○7/13の新月・日食―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)レイモンド・メリマン 週間コメント7/23【金融アストロロジー】

July 15, 2018

レイモンド・メリマン 週間コメント7/16【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム 2018年7月16日(フリー版より)

翻訳:hiyoka
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自 身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されているそうですので、そちらもぜひご覧ください。(翻訳者はこの記事をアストロロジー学習者向けのエッセイに近いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。投資に関するアドバイスをお求めの方は投資日報社さんまたはMMAサイトにて講読版をお求めください。また文中の は翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。)
--------------------------------------------------------------------------

今週のコラムは ≪ 先週をふり返って ≫ と ≪ 短期ジオコズミクス ≫  のみの構成になっています。


≪ 先週をふり返って ≫

        “米国の消費者物価(CPI)は6月にはほとんど上昇しなかったものの着実なインフレ圧力を示す基調は変わらず、FRBによる段階的な金利引き上げは続きそうだ。労働省は木曜、消費者物価指数が0.1%と穏やかな上昇を見せたと発表した。これはガソリン価格の上昇が鈍化し、衣料品価格が下がったことに起因する。5月の消費者物価指数の上昇は0.2%だった。この6月までの1年間でCPIは5月の2.8%に続き2.9%まで上昇したことになるが、これは2012年2月以来最大の上げ幅となる。”

— Reuters 2018年7月12日付

        “トランプ大統領が初期に行った関税措置のツケを米国の消費者が払うという状況がいよいよ表面化してきた。昨日出た消費者物価指数の調査データは米国製洗濯機の値上がりを示している。2月の時点で価格は前年同期比で7.6%下落していたが、昨日の段階ではそれが13.1%も上昇している。”

— Paul Donovan
  “U.S. Consumers Are Paying the Price of Trade Taxes”
  www.ubs.com/paruldonovan 2013年7月13日付

        先週は冥王星とオポジションの日蝕(7月12日〜13日)があり、また7月5日〜14日まで連続的に形成された二つのグランドトラインが終了した週でもあった。これら2種類のジオコズミックなイベントは非常に対照的な質を持っていた。だから一部の人達にとってはまるで2つの並行宇宙に生きていて、どちらが本物かわからないような感覚だったかもしれない。

日蝕/冥王星の組み合わせは非常にダークな現実を感じさせ、私達の人生が自分のコントロールを超えた外部の出来事や権力者達に完全に操縦されているように見える可能性がある。一方、グランドトライン、とりわけ今回のように水性星座宮に在泊する木星・海王星トラインを刺激しながら形成されるトラインは「地上の楽園を建設する」というような共通の理想を目指してともに働く者達の「愛の祝祭」のように見えるかもしれない。

        この日蝕/冥王星のテーマは木曜、NATO諸国の代表者間に起きた大きな不協和音を伝えるニュースの中で浮き彫りとなった。加盟国は自国の防衛のためにもっとお金を払い、もうこれ以上米国に依存するなと強く勧告したトランプ大統領の挑戦的な態度に各国が腹を立てて反応したのだ。またその過程で英国の他紙によるインタビュー記事は、彼のコメントはドイツの首相アンゲラ・メルケルと彼を招待した英国首相テリーザ・メイへの侮辱だという論調で描写されていた。そしてその翌日金曜、外宇宙のフォースはなおもその後を受けて働いた。

『NATO首脳会議はかつてないほどの成功裡に終わり、参加国の誰もが同じ立場を分かち合った』とトランプ大統領が公表したのだ。だがメルケルとメイに対し、二人とも類い稀なる指導者であり、彼らとならとても上手くやっていけるだろうと褒め称えた彼の言葉は不正確に切り取られ、引用されたとも言う。そして彼は、もうお馴染みとなったテーマ「フェイク・ニュース」について再び言及した。この「フェイク・ニュース」という現象は、トランシットの冥王星が2年後に迫る米国始原図の水星へのオポジションに向けて進みつつある昨今、非常に大きな懸念の一つとなっている。水星はその国の報道機関とその働き、直近の現象に関わるニュースソース、およびそれに対する分析を意味する。トランシットの冥王星は、注意深くしていないとそれを潰すような取り組みとして顕れる可能性を持っているのだ。だが、これについてはまた別のコラムで論じることにしよう。

そんな状況にもかかわらず(いやもしかするとそんな出来事のせいかもしれないが)、世界の多くの株式市場がこうしたジオコズミック・サインの下でよく騰がり、米国のナスダック総合は再び史上新高値をつけた。これに影響したグランドトラインのうち最初に起きたのは7月5日〜8日の木星と海王星に対する太陽のグランドトラインで、その後7月10日には木星が順行に転じた。

トランシットの木星が強調される時は、しばしば株式市場が非常に良い調子になるのだが、これもそんな時間帯の一つだった。一部の市場、たとえば中国や日本などは、ちょうど7月5日の初回トライン形成と同時に直近の下落を終えた。そしてほとんど全ての指数が先週末に向かって印象的な反騰を続けた。

しかし当然のことながら、木星の影響は貴金属にとってはポジティブではなかった。金は金曜に、2017年7月以来の安値水準であり、2017年12月につけた11ヶ月サイクル安値を下回る1234ドルまで下落した。銀もまた2018年の最安値水準まで売られたが、2017年12月の安値を割ることはなかった。これは異市場間強気ダイバージェンス発現への第一歩だ。私達はこれからの12日間、ヘリオセントリックの水星が射手座を運行するにあたって貴金属がどんな動きを示すか見ようと待ち受けている。多くの場合、金にとってこれは強気を示す時期だ。だが過去の歴史を辿れば20%の割合で非常に弱気なケースが見られる。ビットコインはここ2週間に見られた20%近くの反騰を終え、先週は6000台まで下げて引けている。




≪ 短期ジオコズミクス ≫


  日蝕(新月)と2種のグランドトラインは7月14日に終わった。さぁ次は何だ?

先週のコラムで論じたように、
『... 7月14日以降は宇宙の力学が変わり始める。7月25日~8月1日、太陽が火星と天王星へのTスクエアを形成、8月7日に天王星が方向転換する(逆行開始)。これらも皆、次の水星逆行サイクル(7月25日~8月19日)のさなかに起きる。』

強力な日蝕の新月から、7月27日(日本時間28日早朝)に起きるさらに強力な月蝕へと向かうにつれて、一部の世界の指導者達と、他の様々な人々との「現実」という名の並行宇宙に見られる差異はますます顕著になっていきそうだ。月蝕は水瓶座を逆行する火星とコンジャンクトし、天王星とTスクエアを形成する。天王星は水瓶座の支配星だ。そしてその翌日、水星が獅子座で逆行に転じる。これを理解するにあたって、いったい何処から始めれば良いだろう?

        では7月26日〜8月27日の火星逆行から始めてみよう。火星は何かをスタートさせるのが好きだ。しかしながら逆行中、それも特に一つの星座宮(水瓶座)を離れて別の星座宮(山羊座)に移行するような場合は、スタートさせた道を追求するという贅沢を許されない場合が多い。物事は変わる。人々は考えを変える。火星の関与を考えると、これは最近の北朝鮮の非核化への取り組みに関連するかもしれない。当初、北朝鮮はトランプ提案の全てに合意したと伝えられた(あるいは大統領がそう暗示した)のだが、その後先週になって態度が変わり始めた。

  7月終盤から8月初旬までの期間を潜在的により危険な時間帯にしているのは、逆行の火星による天王星へのスクエアだ。この2惑星は不安定で怒りっぽく、暴力的な傾向も併せ持つが、これが7月27日の月蝕によって点火される。この日はまた天王星が逆行に転じるほんの数日前だ。以前も触れたように、天王星は突然の逆転と驚愕という要素を持つ。そのどちらもが政治面(そしておそらくは経済面)における政策、そして金融市場の動向に関わってくる。そこに安定や安らぎはあり得ない。

あなたがもし、理解してほしい、安心したいから何かを確めたい、保証が欲しいなどと思っているなら、この時期は感情的な支えを得られるタイミングではない。

これは他者を歯に衣着せぬ批判で打ちのめしたい、またはその勢いに加わりたいという誘惑を避け、身を慎むべき時期だ。自分の言動は自分の身に返ってくるからだ。

だが、真の危険は精神的・感情的にタガの外れた人物が起こす行動に潜んでいる。最小限の挑発、あるいは挑発だと "当人が感じた" 言動が、突然の予期せぬ怒りの(そして暴力的でさえある)反応を呼び起こす。この時間帯(8月1日±1週間)は10かそこいらまで数えてゆっくりと息を吸っては吐き、その回数を数え... とまぁどんなやり方であれ、なるべくゆっくりした呼吸を意識してそれを続ける練習をするのに適した時期だ。 深い呼吸が出来ない人々は、平穏とは正反対の出来事に遭遇するかもしれない。ドキドキと高鳴る心臓は体や精神へのプレッシャーとなり、あなた自身を爆発の瀬戸際まで導くかもしれない。

  さぁ、これが宇宙の惑星配置によって警告された危険のあらましだ。ではこの力を建設的な方向に向けていくにはどうすれば良いだろう? 

型破りの発想をすることだ。目の前の問題を見つめ、今まで試したことがないようなやり方でその問題を解決するとしたらどんな行動とどんな反動の可能性があるかを考えてみる。これまでのパターンを打ち破り、今までの自分に見られた何の足しにもならない習慣的な反応を脱し、何か新しいことを考えてみるのだ。これは発明と独創的な思考が物言う時期だ。

        さて、このコラムは主に市場に関する話題を扱うことになっているわけだが、そこで今 心理的なアドバイスをメインに述べつつあることはもちろん、承知している。

では市場のトレーダー諸氏に対するアドバイスを幾つか書いておこう。『予期せぬ出来事が起き、突然の心変わりと政策の変更が発表されることで生じるワイルドな価格変動に備えよ』だ。もはやどんな支持帯も抵抗帯も無効になる可能性から逃れられないと理解しておこう(これは他の社会的事象にも同様に言えることだ)。

7月25日〜8月9日は、多くの市場が想像するよりはるかに激しく下落したり、予想よりずっと派手に反騰したりするかもしれない。そしてその後に逆転するかもしれない。支持帯で買ってはならない。それよりも支持帯を割ってから買うために待つ方が良い。抵抗帯で売ってはならない。それよりも売りが枯れるのを待つべきだ(おそらくかなりの売り疲れが見られるだろう)。テクノロジー関連株、そして小麦価格に起きる強烈な動きとリバーサルを子細に観察し、注意を払おう。

また気候や自然現象における突然の出来事、あるいは配電網に関わる何らかの問題が大惨事を引き起こすかもしれない。 空間は大量の電気を帯びる可能性があり、人々の間には強力な親和力(惹かれあい、磁力)が生じるかもしれない。だがそれは必ずしも安全とは限らないし、慣れ親しんだ筋道など通らない怖れがある。もし相手や出逢いに確信を持てないなら、安全を第一に考えて馴染みのある道を選ぶことだ。

        だが、どんな事にもまして重要なことがある。絶対に不必要な論争をしてはならない(そもそもそんな物事など存在するのか?)。 興奮したり怒り狂ったり、大騒ぎしてはならない。そういう人物と行動をともにしてもいけない。もしあなたがそれを許せば、その日はまさに「狂乱」に支配されてしまうだろう。

この時期はあなた自身の知性の爆発力を使い、新しい能力と新たな発見へと精一杯向かうべき時間帯だ。それは覚醒の時にもなれば、請求書を受け取る報いの時にもなり得る。それを選択するのはあなた自身だ。
 

        結局のところ、先週起きた冥王星とオポジションの日蝕は、1993年に形成された天王星・海王星コンジャンクションと同じ度数で起きている(山羊座20°近辺)。つまり先週の日蝕は、それらのコンジャンクションが持つ原動力と当時の世界を覆ったエネルギーをも取り込みながら発効したのだ。1993年といえば皆さんも覚えているのではないだろうか? それはインターネットが間口を拡げ、人々が互いに取り合うコミュニケーションの方法やビジネスの在り方に、革命的な大変化をもたらし始めた時であった。








訳文ここまで
----------------------------------------


hiyoka_blue at 20:56│Comments(0) 金融/マンデーン・アストロロジー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
○7/13の新月・日食―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)レイモンド・メリマン 週間コメント7/23【金融アストロロジー】