January 22, 2017

レイモンド・メリマン 週間コメント1/23【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2016年1月23日(フリー版より)
翻訳:hiyoka  
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(翻訳者はこの記事をエッセイに近いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。また文中の は翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。)
--------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】
来週1月30日付のメリマン・コラムは月イチのお休みとさせていただきます。
m(_"_)m


≪ 先週をふり返って ≫

        “トランプ氏は彼の掲げる課題を進展させるための手腕を持つパートナーが必要だ。そして彼は、共和党の議員達が専門知識や助言の源となることを理解しなければならない。もし大統領が彼らを味方につけて共通の利害を打ち出せれば、彼は自らの政権最初の2年間を、レーガン一期目以来の最も意義深い期間にすることが出来るだろう。だがもし彼が腹を立てたり、些細な政治的意見の相違から共和党の議員達と戦争状態になれば、民主党は大喜びでその戦いによって壊された残骸を引き受けるはずだ ― そして遅くとも4年後には彼を政権から追い落とすだろう。”

― ウォールストリートジャーナル 
  Opinion page, “The Audacity of Trump” 2017年1月20日付


        私達は今や非常に天王星的な人格の持ち主であるドナルド・トランプが率いる新たな大統領任期の始まりに来たが、それと時を同じくして、太陽は天王星が支配する星座宮、水瓶座に入居した。新しい日々の始まりだ。それは天王星が持つ力学の典型として、全ての事柄がまた異なった様相を呈し、そして誰も ― トランプ氏でさえも ― 予測しないような展開を見せるような日々だ。多くの事象がこれまでとは異なり、少なからず予測不能であることに誰もが慣れなければならない。ある物事は皆の予想を超えて非常に上手く働き、別の物事は期待するほど上手く運ばない。

私達はこれから新しくエキサイティングな高みの期間、そして新たな懸念の谷間に入っていく。とりわけ今後90日間(4月21日まで)はそういった時期となるだろう。これは十中八九、金融市場にも当てはまりそうで、激しく急激な価格変動の可能性がある。これは短期トレーダーには朗報であり、またいつ急落が終わるかを正しく推測出来て格安資産を買い集めることが出来る長期の投資家にとっても好機となりそうだ。とはいえ、「恐怖」と「貪欲さ」が市場動向を支配すると共に、ジオコズミック・サインは今後90日間、この両方が巷に溢れかえるだろうことを示唆している。

        先週の株式市場はおおかた下げていたが、米国株式市場はトランプ新大統領による前向きな就任演説を期待して金曜に反騰した。しかしながら、これも1月3日の★★★ジオコズミック重要変化日(CRD)に非常に近い新年最初の週につけた史上最高値のはるか下にいまだ留まっている。現在まで続く例外はナスダックで、1月20日金曜にさらなる史上新高値をつけている。

株式とは対照的に、通貨はまさに1月3日の重要変化日にユーロが13年ぶりの安値をつけた後、反騰し続けた(そして米ドルは下がり続けた)。以前このコラムでも述べたように、共和党の候補が大統領に選ばれる1月の前後6カ月の間に米ドルがトップアウトするという16年サイクルが存在する。その16年サイクルが天井をつける時期が現在来ており、それが2017年1月±6カ月ということだ。米ドルはやはり1月3日、2002年12月以来の最高値水準に舞い上がり、その時点から徐々に下がり続けている。

        米ドルが下がるにつれて金と銀は反騰し、どちらも先週は月初来高値をつけた。貴金属と通貨は共に、1月29日に開催する「ザ・グレート・リセット」を主題としたウェビナーの重要テーマだ。このグレート・リセットは米国、FRB、ドナルド・トランプ、ジャネット・イエレンのチャート分析と、これらがトランプの新閣僚や特定の金融市場とどう相互に干渉し合うかに基づいて導き出されている。もしアストロロジーについて全く知識を持たなくても、これは見逃せないウェビナーとなるだろう。



≪ 短期ジオコズミクスと長期的考察 ≫

        “米国史において最も多数を占める世代が今年、引退後の生活のために資金を引き出さねばならなくなる。これは来たるべき10年で総計数十億ドルになろうかという現金の必須の流れが始まることを意味する。”

― Vipal Monga and Sarah Krouse
  “Boomers To Start Mandatory 401 (K) Exit”
  ウォールストリートジャーナル 2017年1月18日付


        今年からここ何年かの間、退職者が彼らの口座から撤退し始めると共に、株式市場からは資金が吸い出される大音響が響き渡るだろう。それは今年終盤の木星による蠍座(負債)運行とその後2018年に起きる天王星の牡牛座(貯蓄の星座宮)入居への膳立てとなる動きだ。

しかしながら、こうした事象がフルに展開する前に、土星が調和的なトラインを2016年11月〜2017年9月まで形成中だ。この45年サイクルは歴史的に見て、米国株式指数の長期サイクルの天井との同期性を持っているが、これはまだたった4回を数えるのみだ。今回起きれば5回目となる。つまり、私達は今年この長期的天井が示現するかどうかを見守っており、それは土星・天王星トラインのようなジオコズミック要因と共に、あまりに多くの人々が引退年齢という事情から株を売らざるを得なくなるというファンダメンタルな現実の両方に基づくものだということだ。2017年からは、投資計画を進める際にこれらの事柄を常に頭に入れておくことが投資家としての賢明さだろう。

        短期的には、現在1月19日の火星・土星スクエアが終わろうとしており、1月27日の金星・土星スクエア*へと向かいつつある。先週のコラムでは大統領就任日の火星・土星スクエアが米国始原図(ドナルド・トランプとイランのチャートも同様に)に与える影響の重大さについて論じた。金星・土星スクエアもまた興味深いシグナルだ。金星が「価値」を支配し、土星が「収縮」を意味することから、このアスペクト形成に向かって下落してきた市場はその後のリバーサルと反騰の筆頭候補になるというルールがある。

したがって、今週私達がトレーダーとして注目するのはこの動きだ。何故なら、その後まもない2月6日〜11日にはエネルギーの焦点が木星へと移るからだ。木星は2月6日に逆行に転じ*、その後2月11日には太陽と調和的なトラインになる*。これは1月27日前後に安値をつけ、2月6日〜11日の天井に向かう市場を示唆する古典的なジオコズミック・サインだ。もしこれが発効するなら短期トレードを大いに楽しめるだろう。
*金星・土星スクエア:日本時間1月28日02:49
*木星逆行:日本時間2月6日15:53
*太陽・木星トライン:日本時間2月12日0:25
(2月11日午前中には日本からは見えない半影月蝕が起きる)


        その後は2月22日から4月21日まで続く、最強のジオコズミック・サインの時間帯が控えており、いよいよ興味深くなってくる。この期間は2月26日に起きる強力な日蝕(サウスノード・イクリプス)から始まるが、このサウスノード・イクリプスは通常、ノースノードと共に起きる蝕よりも困難をもたらすとされる。そしてこれは、まさに火星・天王星コンジャンクションが木星と冥王星にTスクエアを形成するただ中に起きるのだ。

トランプ氏が名だたる天王星タイプの人物であることを考慮すれば、彼(もしくは同様に天王星タイプの他の人物)がその時点で自他に対するコントロールを利かせられるかを観察するというのが興味深さの最たるものになるだろう。コントロールが不可能であれば、それは世界的な状況における爆発または分裂の象徴となる。そしてまた、母なる大自然における同様の原動力と同期するかもしれない。この時期はリスクを取るのに良い時ではない。潜在的な危険性が懸念されるからだ。






訳文ここまで
--------------------------------------------------

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字