February 12, 2017

レイモンド・メリマン 週間コメント2/13【金融アストロロジー】

2月11日の満月・月食』の星読みは一つ下の記事になります。

--------------------------------------------------------------------------
http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2017年2月13日(フリー版より)
翻訳:hiyoka
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(翻訳者はこの記事をエッセイに近いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。また文中の * は翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。)
--------------------------------------------------------------------------

≪ 先週をふり返って ≫

        “フィラデルフィア連銀総裁パトリック・ハーカーは月曜、3月のFOMCでの利上げは選択肢となると語った。「私は今も今年3回の利上げを支持している。もちろんこれは経済の見通しと財政政策の進展具合にもよるが」「私は3月に再度25ベーシスポイントの利上げを行う可能性を考えておくべきだと思う」ハーカーは金融工学系企業への規制政策の講演を終えた後、記者団に対しこう述べた。”

― “Fed’s Harker Says March ‘Should Be Considered’
   For Next Rate Hike”
  Reuters News 2017年2月7日付


        上記の発表は、迫り来る2月22日〜4月21日という期間、すなわち私達が今年最も重要なジオコズミック・サイン群が集まる重要な時だとして強調した時期に関するもう一つのヒントを与えるものだ。もしハーカーが正しければ、そしてFRBが3月半ばに2回目の利上げを表明するなら、ほとんど全ての金融市場に急激な価格変動が起きることになるだろう。

先週の市場動向は予想通り株式にとって非常に強気だった。実際は2月3日、前週の金曜に始まったトレンドに沿って全米の主要な株式指数が史上最高値に舞い上がった。先週のコラムで述べた様に
“株式市場は強さを見せて週を終え、現在2月6日の木星逆行開始とその後2月11日(週末)に起きる太陽・木星トラインに向かっている。通常であれば、これは株価が上昇し、この時期にそこそこ重要な天井をつける可能性を示唆する。”
そして十分通常通りとなり、ダウ平均は2月10日金曜に今回の最高値20,298まで爆発した。そしてナスダックとS&P先物も史上最高値をつけた。

ヨーロッパでは、オランダのAEXが数年ぶりの高値をつけ、ドイツのDAXは年初来高値を記録した。しかしながら、チューリヒのSMIもロンドンのFTSEも、年初来高値をつけることはなく、異市場間弱気ダイバージェンスの可能性を示唆している。

アジアと環太平洋地域では、日本の日経が反騰したが、年頭1月5日につけた高値には届かなかった。オーストラリアのオールオーディナリーズは6週間ぶりの安値に下落した。インドのニフティ、中国の上海と香港のハンセンは全て数週間ぶりの高値をつけたが、年初来高値には至らなかった。ロシアのMICEXのみが史上新高値をつけた米国と並んだ。

他の市場では、先週の勝者は11月初頭以来の高値17.95をマークした銀だった。金は週中にやはり11月中旬以来の高値1250を試したが、木曜〜金曜には下落している。1月29日のウェビナーで解説したとおり、今なお貴金属は上々のパフォーマンスを見せている。Tノートは金と同様に水曜まで強く、その後下落した。おそらくその理由は、先週月曜に示されたフィラデルフィア連銀総裁ハーカーの見解 ― FRBが3月に再び利上げを行う可能性 ― の現実味を投資家が理解したためだろう。高い金利は低い国債価格を意味する。



≪ 短期ジオコズミクスと長期的考察 ≫

        金についてもう一つ注目すべき点は、ヘリオセントリックの水星が射手座の旅(2月1日〜12日)を終えることだ。歴史的に見て75%の確率をもって、この時間帯は金市場における上々の反騰との相関性を持つ。トップアウトはこのトランシットに入って4日~12日前後だ。水曜の高値は1246.60で7日めにマークしており、想定時間どおりだと言えよう。

とはいえ、これら三つのトランシット ― 2月6日〜11日の木星絡みのジオコズミック・サイン、ヘリオセントリックの水星による射手座運行(2月1日〜12日)、今週末の獅子座の月蝕 ― は、これからやって来る(2月22日〜3月6日)シグナルと比べればまだマイルドだ。それは2月22日〜27日に起きる牡羊座の火星の木星・冥王星・天王星Tスクエアによって始まる。火星、木星、天王星が互いにアスペクトを形成する時、株価は通常上下どちらかに向けて爆発する。時には両方向に動くこともある。 またこれは、大自然に不気味な現象が見られることとも相関性を持つ。集合心理的な面では、重要な紛争、戦争、またはテロ行為の危険にも関連している。皆さんには、安全第一を旨として可能な限り危険な状況に足を踏み入れないことを強くお勧めする。

この時期 ― 2月26日〜3月1日 ― は、何かと不気味な感のある時間帯だ。何故ならこの期間に海王星とコンジャンクトした日蝕が起きる。火星は熱、火、怒り、そして過剰に攻撃的な存在によって引き起こされる衝突を意味するが、一方で魚座と海王星は受動性、引き籠もり、湿気や洪水、平和への願いを意味する。ここに象徴されるのは、攻撃者と無垢の、受動的な、犠牲者だ。何かしらの失敗や誤算、見込み違いが他者を害したり、危機を及ぼすことになるかもしれない。

この流れは3月1日に終わるわけではない。3月2日、木星・天王星オポジションの2度目の正確な形成が起き、その後3月4日に金星が逆行を開始する。先週のコラムで述べたように
“ 木星・天王星オポジションの2回目の正確な形成が3月2日に起こり、その後金星が3月4日に逆行に転じる。木星と天王星のオポジションは、米株市場のプライマリーサイクルかそれ以上のサイクルとの相関性においては前後12取引日のオーブをもって最強を誇るアスペクトだ。一方、金星逆行もそれに迫る強度を持ち、やはり前後12取引日をもってプライマリーまたはそれ以上のサイクルとの相関性を見せる5つのシグナルの内の一つだ。これら2種のジオコズミック・サインが互いに時を置かずして起き、それが海王星とコンジャンクト(2月26日~3月1日)して起きる日蝕の週だという事実は、それ自体でもう一つのレベル1ジオコズミック・サインとなる。もし今の私達がカオスと混乱を経験していると言うなら、この時期には何が起きるのか。ただ想像するほかない。”

  この注視すべきジオコズミック期間は、2週間足らずの内にそのオーブ圏内に入る。投資家や読者の皆さんに対し、このエネルギーの宇宙的ピークに備えるためにどれほどのことが出来るか私にはわからない。この後にも4月5日〜21日に2度目の山場が来る。金星と土星が方向転換し、魚座/射手座の27°で正確なスクエアを形成するのだ。そして射手座の土星が位置するこの度数には銀河中心が存在する。これについてはまた追って触れることになるだろう。



≪ 長期的考察とマンデーン・アストロロジー ≫

        “「もし敵が一つでもミスを犯したら、我々が放つミサイルが唸りを上げ彼らを標的として飛んでいくだろう」 防空演習のさなか、イスラム革命防衛隊空軍チーフのアミール・アリ・ハジザデーが語った言葉をイラン国有のファース・ニュース・エージェンシーが報じた。イランはまた、攻撃を受けた場合はバーレーンに司令部を置く米国海軍第五艦隊をミサイルの標的にするだろうとも警告した。これはインド洋とテルアビブをカバーする米国の軍事基地だ。「これらの地点全てがイランのミサイル・システムの攻撃範囲であり、もし敵が一つでもミスを犯せば跡形も無く破壊し尽くされるだろう...」”       

― Oren Dorell
  “Iran Warns U.S. Against Hostile Actions; China Tests Missiles”
  USA Today, 2017年2月7日付

 
       “最近語られたところによると、前国防長官ロバート・ゲイツは新政権にとって最初の安全保障上の危機を生み出しそうな四つの地域を列挙した。ペルシャ湾におけるイランとの衝突、核開発をめぐる北朝鮮との対立、南シナ海における中国との戦闘、バルト海でのロシアとの衝突だ... チーム・トランプが始動して丸三週間となるが、イランとの衝突は確実にリストのトップに躍り出た...”

― Gerald F. Seib
  “Iran Moves Atop Trump’s Confrontation List”
  ウォールストリートジャーナル 2017年2月7日付


        “私達はあまりにも多くの誤りに満ちた思い違いをする。” 

  ― ヨギ・ベラ


        今週はバレンタインデーがやって来るが(2月14日)、イランがトランプ大統領からバレンタインデーのカードを受け取ったり、その逆が起きることはないだろう。ミサイルなら送り合うかもしれないが、それは愛と親しみのミサイルではなさそうだ。

先週論じたテーマの中でも米国とイラン間の緊張は高まっていると述べたが、大統領就任式、米国、そしてドナルド・トランプのチャートに基づいて私達が予測したのは、まさに1月20日の大統領就任日から時を経ずしてそれが始まるということだった。これらのチャートのどれを見てもミュータブルサインの20°〜25°が強調されており、それは正しく就任式の1日前に成立した火星・土星スクエアの位置だったのだ。米国とイランは両方共そこに火星を持っており、それは国の軍隊または軍事的衝突を支配する。ドナルド・トランプの太陽・月のオポジション(彼は月蝕生まれ)もそこに在り、近くには中国の最高指導者である習近平の太陽が在泊している。

これらのジオコズミック・サインに基づくなら、イランと米国大統領トランプ及び彼の政権の間に見られるレトリックを単なる脅しと考えてはならないだろう。これらは重大なアスペクトであり、急速に重大問題へと発展する怖れがある。『フォーキャスト2017』において長きにわたって述べたように、こうした宇宙的様相のみを見ても、トランプは容易に「戦争する大統領」となる可能性がある。これはなにも戦争が必ず起きるというわけではない。何故なら誰も究極の正確さをもって「予言」することなど出来ないからだ(予言者なら別だが、私達はそうではない)。しかしながら、その可能性は通常より高い。それは古代のアストロロジャー達によって好戦的とみなされてきた火星と土星を含む宇宙原理に対する私達の理解に基づいた判断だ。

このような流れを脱する解毒剤は何か? 単純に、戦争を仕掛ける側にならないことだ。自己抑制の訓練を行い、可能なかぎり言い合いや論争を避け、解決策を探る(短気を起こさずに)。ここで言う解決策とは、怒りや報復の念に基づくものであってはならない。火星のエネルギーは戦線布告や攻撃をしかけたり「勝利のための戦い」のみに使われるものではない。それは科学や思索の世界における胸躍るような興奮や、先進的取り組みへと繋がる新しい思考経路をも意味しているのだから。







訳文ここまで
-----------------------------------------------

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字