レイモンド・メリマン 週間コメント11/9【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント11/16【金融アストロロジー】

November 11, 2015

○11/12の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きるわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造していると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。
    例えば…シンボルの光景やキーワードを覚えておくだけでも、何かに迷った時の指針になるはず。。ではでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★新月タイムスケジュール★
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【地方平均太陽時: ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで  11月12日 03:06前後、北海道周辺で  03:12前後、関西方面(日本標準時ならこの時間)は  02:47 前後、沖縄周辺では 02:17前後に 蠍座 19°00’40”で新月となります。

前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【 新月がもたらすテーマ 】
*ここではデーン・ルージャー(ルディアー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・フィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考にし、アスペクトを加味して読んでいます。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、解釈の内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【太陽・月 蠍座19°~20° ー 11/12~11/25 】
 "A parrot listening and then talking"
『耳を傾け、その後で喋るオウム』

 "A woman drawing two dark curtains aside"
『2枚の暗いカーテンを引き開ける女』

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)】
→★素晴らしい観点、ことば、スローガン、力への傾倒と同一化
→★惹かれた物や人との同一化によって自分の中に眠った何かが形を取り始める
→★尾ひれの付いた情報や噂がさらに誇張されていく状況
→★権威ある存在のことばを借りて自分の意見を通そうとする行為
→★誇張や捏造、ご都合主義のバイアスがかかった情報を冷静に処理する
→★対人関係で漏れ伝わった秘密をどう扱うかに関わる人格的試練
→★自分が抱えるフラストレーションを他者に転嫁して紛らわせる行為に注意
→★一度取り込んだ情報を内面深く濾過し尽くし、オリジナルを創出する必要
→★拒絶か依存するかの二元性/子供っぽさから脱却する必要
→★不可解さだらけのムードに乗じて人を乗せようとする動きに注意
→★社会の喧噪からひととき外れ、全き孤独になってみることの効能
→★追い詰められた状況から突然のひらめきや力が湧いてくる体験
→★古くから自分の中に生き続けてきた「個的な神話」の復活
→★自分の中の暗闇、黒い部分にあえて踏み込み、通り抜けていく必要
→★思考の飽和状態から一度空白へ、そして過去の記憶を編み直していく
→★まだ何も見えてこない中でも自分らしさの本質をしっかり保つ必要
→★新しくてまだ言葉にもならない気付きが内側に生まれてくる・・・→

エネルギーのポイント:『アイデンティティの再確認と刷新』

151112NM


        早いというか速いというか、今年ももうあと1ヶ月半。。でも世の中全体を覆う雰囲気としては、1年の総括に入ろうとするより、まだまだ立ちこめるモヤの中で何かがすごい勢いで動いていくのを捉えきれず、なんだかみんな足が地面から1cmくらい浮いたままで右往左往しているような? 品位から見ても、このところ一番強大な力を誇っているのは逆行中の魚座の海王星かもしれません。今、海王星は、じわじわ…じわじわ…と土星的な時の戒めを浸蝕し、現実世界にいながらどこか異界をさ迷うような意識の層を創り出しています。魚座の海王星劇場が見せてくれる演し物は、悲劇も喜劇もみんなけれん味・幻想味たっぷり。どこまで行っても境界線がわからないフラクタルの海。それがどう作用するか、どの程度意識に影響するか、その表れはひとにより、ネイタルにより本当に様々です。 ただ日食後初めての新月だった前回あたりから、うっそりと迫り来る何かを…というか、自分の中に次の "完全変態" に繋がる胎動が始まりつつあることを、その体に、こころのどこかに、ふと感じるひとは意外と多いのではないでしょうか? 


P1030733


        さて前回、新月・満月のエネルギーポイントは「やって来るものへの予感」→「次のステップの予感」でした。 そしてこの蠍座の新月。わたし達はいまだ晴れない霧の中で、もう一度自分の足許を、アイデンティティを、確認していく局面を迎えるようです。いえ、確認するといっても、今まで通り変わらない自分を見て安心したり、ガッカリしたりするのではなく。 日々の生活、仕事、コミュニティや対人関係の中で、意識・無意識のギリギリの境界域で沢山の情報を処理しつつ。その中で今一番重要なこと、本質、それを削除したらもはや自分とは言えなくなるような「何か」の存在をはっきりと確認するような作業。そしてそれを頼りにあらためて、これから大きく変動していこうとする世界に入っていくような感覚。。

アイデンティティの問題って、カーディナル・クライマックスに入ってからもう何度となく周期的に取り組んできたような気がするけれど…うーん、まだやるのかぁ。。 でも考えてみれば世界も、国家も、わたし達がそれぞれに属する何らかのコミュニティも、何だかアイデンティティが根こそぎ揺らいでいるように見える昨今。その気になればとりあえず面白いことは沢山ころがってるけど、それでもこうなれば大成功!とか、こうだったら幸福!なんていうステレオタイプはとうに崩れ去り、先行きに漠とした不安が漂うように見える今。世界にはただ明日を生き延びることだけでせいいっぱいのひと達も増えています。 わたし達が生きる社会にも、これから少しずつ別な動きが出て来て、たぶん来年は今年以上に激動期になるのではないかと思います。それは向こうから来るように見えて、実はわたし達が呼んで…いえ、創りつつあるのかもしれません。


P1050490


        そんな流れをふまえての、アイデンティティ再確認。月のノード軸はこの新月までエリーズ・ポイント(「個」と「公」の交差点)にあって、乙女座の旅を終えようとする火星がコンジャンクトしています。 その火星はケンタウルス族のエラトゥスと合。今、自分の中で一番大事だと感じることに集中し、ひゅんひゅん飛んでくる矢を交わしながら、こころの中で「わたしは此処だ!」と叫ぶような感じ。それはわたし達の奥底に潜む、秘密のエネルギーです。もし、今まで理想として描いていた情景や、世界は「こうあるべき」だ…という観念があったとしたら、それはもう古くなりつつあるかもしれません。集合離散。それが何であるにせよ、一度溶かし、崩れていく様を見る、思い描く。それも悪くない。今なら。自分の中の集合離散。その中にこそ、真新しい「秘密」が隠されているのかもしれないから。

そして、ホームの天秤座に還ってご機嫌な金星は、新月図のアセンダントとコンジャンクト。このあたりは火星、ノースノード、ちょっと離れてブラックムーン・リリスも集まってなかなか賑やかです。ホッとひと息つく間もなく、 「個」と「公」、「わたし」と「みんな」、「こちら側」と「あちら側」が内面深くぶつかりあうかも? 何やってるんだろう?なんて何だか笑ってしまいたくなるけれど。。。 この金星は、どちらかというと集団からちょっと離れて自分の美意識を大切にしたいという気持ちが強そうです。けれどICにはパラスとイカルスが合で、金星とはスクエア。うっかりすると、「バカは嫌いだ!」とか「あのひととはセンスが合わないから面倒」なんて、狭いこころがアタマをもたげてくるかもしれません。 ただ、今は自分の中にちょっとでもひとを見下すような傲慢さが出て来たら、要注意です。この新月期はそういう気持ちに動かされて思慮の無い行動を取るのはNG。人生、戦うべき時はあるけど、それは今じゃないかもしれません。無駄な損失やせめぎ合いで犠牲を出さないためにも、毅然と謙虚さをもっていきましょう。


P1060542


        けれどその一方で…面白いことに、この金星、水瓶座のセレスとはトラインなんですね。このセレスは抽象的な「コミュニティ」ではなく、何か実体のある「グループ」と共に過ごすこと、ひとと触れあうことを薦めています。きっと、とても強い「個」への衝動をきちんと成熟させるためには、現実の中で他のひと達と沢山触れあっていくことが大切なのかもしれません。別に社会のために…とかじゃなく、趣味の集まりでも、自然観察や健康関連、美味しい食事を楽しむ会だってOKです。個のアイデンティティと、グループとしてのアイデンティティ。その触れあい、ぶつかり合いは、全て自分への刺激となって返ってきます。その刺激から何が生まれるでしょう?  もしかしたらそれは、自分だけの真新しい「DNA」かもしれません。

この流れは新月の太陽・月、木星から天王星へのYODパターンにも見て取れます。リジッドな現実の中で、解放への突破口を探して様々な交流を試みたい木星は、新月、そして水星と共に、大胆で無防備なキラルスを巻き込みながら、牡羊座の天王星にエネルギーを収束させていく感じ。牡羊座の天王星も対人関係となると、一筋縄ではいかない集合離散のエネルギーだし、ちょっと問題含みのアスペクトではあるけれど… でも、出逢いの中で、もしかしたら何か予期せぬインスピレーション、今までに考え付かなかったような解決法が見つかるかもしれません。自分の観念を打破するような経験が出来るなら、どんな結果であれ今は歓迎すべきときなんだと思います。もし親しい誰かとの間に何か起きるなら、それは自分を一回り大きく拡げていくチャンス。気心の知れた親しいひとが相手なら、たとえばちょっとお茶目な無頼っぷりとか。。 細かいことは少しだけ脇に置いて、いわば「超法規的」な目線で物事を眺めてみるといいかもしれません。さてエレクトリックな火の鏡には、いったい何が映るでしょうか?


P1050501


        今回の新月図の星回りを見ると、こころの内側に激しく生まれ出ようとするエネルギーがあるのを感じます。もしかしたらそのこと自体が、先に進むためにわたし達に課された一種のテストなのかもしれません。それはたぶん、今までにあまり経験してこなかったようなこと。もしかしたら、避けてきたようなことかな。。 たとえば、周囲で繰り広げられるドラマにけっして同化しないこと。感受性を高く保ちながら、共感する力を保持しながら、まきこまれずにいること。責任はきちんと果たしながらも、その義務や置かれた立場にも同化しないでいること。醒めているというより、覚めていること...。


        そうそう、醒めるといえば…この新月図にはもう一つちょっと面白い味わいがあります。強力な海王星を背景から支援するような感じの、幻想的・幻惑的なエネルギーと言えばいいでしょうか。ちょっとダークで異次元的な味わいです。ゴシック・ロマンやスチーム・パンク的な、重々しくて仄暗いイメージもあります。実際にアンダーグラウンドな世界に惹かれるひともいるかもしれません。何かこう、"世間様に背を向ける" 的な感じかなw? もしそんな感覚がいつもより強めに湧いてくるなら、それはたぶん、誰の中にも必ず存在する「黒い」部分を覗いてみない?という星達の呼びかけのような気がします。そしてこれは、サビアン・シンボルのテーマともオーバーラップしているんですね。おそらく暗いカーテンを開ける前に、自分の中の人間を、そのダークな部分を、よく見て、しっかり味わっておく必要があるのかも。。


P1060144


けれどそれ... 単なる地下世界じゃありません。明確には掴めないとしても、その背景にはどこかしらアウタースペースの匂いがあります。つまり地球とは異質の、何ともいえずフッと持っていかれるような...ことばに表しにくいエネルギーです。。 特に各サインの5°〜7°あたりに個人的な惑星やアングルを持つひと達、中でも双子座、水瓶座、天秤座の風トリオ、そして場合によっては乙女座、射手座のひと達に、これをなんとな〜く感知するひとがいるかもしれません。このエネルギー、イマジネーションや感受性が鋭くなるし、クリエイティブなことをするには良い感じです。意識はとてもスペーシーだし、何か興味のあることをやっているとぜんぜん眠気を感じない、なんてことも(体は疲れてるはずなので、そこは要注意だけど)。

その一方、射手座の土星は時計の音をチクタクさせて、「んなことしてる場合じゃないだろ!醒めろ!」とプレッシャーをかけてきそうw。こういうとき、仕事の予定や待ち合わせの約束には遅れたりしがちなので、いつもより早め早めに準備し、余裕を持って出かけたほうが良さそうです。 中には、なぜか気付くとボーッとしたり物忘れが激しくなって「もしかしてアタマが悪くなったかも…」と不安に思うひともいるかもしれません。また、何をしていても現実感が無かったり、さっきの話とは逆にひたすら眠くなることもありそうです。もしそんなひとがいたら、あまり心配しないで。ただ時を超えた異質のエネルギーに触れて、スペースアウトしやすくなっているだけかもしれません。広大な宇宙と小さな自分との、実はとてもとても濃い絆を感じられるときでもあります。その特殊な味わいを、楽しめるときに楽しんでください。ただ、事故や怪我など副作用には気を付けてね!(^_^ (もちろん、異常がずっと続くようなら違うところに原因があるかもしれないので、専門家に相談しましょう。)


P1030404


        さて、そろそろ『フォーキャスト2016』の翻訳も佳境に入って来たせいか、なにやら頭の中がもう来年になってます(^^;。なので、今回はチャートを見ながら気付いたことをとりとめもなく書いてみました。。 それにしても、この新月も本当に様々な顔をもっているなぁ...。

けれど今、ひとつ言えること。それはこの新月期、わたし達は ひとも物事も含めて、様々な外界の力と出逢い、ぶつかったり溶けあったり崩れたりしながら、新しい自分をダイナミックに生み出していくだろうということです。その鍵となるのはたぶん、他のひと達の観点、今まで目に映らなかった物事の別の側面に気付いていくこと。まったく別の領域があることに、うっすらと気付くこと。そこから受ける刺激と 自分自身の注意深さによって、わたし達は「聞いたままのことば」を繰り返すのではなく、それを単に「二次的に創り変える」のでもなく、それぞれがこの世にたった一羽だけ存在する美しいオウムとなって歌うようになる。そのとき、オウムは自分が誰で、何を歌っているかを完全に理解しています。


curtain


        わたし達はもう何度も何度も自己のアイデンティティを確認してきました。でも、たぶんまだ足りなかった。何か新しい視点が生まれようとしている。何かが、違う。まだことばにならないけど、はっきりと感じる。 そしてその何かを抱きながら、まだ見ぬ未来と今を隔てる暗いカーテンを引き開けようとしてる。そこに それぞれの、宇宙。


カーテンを開いた先に、何が見えるのかはわかりません。もしかしたら、まだこの先も仄暗い道が続いているのかもしれません。でも、今。ひとつの節目。また一歩、戻れない識閾をまたいでいくわたし達です。それぞれの未来に、ささやかな新月の祈りを捧げて......

さぁそろそろ、出かけましょうか!(^_^



antennae-galaxies-913777_12


have a great trek!!!★



hiyoka(^_^


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サラ   November 17, 2015 11:13
hiyokaさん、

こんにちは。
メリマンさんの翻訳作業真っ只中のお忙しい中、いつもありがとうございます。もう意識が2016年に飛んでいらっしゃる。って気付けば私も書き留めるノートの日付に2016年と。。。あったりします。

identity...この2〜3日の中に、ちゃぶ台ひっくり返される様な出来事が友人との間で突如起こりましたw

こういう事あると、変容のエネルギー丸きり受けてしまって、夜は眠れないしとグッタリでしたが、この記事読ませていただいたのが実は今日なんです。(いつも私にとってgoodなタイミング..デス)

・・と書きながら、"ちゃぶ台ひっくり返した"のは?
実は深いところでは実は私自身だったかも?!

などと気づいてくると、気持ちも静かになってきますね(^_^

寝不足なもので、纏まり悪く失礼いたしました(汗..
2. Posted by hiyoka   November 18, 2015 07:41

サラさん、おはようございます。
(と言いつつこれから仮眠だったりします。と言いつつ本眠になるかもw)

おぉ、ちゃぶ台返しですか!
そうなんですよね。。 
よくよく見ていくと、「あぁ....結局そういうことか」となって(^_^;

いやいや、これから先も何個かちゃぶ台とかテーブルとかひっくり返すと思うし、あちこちでみんなが色んなものをひっくり返し出すかも? もうそのうち腹が据わってきて、いつひっくり返っても、ひっくり返してもいいやぁ…となった頃に、どうやってもひっくり返らない何かがそこに… あら不思議。 

そんなことだって、あるかもしれませんよね。
2016年まであともう1ヶ月と少し。。
またも色々ありそうな未知の年に向かって。
こころと体、鍛えつつ。

可愛いちゃぶ台、綺麗なちゃぶ台、古く懐かしく渋いちゃぶ台。明るく笑って投げ飛ばし、片付けながら参りましょうw!
♡(ノ ^_^)ノ ⌒**◇☆

have a great trek!!!☆
 

3. Posted by Green(^。^)   November 23, 2015 21:59
5
こんばんは、hiyokaさん。
投資関係のほうは、サッパリ
空回りの9月末から、です(; ̄ェ ̄)
こんなに、世界中が無秩序に
爆上げするとは。。理由、うんぬん関わらず
空売り買い戻しのひたすら踏み上げ相場
のようにも、みえます。
Greenは、天秤座太陽、7度台
山羊座火星、5度台
牡牛座土星、7度台、と見つかりました。
それぞれ、太陽スクエア火星
火星トライン土星、土星150度太陽
といった、カンジです。
ダークに世の中の裏側に、アウタースペースに
感じていたのは、もしかしたら
パリ同時多発テロの不自然さ、作為性
先を見越した意図的なもの、、だったかも。
とにかく、テロの資金母体も
オモテ経済社会の金融資本も
同一主体におもえてならなかったこと。
両方に資金を流して、逐次作戦把握、
ボルテージを上げさせて、戦意昂揚
その結果、儲かる経済セクターと
同一主体たる、資金母体、国際金融資本が
あるのだろうな、ということ。
ベルギーのテロ集団とあったけれど
たしかベルギーといえば、欧州のユダヤ国家。
ハテナハテナマークで、
シンプルに、残忍なテロ挙行、震撼のパリ
とは読めません。
襲われたパリ市街も、富豪たちのエリアでは
なく、一般市民の金曜週末エリアだった。
ISISのテロリストたちを、左手として
オモテ経済社会は、右手。
それらを自在に組んず解れつ
相撲プロレス、セーラームーンするのは
経済をガラガラポンでしつこく長期戦で
儲けまくりたい、中枢神経なにがし
だった。。。おそらく
第一次世界大戦も第二次世界大戦も
意図的、作為的な、着火が
端緒になったことをおもうと
ビジュアル通りの、パリ同時多発テロとは
うけとりにくいし、うけとりたくない。
Greenのアウタースペースな内的心象は
最近、こんな、だったんだ。


hiyokaさん^_−☆
4. Posted by hiyoka   November 25, 2015 20:14

Greenさん、こんばんは。

もうすぐ満月ですね。
火星・土星のトラインを持っているひとは、こうと思ったら徹底的にやり抜く強さを持ったひと。たとえ誰も付いてこれなくても、後には草も生えないくらい、内側からふつふつと湧いてくる何かがあって、ぐいぐいと前に進むひと。思い描いたイメージが外れると辛いけど、でもそれを調整してしまう能力もある。

Greenさんの太陽は、思いがどんなに遠くに走っていっても、厳しい賭けみたいな人生になっても、こころの奥にいつも暖かな火が燃えていて、そこに還ることが出来るという約束の太陽。

ところでGreenさんのお話は、あっても全然不思議ではないですよね。パリのテロに関しては、米国のアストロロジャーでその可能性を指摘していたひとがいました。ただちょっと読みが強引な感じがしたけれど。。

いずれにしても、そういう物語の中心部を実際に生きているひと達が今も世界の何処かで同じ空気を吸ってるかもしれないと思うと、面白いですね。テロリストも居れば、諜報員もいる。殺し屋もいれば、金融マフィアもいる。どんな人生なんだろう?自己中で冷酷で頭が良くて、ゲームに強そう。けどそれはそれで大変そう。 

資本主義にしろ、社会主義にしろ、共産党独裁にしろ、王政にしろ、人間はシステムの中でしか生きられなくなってしまいました。その中で必ず階層が出来ていく。そうしなければまとまらない。そして陰謀が必須。今のわたし達の知性と肉体で、完全平等な共同体を創造することは無理なのかもしれません。宗教だって、階層システムですものね。そして身近にもそれがある。そうやってわたし達は自己確認してる。

そう思うと、金融・政治・経済社会の頂点に立つひと達は大変だなぁと思いますw。猫は3日やったらやめられないって誰か言ってたけど、巨悪とか言われる権力の中枢は1日も勤まらないな。だって面倒だもの☆(^_^;
5. Posted by Green( T_T)\(^-^ )   November 26, 2015 01:14
5
こんばんは^_−☆hiyokaさん。

特別に、Greenのこれまでと、これからを、、

優しく話してくれて( T_T)\(^-^ )でした。

今回の5度から7度台というのは

自分のネイタルの惑星もさることながら

つまり、T魚座7度海王星や、

T射手座7度土星、そして今回の満月

射手座太陽、水星や

双子座月、なんかが、密接にからむ

アスペクトだったのですね。

そうおもうと、いまの自分は苦しいようで

ずいぶんガッチリガードされている

星回りなのかも、と(*^^*)そうおもうのは

明るい天秤座7度太陽ゆえ、かもね^_−☆

山羊座5度台火星、牡牛座7度台土星

あと、乙女座9度台金星のジパングなので

これは、グランドトラインやん、と

ポジにも捉えて(=^ェ^=)る。いまよん。


hiyokaさんは、誰に対しても

たとえば、悪党にたいしても、その背景とか

思いやりのある、ステージのひとなのかもな

、だけど、ふだんの生活ではネコ好きな

ささやかに、ごく普通感のような。

想像妄想するに

お父さんとか、親戚、知人に

政界とか経済界の大物、ブレーンが、なんだか

いるような。それゆえこそ、

オモテも裏もわかるから、、。

そんなふうに、みえたり^_−☆ね

hiyokaさん(=^ェ^=)


さぁて、満月のエッセイを読みにゆこう、っと


Green( ^ ^ )/□


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント11/9【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント11/16【金融アストロロジー】