レイモンド・メリマン 週間コメント10/22【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント10/29【金融アストロロジー】

October 23, 2018

🌕10/25の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

10月25日 ★10月満月の星模様 ★に水星OOB入りの項目を追記しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    満月は前回の新月のテーマが熟し、花開き実を結ぶときです。 この日は太陽と月が、地球を挟んでちょうど反対側にやってきます。0°の新月から始まった地球全体への課題は、満月で180° 対向のエネルギー同士がぶつかりあい補いあうことにより、輝く満月というひとつの「結果」を見せてくれます。それは、わたし達が空間から受け取ったエネルギーをどう昇華し、現実に表現してきたのかを、あらためて見せてくれる「鏡」だと言えるかもしれません。なので満月のテーマは新月の瞬間から色濃く育っていくとも言えるでしょう。そして わたし達はみな満月を超えて、次の新月までにその経験を消化(昇華)し、エネルギーはゆっくりと静まっていきます。それはこの世界に生きるわたし達の意識に与えられたプログラミングの一種かもしれません。そんなシステムをどう使うのか?それとも使われるのか? それはきっとわたし達次第。さぁ、今回はどんな風景が見えるでしょうか? では今月も行ってみます。(^_-)~☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★満月タイムスケジュール★
エネルギーが高まる時です。ヒーリング・メディテーションや祈りを捧げたい方は、もし可能ならこの時間帯(ずれるなら満月前がベター)に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じられると思います。

【地方平均太陽時:ソーラータイム(LMT)】
東京・関東ローカルで 10月25日02:04前後、北海道周辺で02:10前後、関西方面は01:45頃(日本標準時の場合はこの時間)、沖縄周辺で01:15前後に 牡牛座1°13'07"で満月となります。

今回のテーマのベースであり、今も背景で発効し続ける新月の大テーマについてはココをご覧ください。
------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

サビアン・シンボルによる【満月がもたらすテーマと挑戦】
*ここではデーン・ルージャー(ルディアー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・ウィーラーの伝えた言葉をそのまま書き写したオリジナル版サビアン・シンボルを使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考に、アスペクトを加味して書き下ろしています。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【月 牡牛座01°→02° / 太陽 蠍座01°→02°】
  🌕 "A clear mountain stream" /🌞 "A sight seeing bus"
 『山を流れる透明な清水』/『観光バス』

  🌕"An electrical storm" / 🌞"A broken bottle and spilled perfume"
 『電気嵐(激しい雷をともなう嵐)』/
 『割れた瓶とこぼれ出た香水』

 

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)テーマ発効期~11/7】

※満月の場合、1週間~数日前から前倒しで感じられると思います。

→★何かを始めた時/何かが始まるときの無心さと純粋さを思い出す必要
→★独り自由の道を歩む清々しさか、大勢の人々と共に歩む安心感か
  その選択と分かれ道
→★何かを選択した後の道筋と起こり得るプロセスをイメージする必要
→★集団、または群衆にまぎれて目前の障害や衝突を上手く避ける
→★自分が進む方向とゴールへの信頼で得られる安堵、または安定感
→★誰が支配権を握るかの闘争、または座して観察者を装う逃走   
→★自然体を貫くことの難しさと、その経験を通して
  時間と距離を置くことの効用を知る
→★突然の変化、またはショックな出来事で目が覚める経験
→★とっくに忘れていいはずの想いをまだ残していることへの気付き
→★外界からの刺激を受けて溜まりきったエネルギーを解放する必要
→★緊張やプレッシャーによって研ぎ澄まされる感覚や知覚
→★グループや派閥をバラバラに分裂させる力の本質を見る必要
→★一度空っぽになって新たなスタートラインに立ちたいという衝動
→★水面下でくすぶっていた問題が徐々に表面化してくる
→★絶望を通り抜けて初めて知る真実へのとば口(またはその予感)
→★ことばにならない想いはそのままに、全てを笑い包む力の存在を知る・・・→



エネルギーのポイント:前回の新月『休息と再生、突破に備える』 
            
            今回の満月
            『初めの始まり — 自分のバブルに針を刺す』 


181025FM



★10月満月の星模様と挑戦★


  世の中はあっという間に10月も終盤に近付いて......今年もあと2ヶ月と少しですね。。 もうずっと、わたしにとっての秋は完璧な引きこもり状態の季節。それでも『フォーキャスト2019』の原文と格闘しながら来たるべき年(特にこれからの2年!)に一足早く直面していると、なにか壮大な時の流れに顕れては消える無数の「時の泡」に、今この瞬間... ここに生きるわたし達全ての想いが映されているような気がして、「外の世界」と内界の境目が崩れていくような不思議な感覚を覚えたりします。

前回の新月に出て来たボートの『陸揚げ場』に続き、この満月のベースにも「水」のイメージが出てきます。「水」は「感情」を象徴するとよく言われるけれど。これからわたし達が迎える大きなターニングポイントとその厳しさを思うとき、「水」はただ「感情」を象徴するだけのものではなく、わたし達人間とは何か?を解くひとつの鍵なのかもしれない...水の形を変えていく「火」と共に。。 なんて、ふと思ったりするのでした。『フォーキャスト』の中で、今後も世界各地に起きるだろうと予測されている「洪水」もまた、わたし達のいのちの変化を象徴するものかもしれません。



P1120085



        さてと。このチャートで満月の位置を見る限り、今の期間は出来るだけ地に足をつけて、身の回り(家族、パートナー、近しい友人、目先の務めや仕事)に気を配ったり、無駄遣いせず、衝動的にも放縦にもならず、驕らず、穏やかさを保ち、それでいて芯のところで揺るがずに....そしてピュアに!という暮らし方が一番安全、かつこころ楽しく過ごせそうな感じです。

けれどアスペクトを見ると、月は天王星とコンジャンクトしてるし、他にも刺激的なアスペクトが沢山形成されていて、なかなか穏やかにはさせてくれない感じのエネルギーが満載。気分は変わりやすいけれど、それでいてやるときは徹底的にやってしまうような原動力も感じられます。また、ぶつかり合うエネルギーが目立つ反面、背後では全く異質の方向へ誘う力が働いていて、感受性の強いひとの中には一種の「精神的膠着状態」に入ってしまうひとがいるかもしれません。そうでなくても、知らないうちに何故か緊張感が高まっていて、背中や肩がひどく凝っていた…なんてこともありそうかな。。

ただ、背景には深い哲学的な想いを象徴する精妙なアスペクトもあり、それを感知したひとにはアートや創作、またはスピリチュアルな探求の糧になりそう。厳しかった新月のテーマの中で、この満月は今の時点で得られるひとつの回答になるかもしれません。


HunterMoonAlpsDeRosa900



太陽・月、天王星、月のノード軸のグランドスクエア
外界の刺激は毒になりやすい。物事を個人的に受け取らないこと。噂やデマにも注意。自分が今やるべきことに集中するか、そうでなければ体を休めること。大きな話を信じすぎると失望の元かも。

金星(逆行中)・土星からMC・ファエトーン・エケクルスにYOD
深い胸のうちでひっそりと何かを決心するようなエネルギー。煌びやかな王道ではなく、ひととは違うやり方をするような? しっかりと土台を固めることが第一かも。

IC・プシュケ、MC・ヴィクトリア、ネッソス・ネペレーのTスクエア
ネッソスとネペレーはカルマとカルマが出逢うみたいな組み合わせ。特にセクシャルなカルマの要素が強調されるかもしれない。ひととひととが出逢い、惹かれあい、摩擦を起こし、すれ違い、それでもなお続く関係など。もし「運命に翻弄されている」感があるなら、その受け身の妄想を断ち切るために関係を切る時が近いかもしれない。能動的な気持ちが強いなら、上辺よりもう一段深い部分の人間性で相手と自分を吟味するときかもしれない。

グリーヴ・ルシファー・レクイエム、月のノード軸、ターディスのヘキサゴン(グランドセクスタイル、またはダビデの星、またはソロモンの封印。クレイドルが二つ重なるフォーメーションでもある)
「死」または「死の世界」への想い。それは抽象的な死のイメージかもしれないし、何か具体的な現象にまつわるものかもしれない。行動というよりも、静的な背景となる哲学や思想、ふとした想いとして顕れる可能性。それは何らかの形で自分の過去と未来を繋ぐ架け橋になるかもしれない。暗さではなく深みとして経験出来ると良いかも。小惑星ターディスは英国の人気SFドラマ「ドクター・フー」に出て来る異星人のタイムマシン。その象意には、ある意味でアニメ「蟲師」の蟲の存在に通じる別世界の異形性があるかもしれない。このヘキサゴンにはルシファーも絡んでおり、来たるべきハロウィーンの雰囲気もある。感覚の鋭いひとは、この静的なエネルギーをクリエイティブに使えるかも。

10月26日23:25頃、蠍座3°台(カイロン発見度数の対向)のIC上で太陽・金星コンジャンクション。月のノード軸・グリーヴ・月・カイロン・ルシファーでクレイドル形成。金星は明けの明星(ルシファー)になる。
見果てぬ夢や期待感の虚しさに直面する可能性。現実の冷たさ、悲しみ。重さ。ただしカイロンはそのショックや悲しみを受け止めて「正気」に戻るための働きをしそう。この場合、痛みは必須だけれど、そこを通り抜けることがそのまま癒しとなり、目を覚まして自分を取り戻すきっかけとなってくれる。

10月29日午前中に水星が逆行前のシャドウフェーズ入り。木星とコンジャンクト。

11月1日の前後は興味深いチャート。複雑なアスペクトが沢山。月のノード軸・水星・ルシファー・カイロンのカイト。レクイエム・土星・グリーヴのラーニングトライアングル。カイロン・フォルスのスクエア。月・太陽はウェイニングスクエアで下弦の月。

11月4日 土星・準惑星マケマケが3回目最後のスクエア(2018年1月、8月に次ぐ)。カイロン・グリーヴから金星(とセレス)にYOD。金星・海王星セスキスクエア。
地球資源、経済・金融などに関する世界規模の政治的絵空事や人心操縦を目的とした欺瞞的ストーリーへの注意喚起、自然災害などが示唆する「しるし」を読む必要、「人類とは何か?」という問いかけ など。
11月3日〜20日 水星がOOBに。最盛期は12日。射手座を行くOOBの水星は、ひとによっては脳のエンジンを無理矢理ターボ化するようなエネルギー(またはプレッシャ−)として感じられるかも。いつになくインスピレーションが湧いたり、面白いアイデアを思い付いたり、常識から外れた物事に興味を抱いたり、イタズラっ気を起こしたり?(「本当のこと」をズケズケ言いすぎて失言したり、言わなくてもいいこと言って「舌禍」になる傾向も) 水星逆行(とそのシャドウフェーズ)のネガティブな効果(コミュニケーションの行き違い、ミスやエラー、思い込み、乗り物全般の事故、電子機器の不具合etc.)を万遍なく助長する怖れもあるので行き過ぎには要注意。水星逆行スタート前後の滞留期と重なるあたりは特に慎重さが必要。

11月8日 蠍座15°台で新月!

11月16日19:51 金星が天秤座25°台から順行

11月17日10:33 水星が射手座13°台から逆行



Messier78




★10月満月のサビアン・シンボル ★


🌕 満月のベースとなるシンボル:
  牡牛座1°『山を流れる透明な清水』


        これは山の至る所に湧く清水が、少しずつ少しずつ・・・地の下、目に見えないところで無数の小さな水路を作り、高所から低地へと流れ下っていく様子を描写しています。 微細な清水の流れはやがては大きな本流として集まり、麓の里では川となって大地をうるおします。それによって沢山のいのちが育まれていきます。そしてついには大河となって海に還り、大海原から再びカタチを変えて天に昇り、雲になり、雨になり、そして地下水となっていく水の輪廻を暗示しています。山の清水は、ひとつの輪廻の始まり。まっさらでまだ汚れを知らない、始まりのときです。


forest-1256839_1280


  清水は高い山の頂から少しずつ流れを集め、低いほうへ低いほうへと流れていきます。B.ボヴィは老子の『道徳経』を引用してこんなふうに言っていました。

『海と大河は全ての山から湧き出る清水の王だ。何故なら最も低い位置に存在するからだ。全ての山の水は己が行き着く先を知り、そこを目指している。それは最も低いところ、なんでもない場所。それが王の居場所だ。』

たぶん、初めて地表にほとばしり出た水滴は、その瞬間からどこをどう流れていくかのあらましを知っているのかもしれません。ときには自分より勢いのある流れに呑み込まれ、ときには小さな流れを併合しながら。自然にまかせ、あるときは真っ直ぐに勢いよく、あるときは堰き止められ、障害物を迂回しながら。水はただ、流れ続けます。その途上では、化学物質が流れ込んで汚染されたり、嵐による土砂崩れで濁り水になることもあるでしょう。もし泥水になって溜まってしまったら、再び澄んでくるまでには相当の時間がかかります。

でも、水そのものが汚れることはありません。水は、水のまま。ただ、旅の途中で様々な経験を経るうちにいろんな「もの」が混じり込んでしまっただけ。けれど動きを止め、流れることをやめた水は、時と共に水蒸気に姿を変えて、再び天に昇っていくでしょう。ショートカット。こうして輪廻の旅は短縮され、混在していた物質だけがここに残って固く乾いていきます。


  初めの始まり。わたし達の始まりは、水だった。山から湧き出る澄んだ清水だった。透明でまっさらで、全てを受け入れながら、ひたすら何かを求め、歓び、流れ落ちてきた。最も低くてなんでもない、でも果てしなく豊かな場所を目指して。でも、じゃ...ここに残された乾いた汚泥は何? 鏡に映る、今の「わたし」だろうか? 水はどこへ行ってしまったんだろう。あれが「わたし」だったはず。ならば今ここに残っているのは誰?


P1060844



  いえ、水は消えたわけじゃない。ただ見えないカタチに代わっただけ。ここに、ある。そこにも、ある。雲となって。雨となって。透明な大気となって、わたし達の周囲に。そしてわたし達の中に。ただ見えないだけ。 まずは要らない泥を片付けよう。自分じゃないものを、捨てていこう。 今も見えないところで流れ続ける水の、その「わたし」という流れの道筋を、もう一度信頼出来るように。そして再び、澄んだ清水の流れを自分の中に感じてみよう。外側のカタチに対しては水のように開き、自分を通り抜けるものにけっして動じることなく。ただ水のように、ひたすら凜として流れていこう...。


        🌞月に光を与える太陽のベース・シンボル:
     蠍座1°『観光バス』 

        蠍座は、ひとつ前の天秤座の対人関係よりもう一歩踏み込んだ、深い関わり合いを持つことをテーマとする星座宮です。そのゲートで観光バスに乗り合わせた人々。まだ何の人間関係も生じていない集団。まっさらです。まだ始まってもいない、全てがオープンでこれからの関係。けれど今、たったひとつはっきりしていることは、彼らが自らこの団体旅行を選んで集まって来たことです。このひと達は『これからどんな素敵な場所に行けるだろう? 何を見物出来るだろう? インスタ映えする景色が撮れるかな? 』なんて、ただひたすら心を躍らせ、オープンな気持ちで旅のスタートを待っています。


city-tour-1218382_1280


  彼らは立ち寄り先も道順も、お土産を買うショップも、全てを既存のプランに沿ってガイドとドライバーに任せ、運ばれていくことを選択しました。同じものを見て、同じ説明を聞き、同じ料理を食べる。時間も場所も、自由は利かない。列を乱さず、統率されることを受け入れる。大人しく、ひたすら観察者として存在していればそれでOK。だって観光バスの旅は、気楽な受け身の旅だもの。

それはおそらく一番安全で、コストパフォーマンスの高い旅行の仕方かもしれません。特に、初めてその土地を旅するようなとき、まだ不慣れで何が安全でどこが危険かもわからないときは。それに、多くのひと達が感動したり絶賛する、有名な場所を効率よく回ることが出来ます。これもまた、ひとつの賢い選択肢です。...でも、それは本当に安全なのでしょうか? バスの中で何か起きたら? 「こうなるはず」という予定調和が突然崩れたとき、わたし達はどうするでしょう? そこに居合わせることを選択した自分を即座に受け入れて、次の的確な行動を取れるかな? 



P1110928




🌕満月のメイン・シンボル:
    牡牛座2°『電気嵐(激しい雷をともなう嵐)』
    
    満月のエネルギーが放射するメインのテーマは『電気嵐』です。これは異なる性質を持った大気同士の摩擦で起こる、激しい稲妻をともなう嵐のこと。その真下にいると、超強力静電気のイタズラで髪が逆立ったりすることもあるのだとか...。突然襲ってくる電気嵐は理屈も論理も通じない、大自然が振り下ろすハンマーみたいなものかも?


Laser-Meets-Lightning_ESO-M


  例えば、忙しい日々からちょっぴり解放されたくて、ひとり郊外へ散歩に出かけた「わたし」。澄んだ空気。秋のさわやかな空。美しい紅葉。はぁ...深呼吸してみる。『そう、求めていたのはこれなんだ!』 こころがふうわりと開いてくる。なんだか腕をいっぱいに拡げて、全てを抱きとめてみたくなる。 大きくひろがって、いろんなことを受け入れられる自分...そんな感覚を味わってみる。  あぁ、気持ちいいな。。

......『ん?あれ? なんだろう? あの雲は...?』 

その瞬間。空の一点から突然湧き起こってきた黒雲。バチバチと音を立てて光る稲妻、そして凄まじい音と共に一瞬の落雷! あっという間に激しい雨が降ってきた! うわ、近くの木に雷が! そうだスマホで動画... って、それどころじゃない!ここから離れなきゃ!走れ! 何処へ?

わたし達は突如として大自然のエネルギー放出に曝されます。一瞬、背中をどつかれたようなショック。そのショックはぼんやり夢見ていたわたし達を目覚めさせるほどの威力がありそうです。でも何に目覚めるんだろう? 素敵な散歩を邪魔されて『なんでいつもいつもこうなるんだ!』と怒り、自分の不運に目覚める? それとも、濡れそぼったみじめな自分に気付いて「現実」に目覚める? いやそれとも… 眼を開いて状況を見極め、雨宿りにぴったりな軒下を探すのが先か?! 傘はないし、近くに誰もいないし、さぁどうしよう? 
『もう、こんな結果になるなんて想像もしてなかったよ...。 いや待て、そんなこと思ったってしょうがない。ここはシンプルに考えよう! 何事も経験だし。。』



P1110113



        やがて...一軒の小屋を見つけた「わたし」。濡れてしまった体を拭きながら、ひと息つきます。『ふぅ。えらいめに遭っちゃったなぁ。でも考えてみたら、これが自然ってヤツだし。ただそうなるべきときに、そうなってるんだろうな。青空も、黒雲も、雷も、稲妻も、大粒の雨も、何もかも。流れのままに。起きることを知りながら、起きる。ただそれだけなんだ...』

        この度数に見られる大自然の予期せぬ動き。壮大な水と大地のサイクルの中で、地球はときに激しい顔を見せます。そこにたまたま居合わせたわたし達は、ショックを受けて人生の意味を問い直したりするかもしれません。でも。それはもしかしたら、人間だけの、後付けの物語なのかもしれない。ドラマティックな装飾とお仕着せの語り口に彩られた、単なる理由付けに過ぎないのかもしれない。。 『わたしは、生きて、ここにいる』 もしかしたらそれは、小賢しい意味などはるかに超えた、もっとずっとシンプルで透明な「理」なのかもしれません。



        🌞月に光を与える太陽のメイン・シンボル:
     蠍座2°『割れた瓶とこぼれ出た香水』

        さて太陽の側も、2°に入ると突然小さな事件が起きます。割れた香水瓶です。美しい香水瓶が床に落ちて割れるとき…鋭い音と共に飛び散るガラスの破片。そしてあたり一面に立ちこめる濃厚な香り...。 もしそれが大切にしていた香水なら、きっととてもショックです。  香水は、高価な香料を様々にブレンドし、わずかな量をそっと身に付けて楽しむもの。そのひとの体臭と混ざり合い、独自の個性を創り上げるもの。

けれど割れ落ちて床に拡がった香水からは強烈な香りが立ちのぼり、ほのかな香りというより「臭気」というほうが相応しいかもしれません。 その匂いは超強力で、掃除をしてもなかなか取れず、いつまでも残り続けます。当分の間、近寄るとむせてしまいそう。 それが自分の香水だったり、少なくとも好みの香りならまぁ、まだなんとか我慢出来るかもしれないけど、そうじゃなかったら? もしその場所が、多くのひと達が乗り合わせる観光バスの中だったら?


perfume-3275950_1280


        バスの中でそんなことが起きたら、それはみんなの生理的な反応や個人的な不快感を刺激する、かなりの挑戦になるでしょう。さぁ、どうしましょう? 『そんなものバスに持って来るなんて、何を考えてるんだ!』怒り狂い、ブツブツ文句を言い続けるひと。黙って席を移るひと。気分が悪くなったりアレルギーが出たりして、せっかく乗り合わせたバスを降りざるを得なくなるひと。顔をしかめながら窓を開けて風に当たり、じっと耐えるひと。 ひたすら恐縮する落とし主を慰め、険悪になった車内の雰囲気をなんとかしようと奮闘するひと。うーん、わたし達はどうするだろう? 

一方、もしわたし達が香水瓶を落としてしまったウッカリさんだったら…? そしてその香水が、自分の大切な思い出の象徴、自分が自分らしくあるための「しるし」だったら? 思わず露わになってしまった自分の強烈な「香り」と、それに対する人々の反応を目の当たりにして、この旅を、自分が選択したその道を、最後に楽しい思い出に変えることは出来るでしょうか?


        ひとり自分の道を歩むことを選択したとき。あるいは、他者と共に歩むことを選んだとき。何を選んだとしても、その道の途上には、きっと驚くようなことが待ち受けているでしょう。何か予期せぬことが起きたときにこそ露わになる「わたし」の姿。そして「他者達」の姿。その気持ちのズレ、その隔たり。それをわたし達はどう捉え、昇華し、身を処していくでしょう? その答は、ひとりであろうと誰か他のひと達と一緒であろうと、実は本質的に変わりはないのかもしれません。なぜなら、自分の内界に見る「真実」はきっとひとつだけだから。


IMG_3170



        牡牛座は自己充足の道。対向する蠍座は溶け合ってひとつになろうとする道。どちらにも、光と影がある。けれどこの牡牛座の満月は、水の輪廻の始まりのとき。何か新しいものの「流れ」が、わたし達のこころの底に湧き出てくるかもしれません。自分が本当に求めている人生、真に価値を置くもの、自分にとっての愛のあり方...。もし何かしら揺さぶられる経験をするとしたら。その時こそ、もう一度自分自身の始まりに立ち戻り、消えることのない「生きるちから」のシンプルな強さを信頼しなおすチャンスではないでしょうか。

        牡牛座は煮えたぎるマグマを大地の鎧で固め、水を濾過し、多くのいのちを生かす土台の力を意味する星座宮です。そして滋味深く栄養となるものを好み、落ち着いた調和を愛する星座宮です。また、自分の価値を知り、自分で自分を満たしていくことを旨とする領域でもあります。『わたしはひとりで生きられる。だからこそ、皆と共に生きることも出来る。わたしは溶け合うことを怖れない。溶け崩れず、カタチを失うこともないから。だから、わたしはあなたと共に生きられる。たったひとりでも生きられる。わたしは自分を生きるいのちの流れ、行き着く先、その全てを知っているから...』これもまた、牡牛座に宿る魂が目指そうとしている境地なのです。


        初めの、始まり。それはとても小さなありふれたスタートかもしれない。でも、わたし達が気付こうと気付くまいと、集合的にも個人的にも、これからの厳しい季節に向かって、今。 ひとつの選択が行われようとしています。『うん、そうかもしれない。言葉にはならないけれど。何故かそんな気がする...』

じゃ、もしそれがあなたなら....なにを選択するだろう?



SC


..........何も選ばないこと。水のように流れに乗って生きることを含めて。。。


have a great trek!!!★

hiyoka(^_^

この記事へのコメント

1. Posted by サラ   October 27, 2018 23:03
hiyokaさん

こんばんは。
久しぶりすぎるコメントに、何から書いたら良いやら..。
多分私自身、何が起こってるのか整理つかない時、納得したい何かを求めてhiyokaさんのコラム読みに来てるのかな。って思ってます。

つまり・・またまた歩く冥王星が無意識下で勝手に発効してしまっているようで、とんでもなく、居心地の悪い状況にいつのまにか居る羽目に。
ん?この状況。また同じこと繰り返してる???いや・・繰り返す毎に悪化してる?
みたいな。

「働かなくちゃ。」という切羽詰まった思いがおかしな方向へ連れて行かれてしまうのか。今月から別のところで仕事してるんですけど、理不尽でショッキングで心折れるような対応をされ、手は震え体もガクガク震え・・私のエネルギーが取られていくそんな感覚で。頭はガンガンしてくるしすっかり意気消沈モード。
「一体全体何なのよ!」と心の中で思いながらも昨日〜今日にかけて考え込んでしまったのですが、これはもしや宇宙から『まだわからないのか!?』と言われてるんぢゃないの?と思えてきて、ようやく気持ちが落ち着いてくるという。。
(私って気持ちが落ち着くツボがちょっと変です(-_-;)

多分・・ですけど、私はなかなか私自身をリセットする勇気がなくて、過去の経験・やってきたことを頼りに、生きていこうとしてる。
けれどその培ってきたきたはずの過去ってなんだろう?


>● 見果てぬ夢や期待感の虚しさに直面する可能性。現実の冷たさ、悲しみ。重さ。ただしカイロンはそのショックや悲しみを受け止めて「正気」に戻るための働きをしそう。この場合、痛みは必須だけれど、そこを通り抜けることがそのまま癒しとなり、目を覚まして自分を取り戻すきっかけとなってくれる。


もう心の中では決めてるようです..。(目覚ませたのかは謎だけどw)



乱文失礼いたしました(^^;)
2. Posted by hiyoka   October 28, 2018 09:16

サラさん、お久しぶりです(^^

あ〜、出ちゃいましたか・・冥王星パワー。審判者でアンダーワールドの渡し守、オルクスも冥王星に力を添えてますものね。これは世代的とはいえ、もともと強力な冥王星を持つひとには影響力大だと思います。だからこその今だとは思うけれど、大変でしたね...。もしかしたら関係者一同、今の時期は傍から見えない黒雲を抱えてるのかも?

以前、ASCにぴたっと冥王星が乗ったひとの話をお聞きしたことあります(あれ?書いたことあったかな?)。彼は男性ですが、中学生のとき、学校の式典で全生徒が講堂に集まって並んでいたら、校長か理事長か?壇上の偉いひとと何気に目が合ったそうです。そしたらいきなり下に降りてきて「その目つきは何だ!」ってひどく殴られたそう。彼は不良でもないし大人しい生徒でただぼーっと見上げてただけだったので、何故、何が起きたのかわからないまま。すごいショックだったけど、そういうことは人生にあるんだと思ったそうです。彼はその後一度企業に就職したけれど、すぐに飛び出して自分でコツコツ技術を学び、今は優秀な職人としてひとり仕事を続けてるとか。冥王星力をフルに使ってる例かもしれません。

環境も性別も事情もそれぞれに違うけど、強力冥王星持ちのひと、OOB持ちのひとは常識的な(そう見えても本当はそうでもない)社会に無理に馴染もうとするより「真の自分」が出来る事を見つけて追求したほうが結果的には上手くいく例が多いかもしれません。それまでは多くの別離も経験しそうだけど、わざと自分を縛る強い枷を選んでる場合も多いので、前半生は闘いになりがち(前半生は殆どのひとにとって、長いです)。でも、それも抜けるべくして抜けていく道。心の中では決めている…それを信じて。ここ1〜2年は真の自分の大事な「削り出し」期になるんじゃないかな...?

ひたすらgood luck!!!🔥👍⭐️


3. Posted by サラ   October 28, 2018 20:06
hiyokaさん、

フォーキャストの翻訳でお忙しい中ありがとうございます。

ASCにぴたっと冥王星が乗った方のお話、初めて伺いました。
このお話を伺って、私にも似たような出来事があったこと(女子高生時代など・・思い出しました。

そういうことなんですね。
本人にはさっぱり分からない。
どこへ行っても似たような仕打ちを受ける。
何だか自分は被害者のような気持ちにいつもなってしまうのですが、星的な見方をすれば深いところではどちらが痛い思いをしているのか解らなくなってきそうな。。

今回はその辺りも観察できれば理想ですが・・
あまり気負っても苦しくなるので、まずは無難に立ち去ることを優先したいところです。
4. Posted by hiyoka   October 28, 2018 21:03

サラさん

はい、とにかく今は心身を一度休めてくださいね(^_^
リズムは大事。メリマンコラムにもあったけれど、逆行の連続は生きてる人間全員にとって、人生の大きなストレスになっていると思います。
まずは何事も一時休息から....というより、その間にマインドの知らないところで何かが起きているかもしれませんから。
 
great trek!!!☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント10/22【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント10/29【金融アストロロジー】