レイモンド・メリマン 週間コメント8/1【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント8/8【金融アストロロジー】

August 02, 2016

○8/3の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きるわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造していると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つんじゃないかと思います。
    例えば…シンボルの光景やキーワードを覚えておくだけでも、何かに迷った時の指針になるはず。。ではでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★新月タイムスケジュール★
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【地方平均太陽時: ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで  8月3日 06:03前後、北海道周辺で  06:09前後、関西方面(日本標準時ならこの時間)は05:45前後、沖縄周辺では 05:15前後に獅子座 10°57’で新月となります。


前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

Sabianシンボルによる【 新月がもたらすテーマ 】
*ここではデーン・ルージャー(ルディアー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・フィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考にし、アスペクトを加味して読んでいます。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、解釈の内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【太陽・月獅子座10°~11° ー 8/3~8/31 】
  "Early morning dew"
『早朝の露』

  "Children on a swing in a huge oak tree"
『巨大な樫の木に抱かれたブランコに乗る子供達』

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)】
→★無意識の深淵から束の間立ち上がる自分の「原型」を感じとる
→★移ろいゆく現実、変わりやすい感情の波とは無縁の「美」の存在
→★普遍的な聖性と頑ななエゴがぶつかりあうことによる緊張感
→★前に出るべき時、引く時、立ち去るべき時を鋭く感じ取る必要
→★一時的な盛り上がりや人の心の変わりやすさを冷静に見て対応する
→★賛同と非難の中間に存在する重要な論点へのデリケートな気付き
→★無知や無邪気さが引き起こす子供じみた混乱
→★ある物事や誰かに対して強迫観念にも似たこだわりを持つ危険
→★安定した基盤が存在して初めて自由にふるまえるという現実
→★時間をかけて醸成された知恵と今どきの感性との葛藤
→★高い見地からの長期的な視点・指針を養っていくための挑戦
→★今後の核心となるアイデアの種子をかいま見る
→★安全な場で誰からも干渉されない内面の自由を取り戻す
→★将来起き得ることに対しての早めの警戒心/態勢の必要
→★自己の内側に眠っていた大胆さが呼び覚まされ活気を得る
→★緊張と弛緩のリズムを掴み、苦楽の感情のバランスを保っていく
→★古い二元の極性が限りなく分化していく中で第三の視点を探す・・・→

エネルギーのポイント:『リニューアルと分化に向けての活力を養う』

160803NM


★8月新月の星模様(永遠の夏休みモード)


        またまた沢山のことが起きた、いえ起きつつある今日このごろ。世界のあちこちから聞こえるテロや暴動、乱射事件、狂気、そして山火事や洪水のニュースが当たり前のようになってしまった中、身近な日本でも津久井で起きた凄惨な大量殺人が報じられ、そして泥仕合とも言われた東京都知事選が終わりました。


P1070639


  選挙結果については、沢山のひとがそれぞれに色々な見解を抱いていると思います。けれど、結局は天王星・冥王星ワクシングスクエア後の土星・海王星(理想を忘れた現実派VS現実を見ないドリーマー、または原理主義VS臭い物に蓋主義)のスクエア、そして天王星・エリス・エケクルス(徹底的な闘争精神)にアスペクトを形成していく水星、金星、そして火星や木星、フォルス、イクシオン(セミセクスタイルを保持するカイロンも含めて)、それにネッソスとオルクスが示唆するカルミックな支払いのとき、月のノード軸にTスクエアを形成中のアスボルス(岐路におけるサバイバル)など… 長い間水面下にあって醸成され圧縮されてきたエネルギーがあちこちから噴出してきていることの顕現であるように感じられます。

ちなみに投票日当日の朝は、金星・エリス(と天王星)・イクシオン(伝統やモラルなど気にもしないアナーキーさ)とフォルス(噴出)がグランドトライン。同時にジュノー、パラス、ヴェスタと月がやはり女神総出のグランドトラインを形成していました。もう、女神パワー満載のダブル・グランドトライン! そしてアセンダントには審判者オルクスが乗り、ディセンダントにはカルマの到来を告げるネッソスがオポジション、そしてICには蠍座終盤を行く火星が来て、Tスクエアを形成。。 長期の因縁に挑み、裁いていくようなエネルギーでしょうか。このチャートはまるで、本物の闘いはこれからだよと言っているかのよう。。 

そしてこのとき太陽のサビアン・シンボルは 『ガラス吹き職人』。 そのキーワードのひとつに 『刷新の炎とフェミニンな繊細さを巧みに融合させるための試練』 というのがあります。そして、初の女性都知事が誕生しました。…そういうエネルギーの日だったんですね。 もちろん選挙に関わる星読みには多くのテクニックがあるけれど、少なくとも投票日のイベント・チャートはその日がどんな日か、その選挙が大局から見てどんな意味があるのかを教えてくれます。ある事件が起きたときのチャートが、起きたことの意味やその出来事がどんな原理から生み出されたのかを暗示するように…。


P1070997


        そして、8月。え、もう?!という感じですが…(^_^;。 今年後半からは本格的に「火・水・爆発・分裂」のテーマが現実として見えてくると言ってきたけど、8月から少なくとも来年春までは、政治的にも社会的にも、挑戦やテストの星回りが沢山やってきます。 この時期は、地球に生きるわたし達にとってとても大切な期間になるはず。 もちろん毎日「え〜っ?」みたいなことが起きるわけではなく。。 エネルギーには緩急のリズムがあり、わたし達それぞれにとって平穏で楽しい日々も沢山あるでしょう。 ただ、いつの間にかゲームのステージが上がってる…そんな感じかな。 その時々に形成される惑星エネルギーに触れたとき、今まで慣れてきたやり方がもう本当に通用しなくなったという事実が明確に浮上し迫ってくる感じでしょうか。

そんな中で、この新月は「さぁ、スタートラインだよ! 用意は出来ているかな?」とわたし達に呼びかけているような気がします。 そして、「えっ?そんなぁ。まぁだだよ!♪」と答えるわたし達。

        たとえば、まだ薄暗い真夏の早朝。眠そうに生い茂った草の葉に、闇に冷やされてとろんと結ばれた朝露。その束の間の小さなクリスタルは、わたし達のこころ、太陽の届かない闇にまぎれ普段は意識することもない、純粋で深い感情の結晶かもしれません。もうほどなく太陽が目を覚まし、強烈な光と熱 ー 昼の理性 ー を放射するとき、全ての「露」は再び空中へと気化してしまうでしょう。もう、ほんの束の間だけ触れてくる、純粋な何か。 それは強烈な日射しの中で働くわたし達のマインドにとって、今、とても大切な「いのちの水」かもしれません。


P1070888


  なぜならそれは、これから凸凹道に差しかかって途方に暮れたとき、わたし達が立ち帰るべき「原型」へといざなうものだから。それは、はかなく無色透明な感覚として、一瞬、わたし達のこころに浮かび、消えていくでしょう。 スピーディに変わりゆく現実、創り変えられていく細部の記憶、移ろっていく気分。その狭間の、一瞬。 あるいは疲れた体を闇に横たえたとき、なぜか訳もなく浮かぶ無音の微笑みの中。思いも寄らないとき、その朝露はわたし達の手の平にころころところがってきます。ん?と感じたら、確かにキャッチしておくこと。体や神経の余力を出来るだけ残し、そんな無垢な感覚を少しでも研ぎ澄ませておくこと。これ、この新月期の大事なポイントだと思います。


  これから先は、火と水と共に「分裂」や「分化」のエネルギーが徐々に激しさを増していきそうです。それは何か人為的な力や思惑によって引き裂かれていくというより、ひとそれぞれ、または各集団のエネルギーが、その方向性によって自然に…システマチックに分化していく感じかもしれません。もちろん、みんなが意図的な選択をするのだけど、でも実は自分自身の原点に照らし合わせてどうしようもなくこれしか無いんだ…と感じるような形で。日々、少しずつ。。 

本当は、ひとりひとり見ている現実が違っている。「正しさ」も違っている。わたしに見えているものが、あなたには見えない。いえ、存在さえしないかもしれない。そしてあなたに見えているものが、わたしの世界には存在しないのかもしれない。。  ならばどうしてわかり合えるだろう? 目から、耳から、脳を介してこころへと刺さった「わたしの現実」という名の鋳型を壊し、その棘を一本一本抜いていけるだろうか? 現実とは何なのか?という実は確かなゴールなど持たない疑問を、もう一度その核から問い直せるだろうか? 今、それぞれの「現実」がますます分離していくのなら、異なる現実を貫き結ぶ共感とは何だろう? それは、ひとりひとり「現実」も「正しさ」も異なっているその事実を斜に構えることなく素直に受けとめ、真に理解することから始まるんだろうか? あなたも、わたしも...全てが留まることなく変化していくこの世界だからこそ。


P1070929


  今、この瞬間にも世界のどこかに、ここにいるわたし達のほとんどが経験してきたよりずっと激しい形でそのエネルギーを生きるひと達がいます。生まれた土地や国、人種や階層の歴史と自分の人生が否応なく絡みあって。 そしてわたし達もまた、家族、パートナーや恋人、友人、仕事やお金など、日常レベルで、そして社会や国のレベルで、そんなエネルギーの発露を少しずつ明確に、そしてユニークな "現実" として見ていくことになるのではないでしょうか。わたし達特有の社会風土の中で。数年をかけて。少しずつ。階段を昇ったり降りたりしながら。。 自分に正直にならざるを得ないような、そんなエネルギーの中で。

それって、もしかしたらとても良いことのような気がします。たぶんそれは、自分が本来の自分に立ち帰っていくこと、失った自分の断片を少しでも取り戻していくことだから。それが全体の変化にダイレクトな影響を及ぼしていくだろうから。これから先何があるにせよ無いにせよ、わたし達の「現実」は続いていくし、変化はなかなか目に見えないかもしれません。でも、ある日気付くと何かが根底から変わっている。どんなひとにもそれは起こり得ます。未知です。何も決まっていない、ただ色とりどりのエネルギーの流れが常にあるだけ。そのエネルギーをどう使っていきたいのか? それをわたし達はこれから数年かけて試していくのかもしれません。


P1070847


        巨大な樫の木。それは大きくて固くて頑丈で、頼れる木。樫の木は「保護」と「耐久力」のシンボルです。その枝に吊ったブランコなら、めいっぱいこいでも大丈夫、枝が折れて落ちるなんてことはないでしょう。この新月期、わたし達はそんな「安心ブランコ」で遊ぶ子供達かもしれません。ブランコは前へ後ろへ、すごい勢いで振れています。高く上がり、また素速く下がり、また後ろに上がり…なんて楽しいんだろう!

わたし達は樫の太い枝を中心に、極から極へとスイングします。リズミカルに揺れるわたし達。それは催眠的な高揚感さえ与えてくれます。背の高い木には雷が落ちやすいけど、この樫の木ならきっと大丈夫。だって樫に落ちる雷は聖なるインスピレーションのシンボルだから。だからこそドルイド教徒は昔、樫の木の下で子供達を教えたのだから。。。 わたし達はここで、どこからか流れてくる妙なる弦楽曲を聴くかもしれません。それはわたし達に歓びと勇気を与えてくれるでしょう。前へ、後ろへ、高く、低く…心地良いリズムの中で景色は変わり、揺れの勢いは増し、ただ訳もなく楽しくなってきます。このままどこか別の世界に勢い良く飛び出してしまいそう…!

でも。飛び出すことはないでしょう  (もし万一、自分から手を離してしまうことさえ無ければ)。わたし達のブランコは頑丈な樫の木に抱かれています。 わたし達は、樫の木がどれだけ地中深く根を張っているか知りません。どれだけ上方に枝を拡げて傘となってくれているか、意識していません。あ、もしかしたら、ブランコだけに気を取られていて、木の存在など気にもしていないのかも? あるいは、もっと大きくて立派な木ならいいのに…とか、どうせいつか木なんて枯れるんだし、ブランコなんてどこにでも取り付ければそれでいいや…なんて感じているのかもしれません。けれど、わたし達がひととき我を忘れて気ままにスイングを楽しめるのは、そのたった一本の大きな樫の木が存在するから。。。 ん? じゃ、この樫の木って、いったい何を象徴しているんだろう? 


P1070667


  それってきっと…ひとによっていろんな見方があると思います。社会的な見方、個人的な見方、大きくも小さくも、本当にそれぞれの受け止め方が。。 けれど、二度とやって来ないこの夏の日々をひととき楽しみながら、わたし達のいのちを抱いて大地に根を張る樫の木というイメージについて思いを馳せてみること。 それもまた、これから先の旅路のための大切な栄養になるのだと思います。 わたし達は個として生まれ、ひとり歩いている。それと同時に、大小様々な社会の中で、巨大な集合体として、分かちがたく結び付いている。何かに、護られながら。あるいは、何かを護りながら。 分化とリニューアルが大きなテーマとなる今、ひととき大きな樫の木に抱かれながら、わたし達はあらためて自分が自分であることの意味やその原点を問い直そうとしているのかもしれません。

        次回の満月は水瓶座の月蝕。9月に入ってすぐに乙女座の日蝕、そして17日に再び月蝕。この三つの蝕はとても強力です。 今回の新月も、アスペクト自体はけっこう厳しいものがあります。世界もそして日本も、そこで暮らすわたし達の人生にも、その波乱のエネルギーは影響するかもしれません。

けれどサビアン・シンボルはそんな中でも内面に向かい、感情のデリケートなバランスを取りながら新しい活気と勇気を得るよう誘いかけています。 きっと、何か得られる。自分にしかわからない、何かが見える。 ブランコの綱が切れたり、手許が狂って飛び出したりはしない。 だって新月とはトラインの射手座の土星と恒星アンタレスが、火星との邂逅を前にして、何があっても折れない不屈の精神を与えてくれるのだから。。


eso1403a



★ちと気になる惑星フォーメーションなど

  あいからわず天王星・エリス・エケクルスのトリオが元気で徹底的闘争精神は続く。またフォルスとイクシオンのコンビとはトライン、ブラックムーン・リリスとはクインカンクス。そして土星、小惑星グリーヴとでクァドリフォームのグループアスペクト。悲憤慷慨するひとがいるかも?あらゆる感情の渦が迸りやすく、暴力的なエネルギーも生成されやすいフォーメーション。危険な場所は極力避け、出来るだけリラックスを。土星順行の8月13日、そして8月15日の前後もかなり強いエネルギーになるかもしれない。

セレス・ヴェスタ・ジュノー・Vtxでミスティックレクタングル
水星・ジュノー・ネッソス・セレスでミスティックレクタングル
ヴェスタ・ネッソス・ジュノーがグランドトライン

  引き続き女神のエネルギー満載。正直なコミュニケーション。何かこころにひっかかりがあるなら、それを言葉にしてきちんと伝える必要がある。誠実に、繊細に、熱意をもって。責任を取らねばならないことがあるかもしれないけれど、もしそうなら今がそのとき。こころを開いて話し合ってみよう。けれど何かを求めすぎたりあまり深追いしすぎないで。堂々巡りになりそうなら、どこかで見切りを。ただ隠れた気持ちを誠実に伝え、自分を整理していく。それが一番のポイント。

3日午前2:50火星射手座入居

  重さが抜けた火星。パラスとスクエア、小惑星パエトーンとトライン。やっと前向きになれそう。楽しんで!5月末から今まで、火星が蠍座に戻っていた間はどんなことを感じていたかな? 何か気付くことがあれば、それは今後の行動のヒントになる。でもまだ23日までは逆行のエコーが残る道程だし、その後も刺激的なアスペクトは続く。バランスを崩さないよう、やり過ぎ行き過ぎには注意して。24日の土星・アンタレスとのコンジャンクションを前に、自分のリズムが邪魔されるような苛立ちが出るかも? また自分の芯があやふやになると、まるでアイデンティティを確かめるかのように蛮行に走るエネルギーが生まれやすいので注意を。

8月5日(前後数日)冥王星・小惑星リヴァイアサン合
 木星・小惑星ニッポニアから天王星にYOD

  人間の深く暗い感情の澱からモンスターが生まれやすいとき。支配権争い的なことも。また、暗い想念が湧いてきたり、他のひとが発するダークな「気」を受けたり、突然浮上する出来事などにも注意。

8月10日夜9時前から水星逆行のシャドウフェーズ入り

     水星逆行開始は8月30日夜。紆余曲折ありそうなことは対策やこころの準備を。

8月12~13日早朝(〜17日頃まで) 木星・カイロン・フォルスTスクエア

     深く胸にしまった傷が浮上しやすい。出てくるものは出してしまおう。そしてその中にあって面と向かってみて。今は辛くても、やがて大きな癒やしが訪れる可能性のあるフォーメーション。

8月13日土星順行18:50ごろ



  と、おおざっぱに並べてみただけでもなかなか手強そうなアスペクトがずらりですね(^_^;。けど、せっかくの獅子座の新月。来るものは拒まず。楽しげにスイングしながら大きな樫の木の下で。みんな、胸を張りそれぞれのリズムで。自分の原点からほとばしり出る活力を信じて。さぁ、いきましょう!!





雷鳴とどろく朝に...。
have a great trek!!!★


hiyoka(^_^
保存保存保存保存

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Green★彡   August 03, 2016 01:28
5
こんばんは、hiyokaさん(^。^)

昨晩から未明にかけての、大雨、雷鳴、炸裂
は、hiyokaさんが、昨年から書いていた
キーワード、水、火、爆発、そのもの
でしたね。

地震予測のなかには、南関東の
異常な地殻の歪みを検知していて
警戒レベル5の現実のいま、です。

あながち、きのうの震度7、
マグニチュード9超え、の
緊急地震速報は、誤報でも
ないのかも。

学者や専門家チームの危機意識は
じつはいま、苛烈を極めているかもです。
原発事故のときのように、国民経済
民衆にはひたすら、実態を伏せ
パニック防止、ひたすら、メディアぐるみで
誘導していたり。

なので、地殻自体もかなりのストレスを
孕んでいるいまなら、大雨、稲妻、雷鳴も
地磁気の乱れから、いかにも連関しそう。

水、火、爆発。そして、分化、リニューアル
へ、か。
異常なことも、次代への橋渡しの必然に。

いま、また、微震をかんじている
火星蠍座終盤度数。

土星の留から順行への移行に伴い
天変地異にも、用心。


"Early morning dew"
→ 『早朝の露』、そうだなぁ作戦タイムは
涼しい早朝のうちに周到詳細に(^。^)

  "Children on a swing in a huge oak tree"
→ 『巨大な樫の木に抱かれたブランコに乗る子供達』、そうだなぁリオオリンピックでは
この17日間のために賭けてきたアスリート
達の美技、感動に共感しよう(=^ェ^=)かなぁ


もし、夜中も早朝も、酷暑の日本であったら
いまの、地殻下の旺盛なマグマ活動と
相乗して、陽陽陽のダメ押し、大震災、大噴火
かも、とも、おもう。


【早朝の露】の時間は
まさにプレシャス^_−☆

Green★彡


2. Posted by hiyoka   August 04, 2016 01:13


Greenさん、こんばんは^^

そうですね、何か予兆めいた感じがあったかな? 四大は集合意識を先取りして形象化するといいますものね。エネルギーの小出し効果にもなっているといいのだけれど。

世界を万遍なく覆う変革のエネルギーは、その集合体、地域が持つ歴史・カルマによって顕現のしかたが異なるだろうと思います。アフリカ・中東〜東西ヨーロッパ〜ロシア、南・東・中央アジア、オセアニア、そして南北米大陸。内戦から自然現象まで事情は異なっていても、皆いろんな意味で臨戦態勢に入りつつあるような。

今日、ちょうどシン・ゴジラを観てきたのですが、あぁ今出るべくして創られた映画のひとつだなと思いました。3.11の後はもう日本ではゴジラは創れないかも?と思っていたけれど。。

死と隣り合わせだからこそ生が輝いてる。世界のニュースを追いながら(追い切れないけど)火・水・爆発・分裂のエネルギーを見るたびにそんな感覚を抱きます。

早朝の露、ほんとにプレシャスですね
感動や共感って大事(^_^
Good Luck!!!☆

 
 
3. Posted by Green★彡   August 11, 2016 22:31
5
こんばんは、hiyokaさん★彡

すでにもう、水星逆行シャドウフェイズ入り
なんですね。

尖閣諸島に関する、緊迫を広める
一般報道にも、もしかしたら
偏り、情報の錯綜、操作の
可能性もあるので、日本人自身も日本政府や
NHKなど、もっともらしい、メディア情報に
要注意かも、ですね。

中国政府も、人民を誘導、扇動ならば
日本政府も、似たような、大衆操作を。

水星逆行中は特に特に、情報に
翻弄されてしまう、それは、もうすぐ。に。


とくに、資金を賭ける投資家さんたちならば
なおさらに、事前に

キャッシュのまま、不動も賢明な在り方。かも


_φ(・_・Green★彡

4. Posted by hiyoka   August 12, 2016 18:21


Greenさん、こんばんは

全体に分化が促進される中、メディア情報や様々な発表もそれぞれの思惑が絡みバイアスがかかっているのでしょうね。そして、それを受け取る側も無意識に、あるいは意図的に、自分好みのバイアスをかけて各自の世界を構築するという、とても混沌とした状況ではないでしょうか。

尖閣諸島の問題も、日本・中国が互いにどこまで深謀遠慮があるのか、それとも実はそんなものは存在しないのか。中国もコントロールが効いた上での侵犯行為なのかそれとも見えにくい内政に絡む何かが影響しているのか…。一番怖いのは誰もが互いの出方を見ながらコントロールしているつもりが突然何かが理解を超えて暴発することかも?と思っています。このエネルギー下では、操作する方も操作される方も、思いも寄らなかった方向に事が進む可能性があるし。

その意味で、長い目で見れば結局は正直であることが一番安全なのかも。ってここまで社会がリジッドになってしまうと、それも「言うはやすし」だけど…(^_^;
でも、少なくとも個人レベルではそれが大事な時期に入ってるかもしれませんね。矢も楯もたまらずなひとも多いと思います。そうやって一度細かく別れてしまわないと、本物の多様性なんて生まれようも受け入れようもないし。なので今は必要とされる棘のときなのかな。

観察眼、大事だなぁと思います。

Good Luck!!!☆
 
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント8/1【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント8/8【金融アストロロジー】