October 08, 2017

レイモンド・メリマン 週間コメント10/9【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム 2017年10月9日(フリー版より)

翻訳:hiyoka
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自 身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧でき ますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さ んでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(翻訳者はこの記事をエッセイに近 いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。また文中の * は翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。)
--------------------------------------------------------------------------

※ 【お知らせ】来週10月16日付のメリマン・コラムはお休みさせていただきます。m(_"_)m
(何か特記すべき内容がありましたらポイントのみ表記するかもしれません)


≪ 先週をふり返って — そして ≫

        “ハリケーン・ハービーとアルマは9月の非農業部門雇用者数が33,000人も落ち込んだことでテキサスとフロリダばかりでなく米国の雇用状況にも打撃を与えた。1ヶ月間の雇用の落ち込みはまだグレート・リセッションの影響から抜け出す途上にあった7年前以来だ。サプライズとなった雇用者数だが、細かく見れば時間あたり平均賃金が年率2.9%と跳ね上がっている。ロイターの調査によれば、エコノミストは8月の16万9000人と比較して9月には9万人の雇用者数を予想していた。”

— Jeff Cox
  “U.S. Lost 33,000 Jobs in September, vs 90,000 Increase Expected”
  www.cnbc.com 2017年10月6日付

        “市場競争の真逆に位置するのは、しばしば巷で信じられているような協調ではない。それは談合だ — そしてほとんど常に、持たざる者よりも持つ者に利益をもたらす種類のものだ。それは何故今日の資本主義への道徳的脅威が社会主義ではなく縁故主義と企業助成政策から来ているかを説明するものだ。”

— William McGurn
  “The Morality of Charles Koch”
  Wall Street Journal 2017年10月3日付

        私達はいまだにミシガン州ファーミントンヒルからアリゾナ州スコッツデールへの移転のさなかにある。こうしたプロセスを経験したことのある多くの人達がよく知るとおり、自宅とオフィスの移転は大変だ。まずコンピュータの調子が悪くなるので本体、モニター、スキャナー、プリンターと付随するシステムをセットアップするスキルを持つ誰かを馴染みのない新たな土地で見つけねばならない。インターネットに繋げるのは思っていたほど簡単ではなく、それは単にコミュニケーションをとったり誰かに電話するのも同様だ。そこかしこに遅れが出る。そしてまた、アシスタントを雇うための面接にも時間がかかる。

特に今回は数多くの資格条件を満たした優秀な人々が応募してくれたため、面接の後で「この人は素晴らしい!」と思うのだがまたもう一人終わるとその人も素晴らしく思える。だがこれら全てのフラストレーションに満ちた過程にあって、人を前進させ続ける何かがある。この過程はエキサイティングなのだ。陽光あふれる土地に移り、数多くのクールで才能と知性を持つ人々と出会うことはエキサイティングだ。私が経験しているような「移住」を計画している人のために一つだけアドバイスがある。自分自身が変化の途上にあるという事実を見失わないことだ。そして変化とは心躍るものだ。だからこそ、全ての遅れも全てのフラストレーションも経験するに値する。何故なら、これからのあなたはそれを為しえたことを知る。そして(私の場合は)陽光あふれる土地に出る。それはあなたの顔に微笑みをもたらすはずだ。

        ところで微笑みということで言うなら、世界中の投資家達は木星・天王星オポジションが先週多くの株式市場をブレークアウトに導いた後で微笑みを浮かべている。これはいまだに12取引日のオーブのさなか(今週いっぱい)にあり、リバーサルとの相関星を保っている。しかしながら、天王星はまた支持帯や抵抗帯を尊重するという原理をほとんど持たない。だからちょうど米国やアジア、ヨーロッパ、南米など世界の多くの株式指数に起きたように、しばしばこの種の縛りが破られる時期と同期する。

これは貴金属、通貨、国債など他の市場では真逆の影響をもたらした。先週は全てが数週間ぶりの安値に沈んでいる。それでも原油に見られたように、そこには木星・天王星期が示す重要なリバーサルのシグナルが存在した。この強力なジオコズミック・サインの3回目にして最後の形成があった翌日の9月28日、原油は4月中旬の金星逆行終焉以来の最高値5.86に舞い上がった。そしてその後は下げ続けている。木星は原油の副支配星であり、これは私達の研究と合致している。

        9月27日の木星・天王星オポジションが過ぎたとしても、影響力のオーブはその後12取引日の間続く。つまり10月13日までだ。またいくつかのジオコズミック・サインの中間日が10月2日〜3日であり、通常はそれも±3取引日のオーブをもって市場リバーサルの "ベスト" タイムであったとはいえ、時に一部の市場は「クラスター」、あるいは互いに近接するいくつかのジオコズミック・サインを含む時間帯の終わりに至るまで反転しないことを考慮しなければならない。とりわけそれらのシグナルが個々に市場反転との高い相関性を持つ時はなおさらだ。これについては拙著 "The Ultimate Book on Stock Market Timing. Volume 3: Geocosmic Correlations to Trading Cycles" で詳説したとおりだ。今回は株式市場その他でこのケースが示現している可能性がある。10月8日と11日に二つの非常に重要なジオコズミック・サインが形成されるからだ。それは金星・土星スクエア、その後の火星・土星スクエアだ。

先週述べたように "トレーダーの皆さんには私達のもう一つのモットーを覚えておいてほしい。「どの市場においても、金星・土星のハードアスペクトに向けて下落してきたものは優れた "買い(Buy)" シグナルの候補だ」" 同じようなことが火星・土星スクエアにも言える。これは政治的フラストレーションとも相関するシグナルだ。この場合は金属、通貨、国債を考えてみよう。その全てが金曜には数週間ぶりの安値まで下落している。通貨と貴金属はその後金曜の引けに向けて反転、急な騰げを見せた。これらの市場が見せた反転の勢いが果たして今週も続くかどうか見てみようではないか。もしそうなるなら、株式市場はどう反応するだろうか?

        個人生活を言えば、私もまたこの移住のプロセスにまつわる様々な煩雑さが反転するのを待っている。早く『フォーキャスト2018』の執筆に専念したくてたまらない。それは1年の内で常にエキサイティングな時だからだ。12星座宮を背景とした惑星達の動きとそれが互いに繰り広げる関係性に基づいて、来年どんなことが起きるかについての「ビジョン」を得る... 私にとってはそんな時間帯なのだ。そしてその後、こうした宇宙のトレンドにのっとり(歴史的相関性を基盤として)、サイクル研究と長期のチャートパターンを結び付けるスキルを通して投資戦略を考案するというのは本当に興味の尽きない挑戦だ。それはまるで壮大なパズルを完成させていくようなものだ。全てのピースを余さず使って一枚のまとまりを持つ美しいアートにまで仕上げようとするようなものなのだ。ピースがそれぞれに填まり合った時には、言葉ではほとんど表現しきれない発見の感触が湧き起こる。そう、ほとんどだ。いつか私はこれがどんな感覚なのかについて書くだろう — まぁ、山羊座に月を持つ人間が「感じたこと」について話せる限りのことにはなるだろうが。

        しかしながら時折、何も感じないほうが安全のように見えることがある。たとえば多くの人にとってその一例となったのが先週ラスベガスで起きた無意味で無分別かつ悲劇的な事件だった。数週間後のいつか(あるいは『フォーキャスト2018』になるかもしれないが)私は先週の天王星・海王星セミスクエアがいかに現実世界からの異常な精神的乖離を生み出すかについて書くつもりだ。

先週はこのアスペクトが形成される全5回の内、まだ2回目にすぎない(2017年8月12日〜2019年5月2日)。海王星は涙を支配する。天王星は他の様々な象意を持つとともに、何の合理的理由も見つからない行動や当人の個人的人生経歴との完全な断絶を示す行為に関連している。それは多くの人類を進歩に導く輝かしい発見の後押しとなり、あるいはぞっとするような行動を喚起し、そして(または)大勢の命を危険に曝す自然災害(直近で私達は多くの例を目撃している)へと導いていく。全て悪いというわけではない。偉大な発見もまたこの時期に成されることが多いし、人類が直面する問題への従来の常識を破るような解決策も生まれる可能性がある。悲劇的にもなり得るし、胸躍る時にもなり得る。天王星が絡む時、安全な境界線などない。そして海王星はどのみち境界線に関しては常に試練を受けるという惑星だ。それでも、この同じ力学が類い稀な能力と輝く才気の源でもあるのだ。この集合的な悼みの時にあっても、まだ私達には楽しみに待つべきそれらの希望がある。








訳文ここまで
-----------------------------------------

hiyoka_blue at 20:57│Comments(2) 金融/マンデーン・アストロロジー 

この記事へのコメント

1. Posted by お魚めぐ   October 08, 2017 22:01
5 hiyoka さん、今週もメリマンさんのコラムのメッセージを伝えていただいて、ありがとうございました。
いよいよ木星の蠍座イングレスですね。
ラスベガスの乱射事件も日本の家族殺人も、ひどい出来事でしたが、メリマンさんの言うとおり、希望をもってこの木星蠍座イングレスを迎えたいです。
季節とエネルギーの大きな変わり目、hiyoka さんも健康第一でお過ごしください。
2. Posted by hiyoka   October 08, 2017 23:20


お魚めぐさん、ありがとうございます。秋もだんだん深まってきましたね。。

10日夜10時半ごろ...木星が蠍座に飛び込む水音が聞こえるかな? そこからは、こころの浅瀬を風に乗って渡る旅から離れ、情に竿さしながらその竿を伝って深瀬にもぐり、本物を求める旅に出る木星です。自分にとっての「本物」「価値あるもの」「信じられる力」。

それに巡り逢い、一体となるために、ときには容赦なく、ときには熱い情熱をもって、妥協なく深淵を進み、これ!と思った対象にそっと拡大鏡をあてていく力。だから蠍座の木星がもたらす希望はきっと本物。

これから約1年間、蠍座の木星がお魚めぐさんの道に沢山の歓びをもたらしますように!!(^_^

great trek!!!☆
 
 

コメントする

名前
 
  絵文字