January 01, 2016

Happy New Year!!!★

REM2016blog

 
2016年 ー また新しい旅が始まります。

遠い惑星達が唱う未知の詩。近い惑星達が奏でる新しい唄。

歓び 哀しみ  ときには 激しい怒り そしてそれを爆破する痛み

さあ 行こう。沢山の物語が待っている わたし達それぞれの道を

瞬きごとの破快の意志を友に

まるで火のように笑いながら!



みなさま、昨年一年間ありがとうございました。
これからの一年も、この場が沢山のフツウの戦士さん達にとって しばしのやすらぎとささやかな栄養補給の場となれますように。。

2016年も、どうかよろしくお願いいたします。

hiyoka(^_^



hiyoka_blue at 00:00│Comments(5)TrackBack(0) 星読み随想 | お知らせ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Green( ^ ^ )/□   January 01, 2016 10:59
5
毎年例年、年末年始は
上野、東京文化会館で
ベートーヴェン交響曲全曲演奏会。

ことしは、第九の大喝采が延々と
おわって、ジルベスター。
ヒョッコリ指揮者のコバケンさんが
再びステージに戻ってきて、

ハッピー、ニューイヤー( ^ ^ )/□
会場爆笑(^。^)

上野公園にでてみると、明るい月のそばに
惑星が。スマホのホロスコープサイトで
調べたら、ジュピター、木星だった。

月と木星のコンジャクションなんて
縁起のいい、元旦、深夜。

上野寛永寺清水観音堂の例年の初詣。
ちいさな、観音堂。
天空に煌々と、ツキと木星のコンジャクション
があるので、とくに、おみくじも御守りも
買わずに、ローソクを2本灯した。

無心に手をあわせる。
念じずとも、手のうちは読まれている。

月と木星のコンジャクションに。

終夜運転の元旦。毎年のこと。だけど
ことしは、底冷えは、ない。

最寄り駅から、自宅まで、ゆっくりと歩く。
あれが、火星か?水星か、土星か、金星か
などと、わからないなりに
見上げて、さがす夜空。


hiyokaさんのお正月飾りに、水晶の原石が
あったのは、やはり、やはり^_−☆

研ぎ澄まされた感性と直感、シフトした霊感

2016も飛躍のhiyokaさんで
ありますように(=^ェ^=)


謹賀新年、ハイ、プレミアムモルツ
どうぞ(=^ェ^=)

ガラガラと開けた雨戸からの、素晴らしく
あかるい元旦あおぞら。


Green( ^ ^ )/□


2. Posted by hiyoka   January 01, 2016 15:16

Greenさん、あけましておめでとうございます。

素適な年越しをされましたね。
月と木星。目には見えないけれど、ホロスコープ上は木星のすぐ側に月のノースノード。月は明け方に黄道面を渡り、未来への希望を抱いて上昇しようというところ。それを肉眼で見ながら意識を合わせられたのは、とても幸運だったかも(^_^

あ、プレミアムモルツって美味しいですよね。
ご馳走さまですw。

今年がGreenさんにとって飛躍の年でありますように☆^^
  
 
3. Posted by 春分生まれ   January 03, 2016 21:04
hiyoka様
明けましておめでとうございます。
本年もhiyokaさんの活躍を楽しみにしています^^。

変化してきている・・・と言うか
違う世界にいるような
変な感じがします。
変ではなくって「それこそが」なのかもしれませんね。
OOPや新月の星の配置が私に囁くものに
私はどう進んでいくのかと
私は私として行こうと。
もう人に気を使うことにつかれない自分になろうと^^。
そんな決心をしたお正月でした^^。

どうぞ善き1年をお過ごしください
4. Posted by 春分生まれ   January 03, 2016 23:38
hiyoka様
早速訂正ですが…
OOPではなくOOBでした・・・<m(__)m>
5. Posted by hiyoka   January 04, 2016 01:10

春分生まれさん、あけましておめでとうございます。
今年も、どうかよろしくお願いいたします!
あはは。わたしも記事UPするとき、たいていどこか数カ所打ち間違えてます。自分で読んでいて気付かないんですよね(^_^;

違う世界にいるような 変な感じ…なんだかわかるような気が。。今が世界全体にとっての移行期なら、また異なる次元の精神の世界でも(たぶんし少し前からそれぞれに)似たようなことが起きていると思うし(^_^

どこにも属さない狭間の世界から、自分を含めた世界、自分という世界をいろいろな視点で眺める…そんな時期。とっても大切な気がします。きっとそれがフツウになるんじゃないかな。そして少しずつ少しずつ、ひとに気を遣って疲れることから離れていくのかもしれませんね。

社会で生きる以上、最低限の気遣いは必要だし、こころから滲み出る思いで手をつなぐことはステキ。でも、気付くとつい自分を護るために、ひとに気を遣ってたりします(^_^;

そこからスッと離れて、真の「人非人」ーヒトニアッテ・ヒトニアラズに辿り着けたら。たぶんそこにこそ、みんなが「愛」と呼ぶ純粋な何かがあるかもしれない…なんて思ったりするお正月の夜です。

この一年、春分生まれさんの居る世界からの眺めが ちょっと不思議で面白くて、歓びに満ちたものでありますように…!
 
 

コメントする

名前
 
  絵文字