○10/20の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)●11/4の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

October 22, 2017

レイモンド・メリマン 週間コメント10/23【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム 2017年10月23日(フリー版より)

翻訳:hiyoka
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自 身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧でき ますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。(翻訳者はこの記事をエッセイに近 いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。また文中のは翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。)
--------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】来週10月30日付のメリマン・コラムはお休みさせていただく予定です。



ー注意ー

  このコラムの目的は、ジオコズミック研究の経済、政治、社会心理学的事象との相関性についてそれが何であるかの教育的洞察を提供することであり、それが翻って金融市場のタイミング測定の助けとなり、トレードに必要な様々なツールの1つとして役立つ可能性を示唆するものだ。このコラムは金融市場におけるトレードを推奨するものではなく、他の分析ツールとの併用なしに売買に使用するべきではないことをお断りしておく。

R. Merriman


≪ 先週をふり返って ≫

“独裁政治を装う民主主義などない。だがほとんどの独裁国家は自分達が民主主義だとうそぶく。”

— ジョージ W. ブッシュ
  ニューヨーク市にての談話より
  Wall Street Journal 2017年10月20日付


“国際舞台に上る全ての指導者の中で、習近平氏は最も重大な人物になるだろう。これは単に彼が一国家の支配者であり...//... そしてその国の経済が2014年に米国を凌ぎ世界最大級となった(IMF、CIA単一基準の購買力平価による)からだけではない。彼の政権2期目が終わるまでに、中国経済は米国を40%上回るペースで成長する。その時点で、彼は北京を世界に冠たる都市として確立し、習近平という存在を、成長と安定を求める世界がまず第一に頼るべき存在とするだろう。”

— Graham T. Allison「中国の新皇帝を注視せよ」
 Wall Street Journal 10月19日付


“『私は本当に行儀良くナイスな態度を守っている。だがある時点まで来たらやり返すし、そうなればとんでもないことになるだろう』”

— ドナルド・トランプ
  ジョン・マケインが先週行ったスピーチ:
 『...問題解決よりもスケープゴートを見つけることに躍起となる人々がでっち上げた未熟で偽物のナショナリズムのために、世界のリーダーとしての義務と地球における最後にして最善の希望であり続けるという責務を拒否するというのは、我々アメリカ人が過去、歴史の灰燼に追いやってきたうんざりするような他のドグマの数々に愛着するのと同じくらい愛国心に欠ける行為だ。』に答えて。


        先週はまたもや米国と世界の株式指数にとって、9月27日の木星・天王星オポジションに基づく2つの台本のうち1つに関連するブレークアウトの週となった。これら2つの台本とは、1)プライマリーまたはハーフ・プライマリーサイクルからのリバーサル 2)主要な支持帯または抵抗帯のブレークアウト だ。2016年12月終盤と2017年3月初旬に起きたこのアスペクトの最初の2回は、1928年以来の歴史的な確率約82%に沿った形で米国株式市場における高値からの主要なリバーサルと同期した。しかし、3回目となる今回は史上新高値への爆発的ブレークアウトとなり — 今もそれが続いている。ブレークアウトが起きる確率は20%だ。

これが投資家達 — そして私達 — が、講読版のリポートに詳説する実際のトレードにおいてトレンド分析、サイクル・パターン研究、そしてテクニカル研究をファイナンシャル・アストロロジーと並行して活用するその理由だ。たとえばトレンド分析は、ポジション・トレーダーにショートを勧めることはなかった。トレンド分析は2016年2月以来、弱気を示したことがない。18ヶ月の間全ての下落は単なる修正安であり、ファイナンシャル・アストロロジーは下落が始まった時期、たとえば3月1日からの最長下落期など、そのほとんどを正しく割り出した。

また、4月17日〜19日(金星逆行の終わり)、そして8月21日(日蝕と土星順行)のように、後に強力な反騰を伴った年初来で最も重要な安値も正しく特定した。だが、ファイナンシャル・アストロロジーがどれほど価値があり、マーケットタイミング・ツールとしてどれほど一貫した信頼性を持つとしても、それは — それのみで — 誰もに推奨出来るスタンドアローン・ツールとして使うべきものではない。そしてテクニカル分析、トレンド分析、パターン認識研究、あるいはファンダメンタル分析にしても同様だ。どんな因子も研究も、100%の予測は出来ない。木星・天王星アスペクトもそうだ。重要な市場リバーサルに対し100%相関するわけではない。その一貫性は82%であり、私達はその必然性ではなく可能性を参考に仕事をしている。しかし投資家としては、それぞれの研究の都度の重要性を計りながら統合していくことにより、利益対損失のせめぎ合いにおいて失敗よりも成功の可能性を高めることが出来る。

  何故私がそれを持ち出したかというと、このコラムでは82%の歴史的信頼性に基づいて9月27日の木星・天王星オポジション±12取引日内での市場リバーサルの可能性を確認したからだ。それはアストロロジー上の要因のみをベースとした予測だった。何故なら、このコラムの第1の目的は、読者の方々にファイナンシャル・アストロロジーの何たるかを学んでもらいたい、というものだからだ。提示される予測は実際の推奨トレードに使われる他の研究とは全く関わりがないし、このコラムはその種のものではなく目的が異なる。トレード実践者のために様々な因子を総合して実戦的なアドバイスをするというのは講読版リポートが果たす役割だ。

とは言ったものの、私達が分析している他のほとんど全ての市場(株式市場を除く)に、直近のジオコズミックCRD(重要変化日)において主要なトレンド・リバーサルが見られたのも事実だ。そしてこの事は、成功するトレードについてのもう1つの原則 — 市場の多様性 — の好例だ。だがこれについては日を改めて解説するとしよう。今はただ、ジオコズミック・サインのみが9月27日周辺の天井とそこからの下方リバーサルを示唆したという事実と、にもかかわらず他の因子研究ではポジション・トレーダーのショート転換は示されなかったことをお伝えしておきたい。S&P(とナスダック)のポジション・トレーダーは講読版の推奨に沿って、4月中旬に金星が順行して以来今もロングを保持している。

以上の記述は、このコラムがトレードの成功に繋がらないと苦情を言ってきた一部の読者の方々への回答として書いたものだ。もしファイナンシャル・アストロロジーを使ったトレードで成功したいなら、ジオコズミック研究をトレーディング・プランの一部として含んだトレード・アドバイス・サービス(MMAのような)を講読するか、もしくはジオコズミック研究をトレードのために開発された他の信頼に足るツールと統合して使う方法を学ぶことに尽きる。後者の場合、あなたがその方法を自らの経験によって学ぶなら、毎回のコラムに提示された「タイミング・ファクター」を取り入れ、それを私が今週挙げたような他のツールと併用することによって成功出来るだろう。

だが、このコラムだけを頼りにトレードするって? 悪いことは言わない。それはあなたによほど素晴らしい木星トランシットが訪れた時だけにしたほうが良い。



≪ 短期ジオコズミクス ≫

        ジオコズミック研究は今週が「変化」の時だと示唆している。火星は10月22日の日曜に天秤座入りし、太陽は10月23日に蠍座に入居する。また同じく10月23日には、ヘリオセントリックの水星が射手座入りして11月3日まで運行する。これは金属と(または)通貨の大幅な価格変動に相関する最も重要なシグナルの1つだ。

惑星が星座宮を移行する時、集合体の意識はシフトする。火星がカーディナルサインである天秤座の門をくぐる時は、金融市場、特に金利や通貨価格に影響を及ぼすような発表が中央銀行によって行われることが多い。木曜には太陽が木星にコンジャンクトするが、これは12月初旬に起きる木星・海王星トラインのトランスレーションの一部となるものだ。太陽は11月3日に海王星とのトラインを形成してそのトランスレーションを完了する。この動きは多幸症が継続することを示唆するが、世界の株価にとってはその可能性が高そうだ。







訳文ここまで
-----------------------------
この後、移住についてパーソナル・アストロロジーに触れた部分が続き、それも大変興味深いのですが....今週は時間の都合で割愛させていただきます。m(_"_)m


hiyoka_blue at 20:53│Comments(2) 金融/マンデーン・アストロロジー 

この記事へのコメント

1. Posted by Green🎹   October 24, 2017 17:03
5
今週のテラな発表といえば
次期FRB議長発表でしょうね。

フォーキャスト2017にも、昨年の今頃から
いまの多幸症な政治経済社会の空気感は
予測されてました。

ラジオNIKKEIなど聴いていても、まだまだ
過熱感は全然ないとの認識、解説ばかり。

ひとりひとりが、去来する相場観、展望を
持つ以外、ないようです。

あとは、Greenの場合、おおまかには
サイクルパターンを基本にしてゆく
つもりです。

アストロロジーはその時々の天災や
ファンダメンタル特異点などを
よく、命中させてるように、おもいますよ。

相場の流れは、数学関数、物理学、統計学
など、軌跡の記録、予測になるとおもいます。

なので、ファンダメンタルと
相場のベクトルが一致しないのも
さもありなんです。

チャートをひたすら追尾する、賭ける
なんでしょう。

わかりやすくいうと
水爆や大津波がやってきても

チャートが軌跡的に騰がりたければ
騰がるという、不条理な世界でもあります。


🎴Green🍙🍙🍀


2. Posted by hiyoka   October 25, 2017 19:39

Greenさん、こんにちは。

相場ってシンプルな価格の上下動に尽きるのに、それを動かす要素はとても複雑で、そのときそのときの世界をよく表してるなと思います。ある意味、この世の縮図というか、価格が描く波動の上にも下にも地獄と天国が存在して。利益を出すということの他に、そんなだから面白くて止められない...そういうひとも沢山いるんじゃないかと思うし、そんな気持ちがわかる気がします。もしかしたらわたし達の世界はこれからどんどん(良くも悪くも)不条理がフツウ化し誰も気にしなくなっていく。昨日の不条理は今日の当たり前。そんな変化のただ中にいつのまにか入っていたりして。。

本当に今というときは、複数のツールを参考にしながら自分に一番フィットした手法に磨きをかけ、それを信じていくのが結局は一番だと思います。アストロロジーはもちろんファンダメンタルやタイミングツールとして大いに参考になるけど、もうひとつ、今の自分が陥りやすい傾向や調子の良し悪しも見られる良さがありますよね。特に土星以降の遅い惑星のアスペクトが来ているときはけっこうテキメンに出たり(実体験)。あと自分の中のどんな部分を活かしたトレードをすべきか?とか。『フォーキャスト』の12星座宮運気予測でメリマンさんがカバーしている「仕事とお金」のパートもそんな要素を意識して書かれていますね。あれは太陽だけを見るアストロロジーだけど、金星(ネイタル、トランシット、プログレス)や水星のアスペクトを見てみるとまた面白いかも?

ユーフォリアの中、冷徹な鷲の眼が光りますように。
Good Luck!!!☆
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
○10/20の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)●11/4の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)