August 07, 2017

●8/8の満月・月食 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    満月は前回の新月のテーマが熟し、花開くときです。 この日は太陽と月が、地球を挟んでちょうど反対側にやってきます。0°の新月から始まった地球全体への課題は、満月で180° 対向のエネルギー同士がぶつかりあい補いあうことにより、輝く満月というひとつの「結果」を見せてくれます。それは、わたし達が空間から受け取ったエネルギーをどう昇華し、現実に表現してきたのかを、あらためて見せてくれる「鏡」だと言えるかもしれません。なので満月のテーマは新月の瞬間から色濃く育っていくとも言えるでしょう。そして わたし達はみな満月を超えて、次の新月までにその経験を消化(昇華)し、エネルギーはゆっくりと静まっていきます。 さぁ、今回はどんな風景が見えるでしょうか? では今月も行ってみます。(^_-)~☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★満月タイムスケジュール★
エネルギーが高まる時です。ヒーリング・メディテーションや祈りを捧げたい方は、もし可能ならこの時間帯(ずれるなら満月前がベター)に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じられると思います。

【地方平均太陽時:ソーラータイム(LMT)】
東京・関東ローカルで8月8日03:19前後、北海道周辺で03:25前後、関西方面は03:10頃(日本標準時の場合はこの時間)、沖縄周辺で02:42前後に水瓶座15°25'で満月となります。

今回のテーマのベースであり、今も背景で発効し続ける新月の大テーマについてはココをご覧ください。
------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

サビアン・シンボルによる【満月がもたらすテーマと挑戦】
*ここではデーン・ルージャー(ルディアー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・ウィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考に、アスペクトを加味して書き下ろしています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【月 水瓶座15°~16° + 太陽 獅子座15°~16°】
  "Two lovebirds singing on a fence" +
  "A pageant"
『フェンスの上で唱う2羽のボタンインコ』+
 『ページェント』

  "A big businessman at his desk" +
  "Sunshine just after a storm"
『デスクに向かう大物実業家』+
  『嵐が過ぎた直後の陽光』

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)テーマ発効期~8/21】
※ひとによっては数日前から前倒しで感じられるかもしれません。

→★変化を前に「ここ」と「あちら」の境界 ― どこでもない場所 ― に立つ
→★直面する現実や未解決の悩みを忘れてひととき異なる世界に没頭する
→★溜まった澱を吐き出すための馬鹿騒ぎや耽溺がもたらす思わぬ効用
→★何気ない笑いやふとした滑稽さによって救われる気持ち
→★何をしようと全ては正しい流れに繋がるという深い感覚/確信を持つ
→★仕事をこなし責任を全うすることから生まれる高揚感
→★別れ行くこと、道を分かつことの解放感と幸せを噛みしめる
→★奥の深い駆け引きや目に見えにくい策略に注意する必要
→★光と影の両方を丸呑みにして立ち向かうべき壁に出会う
→★新しい道、新しい希望への瞬間的な閃光をかいま見る
→★無意味な犠牲や身に覚えのない責任追求に対して冷静に対応する必要
→★長い間熟考し準備してきたプランが突然変化し新たな観点が生まれる
→★今、最優先すべき事柄に対する新たな気付きが浮上する
→★長い間使ってきたもの、支えになってきたものとの新たな葛藤と訣別の予感
→★移ろいゆく刻の狭間で二度と戻らない瞬時の輝きをかいま見る
→★捨てるべきものを出来る限り捨て、新たな流れに備える必要・・・→


エネルギーのポイント:新月『圧縮し、噴出し、無になり、軽くなる』』
            
            満月・月蝕『精神のギアを切り替える』 


170808FMLE


★この時期の惑星アスペクト★
— 留意すべきものをとりあえず思い付くままに —

天王星とエリス、土星とイクシオンとフォルス、月のノースノード
 のグランドトライン
  ・バランスを欠いた状態に気付かないまま突っ走らないよう注意
  ・自分を貫きたい強い衝動、または内向きに籠もる傾向
  ・ユニークな想いの力を無駄に消費せず持続力を保つ必要

逆行直前の水星と金星、そして小惑星パラスの小三角
  ・安定感と公正さとケアを求める心理的傾向
   (政治全般に対してもこの側面が求められるかも)

8月13日~9月5日 水星逆行(現在シャドウ期)
  ・乙女座11°台~獅子座28°台(日蝕が起きる位置)
  「逆行」の原理やテーマについては3年前の記事に詳しく書いたので良かったらどうぞ

8月11日~13日 天王星・海王星セミスクエア、火星・海王星クインカンクス
  ・「信頼」の欠如、「狭い視野で物事を断定すること」の危険
  ・苛立ちと耽溺、無益なエネルギーの浪費に注意
  ・やるべき事があるなら集中力の新しい維持法を試す価値があるかも

8月16日~18日 金星・木星・冥王Tスクエア
  ・護らねばならないもの(金銭面・精神面または愛情面)や役割の重荷
  (深入りしすぎに注意)
  ・哀しみ、または怒りの衝動を創造的な行為の力に変えていく必要

8月22日 3:30 新月・日蝕


lunar-eclipse-767808_1280



        さぁ、8月。注目すべき日蝕 ― ザ・グレート・アメリカン・イクリプス ― を迎えるにあたってそのプレリュードとなりそうな月蝕がやって来ます。通常のルネーションなら満月は前回の新月のテーマがそのピークを迎えるタイミングであり、次の新月から真新しいテーマへと移り変わると考えられます。けれど、今回は22日未明の日蝕の影響力がとても強く、いつも以上に前倒しの…というか、どことなく蝕特有の「象徴的な」エネルギーを感じているひともいるかもしれません。身の回りで、あるいは自分自身の内側で。またはわたし達を取り囲む社会 ― あるいは地球で。何がとははっきりと言い切れない、けど底深い変化の兆し。良くも悪くもうっそりと立ち上がってくる何かの感じ。さぁ、どうかな?

ルネーションの原理(あくまで原理でありアスペクト等によって感じられ方は様々だけど)はたとえばこんな感じです。新月で受胎した新たなエネルギー(テーマ)が上弦での孵化を経て成長し、満月でそのピークを迎える。そして下弦での最後の挑戦/調整を経て鎮まっていき、再び次の新月で新たなエネルギー(テーマ)が充填される。月の巡りごとに、寄せては返す大波小波の繰り返し。けれどどんな大岩も長い刻を経てその波に洗われ、少しずつカタチを変えていく。いつのまにか、新しい景観が創られていく。岩であり地球であるわたし達と、星々から寄せ来る大波小波の、いわば共同創造としての変容(または成長)。


P1100376


  じゃ「食/蝕」はどうかというと、月蝕から日蝕への流れはこうしたルネーションのリズムの中に生じる特別な「死のプロセス」だと言えそうです。死すべきものが死んでいく。終わっていく。それを感じ取り、訣別していく。または、別れのための準備が進んでいく。特に今回の月蝕はサウスノード・イクリプス、つまり「過去」からの「癖」や「しがらみ」、「執着」が剥がされていくような働きが強調されます。まずは脱皮。そしてその後に新たな薄皮が張ってくるのを待つ。…今、もしそんな兆しを感じているなら、プロセスに抵抗せず何が内側に起きるかを観察してみる。内側でギアが切り替わるのを感じてみる。「死」こそが新しい萌芽をもたらすことを "知って" 変化を受け入れる(その萌芽は日蝕から少しずつカタチを顕すかもしれない)。もし何らかの変化が訪れるなら、それは良いとか悪いとか、多分そんな判断を超えて大元の自分が決めたはずの流れ。それを信頼してみる。 …この月蝕期はおしなべてそんな雰囲気の中を進むことになるかもしれません。

また、この月蝕はフィクスト・サイン(固定宮)のちょうど中間点、水瓶座・獅子座の15°台で起きます。これはアストロロジャー、エリック・フランシスが言うところの「エリーズ・ポイントの中間点」。エリーズ・ポイント(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の各0°~1°)とは「個」と「社会」が互いに斬り結ぶ地点、つまり自我が否応なく社会や集合意識と直面し、意識・無意識の両面で互いに影響しあうホロスコープ上の「交差点」のようなものです。で、各ポイントから45°の位置、つまりそのミッドポイントにあたるのが牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座の15°なんですね。なのでこれらの度数は「準エリーズポイント」とも呼ばれます。そしてそこでは「自分が社会とどう関わり合っていくのか?」という点について、おそらく何らかの調整が行われるのではないかと思います(今回のサビアン・シンボルにもそんな感じのテーマが顕れています)。


P1100290



        ところでチャートを細かく見てみると、今回の満月図には「ダイヤモンド・フォーメーション」というアスペクトパターンがうっすらと浮かび上がります。これは双子座のアスボルス(サバイバル)・小惑星レクイエム・TNOカオスの三つ組みを入れることで成立するのでそれほど強力ではないけれど、双子座中盤~終盤に主要惑星や感受点を持つひとは、もしかしたら影響を感じられるかも? ダイヤモンド・フォーメーションはとてもしっかりと堅固な構造を持ち、その構造の中でけっこう破綻無くエネルギーが回っていきます。

それ自体は効率的にも良いことなんだけど、たとえばネイタルでこのパターンを持っているひとは、人生のどこかの時点でそれまで歩んできた道から大きく逸脱し、全く別の方向へ進む傾向があると言われています。いくら高効率とはいってもあまりにガチガチに構造化された枠組みがあると、人間ってどうしても息苦しくなりがち。『本当にこれでいいのか?』なんて。だからたとえそれまでが恵まれた環境や状況であったとしても、壁を破って反抗したくなるのかな。。 それは良いとか悪いとかじゃなく、未知を求める人間の原動力のようにも思えます。 なのでもしかしたら、この満月・月蝕図のダイヤモンド・フォーメーションを使って過去と訣別し、新たに羽ばたこうとするひと、今までと違う未来を思い描くひともいそうです。


sky-1209481_1280



  そう思うと、次の日蝕が「ヤヌス度数」、つまり過去と未来の狭間で後ろ向き・前向き2つの顔を常に持つと言われる28°~29°で起きるというのも興味深いですね。新しいテーマ、新しいエネルギーを得たとしても、わたし達人間ってそんなにカチッと変われるわけじゃない。社会全体はそれ以上にゆっくりしたペースになるのかもしれない。けれどそれでも、悩んだり後ずさりしながら、わたし達は新しい領域に足を踏み入れていくのだと思います。そうそう、冥王星にスクエアを形成中の木星には今回、小惑星ルビコンがコンジャンクト中だったっけ。。 そう、あのユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が「もう後へは退けない」と決断して渡ったと言われる「ルビコン川」からとられた名称を持つ小惑星です。つまり「賽は投げられた」ってこと。意識してか無意識の内にか... どんな形をとるのか... それはひとによって様々だけど。わたし達はそれぞれに、この蝕の時間帯のどこかで人知れず…自分自身の手で賽を投げるのかもしれません。その賽の目を、自然体の流れを、信頼していきましょう。


milky-way-923801_1280



★8月満月/月蝕のサビアン・シンボル★

        今回のサビアン・シンボルは、月・太陽ペアで進めていきたいと思いいます。まず最初のベースになるペアは月が水瓶座15°の『フェンスの上で唱う2羽のボタンインコ』。そして太陽が獅子座15°の『ページェント』です。ページェントとは、元々歴史的な出来事を祝ったり記念したりするパレードのことを指します。日本で言えば山車やホコが練り歩く、各地方のお祭りの感じに似ているかな。また、今の時代はいわゆる「美人コンテスト」を指すことも多いようです。とても獅子座らしい、華やかなシンボルですよね。

この2つの対極シンボルの共通点を今回の月蝕に的を絞ってひとつだけ挙げるなら、それは『隔てるもの』だと言えるんじゃないかな。一方はこちら側とあちら側を隔てるフェンス。もう一方は「見る者」と「見られる者」を隔てている「見えない垣根」です。


parrot-1271428_1280


        フェンスの上で唱う2羽のボタンインコ。。 ボタンインコはとても華やかな色の羽根を持ち、ラブバードと呼ばれるくらい愛情深い鳥だと言われます。なのでフェンスの上で唱う歌も、きっと優しい愛の歌なのかもしれません。なんだかとても平和で楽しげなイメージ。。 水瓶座の中間点で、至福の愛を唱う小鳥のカップルは、水瓶座の社会的スローガンとも言える愛と平和、自由と平等の理想を映したシンボルにも見えます。ひと組のカップル、2羽のインコはグループや社会の最小単位。パートナーとの出会いは、獅子座が追求する個の表現 — てっぺんに立つひとり — とは決定的に異なります。「1」と「2」の間には、果てしなく大きな人生の空間が拡がっています。全てと手を繋ぎ合うことの第一歩 — 誰かと真に向き合うこと — への道程は、わたし達にとって一生をかけた大きな挑戦になるかもしれません。 

けど、この鳥達が唱う場所は…どうして家の中じゃないんだろう? どうして林の中や木々の枝じゃないんだろう? 何故、こちら側とあちら側を分け隔てるフェンスの上に? 彼らは共に、これから何処へ向けて飛び立っていくんだろう...? フェンスとは、こちらから見ればこちら側に見える。あちらから見ればあちら側に見える。 けど本当は... こちらでもあちらでもないところ。実は、何処でもないところ。

        一方、ページェントで大通りを練り歩く移動舞台の上では、様々なコスチュームをまとった役者や美女達が華やかな歴史の一幕を演じています。


beer-car-922676_1280



  祭りの演し物を一目見ようとやってきた人々がひしめく沿道。あちこちから起きる歓声。道ばたの群衆と、ゆらゆら揺れながら移動していくステージ。それは見る者達と、見られる者達の空間が交差するところ。同じ場に存在していながら、そこには日々の現実の延長とは全く異なる空間が創られ、人々はひととき、あちら側の空間を見つめることでハレの日の夢を見ます。見る者と見られる者。こちら側とあちら側。その間に横たわる、見えないフェンス ― 境界域。そこは、「どこでもないところ」。どこでもなく、だからこそ、どんな分離も存在しないところ。「拡がっているわたし」が「わたしに映った世界」と出会い、全てのこころを震わせているところ...。

太陽は自我がひときわ膨らむ獅子座の中間点にあって、「見られる者」として派手やかにふるまう「わたし」と、「見る者」として様々な反応を対象にぶつけていく「わたし」とを浮き彫りにしています。もしかしたら、そんな二通りの「わたし」が真に「ひとりのわたし」となって完成するところは…見る者と見られる者の間に存在する見えない境界域なのかもしれません。ゆらゆらと揺れ動きながら移ろっていく日々の中で、わたし達は今、幸せそうに唱うラブバードを見つめています。。

月蝕を迎え、そして日蝕を待つわたし達の多くが今、それぞれの "こちら側" から "あちら側" へと移行しつつあるのなら。今、その狭間にあって。もしかしたら皆それぞれに自分だけが知る「どこでもない領域」に足を踏み入れようとしているのかもしれません。それを単なるいつもの過渡期と捉えてもいいのだけど。でも、知らぬ間にひときわ深く大きなルビコン川を渡りつつあるひとも少なからずいるのではないでしょうか。。


P1100357



        さて、月と太陽がとっていくメインのシンボルは、月が水瓶座16°『デスクに向かう大物実業家』、そして太陽は獅子座16°『嵐が過ぎた直後の陽光』です。デスクに向かう大物実業家って、水瓶座の中間ポイント〜後半への第一歩らしい構図だなぁ。厳しいビジネスの世界で「大物」と自他共に認める存在。イメージとしては、視野が広く、ビジネスの手腕はもちろん、ひとを見る目、知識、経験・戦略、財力があって、権力構造にも精通してるような...そして何より運にも持続と忍耐の力にも恵まれてるような...(実際に存在するとしたらほんの一握りだと思うけれど)。とにかく多くのひと達を引っ張っていくだけの理念やビジョンを持つ、スケールの大きな人物像が浮かびます。また彼に敵対する立場から見れば、手強くて冷徹な存在かもしれません。で、そんな大物の彼は今、デスクに向かって何やら仕事をしているようです。次に展開する新規ビジネスの世界戦略でも考えてるのかな? 



business



  彼は巨大な責任を負う立場です。仕事が大きくなればなるほど、リーダーとしての責任は重くなります。彼の目前には日々変化する現実が迫り、火急の決断を求められます。ひとつの判断ミスがどんな大損失を招くかわかりません。その影響力は大です。ならばまず自分がやらなければならないことを、やり抜く。今の彼を創ったのは、実はそんなシンプルな生き方の積み重ねだったのではないでしょうか。

このシンボルに出て来る「デスク/desk」とは、重役室とか大統領執務室などに置いてある大きくて平らで、大抵は正面を高級木材で覆ってある(つまり他者からは足下を見られない)書き物机です。その平らな天板の上で、今までどれほど重要な物事が決められてきたことでしょう。B.ボヴィによると、この「desk」はラテン語の「discus」がその起源で、二重語としては「disk」もあるそうです。そしてこれは両方とも『円盤状のもの』という意味です。 


P1100342



  人間が知識を集め、物事を考え、それを記録するための「場」を成す机。世界を動かそうと戦略を熟考する大物実業家にとっては、きっと今後の仮想世界が拡がっている机。それを指すことばがもともとは「円盤状」という意味を持つって、とても興味深いと思いませんか? 特に...日々円盤状のホロスコープと向き合っているアストロロジャーならば。。 円盤とは、回転するもの。存在ある限り、回り続けるもの。

じゃ、もしかして大物実業家の前に置いてある机の真の姿は… 回転する地球? いや太陽系? 銀河系? それは回り続ける。昼があり夜があり、星が生まれ、星が死ぬ。刻の流れを軸として死と生がめぐりめぐる... 世界そのもの。

        けれど実際の大物実業家にとっての円盤は、また違って見えているのかもしれません。たとえば、この世界をめぐりめぐる、平たい円盤状の何か。貨幣…コイン。。  今は物質としての金の価値を基準にした金本位制から不換紙幣の時代になり、さらにカタチを持たないビットコインなどの仮想通貨が台頭してきたけれど、それでもわたし達にとっての貨幣のイメージは昔からあまり変わっていないように思えます。たとえば今、手の平に乗る10円玉... 。世の中をめぐりめぐって多くのひとびとの手に触れてきた、鈍い土色の小さな円盤。そこには知らないひと達の人生と小さな思いの切片が無数に刻まれているのかもしれません。


coin-1549079_1280


  「富」とは、そんなささやかな価値が積み上げられ、膨大にふくれあがったもの。大物実業家は、移ろいゆく世界に対峙して、その富を動かすひと。 だから彼と彼の仕事を支えるデスク=円盤とは、今の社会をその根本で支える経済構造 ― 貨幣/通貨システム ― だと言えるかもしれません。 これもまた、わたし達がけっして無視出来ない現実です。そのこと自体にまつわる善きことも悪しきことも、歓びも哀しみも怒りも含めて。けれど円盤は回り続ける。昼があれば夜が来る。光と影を生み出しながら、常に変化して止むことがない......。

        一方、今回地球が部分的に遮る太陽光には、獅子座16°『嵐が過ぎた直後の陽光』というテーマを持ちます。そういえば今、台風5号が来ていますね。すでに九州南部や近畿地方に被害が出ているとか。8月の蝕の期間は特に自然災害も示唆されていることから、進路にあたる地域のひとは十分気を付けてくださいね。。。 


storm-642571_1280


  さて、このシンボル。ついさっきまで猛威をふるっていた台風が過ぎ去り、激しかった雨も止んで、流れの速い雲の切れ目から一瞬!サーッと射してくる陽の光。。 わたし達はそれを見て「何事も無くてよかった!それにしてもなんて綺麗なんだろう...」なんて思います。いえ、もしかしたら被害は出ているのかもしれない。裏山が崩れたり、木が倒れてるかもしれない。でも、それでも恐ろしい嵐が過ぎ去った後に射す束の間の陽光は、わたし達にひとときの慰めを与えてくれるでしょう。「あぁ、終わったのか...。とにかくひと山越えたんだな...」って。

それは本当に、束の間の美かもしれません。まだ衰えぬ風の勢いに流されて、灰色の雲はすぐに陽光を隠してしまうでしょう。けれどそれでもわたし達は、一瞬射してくる明るい輝きに解放の象徴を感じます。どんなに暗黒の雲に覆われていようと、雨や風が猛威をふるおうと、そのはるか上には常に失われることのない輝きがあるのだと...。そして、明日も生きていくんだなって。


P1100352-3


        嵐の後の陽光。それは「束の間の永遠」の象徴です。それは、わたし達の胎内宇宙に生き続ける「永遠」を反映し、その美しさをかいま見せてくれるもの。まるで嵐雲のように変化し、めぐりめぐって浮沈を繰り返す人生の中で、一瞬、久遠の聖性を思い出させてくれるもの。ゆるぎない富を築いた大物実業家にも、道を求めて彷徨う名も無い戦士にも、幸せを探してもがく無数のわたし達にも、等しく訪れる内からの呼び声。。


この月蝕から日蝕へと続く、稀有なひとときを... みんな、こころ豊かに過ごせますように。


space1



have a great trek!!!★

hiyoka(^_^

この記事へのコメント

1. Posted by Lone Wolf   August 09, 2017 07:27
5 hiyokaさん、おはようございます!

" 精神のギアを切り替える "

この言葉、、、俺にとっては、" いまの自分、いまの自分の限界を超える " そゆ出来事でした。まだ、始まったばかりですが 苦笑

あと、以前にお伝えした夏休みの宿題 " 羅針盤の製作 " は、針を埋めることができました。あとは、行動しながら微調整。そのキーワードは、" 自分を深く知ること "、新しい世界へむけて。

どんなときにどんな俺になるのか、その俺をどうやってコントロールするのか、、、自暴自棄、自滅は、世界の荒波に呑み込まれてしまうから。

自己顕示でなく自己表現を通した自己実現。明日の俺はいまの俺を超えてるよに。。。

こう書いてる間に、気づきました。小さい頃に読んだ、偉人の方の伝記の一節。これが、俺の根っこだと。

立秋をむかえるも、暑さ厳しい日が続きますね。お身体、御自愛ください。

では。

追伸: 俺の根っこは、次の一節です。

" 一日生きることは、一歩、前進することでありたい、… "


2. Posted by hiyoka   August 10, 2017 01:11


Lone Wolfさん、こんばんは!
ありがとうございます。このところ暑さと強烈なエネルギーに満ちた日々が続きますね。Lone Wolfさんも、無理せず緩急のリズムを保ちつつ。強く進んでいけますように

そっか。もう夏休みの宿題を済ませたんですね。羅針盤が完成し、その微妙にふるえる繊細な針が指す方向を見極め、微調整しながら。観察し、あ!と感じ、小さなリセットを繰り返していく…その先に何が見えるかな? というよりココ(「今、この世界」を含む「わたし」)がどんな場所になるのかな?
そう思うだけでも、とても楽しみです(^_^

>> " 一日生きることは、一歩、前進することでありたい、… "

もしかしたら、一日生きるごとに、そして一歩前進するごとに、前方だけでなく前後左右360° 。何か途方もない拡がりが出来ていくかも? 意識する・しないに関わらず、その全ての感覚がLone Wolfさんの大きさと内なる道標になっていくのかもしれませんね

全てが素適な旅の道程となりますように☆
great trek!!!

  

コメントする

名前
 
  絵文字