🌕12/23の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)🌑1/6の新月・部分日食―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

January 01, 2019

🎍あけましておめでとうございます。

REM2019-

Happy New Year!!!

1月1日午前0時。
年が改まる瞬間。今年 このとき日本の太陽は 山羊座9°52’に。

そのシンボルが伝えるテーマは...
『まだゴツゴツと荒削りながら大きな可能性を秘めた自分という宇宙への新たな旅立ち。だがそこには生きるために、輝くために、可能性をひたすら消費していく道も待っている。心地よい肌触りも、きらめく光も、自分にとって本物であるとは限らない。赤裸々ないのちの日々の中で、服従と独立の舵取りが始まる。誰もがこの世でたったひとりの存在。ならば自ら歓びの道を選び、敢然とその道を歩む。』
 
今年はケンタウルス族のヒュロノメが山羊座10°55’、土星が11°19’、小惑星イカルスが11°50’に在泊。土星(新たな知識を得て賢明な判断を下す力、行間を読む能力を磨く、器の大きさを試される)とヒュロノメ(喪失と哀しみの乗り超え、依存を断つ、犠牲者であることからの離脱)とイカルス(上でも下でもなく常に自己の中心から平衡を保つ必要)の出迎えを受ける新年の太陽。これらを味方につけて、一年がぎゅっと凝縮した夜から、なだらかに冷気さす朝へ。小さな意志と力の芽生えが、何か大きな違いをもたらそうとしているのかもしれない。初めはそっと、ひそやかに。そして、風に乗って....!


過ぎゆく刻を透過し 存在の火とともに在れと、宙。

今年がみんなにとって良い年でありますように...!


hiyoka(^_^


hiyoka_blue at 00:00│Comments(2) パーソナル・アストロロジー | 星読み随想

この記事へのコメント

1. Posted by Lone Wolf   January 03, 2019 19:16
5 hiyokaさん、あけましておめでとうございます!

私の年明けは、初日から明晰夢に導かれ、頭を捏ねくり回す日々。そして、今日は、hiyokaさんが描かれた言葉に触れ、ジムで走りこみをしながら内省。そして、アハ体験!

歳を重ね、学校や社会で出会う現実に対し必要だ身に付けたものは、実は、今までの社会(世界)を過ごす為の自分を護る鎧だと。しかし、、、「誰もがこの世でたったひとりの存在。ならば自ら歓びの道を選び、敢然とその道を歩む」に気付いた今、”鎧は錆び果てた枷、脱ぎ捨てていく時機だ”、と理性が断じる。そうして、1つずつ、使っていた知識や思考を捨てていってます、今。

さて、私の太陽は、12ハウス山羊座12°57'というのも要因かもしれませんが、「過ぎゆく刻を透過し 存在の火とともに在れ」、この言葉が、肺腑に染みています、とてもとてもとても・・・。ステキな言葉をありがとうございます!

では、今年一年、hiyokaさんにとっても、ステキな一年でありますように!

Lone Wolf

2. Posted by hiyoka   January 05, 2019 19:15

Lone Wolfさん、あけましておめでとうございます。

ちょうど新月記事の準備を始めたところで、キリのいいところまでやってから...なんて思ってたらすっかりお返事が遅くなってしまいました(^_^;

そっか、そんな体験があったんですね。Lone Wolfさんのコメントを読んだとき、これから書く新月・日蝕のテーマともどこか呼応するような気がして、とても不思議かつ面白いなぁ...と感じました。山羊座12°台といえば、わたしの知る限りではちょうど明日の新月でそこに小惑星アマゾーンが来ますね。

アマゾーンはギリシャ神話に出て来る女戦士だけの部族から取られた名なので、通常は「フェミニズム」系の論客みたいな読み方をされることが多いようですが、わたし自身は発見チャートを見るかぎり、それよりも「究極の自己充足」を旨とする天体のような気がしています(まだまだ検証が必要だけれど)。面白いことに、アマゾーンの発見チャートのアセンダントはピタリ明日の新月が起きる位置だったりします。Lone Wolfさんは、アマゾーンの名を聞いて何か感じるものがありますか?

本当に、アストロロジーって尽きない面白さと深みがありますよね...

では。今年、Lone Wolfさんの行く手に沢山の好機が訪れますように!

great trek!!!☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
🌕12/23の満月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)🌑1/6の新月・部分日食―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)