レイモンド・メリマン 週間コメント9/23【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント10/7【金融アストロロジー】

September 28, 2019

🌑9/29の新月 ― みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新月は前回からの課題を経て、次の新月までの約1ヶ月をかけて取り組む新しいテーマが開示される時。 そしてこれは生まれた星座に関係なく、地球に生きるわたし達みんなに平等に降り注ぐエネルギーです。わたし達はこのエネルギーを使って日々、自分なりに考え行動していきます。その現れはひとの数だけ様々ですが、やがてはお互いに影響しあいながら、社会・国・世界の潮流を作っていきます。これは言い換えると、わたし達を取り囲む「空間の雰囲気」です。星読みの世界から見れば、誰もがその中で生き、そのテーマに呼応して・・(素直になったり、反抗したり、無視したりしながら・・)自分なりの人生を創造していると言えます。 その意味でも、刻々と変容していく惑星エネルギーの流れをおおまかに知っておくことは、きっと何かの役に立つのではないでしょうか。
    例えば... シンボルの光景やキーワードを覚えておくだけでも、何かに迷った時の指針になるはず。ではでは今月も行ってみます!(^_-)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★新月タイムスケジュール★
願い事やアファメーション、ヒーリング・メディテーションなどしたい方は、もし可能ならこの時間帯に合わせてみてください。エネルギーの高まりを感じとれると思います。(^_^)

【地方平均太陽時: ソーラータイム(LMT) 】
東京・関東ローカルで  9月29日03:45前後、北海道周辺で 03:51前後、関西方面(日本標準時ならこの時間)は03:26頃、沖縄周辺では 02:54前後に天秤座 05°20’ で新月となります。

前回の新月のテーマについてはココ、満月についてはココをご覧ください。

------------------------¨°☆¤☆„¸○¸„☆¤☆°¨--------------------------

サビアン・シンボルによる【 新月がもたらすテーマと挑戦 】
*ここではデーン・ルージャー(ルディアー)版やマーク・エドモンド・ジョーンズ版の解釈ではなく、透視家エルシィ・ウィーラーの伝えた象徴の言葉をそのまま書き写した「オリジナル版サビアン・シンボル」を使ったブレイン・ボヴィの解釈を参考にし、アスペクトを加味して読んでいます。
*テーマはひとつの意識の流れを表したものです。この流れは順不同に現れたり循環したり、ひとつだけ突出して感じられる場合もあります。また、解釈の内容はその時々のアスペクトを意識しながら抽出しています。


【月・太陽♎️天秤座5°~6°― 発効期:9/29~10/27 】
🌑🌞“A man teaching the true inner knowledge”
   『真実の内的知識を教える男』
            ↓
🌑🌞“The ideals of a man abundantly crystalized”
   『十分に結晶化したひとりの男の理想』

【テーマがもたらす雰囲気と挑戦(順不同)~10月27日】
※ひとによっては数日前から前倒しで感じられると思います。
※今回は新月から満月を経て次の新月まで共振し続けるキーワードを抽出しています。
 またアスペクトについては満月以降を入れるとまた長くなりすぎなので、
 新月~満月までにしました。
 キーワードは沢山出てきたので、気に掛かるものがあったらひとつだけでも頭に入れてみてね。


→★自分自身の本当の気持ちやこころの叫びを表現したいという衝動
→★これまで気付かなかった新たな創造性の芽を自分の中に見る
→★他者との交流の中であらためて自分とは誰だったのか?と自問する 
→★自分の想い、ことば、行い、体、精神が互いにはらむ矛盾に気付く必要
→★外界の規定に従わず内側から立ちのぼる自然な「わたし」を表す
→★他者を支配することとガイド役を務めることの違いを知る
→★国、社会、文化、人種や性別など無意識のステレオタイプ化に注意
→★自分本来のアイデンティティと社会的アイデンティティとのバランスを取る
→★自分だけの「詩的な表現」と「正確な描写」を場に応じて使い分ける必要
→★社会構造の中からはみ出てしまった自分の一部を大切にしていく
→★各々の人間が持つ個性、世界観、理想を形作る“抗しがたい感覚”に気付く
→★凝り固まったそれぞれの「美」「夢」「理想」が異なる観点を排除する傾向
→★一粒の砂を見て世界を語る、またはレンズごしに誇張された世界を見る
→★あやふやで曖昧な現実を掴んで自己満足に浸る傾向に注意
→★自分自身に満足しながらも同時に社会に対する不満を抱く傾向
→★現実の突出した一面だけを見てそれにこころを奪われる危険
→★それぞれのニーズを知りそれに合わせた話法やガイドラインを提示する
→★社会と個の軋轢の中で自分自身のスペースを保ちながら力を蓄える・・・→

牡羊座20°台の満月へと続く


★エネルギーのポイント:
 前回の新月『自分自身の安全神話を書き換える』
            
 今回の新月『進む、退く、かわすという所作の内に静けさを見る』
                             
190929NM


  今回の新月は時間の都合もあってアスペクト編は割愛します(場合によっては満月をお休みするかもしれません)。でも、シンボルそのもののテーマもアスペクトと被る部分があるので、それを意識しながら書いていきますね。

<新月時に形成されるアスペクトいろいろ>

⭐️新月・天王星がクインカンクス ⭐️新月・カイロンがオポジション ⭐️水星・エリスがオポジション ⭐️木星・海王星とBMリリスがセパレートでスクエア ⭐️金星・木星がセクスタイル ⭐️金星・海王星がクインカンクス ⭐️海王星とアグニ・ジュノーが オポジション ⭐️火星・イクシオン・銀河中心がコンジャンクト ⭐️ネッソス・イクシオンがクィンタイル ⭐️グリーヴ・パラスがスクエア ⭐️ヴェスタとキラルスからイクシオンにYOD

⭐️10月3日 夕刻 水星が蠍座入り
⭐️10月4日 午後 火星が天秤座入り
⭐️10月6日 太陽が月のノード軸にTスクエア
⭐️10月9日 金星が蠍座入り
⭐️10月14日 牡羊座の満月
⭐️10月23日 火星が月のノード軸にTスクエア
⭐️10月28日 蠍座の新月  火星が土星にスクエア


eso1733a



★ 9月新月のサビアン・シンボル ★


新月のベースとなるシンボル:天秤座5°
『真実の内的知識を教える男』



  まず新月がベースとしてとるエネルギーは『真実の内的知識を教える男』。これ、日本語でこう訳すとなんとなく厳かな感じがして、いわゆる「グル」とか「霊的教師」と呼ばれるひとのようにもとれます。その場合は「智識」という感じに近いかな。別にスピリチュアルな意味ではないとしても、単に社会的な知識や技術的なノウハウを教えるのではなく、より精神的な深みのある内容、もしかしたら哲学的な世界観を教えるひとなのかもしれません。おそらく「内的知識」とは、彼自身の人生そのものを通して得た智恵、知識、または世界観。そして彼はそれを伝えることで、弟子または学生達に一種のガイダンスを与えていることになります。


silhouette-1304141_1280


  でも、「真実の内的知識」って何だろう? たとえば禅の世界で師から出された公案を解くために脳ミソから血が出るくらい必死に考え続けてもどうにもならず、疲れ果てる...けれど、あるとき何かの拍子に突然ひらめいて、ただ「わかって」しまう...なんて話を読んだことがあるけれど。そんな悟りの世界までいかなくても、実はひとからひとへと「真実」を伝えることほど難しいものはないかもしれません。まして「内的な真実」となれば、どうしても伝える本人の個人的な体験の集積に影響を受けます。アストロロジーを実践しているひとなら、精神の回路ともいえる出生チャートの惑星配置によって、そのひとが「世界をどんなふうに知覚する可能性があるか」についてのヒントが掴めることを知っています(もちろん、どこまで行ってもキリがないほど奥は深いけれど)。

あるひとに備わった独自の意識が、そのひと自身の個人的な体験や記憶と共鳴しあい、何か「響き」のようなものが生まれる。そこからまた余計な夾雑物や雑多な音色をそぎ落としていって、最後に残る 何か純粋な「視点」のようなもの。もしかしたら「感じ方」。それは単なる「情報」とはどこか決定的に異なるもの。...このシンボルでひとりの男が教えようとしているのは、そういうものでしょうか? 


P1120531


  また「教える」→「教わる」という関係性が示唆されているということは、その「何か」が教える本人だけでなく、他のひと達にも共通して役立つ知識なのだという前提がありそうです。でもそれは、物事を客観的に見たときに「現実」だとか「リアリティー」と呼ばれるものとは異なります。「これは正しい」「確実だ」「明確な証拠に裏打ちされている」そんな世界とはまったく異なる層に働きかけ、しかも相手が「現実」を感知する基盤に影響を与えるかもしれない、そんな何か。しかもこれは、「そうである」ということを、ただ「知っている」状態。理屈抜きに「わかっている」状態。 時間も空間も介することなく、ただそこに「智識がある/あった/あり続ける」もの... それと同時に、個でありながらけっして「個」の中に閉じられないもの。大声で主張することも、押し頂いて追随することも出来ないもの。なのに、確かに受け渡される「何か」。「真実の内的智識」とは、もしかするとそんな感覚に近いのかもしれません。 

けれどもしこのシンボルがそこまでの物事を暗示しているとすれば、天秤座の第一ディーカン、それもど真ん中の5°に出て来るというのはちょっと違和感がある気もします。なぜなら、このあたりでわたし達が受け取るエネルギーの原型には「他者と出会い交流することから受ける刺激」「相手と自分を比較したり投影したりすることで浮かび上がる自己のアイデンティティの問題」そしてその結果として起きる「優劣の判断」などが絡んでくるからです。こうして互いを秤にかけた結果、「公正さ」や「正邪」の判別が生まれ、そんな経験を重ねることによって、わたし達は「バランス取り」を身に付けていくんですね。ならばこのシンボルが示唆する行為には、その深奥と表層との間にかなりの「幅」が存在しそうです。


P1140450


  このシンボルに対向し、補完する形となるのが牡羊座5°の『翼の生えた三角形』です。三角形は3本の直線からなる、図形の基本的なかたち。2本では閉じた図形を創れないし、1本足して3本の直線で創れる平面図形はこのかたちにしかなりません。もし「わたし」というそれぞれの「個」を「閉じたひとつの存在」だとするなら、三角形はこの世界を生きる「自分」「わたし」の基本的なかたちだと言えるかもしれません。でもこのシンボルでは、そんな厳正な幾何学的条件で成り立っているリジッドな「個」に、翼が生えています。それはきっと、わたし達に備わった思考の翼。右と左、二枚の羽を羽ばたかせて「飛ぶ」能力を持っているということ。“wing” はそのルーツが風を意味する “wind” ということばと近い関係にあるそうで、ここには風に乗って自由に飛び回る手段を得たわたし達の姿、いえ、こころ/思考の状態が示されているように思えます。

  高さが変われば見える風景も変わる。羽があれば遠い見知らぬ土地にだって飛んで行ける! それは幾何学のように固く厳しく規定されたルールを軽々と飛び越え、まるで今までの自分を超越したような感覚。これまではあまりに遠くて縁なんかない、無理だ...なんて思っていたけど、羽ばたいてみたら本当は何だって出来るのかもしれない。あぁ、もしかしたらコンピュータ・テクノロジーという羽を得て仮想世界に足を踏み入れたわたし達は、ゲームやSNSを通してちょっぴりそんな気分を味わったりしているのかもしれませんね。それが実体を持たない世界のかりそめの自由だったとしても、電子の世界では何にでもなることが出来ます。


eagle-1302197_1280


  でも、だからといって三角形そのものがかたちを変えたわけではありません。リジッドに閉じられた「わたし」はそのまま。イマジネーションの中ではルールで縛られた世界をはるか下に見て自在に飛ぶことは出来ても、実際に社会的な生き物としてのカタチは変えられない。人間が人間であるための基本的な決まりごとも、社会に護られて生きていくための条件も、たぶん変えることは出来ないし、きっと変えたいとも思わない。ただ三角形の中身を、自分自身という「知覚」や「概念」の集積を、変容させていくことは出来る。あるひとはより柔らかく、あるひとはより堅固に。ときには詩的に、透明に。あるいは一瞬、空っぽに。また別のひとは飛び回った場所のデータをきっちり詰め込んで、それをいつも咀嚼しながら飛び回ってる。「自分」という三角形はひとと違う。同じ三角だけど、みんな違う。だから人生の中で何かにぶつかり、思考の羽を伸ばし、考えて、感じて、そして得た真実はひとつ。自分だけのもの。たとえみんな並んで同じものを見ていたとしても。

  わたし達にとっての「真実の内的知識」。そしてそれを誰かに伝えようとするとき。あるいは誰かから彼/彼女自身の「真の内的知識」を伝えられたとき。わたし達はどうするでしょう? そこに生まれるのは共感か、それとも反発か? 時と場合により、または相手によってもその反応は異なると思います。でも、即座に「そうだよね...」と感じられるような内容じゃなかったとしても。話されていることばの意味がよくわからなかったとしても。 もし相手が本当に正直に、そのひとの「真の内的知識」を伝えようとしているのなら。ことばではないその “エネルギーそのもの” に触発されて、自分もまた自分自身の「真の内的知識」を伝えたいという気持ちになるかもしれません。そして、その知識の内容が互いに溶け合うにせよ、交じり合わずに終わるにせよ、互いに違う世界を生きる同じ「三角形」としての理解の上に向かいあう、そんなコミュニケーションが可能になるのではないでしょうか。


P1140393


  『真実の内的知識を教える男』が何を教えようとしているのか? そのガイダンスはきっと、単なる “ことば” を超えたもの。もしかしたらわたし達が相手のことばを聞いて思考の翼をひろげる前に、すでに自分という三角形の内部にそのひとの内部と同じ波形が伝わってくるような。その波形の刺激から、自分もまた「本当のことば」が思わずあふれ出てくるような...。相手や自分が言ったことよりも、まずその存在そのものを認めてしまうような。...もしかしたら、世界観の違いさえも超えた、生き・在るものとしての信頼。それは「声」かもしれないし「うた」かもしれない。もしかしたら、その存在そのものかもしれない...

  パートナーシップを支配する天秤座に来て遭遇するのは、誰かとのより深いコミュニケーション体験です。こんなにもコミュニケーションのツールが発達し、これからますます即座のやり取りが可能になっていく時代なのに、本当にわかり合うなんて経験はますます稀有になっている気がするのは何故だろう? 便利になればなるほどひとびとは分断され、同じような言説が飛び交う共鳴室の中で似たような色の三角形として生きようとしているのかもしれません。護るために。でも、何を?


P1030112


  さて。ちょっと説明が理屈っぽくなってしまった気もするけれど... この<天秤座 ― 牡羊座軸の5°>は、<他者とのコミュニケーション ― 自己のアイデンティティ>という対比の中で「コンセプト」が見えてきた段階だと言えます。そしてそれが、次の6°から少しずつ「実践」の段階に踏み込んでいく感じかな..。ではそろそろメインのシンボルに行ってみましょう。



新月のメイン・シンボル:天秤座6°
『十分に結晶化したひとりの男の理想』


  天秤座6°『十分に結晶化したひとりの男の理想』。結晶…クリスタライズ…クリスタル…これはやはり水晶を連想させますよね。水晶は固くて透徹していて、うまく使いさえすれば好ましいエネルギーを増大させ、悪しきエネルギーを浄化させるとも言われています。そういえば、2015年に大村智博士がノーベル生理学・医学賞を受賞したとき、博士のプログレスの太陽がここに来ていました。そんなことからも、十分に結晶化された理想ってなんだかとても美しいものに思えます。


crystal-1685590_1280


  でも「ある男の結晶化した理想」は、それがもしも膨らみきった自我の結晶であれば別の人にとっては悪夢となる可能性だってあります。たとえば今も存在する独裁的な政権が行う迫害や抑圧。とりあえず犯罪性を帯びていない限り、互いに言いたいことを言い放てる今の日本の環境からは想像もつかないような厳しい人生の在りようが世界には数多く存在しているという事実。こうしてPCに向かってこんなことを書いてる今、この瞬間も。独裁者達による統治の理想がそのままこの世界を覆って結晶化したら、生きることはとても恐ろしいものになるでしょう。こうしたことは歴史の中で沢山繰り返されてきたし、イデオロギーや利害のぶつかり合いを、人間はイヤというほど経験してきています。

もちろん世界規模なんて大きなことでなくても、わたし達の周囲では今も日々「こうあるべきだ」的な思いこみや外界(と自分自身)に対する期待感、自分が正しいと感じる物事とは異なる意見を全否定して悪や劣等と決めつける、とても硬直した言説が溢れているように感じます。いくら平和を叫んでみても、その思いの中に『今すぐデリートボタンを押して “敵” を消してやりたい』という思いが固く結晶していたら、結局は思い描いていたはずの平和な暮らしは遠のくばかり。闘争も戦争も永久に無くなりません。そしてもしそんなふうに思い定めれば、場合によっては開き直って自分を閉ざし、悪や憎しみに徹するひとも出て来るでしょう。これも相当なエネルギーが要ることだし特異な例ではあるけれど、もしそれが自分を護るための唯一最強の精神的な盾=合理化だとするならば...。


P1060311


  でも、そんなことはたぶん誰だってわかってる。けれど日々の喜怒哀楽の中で、多少なりともそんなちょっと捻れた開き直りに似た気分を味わった経験は、実は多くのひと達が持っているのではないでしょうか。あれこれともっともな理由をつけて自分を納得させながら。その思いの針の痛みを結局は自分自身にも向けながら。うん、それでも明日は来ると感じるから。だからわたし達はがんばって生きています。

とても厄介なのは、わたし達人間の中には平和や思いやりや愛を望む気持ちとともに、勝つための争いや、怒りにまかせた復讐の快感を欲する衝動が確かに存在するということです。たとえそれが、誰も(自分さえも)気付かないくらい本当に些細な受動攻撃性だったとしても。わたし達はそういった情動を「悪」と名付けて忌避し蓋をしようとします。何のために? 平和に生きるために。多くのひと達と仲良くつき合うために。けれど人間である以上、生きものとしての荒々しい血は(その激しさと顕れに差はあるとしても)どんな優しいひとの中にも流れています。そしてこれは同時に、わたし達人間を生きながらえさせ、この世界の食物連鎖の頂に押し上げてきた力でもあります。「善」と「悪」。「プラス」と「マイナス」。「ポジティブ」と「ネガティブ」。その対比がはらむ大いなる矛盾。そして相対する両極のど真ん中に屹立する、わたし達の生。それは「三角形」の三つの頂点。


P1060660


  また「最高度に結晶化した理想」を完全なる神の存在に見るひともいます。神の戒めの下で自分自身を律する。それによって、よりよい人生を生きることが出来る。計り知れないほど大きな神の愛に包まれて、自分だけでなく、他のひとのために犠牲を払うことも躊躇なく出来る。そして皆で幸せになる。矛盾に満ちたこの世を離れ、哀しみも怒りもないところへ行ける。神、または何か絶大な知性の存在に導かれるなら、それはきっと本当かもしれません。

それでも、この世界では神を奉る宗教が争いの種にもなっています。人間が集まり、組織となり、政治やビジネスが絡んで蠢きはじめたとき。またはリーダーの強大な自我とその磁力が結晶し、それが「神」に成りかわって集合体を覆い尽くしたとき。そこには下部のひとびとの間に、そして他の集合体との間に、競争原理が働くようになります。そして、自分が信じる善なるものを認めない相手を悪として排斥し、蔑むという心理が働きます。何のために? おそらく「神の教え」ではなく、自我とそれが拠って立つ立脚点を護るために。 

  中世の宗教裁判や魔女狩り、そしてその処刑はひとびとへの見せしめであるとともに、また民衆の娯楽でもありました。今は(少なくとも経済発展した先進国と言われる国々では)そこまでのことが公然と行われることはないと思うけど、形を変えた魔女狩りは今も変わらず、メディアやネットの世界で目撃することが出来ます。無実のひとをグレイにし、グレイなひとは黒にして即座に叩きのめす行為として。あるいは遠い過去の些細な染みを暴き、築き上げてきた「今」を気軽に破壊する行為として。ひとびとは即座に判断を下し、詳細な疑問点は無視されがちです。また、敵対する者同士は自分達の意見を補強する共鳴室に閉じこもり、自分達のアイデンティティをますます堅固に護ろうとします。

昨今の米国では、両極に位置するひと達が互いの「真の知識」を分かち合う機会を作ろうとしても、組織的な噂や脅しによって潰され、公人でも著名人でもないひとびとがそんな行為の犠牲となってネットやリアルなコミュニティーから排除されいくという例がいくつも出始めているようです。そんな風潮をひとびとは「キャンセル・カルチャー」と呼んでうんざりだと批判しているけれど...。もしかしたら、そこには迫り来るカプリコーン・ステリウムの重さ、そして魚座の海王星が創り出す濃霧の中でぼんやりと感じられる時代の岐路(または崖?)に対する無意識の怯えがあるのでしょうか? 同じエネルギーはおそらく世界中に浸透しつつあります。


P1140475



  わたし達は中世の残酷な異端審問官でもなければ処刑をはやす民衆でもありません。でも...思うようにはいかない人生の中で、自分の気に入らない物事や狡く立ち回った(と思える)者達を裁ける環境が与えられたとしたら。その対象を排除する行為の中に、少しでも快感が生まれたりはしないでしょうか? わずかでも自分の中に「力」を感じないでしょうか? 正義と力。それは虐げられた側こそが持つべき権利。だからそれは「善」だ。でも、わたし達はその「魔女」が本当は誰なのかをどれだけ知っているのだろう? 知らなくたってかまわない。だって魔女はわたし達と同じ場に立つ人間じゃない。そう、人間じゃないんだ。彼らは厳正なルールを破り、幾何学に縛られた三角形の身でありながら現世の高みに飛翔した「悪」なのだから......  

この天秤座 ― 牡羊座軸には、他者と自己が出会い、自他を見比べ、交流し、「互いに自立した対等なバランス」を探りながら、「期待」ではなく「信頼」を学んでいくという挑戦が待っています。その第一ディーカンの後半に至って出て来るテーマは『自分自身の中に固く結晶化していく理想や願望は、ひとつ間違えるといつしか他のひと達を、そして自分自身をも鋭く切り裂く固い刃になっていく可能性も秘めていることを知る』そんな経験かもしれません。


P1110656


        大きな理想、小さな願い。…こんなだったらいいのにな…という想い。「正しさ」「公正さ」を求める心の大元は、きっと美しかったはずなのに。 何故わたし達は、ともするとそれを闘いや怒りに変えてしまうのでしょうか? 『自分は一生懸命に “本物の内的知恵” を教えようとしてるのに、ぜんぜん聞く耳を持たない相手が悪い』。確かにそうかもしれない。それだったらやっぱりムカつく。もしその気持ちの半分以上が、本当は自分のアイデンティティを護るための合理化でないのなら。 でも、わたし達は互いの「真の内的知恵」を本当の意味で教える — 伝え合うことは出来るのでしょうか? 

  「理想」っていうと何だか高邁な政治理念とか人類全体の幸福とか、大上段に構えたイメージもあるけれど。実際その中身はひとそれぞれ千差万別です。...家族が困らずに幸せに生きられること。仕事で成功して認知されたり豊かになること。社会や共同体に役立つような人生を送ること。持って生まれた才能を活かして自立出来ること。何でもいいけど思い描いたとおりの人生をまっとうすること...などなど、想像し始めたらキリがありません。個人の場合は人生の理想を「夢」と言い換えてもいいのかもしれませんね。けれど「理想」という、いわば “抽象 ― コンセプト” に過ぎないものを「現実」として歪みなく堅固に結晶化させるには、大きな忍耐と地道な努力が必要になるでしょう。そしてきっと、集中力に加えてしなやかでフレキシブルな強靱さも。

  ちなみにこの度数の対向となる牡羊座6°のシンボルは『一角が明るく照らされている四角形』です。ん? ベースのシンボルの対向は「三角形」でしたよね。今度は直線が一本増えて「四角形」になりました。しかもその一角が明るく照らされて光ってるって? 何だろう?


black-and-white-square



  B.ボヴィは『一角だけが明るく照らされている四角形』の本質を、『物事を組織化や構造化していくことの基本的な原理(四角形)の一側面のみが特に強調されている状態』だとしています。うーん、何だかややこしい~。 つまり、バラバラなグループや集団を組織として機能するようにまとめていくために必要な、基本的な原理を象徴するのが四角形。そして、その原理の一部だけに光が当てられている状態です(他の角は暗くてよく見えないという含意もあるかも?)。

そして彼は原語の “square” に関連して、四つの角を持つ幾何学形態は「曼荼羅」の原理に通じており、また 円を十字で四つに区切ったシンボルは、生命、宇宙、人間精神の構造を表しているとも説明していました(これ、ホロスコープの「スクエア」そして「アングル」を思い起こさせますね)*
*曼荼羅の種類は無数にあるけれど、多くのものが明確な中心を持ち、その周囲にまるで蓮の花弁のように小さな四角が集まって、全体には円形をなしているものが多い気がします。中でもチベット密教の曼荼羅は抽象性が高く、その構図は「構造体」そのものを描いているように感じられます。サビアン・シンボルが降ろされた1925年、マーク・エドモンド・ジョーンズは神智学教会員でした。なので彼の薫陶を受けたチャネラーのエルシィ・ウィーラーの記憶に素養としてのチベット曼荼羅があった可能性はあるかもしれません。


tibet-625177_1280


  曼荼羅って、完全な「全体」を意味するといいます。全ての、全て。広大な宇宙を含む、存在する全て。そしてもともと原語の “square” にも、「完全」という意味があります。たとえば “square meal” と言えば「栄養的にも味の上でも完全にバランスの取れた完璧な食事」を意味するように。また他にも「街が徐々に形成されていく中心となる四角い広場」とか、「誠実」「公平」「正当」なんて意味もあります。じゃ、その一角だけが強調されているというのは... バランスが崩れているということ?

  前の度数では三角形だったわたし達。でも今は一歩進み、社会構造の中で実際に他のひと達と出会うことで「四角形」になっています。この世を生きていくために。家族や友人や社会という構造体をともに創り上げていくために。あるいは、自分の中に潜在する「完全性」を、触れることの出来る物質として見事に結晶化したくて。

「世界」という名の四角形。「わたし」という名の四角形。そのどちらにも、原型としての四つ組の構造(90°)がある。そしてその深みの中心を貫いて、それを見ている「わたし」という感覚が立ちのぼってくる..... そこから見えるものは、全てが「わたし」。そして「わたし」の鏡像。「わたし」と「あなた」というミクロの関係性に映し出される、マクロの大宇宙。そこには様々な原型 ― 知者、手品師、芸術家、愛人、活動家、戦士、王者がいて、光を当てられるのを待っている。ならば完全な四角形とは、きっとその全てのバランスが取れているということ。


P1050331


  でも、ここで四角形の一角だけに光をあてて輝かせているということは、ひとつの想い(理想)に集中し過ぎて他の角を忘れているということなのかもしれません。それは偏った想いや世界観を頑なに結晶化させ、互いに傷ついたり欠けたりしながら旅をしていくわたし達の姿でしょうか? それとも... こころに乱反射する無数の想いを濾過しながら全てが欲しいと感じる愛惜の気持ちを断ちきり、一瞬一瞬の選択を繰り返しながら懸命に何かを追求していった先人達 ― そしてわたし達 ― が手に入れた「個性のかたち」なのでしょうか?

  もしかしたら、そのどちらでもあるのかもしれません。人間ってどんなにヤサグレていても、どこかに希望があるから生きているんだと思います。 もしかしたら出逢えるかもしれない。もしかしたら辿り着けるかもしれない。とにかくやってみよう、やるしかないって。そしてこうも思います。四角形は、そのままではただ静かにそこに存在するだけ。わたし達もまた、ただ立っているだけ。思い切って一歩を踏み出そうとすれば、必ずバランスを崩す瞬間がある。その前に、踏み出した足を地に着ける。歩いていくということは、その繰り返し。そうやって、出逢いと別れを繰り返しながら、どこまでも歩いて行こうとする。前後左右上下、どの方角にでも。

本当はただ立っているだけで、そこに居るだけで、初めの始まりから自分も世界も全てが完成しているのだとしても。それをただ感じればいいのだとしても。わたし達が鏡を見る。そこに映った世界は動いてる。だからわたし達も、動いていく。四角形の一角を輝かせ、それを道しるべとして。全てを見られる、そのときまで。

  天秤座6°でわたし達は、たぶん小さな一歩を踏み出すのではないでしょうか。あるひとは、新たな現実に向かって。あるひとは、新しい出逢いに向かって。それは自分を識るために、相手を、物事を、世界を、秤にかける旅。 でも、忘れないで。「わたし」という感覚の深奥、そのどこかに、まだ見たことのない永遠の完成形が生きているかもしれないことを。


P1050194


  人間が抱く理想や夢が透明な結晶となって顕現する可能性。そして頑ななこころの刃が大切な未来を切り裂く危険。 「わたし/達」と「あなた/達」が出逢うところ。抽象的で奥深い意味合いを沢山含んだ天秤座 ― 牡羊座軸の5°~6°。そして次の7°から先は、対人関係や社会的なコミュニケーションでどんどん実践的な挑戦のテーマが出て来ます。なので気持ちがどどーんと重くなってみたり、また何かの拍子に昂揚したりと気分の波が激しくなるひとがいるかもしれません。でも、そのときそのときの気持ちが向く対象に集中し過ぎると、ストレスで本当に心身のバランスを崩してしまうかも?

10月14日の牡羊座の満月は、牡羊座らしくかなりアグレッシブな(火星的な)度数で起きます。そのエネルギーもたぶん前倒しで来ると思うので、対人関係では上辺のやり取りなどあまり細かいことは気にしないで行きたいと思います。もしそれがその場限りのことなら『あぁ、これって四角の一角だけを結晶化させてるシーンだな...』とか思いつつ、軽やかにバランスを取っていきましょう。そして、今自分が「わたし」という内的宇宙の片隅で何を結晶化させようとしているのか、それを見ていたいと思います。


hs201531awebprint




have a great trek!!!

hiyoka(^_^


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント9/23【金融アストロロジー】レイモンド・メリマン 週間コメント10/7【金融アストロロジー】