レイモンド・メリマン 週間コメント7/2【金融アストロロジー】○7/13の新月・日食―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

July 08, 2018

レイモンド・メリマン 週間コメント7/9【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム 2018年7月9日(フリー版より)

翻訳:hiyoka
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自 身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されているそうですので、そちらもぜひご覧ください。(翻訳者はこの記事をアストロロジー学習者向けのエッセイに近いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。投資に関するアドバイスをお求めの方は投資日報社さんまたはMMAサイトにて講読版をお求めください。また文中の * は翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。)
--------------------------------------------------------------------------


≪ 先週をふり返って ≫

        “ドナルド・トランプ大統領は木曜、北京が報復に出るなら中国製品に対し5000億ドル規模の関税を課すことになるかもしれないと示唆した。金曜の段階で米国は340億ドルに相当する中国製品への追加関税を発動させている。トランプは追加関税の施行前、モンタナの集会に向かうエアフォース・ワンに同乗した記者団に対し、さらなる160億ドル分の追加関税が2週間以内に発効し、最終的には5千億ドルに達する可能性があるとした。まず『340億だ。次にもう一回160億ドル、これが2週間以内。その後知ってのとおり未定の2000億と、その後でまだ3000億の未決分がある。OK? つまり我々は500億プラス2000億プラス約3000億と考えているわけだ。』”

— Chloe Aiello
  www.cnbc.com 2018年7月5日付

        米国は出来高が減少するホリデーウィークだった。だがそれは、前週の火星逆行開始の後、いくつかの市場が興味深いリバーサルを起こす動きを止めはしなかった。火星が逆行しながら8月1日に起きる2回目の天王星とのスクエア形成に向かう途上にあって、金融市場と政治的宣言、両方のタイミングに見られる不安定な性質は今後もますます顕著に続きそうだ。7月26日〜8月19日には水星も逆行に転じることから、物事がもっと円滑に進むようなことにはならないだろう。

        6月26日に火星が逆行に転じるとともに、週明けは殆どの市場がプレッシャーの下で始まり、そして多くが終盤に向けて反騰した。最も目立ったのがオーストラリアのASXで、金曜に10年ぶりの新高値をつけた。ナスダック総合もまた6月28日につけたプライマリーサイクルの底値の可能性を持つ安値の後、週の終わりに向かって印象的な反騰を見せた。しかし、中国では全く話が違った。上海指数は7月6日金曜に下落して2016年1月以来の最安値水準まで落ち込んだ。ドナルド・トランプ大統領による中国への巨額の関税がこの市場を血祭りにあげている。先週は日本と香港の株式市場もおそらくはトランプ関税のあおりを受けて苦しんだ。

  原油は7月3日に3年ぶりの新高値をつけたが、その後すぐ週の終わりに向かって売られた。現在、太陽が原油を支配する木星と海王星へのグランドトライン形成を終えつつあることから、これは重要な徴候を示す動きかもしれない。

  しかしながら、もっと興味深い話が貴金属市場で展開している可能性がある。金は7月3日火曜に1238.80まで下落し、去年12月につけた1238.30の11ヶ月サイクルの安値を事実上再び試すこととなった。その前日、銀は15.80ドルまで下がり、やはり去年12月につけた安値15.63を再度試した。MMAサイクルズリポートの月報では金に関する特別アップデートを月曜夕方に発行する予定だ。そのリポートで詳説するが、ここで何か大きな物事が動いている。



≪ 短期ジオコズミクス ≫

        7月5日から始まった調和的なアスペクトは、やはり世界の多くの地域で株価の上昇と相関している。現在、7月5日〜8日まで太陽は木星と海王星に対しグランドトラインを形成中で、木星は10日に順行に転じる。その後7月11日〜14日には金星が土星と天王星にグランドトラインを形成する。そしてこれらのアスペクトが成立するそのただ中の12日、冥王星とオポジションの日蝕が起きる。

二つのグランドトラインは両方とも米国建国図の太陽と金星には調和的だ。したがって、米国株式市場が反騰したとしても不思議はない。特にナスダック総合にはそれが見られそうだ。これらのアスペクトに天王星が含まれ、天王星がテクノロジー・セクターを支配するからだ。

        しかしながら、7月14日以降は宇宙の力学が変わり始める。7月25日〜8月1日、太陽が火星と天王星へのTスクエアを形成、8月7日に天王星が方向転換する(逆行開始)。これらも皆、次の水星逆行サイクル(7月25日〜8月19日)のさなかに起きる。水星と火星の逆行期に生じる多くの天王星がらみのアスペクトと方向転換は、全般的ないしは起こるべくして起こる衝撃の典型的組み合わせだ。

前触れもなしに突如プランが変更されたり、あまりのプレッシャーに押し潰されそうな世界の指導者達が突然感情を爆発させたりすれば、世界の金融市場に大混乱を引き起こすかもしれない。注意深くコントロールしていないと、こうしたふるまいはその反動としてパニック状態へと導く。またこの期間はテロリスト攻撃や一匹狼的な人物による狂気に駆られた破滅的行動の危険がすこぶる高まる時だ。そして地震や火山噴火のような自然災害とも相関する。

危険が潜んでいそうな状況、また日頃から人格障害の傾向があり爆発しそうな人物にはけっして近付かないことを読者の皆さんには強くアドバイスしたい。



≪ 長期的考察とマンデーン・アストロロジー ≫

        “今や米国は、世界全体の通商システムの崩壊と世界貿易量の激減へと容易に導くような手段を取っている... 貿易戦争の結果として大量の労働者が解雇される怖れがある。”

— ポール・クルーグマン
  “From Temper Tantrum to Trade War”
  New York Times International 2018年7月4日付

        2018年1月までのところで世界の株式市場は4年サイクルの天井をつけたのだろうか? それが事実だと示唆する弱気トリガーが様々な研究から導き出され、積み上がってきている。

ジオコズミックな観点では、土星・天王星間のウェイニングトラインと相関する歴史的研究がある。これら2惑星は8月25日〜28日の4回目の形成において13’以内に来るものの、実際の中央時間帯と言うべき期間は3回目まで、つまり2016年12月25日〜2017年11月11日の間だった。この45年周期を持つアスペクトが起きた過去4回の事例では、どれも米国と英国の株式市場における史上新高値がその中央時間帯、もしくはたった2ヶ月のオーブをもって顕現している。2018年1月23日〜29日の高値は最後の正確なアスペクト形成から2ヶ月後のことであり、上記の歴史的パターンに合致している。

また政治的・経済的観点から見れば、2017年〜2018年は1929年〜1930年の状況といくつかの相関性を持っている。まず最初に、これは直近で共和党が米国政府および行政機関の二つの立法部門を掌握していた時期だ。前回の事例で大統領だったのは1928年に選出されたハーバート・フーバーで、優秀なビジネスマンではあるが、政治経験は殆どないと考えられていた。彼は自分自身の党内(共和党)では人気がなかった。最初のうち、彼の政権下では経済が繁栄し株式市場も高騰した。そのブームは8ヶ月続き、1929年9月の崩落までに米株市場を史上新高値に導いた。そして政権2年目に入るまでに、フーバーは「スムート・ホーリー法」、すなわち2万点を超える輸入品目に追加関税をかける法律を成立させ、貿易保護政策を実行した。これは世界大恐慌*を悪化させ、第二次世界大戦の勃発を促すこととなった(www.thebalance.com)。

今日、歴史は再び繰り返すのだろうか?
* 世界大恐慌は1929年10月24日のウォール街暴落(暗黒の木曜日)に端を発するが、これは前回の天王星・冥王星スクエア期と合致していた。また当時は両惑星のスクエア形成前に牡羊座初期度数に位置していた準惑星エリスと天王星がコンジャンクトしていることも興味深い(今回のカーディナル・クライマックスでは天王星・冥王星スクエア形成の後にやはり天王星とエリスがコンジャンクトしている)。

        お金の星座宮、牡牛座の天王星に対し都合3回のスクエア形成期中の火星が水瓶座で逆行する今、大統領が進もうとしている方向は危険だ。

確かに彼は、進行中の中国に対する貿易戦争において優位を保っている。それは単に米国が中国に対して輸出よりも輸入の方がずっと多いからだ。中国はその巨額の差に見合うだけの報復が出来ない。多くのアナリストは中国が他の国々への輸出を増やすことで埋め合わせ出来ると考えているが、どの国も米国を凌ぐほどの消費力を持たないこともまた事実だ。いずれにせよ、これが直近の中国元の急落の要因かもしれない。より安い通貨はその国の製品を他国にとってより魅力的にする。翻ってそれが、米国の新関税による潜在的損失をある程度埋め合わせすることになるからだ。

これらのベースにある考え方は、中国との貿易を遮断することによって米国民は今までよりもっと国産品を買うようになり、それがより多くの米国民に仕事を与える結果になるというものだ。しかし、こうした考えには重大な疑いと危険が潜んでいる。まずそれは、米国民にとっても他国の貿易パートナーにとっても製品コストが騰がることを意味する。値上がりした製品を米国人が売ろうとしても、海外の売り上げは上がるのではなく落ちるだけだ。そして米国の輸出企業を痛めつける。中国製品を輸入して国内で売る企業も同様に苦しむだろう。彼らはビジネスを維持するためにより多額の支払いをしなければならない。多くのエコノミストが指摘しているように、こういった貿易戦争で勝利を収める者は誰もいない。輸出業者も輸入業者も傷つき、その結果は市場シェア、売り上げ、そして利益の損失だ。そしてついには多くの企業が倒産に追い込まれ、労働者は解雇される。これが中国と米国の双方に起きるのだ。

コストの上昇はまたインフレの暗示でもある。2018年11月8日〜2019年12月2日、木星が自ら支配する射手座に入居するが、これは両方ともに世界貿易との関連を持つ。これのみを見れば、貿易上の対立が終わって世界貿易は新たな希望と楽観のうちにリバウンドするとも考えられるだろう。だがそれと同時に木星は、やはり自ら支配する星座宮、魚座に在泊する海王星とはスクエアを形成する。海王星と魚座は、行き過ぎ・やり過ぎ、および自分が下した決断とそれに基づいた行動の結果を認めないことによるコントロールの喪失という形で現実化する可能性がある。また木星・海王星の組み合わせは、価格の上昇、予測よりも大規模なインフレーションの戻りと相関する可能性を持つ。とりわけ木星・海王星スクエアが終わってから1ヶ月後の2020年1月に土星と冥王星がコンジャンクトすることを考慮するなら、その可能性は高まる。

        さてこれは、今週~来週に予定されているロシア大統領ウラジーミル・プーチンとドナルド・トランプとの会談へと私達の思考を導いていく。7月12日(日本時間13日)には冥王星とオポジションの日蝕が起き、そして火星は逆行中だ。冥王星にオポジションを形成するということは、そこに潜在的な底意が潜み、それが「トップシークレット」であるという可能性を示唆している。火星逆行は、それが願い通りには実行されないかもしれないこと、つまり実行への支援を得ようとする中で障害が生じたり、計画を進めるために必要な駒が揃わなかったりする可能性を意味するからだ。では誰が、または何が蝕まれ、または除去されるのだろうか? 

チェスの名手プーチンが協調しようとするのは誰でありどの国なのか? 中国かそれとも米国か? そもそも彼は ― 彼は天秤座生まれだが ― 胸の内を決めているのだろうか? 

        日蝕はまた、木星と海王星にグランドトラインをも形成する。そしてこれはノースノード・イクリプス(サウスノードではなく)だ。それはここに、未来に向かっての希望が存在することを意味する。だが海王星が絡む時の典型的な顕れとして、それは現実というよりも幻想に近いものかもしれない。まるで英雄でも出現するかのように前途は有望に見えるし明るい話も聞こえそうだ。しかし、現在世界の耳目を集め怖れさせている貿易戦争の危機に助け船を出し — 救出する — ヒーロー役の操り人形を動かしている影の術師は誰なのか? 私の目には、その主な要因が日蝕にコンジャンクションまたはオポジションを形成する惑星 — 今回のケースでは冥王星 — に顕れており、他のアスペクトは単なるショウウィンドウの飾りで影響力はずっと小さいように見える。

        これからの1週間 — あるいは6週間 — にわたって世界という舞台で繰り広げられる、ある信じがたいほどの戦略的行動に備えよ。8月の終わりには、世界は全く違って見えるかもしれない。それは私達が相互にビジネスを行う方法を様変わりさせる「ザ・グレートリセット」への、また一つの重要なステップとして形をとっていくだろう。






訳文ここまで
-----------------------------------


hiyoka_blue at 20:55│Comments(0) 金融/マンデーン・アストロロジー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント7/2【金融アストロロジー】○7/13の新月・日食―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)