、その後分離し始める。これは、世界がこのところ経験してきた暴力の軽減という希望の兆しだ。

    もう一つ、あまり知られていないジオコズミックなエネルギーの相互作用がある。これは単に暴力の軽減だけでなく、特に米国における政治のプロセスを覆ってきた狂気の抑制にも寄与する可能性がある。これは黄道上を逆行する水星の動きに関するものだ。2015年の水星逆行は、風の星座宮に始まり風の星座宮で終わってきた。換言すれば、水星は風性の星座宮で過ごす期間が他のエレメントに比べてとてつもなく多い7年サイクルにあったということだ。以前これが起きたのは2008年、2001年、1998年etc. だ。当時、政治と世界経済は制御された状態とはほど遠かった。

        アストロロジーの研究において、水星は思考、知力、そしてコミュニケーションを支配する。こういった性質から、これもまたアイデア、知性、コミュニケートへの衝動を司る風の星座宮と水星は相性が良い。この二つが合体することで、風性星座宮の水星は、新しい卓越したアイデアが生まれ、知的セオリーに基づいた実験が行われる時期を示唆する。そこで問題となるのは、こうしたアイデアの典型として歴史的先例を持たないことだ。そのアイデアが上手くいくのかどうかは誰にもかわからない。だがその発案者達は自信たっぷりだ。結局のところ、彼らは "頭の良い" 人々だ。そして水星が風の星座宮で多くの時を過ごす時、非常に賢いアイデアを引っさげた "頭の良い" 人々の話題には事欠かない。私達はそれほど巧みに話の出来る人々を信じたいと思う。それに加え、そのアイデアは大いなる情熱をもって伝えられるので説得力がある。風性星座宮の水星は、セールスマンや販売業に人達にはうってつけの配置と言える。

        通常、風性の水星に欠けているのは常識あるいは社会通念だ。肝心なのは "アイデア" そのものであり、予測し得る結果ではない。結果は当然素晴らしいだろうというのがその信条となっている。ところが現実を見ると、結果は必ずしもそう素晴らしいものとはならない。通常、その結末は "頭の良い" 人々が全く予想もせず、考慮することもなかったような何かを生み出す。多くの場合、頭脳明晰な人々は彼らの凄いアイデアを実際に適用していくことには興味が無い(またはその能力に欠ける)。彼らはただそれについて話をするのみだ。だが、もともと風性星座宮は活動宮ではない。

        私達は "風の星座宮に在泊する水星" に彩られた年をもうすぐ抜け出ようとしている。2016年になると、水星逆行のスタート地点は "風性" から "地性" へと移行するのだ。地性は実務的だ。地性は伝統を重んじ、以前上手く機能した先例を大切にする。また地性は合意を形成し、チームのような協調体制を実際に確立しようと試みる。単にチームワークの重要性について語るだけでは終わらず、明確に定義されたゴールに向かって互いに協働するチーム作りに着手するのだ。

        さて、風性星座宮の水星的な "賢いアイデア" に辟易としている人には良いニュースだ。2016年、水星が逆行運動を地性星座宮からスタートする時、全体のムードは漠とした不安から「何が上手く機能するか?」「どうすれば物事を為し遂げることが出来るか?」というシリアスな思考へとシフトするだろう。結局のところ、売り込みが一番巧みだったり、最も頭の切れる人物が2016年の選挙に勝利するわけでもなさそうだ。反対に、実務的で、良識に沿ったやり方を通して物事を成し遂げることが出来ると大衆を説得し、納得させることの出来る人物が勝利を得るかもしれない。

        また投資家にとっても、水星が地性の気をより一層帯びてくることは、歓迎すべき安堵感に繋がる可能性がある。市場が社会的な事象に対して予測に沿った素直な反応を見せ始めるからだ。世界は水星が風の星座宮で逆行する最後の3週間をつぶさに見てきた。もう悪いニュースは必ずしも市場に取って良いニュースになるとは限らない。しかしながら、良いニュースは金融市場にとっても良いニュースとなりやすい。だが、そこで試練となるのは "良いニュース" を創り出すことだ。何故なら地性の星座宮において、私達は風の星座宮で下された決定の結果に対応せねばならず、そしてそれは、当時考えられていたほどには賢い決定とは限らないからだ。






訳文ここまで
------------------------------------------------------

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Green^_−☆   October 12, 2015 00:02
5
hiyokaさん、こんばんは。

そして、膨大なボキャブラリーとの格闘

おつかれさま。^_−☆

はい、バームクーヘンとミルク。

甘いものは、知的作業をアシストするって。

(=^ェ^=)

Greenは気ままに連休中です。

あすは、愛犬のエミーをリュックに

みなとみらいに。青空さんぽを計画してます。

水星順行が軌道にのってくると

hiyokaさんの翻訳作業も興にのって

巡航スピードと高度を上げてゆきそう。

みるみる翻訳ハイに突入。レベル5に(^。^)

hiyokaさんファンたちとしては

あったかく見まもらなければ、なぁ(=^ェ^=)

惑星のフォーメーションや星座宮

アスペクトなんかは、自分なりにも

天気予報してゆかないと。

メリマンさんやhiyokaさんのヒントも

加えながら。

エミーのリュックには、特別に

ジャーキー3本。あすのデジャゥを

みているのか、スヤスヤまぁ〜るくなって

おやすみ中U^ェ^U。

あすは、乙女座、木星と

山羊座、冥王星が、キッカリ、トライン^_−☆


2. Posted by hiyoka   October 12, 2015 17:35


Greenさん、こんばんは!
みなとみらい、いかがでしたか?良いお天気の下で、エミーさんと気持ち良くお散歩できたかな?

クルマも修理に出してるし翻訳作業が始まって、このところ缶詰状態のわたしは「わぁいいな〜」なんて思いつつ。バウムクーヘンとミルク、いただきますw。追い詰められないと覚醒しないタイプなので、興が乗るにはまだ時間がかかりそうですが(^_^;

あはは。あったかく見守っていただけると嬉しいです〜。

have a nice holiday!!!★^^
 
 
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント10/5【金融アストロロジー】○10/13の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)