April 23, 2017

レイモンド・メリマン 週間コメント4/24【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2017年4月24日(フリー版より)
翻訳:hiyoka  
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(翻訳者はこの記事をエッセイに近いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。また文中の は翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。)
--------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】来週5月1日付のメリマン・コラムはお休みさせていただきます。また、5月8日付のコラムは抄訳になるかもしれません。
m(_"_)m


≪ 先週をふり返って ≫

        世界のほとんどの株式指数は前週、金星が順行に転じ(4月15日)、土星への3回目にして最後のワクシングスクエア形成を終了する(4月21日)と共に、数週間続いた下落を終えた。これら(特に金星順行)は多くの金融市場、とりわけ株式市場におけるリバーサルへの一貫した歴史的相関性を持つ強力なジオコズミック・サインだ。

先週のコラムで述べたように
『金星の順行は、12取引日のオーブをもって、世界の株式および他の金融市場におけるプライマリーサイクルの終了と始まりに対する一貫した関連性を持っている。すなわち、金星順行は金融市場におけるトレンド反転に対する最強のジオコズミック・サインの一つということだ。したがって、株式市場の安値、また国債、原油そして貴金属の高値はリバーサルに向かいつつあるかもしれない。』

株式市場がサイクル新安値をつけると共に、金と銀は4月17日にサイクル新高値をつけ、その翌日となる4月18日、Tノートも後を追った。私達の購読者向け日報および週報を通してジオコズミックとシクリカルなマーケットタイミング・シグナルを使うトレードする人々にとっては非常に良い週となった。

私達はまた、4月20日に冥王星が逆行に転じたことにも注意を払っている。これは株式市場に関する限り、歴史的に重要なジオコズミック・サインではない。しかしながら世界の社会世相においては、人類と有機体(作物を含む)の生命が脅かされる怖れとの関連を確実に保持している。先週はその脅威が蔓延していた。北朝鮮は米国や/または韓国の主要都市を壊滅させるとの脅迫を続け、フランスのパリではまた別のテロ攻撃が起きた。だが、北朝鮮の脅しは水星逆行期(4月9日〜5月3日)に起きている。したがって、北朝鮮が先週さらなるミサイル発射を企ててそれが見事な失敗に終わったことは驚くにあたらない。それは彼らに次こそ成功させるとの決意を新たにさせることでしかない。



≪ 短期ジオコズミクスと長期的考察 ≫

        “世界はドナルド・トランプの予測不能の驚くべき外交政策に対応しようと躍起になっている… その非常に速い反応は世界にとって、これまでより幅の広いメッセージをもたらした。 オバマは去った。もう詳細な法的調査の時代ではない。もう崩壊した世界のモラルに対するジレンマに大統領が苦悩する時代ではない。オバマがアフガニスタンで何をすべきかを決めるのに10ヶ月かかった。トランプが化学兵器に関する二枚舌のツケを払わせるのにかかったのは63時間だった… これは世界に対する次のような警告だ:「8年間にわたる夢遊病の時は終わった。あのアメリカが帰ってきたのだ」”

― Charles Krauthammer
  “Trump’s Great Foreign Policy Reversal – the U.S. Has Returned”
  The Arizona Republic 2017年4月18日付


  “自分自身を何としてでも悲嘆から救うために、絶対的孤立という代償を払ってそれを成し遂げることは可能だ。そしてそれは幸福感を味わう能力を締め出すことでもある。”

―  エーリヒ・フロム
  ドイツ系米国人精神分析学者、作家
   Arizona Republic 2017年4月21日付



        戦争に関して、私は今後数ヶ月の内にその可能性について何度か触れることになると予測している。今年8月21日の日蝕は獅子座終盤度数の火星がコンジャンクトし、米国大統領ドナルド・トランプのネイタルの火星とアセンダント上で起きるからだ。アストロロジー用語に親しみの無い読者の方々には、これが強力で強制的圧力を持ち、攻撃的な原動力であると言い換えよう。もし抑制しなければ対立を生み出し、米国を含む世界中を敵対的行為へと導く可能性がある。

私達はすでにこの原動力が過去2週間の間に頭をもたげた兆しを目撃している。米国によるシリアの空港爆撃とアフガニスタンのISIS地下施設へのMOAB(Mother Of All Bombs)投下がその一例だ。私が考えるに、その下地となるアイデアは凄まじい武力を見せつけることによって米国やその同盟国に対する攻撃を抑止し、それによりテロリストや米国市民と同盟国民に害を与えたいと願う集団に二の足を踏ませることだった。こういったシナリオがもたらす問題の一つは、次のような単純なロジックを勘定に入れていないということだ。すなわち、誰かを殺せばそれは2人の人間(両親)の息子/娘を殺すことになり、平均5人〜7人の人間の兄弟/姉妹(中東地域の場合)を殺すことになる。そしてその人物にはおそらく何人かの子供がおり、また多くの友人達がいるということだ。

犠牲者との関わりを持つ者は今やそれぞれに、攻撃をしかけた側と闘う行為に全てを捧げようとしているかもしれない。したがって、人々が戦いを放棄するという望ましい結果を得るかわりに正反対のことが起きる。一人が殺されるたびに、数人の人間が攻撃者との戦いに参加していく。米国人が攻撃されるなら、指導者達は報復を望む。米国の指導者達が攻撃を仕掛ければ、相手側は米国人への復讐を欲する。どちらもより安全で平和な世界には導かない。攻撃と強制力による人命の無意味な殺戮は将来的な攻撃の抑止にはならない。単に同じ状況が拡大し、より多くの人命が失われるのみだ。

それでもいまだに天王星は牡羊座に在泊し、2019年3月まで断続的にこの領域を運行する*。天王星は元来「論理的」あるいは「思慮深い」エネルギーは持ち合わせない(というより、どちらかというと「過激」だ)。だから世界の指導者達にとって、その発想をより外交的かつ平和的な解決努力へとシフトさせるには凄まじいほどの努力が要ることだろう。だがそれは不可能ではない。海王星(平和)は自ら支配する星座宮魚座(これも平和への願いを示唆している)に2026年まで在泊するからだ。
* 断続的運行:一度牡牛座入りしてから逆行で後戻りするため

        ジオコズミクスと金融市場との関連から見る限り、私達はちょうど「2017年最強のジオコズミック時間帯」を抜けたばかりだ。この、非常に潜在力のあるコズミック期間は2月22日〜4月21日まで続き、刺激的な評判どおりの様相を呈した。世界では多くの株式市場が史上新高値もしくは数年ぶりの高値をつけた。米国と日本では、木星・天王星オポジションの2回目の形成が起きた3月1日〜2日にそれが示現した。この時間帯の終わりに向けて、多くの市場が下落した。この期間中、金星もまた逆行に転じ(3月4日〜4月15日)、そのほとんどの期間で予測通り、世界の株式市場におけるカウンター・トレンドの下落が見られた。そしてまもなく、私達が鍵とするシグナルが示現すればその直後に、金についてのスペシャル・アラートを全購読者向けに発信するつもりだ。

こうした予測の裏付けとなる論理(と歴史的観測)によれば、今や3月初めまで続いていたトレンドが再び戻る時期だ。だがそれはどれだけ続くのか? また次の反騰は米国やドイツ、英国など他の世界の指数に史上新高値を生み出すのか? 結局のところ、土星は2016年12月〜2017年11月まで、天王星へのウェイニングトラインの渦中にある。過去4回の事例全てにおいて、この45年サイクルは長期サイクルの天井と同期してきた。では、それは3月1日に示現したのだろうか? あるいは、まだ天井をつけてはおらず、2017年11月までにそれが起きるのだろうか? これはファイナンシャル・アストロロジャーにとってこれから先に待つ難題だ。5月3日まで水星が逆行している中、これらの疑問への早急な回答は期待するなかれ、だ。何故なら、この期間は誤解や虚偽 ― または事実の欠如 ― が蔓延するからだ。

そして世界の指導者達にとっての今は、攻撃的行動を仕掛けたいという衝動を抑制し理性的にふるまうことが賢明な時期だ。







訳文ここまで
---------------------------------------------------

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字