May 10, 2017

●5/11の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    満月は前回の新月のテーマが熟し、花開くときです。 この日は太陽と月が、地球を挟んでちょうど反対側にやってきます。0°の新月から始まった地球全体への課題は、満月で180° 対向のエネルギー同士がぶつかりあい補いあうことにより、輝く満月というひとつの「結果」を見せてくれます。それは、わたし達が空間から受け取ったエネルギーをどう昇華し、現実に表現してきたのかを、あらためて見せてくれる「鏡」だと言えるかもしれません。なので満月のテーマは新月の瞬間から色濃く育っていくとも言えるでしょう。そして わたし達はみな満月を超えて、次の新月までにその経験を消化(昇華)し、エネルギーはゆっくりと静まっていきます。 さぁ、今回はどんな風景が見えるでしょうか? では今月も行ってみます。(^_-)~☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★満月タイムスケジュール★
エネルギーが高まる時です。ヒーリング・メディテーションや祈りを捧げたい方は、もし可能ならこの時間帯(ずれるなら満月前がベター)に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じられると思います。

【地方平均太陽時:ソーラータイム(LMT)】
東京・関東ローカルで5月11日07:01前後、北海道周辺で07:07前後、関西方面は06:42頃(日本標準時の場合はこの時間)、沖縄周辺で06:13前後に蠍座20°24'で満月となります。

今回のテーマのベースであり、今も背景で発効し続ける新月の大テーマについてはココをご覧ください。
------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

サビアン・シンボルによる【満月がもたらすテーマと挑戦】
*ここではデーン・ルージャー(ルディアー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・ウィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考に、アスペクトを加味して書き下ろしています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています


【月 蠍座20°~21° + 太陽 牡牛座20°~21°】
  "A woman drawing two dark curtains aside" +
  "Wind, clouds and haste"
『2枚の闇のカーテンを引き開ける女』+『風、雲、その急速な動き』 

  "A soldier derelict in duty" +
  "A finger pointing in an open book"
『職務怠慢の兵士』 + 『開かれた本を指し示す一本の指』

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)テーマ発効期~5/25】
※数日前から前倒しで感じられるかもしれません。

→★未知の領域へと踏み込んでいきたい 気持ち、または覚悟や勇気
→★水面下で進行しつつあった物事が急速に進展/加速していく
→★他者の無意識を操ったり不安や怖れをもてあそぶ心理に注意
→★一時的に姿を隠す、または目立つことを避けて力を溜める必要
→★隠されていた事実に光が当たり目前の事実が陰に隠れる
→★様々な考えや思考をより合わせてひとつの結論を導き出す
→★新しい観点、新しいやり方、新しい力を求めて動き出す
→★これまで慣れ親しんできた限界を超えて異なる世界をかいま見る
→★縛りを破って一線を踏み越えるか、触れずに後退するかという選択の分岐
→★評価の固まった権威を信頼すべきだという心理と内なる自然体との葛藤
→★成果主義が持つ影への不満と不信、そして不服従
→★見ることを避けていた本音があぶり出される
→★自分が本当に従うべき「真実」や「規範」を問われる状況
→★社会の喧噪から離れ、全くの孤独になってみることの効能
→★追い詰められた状況から突然のひらめきや力が湧いてくる
→★自分は何を本当にしたいのか?という問いの回答を再確認する
→★自分の中の暗闇、黒い部分にあえて踏み込み、通り抜けていく必要
→★真の新しさは自らの足許深くに埋もれていることへの気付き・・・→


エネルギーのポイント:新月『足下に開く岐路のゲート』
               
            満月『分岐していく現実/世界を観察する』 

170511FM


        前回新月のお知らせどおり、今月5月は記事もわたし自身もお休みモードでいってみます。
 
  さて、連休もあっという間に過ぎていったけれど... みんな、楽しく過ごせたかな? 日本のほとんどがお休みしてる間、フランスでは大統領選… 一応の決着はついたけれど、EUも含めてこの先まだまだ前途多難そうです。そして休み明けには韓国の大統領選も行われ、親北反日路線と言われる大統領が誕生しました。さて。。 米国ではあのコミーFBI長官が解任され、一方では今にも何かありげに見えながら2009年3月以来騰がり続けている米国株市場。そして日本も進まない憲法論議を筆頭に政治問題から自然現象まで問題山積。。  ひとのこころ、空模様、大地、みな日々揺れ動いています。 そうね、世界は動いてる。そしてたぶん、わたし達ひとりひとりも。それぞれの人生の途上で。それぞれの、節目で...。



P1050937


  今回(と、たぶん次の新月)はいつものように長々としたサビアン・シンボルの解説やアスペクト説明はお休みです。でも今日は、全体の雰囲気だけでも触れておこうかな(アスペクトもチャートを見るだけで不思議で面白いのだけど..)。

けれどそれって、満月のシンボルが含む豊かで奥深いイメージと惑星達が織りなす多様なアスペクトの可能性から、たった一枚の絵を炙り出すようなもの。それも、抽象的に。 だから同じエネルギーを使ってわたし達それぞれが創造していく現実は、万華鏡のように色とりどりになるでしょう。けどよく見ていくと、宇宙も世相も個的な "現実" も...実はフラクタルな構造になっている...そんな気がします。


じゃ…わたしはこの満月を一夜の夢としてスケッチしてみよう。これが誰かにとってヒントになるかはわからないけれど。。 さてと、どんなイメージになるかな。みんなも、自分なりのタッチで絵を描いてみてね。

(満月は新月のテーマの中で実る果実のようなもの。なのでもし気が向いたら新月の記事も参考にどうぞ^^)



gate



【2017年5月11日】



どん てん かん! 

どん てん かん! 鋼を打つ音が絶え間なく響き渡り

足許にはマグマが燃えたぎる 


物言わぬ磐座の下に いのちとかたちを生み出す火と熱 
牡牛座の太陽。

しんと潜んで窺いながら ささやかなふるえを映す水鏡 
蠍座の紅い月。


あぁ 今夜は満月だっけ...


見上げれば風雲激しく流れ 銀の雲 灰黒の雲 揺れ惑う樹々の梢
あれは太陽の声か 急げ!急げ! 何かが君を待ってるぞ


そうだ、進まなくては 前に
うれしい たのしい はやる わくわく そう、それでいい


ふと射す影。
でも いったい何処へいくの …?


 惛い。…クラクナッタ…


顔の無い女が  [わたし]という井戸の底に立ち 
赤黒いカーテンを引き開ける

急激な光! 目を刺す光!


 明るい。 白い。 …インチキクサイほどに  

 
それともこれは 仄暗い未知なのか?
あぁ 確かに。


やめて!と言ったのだっけ? 開けろ!と言ったっけ…



ここに [わたし] を足留めする 無数の思考 数多の想い 渦巻。 
じっと 逆巻く 無音の ちから。

それは 茫々と輝き続ける 銀河中心の [わたし] 


足許には いびつな十字架ひとつ

そうか。 十字路...... なんだね


 サァ キミハ イクンダヨ 
 ドッチへイクノ?
 キミガ キメルンダヨ



そこに 厳かな 声ひとつ。
我が兵士よ! 戦士よ!と   誰だ


誰かが 指差してる 白い道を 進めと
誰かが 指差してる 色の無い道を 進めと
誰かが 指差してる 黒い渦の道を 進めと
誰かが 指差してる 見えない未知を 進めと



 サァ キミハ イクンダヨ 

 ネェ ドレガ タダシイノ?

 キミガ キメルンダヨ

 スベテガ タダシイノダカラ......


 

それから [わたし] は 

蠍座の月を映し にやりと微笑むその水鏡を 覗き込んだのだ。




curtain

 



have a great great trek!!!★

hiyoka(^_^

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 春分生まれ   May 10, 2017 22:23
hiyoka様

そうそう私は金銭の損得で生きてるの?

あの日私は確かにあの中に居た
そうして私はこういった
私は人間でいたい
愛をもっと感じたいと

そういってこの道を選んだ

幾億戦の生命の中で
私は貪欲にすべてを感じたいと願った

私の願いそれは貪欲に感じる事観じる事
それこそが私の生きる道

そんな事をを想う今日この頃です

もう少し頑張らないと(^_-)
楽しまないとです^^。
海王星に駄目だし受けそうで。

お体ご自愛くださいね(^_-)

2. Posted by hiyoka   May 11, 2017 02:38

 
春分生まれさん

そうですよね。
超強力な海王星は、こころの底なし井戸の底で 繊細な霧を吐き出して。その水滴に触れるものすべてを感じ取ろうとするでしょう。

狭苦しい現実に耐えながら、絶えず何かになろうとする表層の闘いの中でも。その傷を溶かし込んで溶かし込んで。天が地になり地が天になる、そのときまで。

「誰か」から見たら、"職務怠慢の兵士" かもしれない。でも[わたし]から見たら? 彼は何にでもなり得る。超えるべき境界・超えてはならない一線…それは彼が決める。自分のいのちだから。

この十字路をどちらに行くか、きっと春分生まれさんはもうハッキリとわかってる。
こころとからだ、その全てを使いきって。任せるところは大きくゆだねて。どうか楽しんでくださいね(^_^

great trek!!!☆
 
 
3. Posted by Green🍏⭐️   May 12, 2017 01:15
5
こんばんは、hiyokaさん🌃

さっき愛犬と、蠍座満月を眺めながら
かるく、さんぽしてきました。
煌煌として。 火星のような惑星も
見えました、。木星とトラインして
るんですよね。

そして、その逆行木星とGreenの
ネイタル木星はコンジャンクションです。

万策尽きたときは、思わぬヒントに
恵まれるもの。

いまは、各方面、分岐のとき。
そして、世界を観察するとき。

あらゆる意思決定の選択肢はあって
どれを択んでも、正解。

とても、肩を推されるヒントの数々。

やっぱり、いまは気づきというか
このまえ、hiyokaさんに教わった
とおりの、ジュピターリターンに
あるようです🍇

すごーく、小さな断片や、ヒントから
全体や、これからが、みえてくる
拓けてくるという。

こういう仕掛けを用意してくれた
hiyokaさんに、感謝。

万策尽きているGreenだからこそ
気づけたのかも🐬


🍀🍋♎️
4. Posted by hiyoka   May 12, 2017 16:14


Green🍏⭐️さん、こんにちは。

万策尽きたとき。そのときこそがわたし達人間にとって見えない壁を突破するチャンスなのかも? でないと、わざわざ壁を突き抜けようなんて思わないから。

本物のリペアが必要だ...と感じるとき。そんなとき、わたし達は無意識に空を眺めたり森の緑にひたって自然に助けを求めます。「休」って人と木が一緒ですものねw。今はフルパワーじゃなくていい。新しい力を溜めながら、観ていくとき。日々Go!Go!と音を立てて移り変わっていく外だけじゃなく、内側にどれだけ豊かな森が眠っているかを観ていくとき。 今日、出来たことをすくいあげて歓ぶとき。

何かが自分の中で自然に展開していく。すると世界もそのように展開していく。けれどそれはエゴの思うままとか、そんなものじゃない。もっと何か全然別の小宇宙。静かな驚きに満ちたもの。確かな強さと歓びに満ちたもの。日常と共に、そのような視点が育っていく。

今回のジュピター・リターン期にはそんな流れも、あるかもしれませんね(^_^

great trek!!!☆
 
 

コメントする

名前
 
  絵文字