『フォーキャスト2016』&『マンデーン2016』についてレイモンド・メリマン 週間コメント1/18【金融アストロロジー】

January 09, 2016

○1/10の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生き るわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々 ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読 みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造してい ると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。
    例えば…シンボルの光景やキーワードを覚えておくだけでも、何かに迷った時の指針になるはず。。ではでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★新月タイムスケジュール★
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【地方平均太陽時: ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで  1月10日 10:50前後、北海道周辺で  10:55前後、関西方面(日本標準時ならこの時間)は  10:30 前後、沖縄周辺では 10:01前後に 山羊座 19°13’16”で新月となります。


前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【 新月がもたらすテーマ 】
* ここではデーン・ルージャー(ルディアー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・フィーラーの伝えた言葉をそのまま書き 写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考にし、アスペクトを加味して読んでいます。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、解釈の内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【太陽・月 山羊座19°~20°ー1/10~1/23 】
  "A child of about five with a huge shopping bag"
『巨大なショッピングバッグを持つ5歳くらいの子供』

  "A hidden choir singing"
『隠された場所で歌う聖歌隊』

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)】
→★今背負っている重荷から感じるプレッシャー
→★物事の進行状況や自他の能力の読みが曖昧になる傾向
→★あれもこれも、とかき集めたものを前に途方にくれる状況
→★自分の中に棲む「傷ついた子供」との再会
→★他者のために自分のエゴの欲望を抑える状況
→★一番伝えたかった言葉を胸におさめて大人としてふるまう
→★成熟した知恵と若々しい活力を併せ持つための規律
→★自分に向いたストレス軽減法を身に付ける必要
→★浮かれ騒ぎとは一線を画す霊的な歓びの体験
→★情緒に訴えかける口調や優しげな誘いに注意
→★ひそやかに他者の感情を操る、または操られる
→★思い込みの強さに足許をすくわれる危険
→★ある「音色」への細やかな感受性・識別力が身を助ける可能性
→★束の間の狂騒に乗るか、本物の精神的高揚かを識別する
→★身を切って何かを破壊することによる解放と前進
→★耳を澄まして万物の中に美の音を聴く力
→★「自分の歌」を歌うときが至るまで力を溜めていく・・・→

エネルギーのポイント:『惑わず・乗らず・乗り超える』 

160110NM

        さぁ、2016年最初の新月です。けど、まだ年が明けてから1週間だというのに、世界はちょっと不穏な雲行き。今これを書いている時点でも、 サウジアラビアとイランとの対立激化、インド・パキスタンの関係改善をはばむ空軍基地襲撃、そして北朝鮮による "水爆" 実験成功の発表など、世界を揺るがすようなニュースが続いています。

北朝鮮がどうして突然そんな事をしたのかについては、天王星的な驚きが世界を駆け巡りました。内部の権力基盤を固めるためとか、サウジアラビア・イランの対立下、ビジネス相手であるイランへの小型核兵器輸出のために、デモンストレーションをしたのでは?とか、 本当に様々な憶測が流れています。今年は中東だけでなく、南西・東アジアも熱を持ってきそう。一方、銃乱射による悲劇が続く米国では、オバマ大統領が銃規制強化の大統領令を出すにあたり、涙を流しながら理解を訴え ました。良いスピーチではあってもやはり大統領令という一方的な手段を使うしかなかったわけで、わたしがフォローする限りの共和党支持者の方々は、感情に訴える大統領を"弱い" "卑怯" と感じているようでした…。土星・海王星の下で、「正しさ」 と 「現実」 との間に立ちはだかる 「ポリティカル・コレクトネス」 という名のジェリー状の壁。その壁にヤリで立ち向かうドン・キホーテにも見えるドナルド・トランプさんの人気が衰えないのも、そこにひとつの要因があるのでしょうか。そして再びISISフォロワーによる警官襲撃事件が起きています。


P1060809


        また、自然現象では米国中西部に記録的な大雨による洪水被害が出ており、先月末に起きたカリフォルニア州の山火事に続いてスペイン北部では暮れから今までに453件もの山火事が起こり、1万ヘクタール以上の森林が焼き尽くされたそうです。そしてエチオピアではここ50年で最悪の干ばつで多くのひと達が食糧難や飢餓に苦しんでいるというニュースも流れています。これは今年の特質として『フォーキャスト2016』でも触れられていましたね。天王星・冥王星スクエアはこれから徐々に乖離していきますが、土星・海王星ペアが2度目の正確なスクエアを形成するのは日本時間で6月18日。3回目は9月10日です。その時、天王星はエリスとコンジャンクト。わたし達はいよいよ 「火・水・爆発・分裂」 というキーワードで象徴される時間帯に足を踏み入れたかもしれません。

(あ、冬場の乾燥期ということもあるけど…この新月期は火災を象徴する小惑星が比較的強い位置にあります。水星逆行下でもあり、事故も増えそう。なので念のため火気にも十分気を付けてね!)

そんな今だって、世界中に温かな暮らしや笑いはある。泣いたり怒ったり微笑んだりしながら、みんな揃って食卓を囲めるっていうのは、今さらだけど貴重なことなんだなって、思います。


P1060636


        さて。大きな世界の出来事はもちろんだけど、わたし達の日常でも、今、表に出て来る話が本当はどんな意味を持つのか、とても見えにくい時だと思います。思い込みで反射的に動く前に、深呼吸してまずは多方向から観察し、複数回の確認を。今、これはいつもの水星逆行時よりずっと重い意味を持つかもしれません。 

今回の水星逆行っ て、水瓶座の息吹を感じ新しい発想でGoGo!となる前に、もう一度やり直すことがあるぞ!と言われているような気がします。 おそらくそれは、わたし達が山羊座的な環境の中で否応なく負ってきた社会的役割(親・子、働くひと、管理するひと、パートナーなどなど…何かに属し何かをするひと)を再吟味・再調整していく機会。 今ここにいて、自分には何が出来るのか? 自分はどこまで責任を負えるのか? 自分はいったい何をしたいのか…?  社会の中で生きる以上、多少なりとも何かの役割を期待されるところはあります。そこには、物事をまとめ、完成させるために必要な妥協も沢山あるでしょう。けれど同時に、ひとりの人間として人生を愛し楽しむことだって、良い社会を創るための重要な "仕事" のひとつです。

今回水星が逆行を終えて順行に転じるのは1月26日朝、山羊座14°台。その とき、水星は15°台の冥王星とコンジャンクトしています。この位置が象徴するテーマは、楽しみと規律のバランスを取ること。自分に対しても、他のひと達 に対しても、臨機応変で柔軟な姿勢を手に入れること。人生全体をもう一度赤裸々に見直すこと。自分の"分"または"限界"を一度知ること。その上でまだ見ぬ未来の可能性に向かい、新しい衣装、新しい場、新たなスキルを思い描くこと。。 そして、何より 「自分」 という 「謎」 を解いていくこと…。 


P1060815


        騒がしい世の中、忙しい日々。でも、ふとした一瞬に目を閉じてひと呼吸。 …気付けば、そこにはいつだって自由な世界が拡がってる。それは、良いとか悪いとかいう判断の要らない世界。。 たとえほんのひとときでも、内なる感覚を使って過去・現在・未来を創り直していけるとしたら…もしかしたら、そんなちょっとした試みが、未来に向かう選択の分水嶺になる可能性だってあります。その意志と意図を維持出来るなら、 呼吸するごとに世界が(自分が)変化する、それを "知っている状態でいる" というスキルは、かなり実践的な方法でもあります。

あ、そうそう! 1月14日 の23時ごろ、水星は太陽とコンジャンクトして逆行の中間ポイントに来ます。その時太陽・水星が位置する度数には 「喧噪を離れて自己の内部を探求する」 という意味があります。これは「拒絶と防御」という意味に出ることもあるけれど、そのあたりは意志の使い方次第かな。また、月は魚座23°台に位置するサウスノード(過去をのぞき見る/エネルギーの噴出口)と小惑星シヴァ(破壊と再生のダンス)を通り、対向のノースノードにコ ンジャンクトする逆行の木星(未来を仰ぎ見る/エネルギーの吸入口)(無垢であることの価値)とオポジションに。そしてTNOイクシオンがTスクエアです。イクシオンはワルの親玉みたいに捉えられがちだし、実際、社会を逸脱した怪物を創り出します。なので、この時期前後に世界のどこかで人騒がせな事件が増える可能性はあるでしょう。 けれど、イクシオンは 「社会的なモラルに一切囚われない存在」 というところにその本質があります。他の遠い惑星と同じように本来はネガでもポジでもないけれど、ただ土星の輪 ー 「人間の鋳型」 ー で縛ることが出来ないファントム。または氷結した炎みたいなもの。もしわたし達がこれをイマジネーションの起爆剤に使うことが出来るなら、自分という存在を徹底的に解体・解放し、無垢な粒子として見ることだって可能かもしれません。 というわけで、これを読んでくださる "フツウの戦士さん達" が、自らの内的世界(多分本当は外の世界よりずっと広いはず)を冒険するタイミングとしては、なかなか良さげに思えます。。(^_~)


P1060844


        この新月期の背景には、今年の「顔」となる土星・海王星ウェイニングスクエアがうっそりと発効しています。そして、まるでリターンマッチのようなニアミ ス状態にある天王星・冥王星スクエア。…彼ら、ほんとにリターンマッチをする気十分っぽいかも? 何というか、過去に正確なスクエアを形成したときのダメ押しをする、またはわたし達にちょっと遅めの追試を受けさせにやって来る…そんな感じでしょうか。それに加えて現在進行中の水星逆行。。こうした背景の下で起きる、新月直前 9日午後の金星・土星コンジャンクション。

この金星・土星コンジャンクションが起きる位置は、社会や人間関係で過去の何かが明るみに出るという意味を含む度数です。 実際、何かが暴露されたり情報が漏れたり、ということが起きる可能性もあるでしょう。けれど、とりあえずは「過去」に関わる何かが浮上する、または思い出す、発見する。それはある感情を喚起する。そして、それを深く感じ取ることによって、その過去が本当は自分にとって何だったか?という意味をあらためて発見し、理解していく。そんな雰囲気があります。また、もし対人関係でヒミツにしていたことが明るみに出るような場合は、過去の事実は事実として、本人が、そしてそれを知ったひとの両方が、どう直面するのか問われるような感じかな。

それは何か大きな意味を持つことかもしれないし、ただちょっとした失敗談やバツの悪い出来事だったりするかもしれません。または、何か周囲のひとを感嘆させたり、同情を誘うような体験が明らかになるのかもしれません。その余韻は新月期に入っても続くのではないかと思います。


P1060858


        ただこの新月期は、明るみに出たことがたとえネガな事実だったとしても、それを上手に使ってステキな物語に創り上げ、相手や周囲を味方につけるような "ワザ" を発揮するひともいそうです。 反対に、判明した情報を使って誰かの印象を悪くするような噂話を流すひとだっているかもしれません。いずれにしても、何かの目的で意図的に感情に訴えかけ、ひとを思い通りに操るようなことをするひと(達)が出てくる可能性はあります。 また、場合によっては目的のためにセクシャルな要素が使われるケースもありそう。…そんな誘惑者や操縦者達も、結局は自分のネガティブな欲望を惑星エネルギーに操られているのだけど。。

でも、伝えることばがもし嘘で固めた物語であれば、やがてはそれもまた明るみに出ます。なので、たとえば自分に起きた過去の出来事を告白し、それを創造的に整理し物語化していくようなプロセスでも、 言い訳や美化はしない方が良いでしょう。 

山羊座の新月の下で求められること、それは掛け値無い事実を明確さをもって認めること、自分にも、相手にも、嘘をつかない率直さと誠実さではないでしょうか。ここで語られる「物語」とは、幻想小説ではありません。それは今の自分を創り上げてきた一編のドキュメンタリー。納得と、ある覚悟と、そして何より痛みを鎮魂するための物語です。だから…万一そんな状況に直面したら、自分も、他のひと達も、一緒に過去から解放するための物語を考えてみて。 溜め込んだ感情の放出と共に、再び 新しい関係を築いていけるように。 あるいは、そこから旅立っていけるように。(それにはまず、自分と深く向き合うことが必要になるけれど…)

水星逆行中の金星・土星コンジャンクション。土星は怖れの引き金を引くかもしれません。でも、もしそんな体験をするなら、今までフタをしてきた 「あれ」 についてもう一度吟味し、新しい光をあてる良い機会になると思います。 それがどんな些細なことであれ、蘇るものには皆、理由があります。たぶん、もう呪縛 から解放していい頃合いなのかも?  この水星逆行中にゆっくり自分の中身を整理していく。 そして土星がもたらす怖れや境界を、丁寧に誠実に突破していく。 また、自分が当事者ではなく、周囲の誰かが過去に関する悩みを抱えているなら、どんな内容であっても思い込みで即座に判断せずによく耳を傾け、互いにこころが整理されるまで待ってみると良いかもしれません。 ジャッジするのはそれからでも遅くないはず。

背景を彩る土星・海王星ペアは、結局のところ『酔いが醒める』ことを意味します。 惑わず・乗らず・乗り超える。それは誰にとって も貴重な経験になるんじゃないかな。


P1060863


        でも、そうは言うものの....。この新月期前後、わたし達にかかるコズミック・エネルギーのストレスはとても大きいと思います。特に何か大変な出来事を経験していなくても、無意識レベルにかかる圧力はかなり高いはず。 何となく調子が悪い、元気が出ない、頭痛や胃の調子が悪い、精神的に落ち込む、イライラする、不安、眠れない、またはいつも眠くてスッキリしない、そして自分にも他のひとにも優しくなれないなど…こころや体に溜まった疲労で悲鳴をあげるひと、いるんじゃないかな。。 そんなときは不安定になりがちだし、他のひとのちょっとした態度やことば、外から聞こえてくる刺激にも過敏になります。 

なので、この時期はまず第一に体の声、こころの芯の声をよく聞いてあげてください。そしてその声を何より大切に、休息と活動のリズムを調整していきましょう。場合によっては抱えている荷物を誰かに預けることも大切です。

またそれと同時に、忘れていたはずのこころの傷がヒョイッと浮上したり、こころの 奥底でひざを抱えてうずくまっていた小さな子供 ー 忘れられた子供 ー が目を覚まして泣き出す…なんてこともあるかもしれません。もしそんなことがあったら、出来るだけその子供と一緒にいてあげてください。その子供はきっと、わたし達が生きるために背負ってきた何か、当然だと思って引き受けてきた重さのために、我慢を重ねてきたのかもしれません。彼/彼女を癒やすことが出来るのは、他の誰でもない、わたし達自身だけ。自分の分身であり、いつも共にいるその子供に光をあて、声を、話を、よく聞いてあげてください。

        老若男女を問わず、わたし達の中にはいつも子供が棲んでいます。その子は一生の大切な友人であり、やがてわたし達がこの世界から旅立つときも、共にいてくれる存在です。ときにはインスピレーションの通路にもなってくれます。水星逆行下、彼/彼女と再会し、「放っておいてゴメン!」と仲直りするにはとても良い機会じゃないかな。(そうそう、わたし達の中に棲む内なる子供は、ひとによっては異性の場合もあります。)......何故、どうしてわたしとキミはココにいるんだろう?いなければいけないんだろう? 誰がそれを選んでいるの?


P1060859


      今回の新月は山羊座19°~20°で起きます。ここは第2ディーカンから第3ディーカンへと移ろうとするところ。移行ポイントにはいつも何かゴツンというギャップが存在します。これまでも、山羊座ー蟹座軸は成長が加速される場所だと言ってきたけれど、今回の新月が起きる度数はまさにその成長へのプレッシャー と、それを乗り超えるときの分岐点 ー 選択のありようが示されている気がします。 

        新月のシンボルは 『巨大なショッピングバッグを持つ5歳くらいの子供』 。 ここでのわたし達は、まだ世の中を知らない幼い子供です。 ここは広くて大きなスーパーマーケット。ありとあらゆる品物がディスプレイされています。小さなわたし達は、あれもこれも!と好奇心いっぱい。  目をキラキラさせて欲しいものを探します。大人と同じように買い物しなくちゃ!って頑張っているんですね。荷物を抱えたその足取りはちょっと危なっか しいけど、緊張と同時にちょっぴり誇らしい表情も浮かんでいます。

けど、もし巨大なショッピングバッグに一杯の買い物をしてしまったら?  幼い子はその重さを支えきれず、転んでしまうかも。。 一生懸命荷物を抱えてレジに辿り着いても、お小遣いでは全部買えないことを知ってショックを受けるかもしれません。彼/彼女は、自分が持ちきれるだけの重さを知り、支払えるだけの金額を学ぶ必要があります。そしてその中で、自分が一番ステキだと感じ るもの、歓びを感じるものを選び取り、代価を支払うことを覚えていきます。 それは社会の一員として生きる上で、得ること、与えることの間に存在する微妙なバランスを学ぶことでもあります。


shop-791582_1280


 けど、身の丈に合わないショッピングバッグを持った子供は、もしかしたら頑張り過ぎてしまうかもしれません。 まだ未成熟な子供が社会の一員として、大人としてふるま うことを要求されるとき、それは大きなプレッシャーだと思います。この幼い子はその試練を乗り越え、成長の証と自信を手に入れるでしょうか? それとも、ヨシヨシと手を差 し伸べてくれるママやパパを探して、大声で泣き出すかな? ね、慌てなくていいんだよ。オモチャもお菓子も逃げたりしないから。ゆっくり、ゆっくり、歩いてごらん。だって一歩一歩が冒険なんだから。 今現実に、世界でも日本の中でも、様々な理由から本当に幼くして大人のように生きなければならない子供達が沢山います。 けれど、無事に大人になり、ごく普通に暮らしているわたし達もまた、いつのまにか荷物でいっぱいになった巨大なショッピングバッグをこころの内に抱え、よろける子供にすぎないのかもしれません。  でも...その重荷の中には、きっと次の春に咲く花の種子が入っています。


        さて、次のシンボルは 『隠された場所で歌う聖歌隊』 です。 実はわたし達、この度数を前にも経験しています。それは、5回目と6回目の天王星・冥王星スクエアの狭間のことでした。そして、次の満月もまたその時期に通った度数で起きます。天王星・冥王星スクエアのリターンマッチというタイミングで再び同じテーマが訪れるのも、何かしらの意味があるのかな…。じゃ、そのとき書いた記事から抜粋してみますね(今回に合わせて少しだけ変えてあります)。

        ……ここは荘厳な雰囲気の古い教会。 外の光を様々な色に染め変え、空間に深々とした奥行きを与えるステンドグラス。ミサが始まっているのでしょうか。大 勢の人々が集まり、どこからともなくこの世のものとは思えない美しい賛美歌が聞こえてきます。 聖歌隊は階上の格子に隠されているんですね。。 その歌声は教会の高い天井に木霊します。まるで天上から天使の声が舞い降りてくるみたい! 特に信心深くなくても、こんな雰囲気の中では自然にこころを打たれてうっとりと耳をかたむけてしまいそう。 もちろん強い信仰心を持つひとなら、そのこころは一筋に神に向かうことでしょう。。


church-188087_1280


        このシンボルは、ある一つの目的を持った空間、どこからともなく聞こえてくる音…美しい響きを持った音に共鳴し、動かされていくこころを描いています。または、一つの流れに向かってまとめられていく人間の意識と言えばいいでしょうか。ブレイン・ボヴィは 「聖歌隊が隠されている」 という構図がある種の隔離された環境である 「修 道院」 を暗示するかもしれないと指摘していました。

どこからともなく聞こえてくる歌、または音色。。 その音色が美しければ美しいほど、わたし達のこころを捉え動かします。その効果は絶大かも? 「教会」に象徴される、安全でこころ安らぐ環境にあって、わたし達は想像力の翼を大きくひろげ、自分の見たい夢、叶えたい夢をその美しい音色に重ね合わせます。
      
ロマンティックな雰囲気、美しい音楽、叶えたい夢。そして荘厳な建物、天使の歌声、一切の汚れを忘れひたすら祈りを捧げたくなるようなひととき。日頃、プレッシャーの下でなかなか思うにまかせない日々を送っているわたし達、特にこのところの厳しいエネルギーの下をかいくぐってきたひとにとっては、そろそろ何かウットリするようなひとときを持ちたいなぁ…なんて思いがあっても不思議じゃないかも?  

このエネルギーには、二つの表れ方が考えられます。たとえば、「これこそがこの先向かうべき理想かも!」 なんて思えるようなアイデアや人物、生き方に出会い、とても元気付けられるかもしれません。 あるいはみんなが調和して一つにまとまるような昂揚感を感じるかもしれないし、自分にとっての 「天の音楽」 を聴くことによって、本当にやりたかったことを思い出すかもしれません。または、目に見えない不思議な力に導かれて宇宙的な至福を感じる… 霊的な道を歩む戦士さんならそんな体験だって、出来るかもしれません。このところ激しいエネルギーが続いてきたし、わたし達のこころはともすると防御の壁で固く締め付けられがち。でも、そろそろ解き放つ準備をしたいなぁ…。

…そして、わたし達が味わう素晴らしい気分の全ては、人知れず広大な世界へと繋がっていきます。それはやがて、気付かないうちに周囲を綺麗な色に染めていくでしょう。 でも、もしかしたら…ひとときの美しい幻想が醒めたとき、何の変化もなくそこにあり続ける現実にわたし達は愕然とし、幻滅してしまうのでは? けどここまで来たら、それもヨシかも! たとえそれが幻だったとしても、酔い醒めの道をトボトボ歩いて帰るそのときこそ、ふいに本物の天の音楽が聞こえてくるかもしれないのですから。


church-953707_1280


        またもう 一つの表れは、自分の考えや目標を押し進めるために、関わる物事や人々全体をひとつにまとめていこうとする心理です。その目的のために、あくまでも目立たず周到な雰囲気作りをしていくような感じ。もちろん、その動機は自分のためというより、全体を底上げし、もっともっと大きな力に育てていくことにあるのかも しれません。それには自分一人に注目が集まっては不都合です。 

けれど、このエネルギーの使い道はそれだけではなさそう。。 自分がどうしても実現したいこと、何としてでも叶えたい欲望のために、ひそかにひとを操るような心理から使われる場合もあります。美しい音楽、素晴らしい言葉。そのどれもが、 二つの側面、二つの顔を持っています。 影に隠れて自分自身を護りながら、優しい微笑みと断乎としたエネルギーによってその場をじわっと支配していくことも、山羊座・蟹座ラインのこの段階では可能です(山羊座と蟹座では動機の核が異なりますが)。

動かす側になるか、動かされる側になるか。それとも?  天の音楽を聴かされて酔いしれるか、こころとスキルを磨き、人知れず美しい音楽を奏でるのか。それとも?  このエネルギーの下でわたし達が選ぶ道は、結局、自分の精神から立ち上がる動機次第。それがどんな方向を指しているかにかかっているのだと思います。


        プレッシャーやストレスに耐えながら、もう一度自分らしいバランスの妙を学ぼうとするわたし達。そして、天の音楽を聴き、背負っている重みから解き放たれようとするわたし達。

今、外から聞こえてくる音には沢山のノイズが混じっています。だからこそ… この新月期、逆行する水星の下で、わたし達は自分にとって真実だと言える 「天の音楽」 を聴き取る必要があるのかもしれません。 その音色はきっと…大人としてのわたし達と、こころの何処かに棲んでいる幼いわたし達を再会させ、共に歓びで満たしてくれるのではないでしょうか… 。   


cid947_lg


        クリスマスから年明けと、気付いたら何だかバタバタと過ごしてしまった気がします…。そうだ!ひさびさに長いこと触ってなかったCDラックを出してみようかな。。 忘れてた懐かしい曲に再会出来るかも...けど、自分にとって「天の音楽」って何だろう? 

あれ? それってもしかしたら…たった今も、この空間に鳴り響いてるのかもしれない。ただ、わたしが耳を塞いで聴こうとしなかっただけ……。




have a great trek!!!★

hiyoka(^_^

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Green^_−☆   January 14, 2016 01:31
こんばんは、hiyokaさん、^_−☆

惑わず、乗らず、乗り越える

新月のテーマ、ボールペンで書いてました。
Greenの身近から、浮かぶのは

リスクをとるか、惑わず
安易に儲け話に、乗らず
なにもしないで、日々過ごすことで
心穏やかに、安全に、乗り越える

なぁんて、おもいました。
今夜のナイトから、日経先物は
しっちゃかめっちゃかな
乱高下です。ファンドプロたちの闘争の場。

丸腰なGreenとしては、たとえ、
メリマンさんの見通しがあっても
ここは、難局とみて、
惑わず、乗らず、乗り越える、かな

と。

言い換えると、君子危うきに近寄らず

よね(^。^)たはは。

今夜の差し入れは、グレープフルーツサイダー
( ^ ^ )/□よ。ハイ、hiyokaさん


Green^_−☆


3. Posted by hiyoka   January 15, 2016 01:24

Greenさん、こんばんは。

ここ一両日、相場はときたまTwiiterのTLで様子を知るくらいでしたが、大荒れのようですね。いずれにせよ、特に水星逆行中日付近は市場も人生も今見えているものが全くアテにならない可能性が高いとき。打って出ても控えても、どちらも裏目にころぶ可能性はあるわけで…それはギャンブルの世界に近いものかも?

けれど、そんなときわたしは自分に聞きます。「どうしたいのか?」今あるものを大切に護り、勝てる可能性が高いときに動くのか? それとも、イチバチでもいいから動きたいのか? そのとき選択肢は二つに一つだけど、動くことに決めたときはまた選択肢が増えます。雑音を廃したとき、どうしてもコレだ!と動かない何かの押しがあるとき。自分なりの計算をしつくした、確かな勝算。
あるいは、雑音の中にも微かに響く声があり、その声を聴き取った自分を試してみたいとき。前者は一生にそうは無いと思うけど、後者はけっこうありますよね。。 なら最小リスクの範囲内で、怪我しても笑えるくらいの感じで… まるで大軍同士がワアワアと戦う戦場の物陰にひそみ、ちょっとした隙に走り込んで不発弾や斃れた兵士達の武器をかっさらう戦国時代のゲリラ農民みたい?な感じ…かなw。 で、分を知って多くは望まなくても、結果的に声が聴き取れたならヨシ!みたいな。個人投資家はそうやって経験知を積み上げていく方々が多いのかな、と思います。

相場は欲望の渦巻く世界。人間界の縮図。手堅さと規律と勇気のどれが欠けてもうまくいかないけれど、甘い幻想にも恐怖にも、乗せられず、惑わされず、自分の経験知に則した動きが出来るといいですね。頑張ってください。

Good Luck!!!☆
 
 

4. Posted by Green^_−☆   January 15, 2016 19:39
5 こんばんは、hiyokaさん

あさ、コメレスを読んで、とても、ふかい
ところをついているな、とおもいました。
なんどでも、読みたくなる、心得。

乱高下のなかにあっての、スタビライザーに
なります。

18日月曜日は、金星スクエア木星、と
海王星トライン火星。

この金曜夜の、原油価格20ドル台突入
フォールをみると、

なにやら、これらフォーメーションと
原油にかんする、中東やテロなどの
連想がうかびます。

金星スクエア木星を、金満な産油国、中国

海王星トライン火星は

もしかしたら、破滅的なことはなく
上手に切り抜けそうな、座相に
よめます。

初学者のGreenですけれど(^。^)


百貨店には、もう、雛人形のセールが
始まっている(=^ェ^=)


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『フォーキャスト2016』&『マンデーン2016』についてレイモンド・メリマン 週間コメント1/18【金融アストロロジー】