レイモンド・メリマン 週間コメント2/10【金融アストロロジー】🌑2/24の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)

February 16, 2020

レイモンド・メリマン 週間コメント2/17【金融アストロロジー】

http://www.mmacycles.com/
レイモンド・メリマン・コラム  2020年2月17日(フリー版より)

翻訳:hiyoka  
文中の日付・時間はすべて米/東部時間です。
自身の学習のための翻訳文です。日本語になりにくい箇所は意訳があります。また知識不足による誤訳があるかもしれません。原文は上記サイトで無料で閲覧できますので、よろしければそちらもご参照ください。またご意見やご感想、間違いのご指摘などいただけましたら嬉しいです。また投資日報社さんでは無料コラムには記載の無い情報や、文中のメリマン用語の解説も掲載されるそうですので、そちらもぜひご覧ください。 翻訳者はこの記事をアストロロジー学習者向けのエッセイに近いものと捉えています。詳細な相場予測や何らかのトレードを推奨するものではありません。投資に関するアドバイスをお求めの方は投資日報社さんまたはMMAサイトにて講読版をお求めください。また文中の * は翻訳者によるものです。原文が "ファンキー" な時は、時々お節介な訳注が入るかもしれません。
--------------------------------------------------------------------------

来週のコラムはお休みします。🙇‍♀️


≪ 先週をふり返って ≫

  “連邦予算の赤字は会計年度初めの4ヵ月で25%増加した... 1月までの12ヵ月で歳入は6.7%増加し、2016年2月以来最大となった。歳出は8.8%の増加で、赤字総体を1.06兆ドルに押し上げた。これは前年度から16.4%の増加となる。”

— Kate Davidson
  “Deficit Widens as Spending Hits High”
  Wall Street Journal 2020年2月13日付

  “(ジュディ・シェルトンによる)生産性(不足)に対する解決策としての金融安定化を精力的に防衛する姿勢は、彼女がかつて提唱していた金本位制などよりも自分達のモデルがいかに優れたものであるかを説こうとした今日の正統派を当惑させた。過去50年にわたる連続的な失敗に照らして見れば、彼らがそれを主張することは出来ない。彼女のFRB理事への指名が経済学の専門家やその友人でもある報道関係者らからの辛辣な批判を引き起こしたのは無理からぬことだ。彼らが示したシェルトン氏への不快感は、彼女がおかしな人物だということではない。彼女が正しいかもしれないということだ。”

— Joseph C. Sternberg
  “Why the Economics Establishment Hates Judy Shelton”
  Wall Street Journal 2020年2月14日付


  先週、米国とヨーロッパの株式指数は好調な推移を見せた。金曜にはドイツのDAXとチューリヒのSMI、同様に米国のS&P先物指数に史上最高値が示現している。それより2日前の2月12日にはダウ工業平均、1日前の13日にはナスダック総合も史上最高値を記録している。またアムステルダムのAEXも、2001年2月以来の最高値水準まで舞い上がった。

ジオコズミクスの観点から言えば、この反騰の一部はトランシットの火星がニューヨーク証券取引所の設立図(バトンウッド・チャート/1792年5月17日)の木星・海王星コンジャンクションに調和的なアスペクトを形成したことに依るものだ。ユーロ通貨は2017年4月以来の最低水準に下落していたが、ヨーロッパの株式指数は弱い通貨に対するサポートとなった。

これは欧州連合の全ての加盟国が財政規律を欠いている中、金融緩和策(マイナス金利など)を続行する時に起きる。米国でも似たようなもので、FRBは最近(金曜までの現先市場など見ても)非常に緩和的な政策を採っており、米国政府は再び1兆ドルもの赤字を積み上げた。全ての流動性は株式市場へとなだれ込む — 債務上限を突破し、信用調査機関が介入してくるまでは。こうした状況は2020年〜2023年、冥王星(負債と税金)が米国、現米国大統領、FRBおよびその議長、そしてニューヨーク証券取引所のチャート上で強力に働く時、浮上してくる可能性がある。ひょっとするとジュディ・シェルトンは本当にこれに対応する正しいアイデア(たとえば金のような資産に裏付けされた通貨制度など)を持っているのかもしれない。

  アジアと極東地域では、おそらくコロナウイルスのパンデミック化に対する恐怖が続いたせいで株式指数に史上最高値は示現していない。それでも上海総合とハンセン指数は2月4日まで続いた大規模な下落から2週間でかなりの回復をみている。

  原油は前週に1バレルあたり50ドルを下回る数ヵ月ぶりの安値をつけた後に強さを取り戻し、好調な週となった。金と銀はいまだに3週の間につけた安値と高値の間で取引されている。これらは方向性を探る形となっており、今週末の2月16日から始まる多くの新たなジオコズミック・サインの訪れとともに向かう先を見出すかもしれない。連邦準備制度理事会へのジュディ・シェルトンの指名承認も、金の強気相場に対する追い風となる可能性がある。



≪ 短期ジオコズミクス ≫

  “最も危険な人物 — それは自分が何も知らないことを知らぬまま、自分こそが誰よりも物を知っていると思い込んでいる人物だ。”

— 匿名人の言葉

  “トランプは1987年、マンハッタンの共和党員として登録し、それからは属する政党を5回変えた。2001年8月、トランプは民主党へと所属を変更した。2009年9月、トランプは再び所属政党を共和党に変えた。2011年、トランプは所属政党なし(独立系)となった。そして2012年4月、トランプはまた共和党に戻った。”

— wikipediaより

  “ブルームバーグは2002年最初の任期以来、ニューヨーク市の108代目の市長として連続3期を務めた。人生を通じて長らく民主党員だったブルームバーグは、2001年に共和党員として市長選に立候補するために所属政党の登録を変更している。”

— wikipediaより


  さあ、“彼” が再びやって来る。今週末の2月16日(日本時間17日午前中)には、買ってやられ売ってやられの市場の上下動や、朝令暮改の政策発表など、悪名とどろく兆しの出番だ。彼は3月9日(日本時間10日昼)まで舞台に躍り出る。いや、ドナルド・トランプやマイケル・ブルームバーグの所属政党変更の話をしているのではない(トランプは以前民主党員で今は共和党の大統領であり、ブルームバーグは元共和党のニューヨーク市長で今は再び民主党に帰還して大統領候補選に出馬している)。

今ここで話しているのは水星逆行、すなわち鳥ならミチバシリに例えられるトリックスターで、支持帯や抵抗帯の騙しのブレークアウトに相関し、また全ての事実を把握する前に早計で軽率な決定を下したり、あるいは以前の立ち位置やポジションを覆したりする傾向を促進させる存在のことだ。しかも今回の彼は、持ち前の異世界的かつ非現実的な才能をフルに発揮するかもしれない。何故なら彼は、狂ったような夢心地にもなれるが、多くの場合ファンタジーに陥りがちな星座宮、魚座で逆行を開始するからだ。

  これはあなたが何かハッピーな歌でも歌いたくなる時だ。何故ならあなたは恋をしている。あるいはまた、考え得る最悪の時に最悪なことを口にして恥ずかしさと後悔にまみれ、まるで呪いにでもかかったような気分で今やブルースの一節でも口ずさみたくなる時だ。この魚座の水星逆行が発効中は、何を提案するにあたっても、「当の相手と同じ土俵上に在るかどうか」をしっかり確認したほうが良い。いや、あなたの(または彼らの)頭にあるのは「提案」でさえないかもしれない。むしろ多くの「要求」やら「命令」として口に出される可能性がある。

だが、大統領候補に名乗りを上げている一部の人々のように、伝えるべき言葉選びにしくじったり、相手の名前を間違って呼びかけたりするかもしれない。もし売買の際にブローカーを通しているなら、たとえばあなたの携帯電話が一時的に不通になった後で(水星逆行中にありがちなこと)再び繋がった時、自分の意志が「売り」の代わりに「買い」と(あるいはその反対に)伝わっていないかどうかをよく確認することだ。 水星逆行、とりわけこの魚座での逆行中は、あらゆる分野、領域において奇妙なことが起き、結果的に間違っている可能性がある(それは最初のうちは上手くいったように見えがちだ)。

  さて、これは市場にとって何を意味するだろう? 大したことではない。ただし、近接しあって起きる突然で短期的なリバーサルと相関することを別とすればだが。とはいえ、必ずしもプライマリー・タイプのリバーサルとは限らない。ほとんどの場合、それは取引サイクルの問題だ。つまり、あなたは取引することは出来るが、それと添い遂げようなどと思わないないほうが良い。

  それでもこの水星逆行は、いつもよりもっと重要な意味を持つ可能性がある。火星もまた同じ日に山羊座入りするからだ。これは取引サイクルというよりも、もっと大きなサイクルと相関するかもしれないことを示唆している。これは大きい。(まぁ、木星が支配する魚座や射手座を水星が運行する時は、ほとんど全ての物事が「もの凄いこと」として扱われるのだが..)

それにしても、火星の山羊座入りが何故それほど大きいのか? 
その理由は、連邦準備法が成立したのが1913年12月23日であり、当時太陽は山羊座1°に在泊して蟹座0°の冥王星とはオポジションを形成していたからだ。これはFRBが世の話題に上る時期を強調する兆しかもしれない。そしてそれは多くの場合、Tノートや通貨のように金利に関連する市場を動揺させる新たな政策や発表で、その後間接的に(または直接的に)貴金属や株式市場の価格変動へと波及していく。

  魚座で水星が逆行する時は、全てが非常に上手くいったと思った途端にカーブボール(またはスクリューボール)を投げてよこされるような感覚かもしれない。 突如として関心の焦点は変わる(こう言うと、まるで魚座を逆行する水星が何かに焦点を当てることが可能であるかのように聞こえそうだが)。 しかし、その関心の変化は果たして事実に基づいているのか? それとも単なる噂なのか? 魚座を逆行する水星がちょっと目眩を起こすのは、ここだ。

ある時は、状況は上手くコントロールされているように見える。だが翌日には不安定な状況に戻ってしまう。そして金融市場は多くの場合、こうした良いニュースと悪いニュース、喜劇と悲劇の度重なる転換劇にその都度ムチ打ち状態の上下動(ウィップソー)となって反応し続ける。だがそれは、長期的に見ればほとんど意味を持たない動きだ。

  トレーダーと投資家は、特に水星が魚座で逆行するような時は、より大きな視点から物を見ていく必要がある。この時間帯は、あまりにも多くのノイズや雑音に注意が行ってしまう可能性があるからだ(つまりウィップソーが起きる)。

では、私達が見るべき大きな視点からの物事とは何か? それはまさに、先週のウェビナーで説明したとおりだ。株式市場は長期サイクルの天井をつけるにあたっての延長時間帯に在る(2019年4月~2020年11月)。これは木星が射手座10°~山羊座20°を運行する時期を基にしているが、私の推定では85%の確率で20~50%の下落が起き、そしてその後2021年の土星・天王星スクエアへと続いていく。この詳細は過去に起きた土星・天王星、および土星・冥王星ハードアスペクト一覧に記載されており、ウェビナーの参加者に提供した。

  短期的に見れば(結局のところ私達はトレーダーでもある)、ちょうど2月16日は、多くの金融市場におけるサイクルの各頂点(安値または高値)に対し、歴史的な相関性を持つ8つのジオコズミック・サインが続々と起きてくる3週間の始まりとなる。

2月16日の水星逆行と火星の山羊座入りと同様に(あるいはさらに)重要なのは、2月23日〜3月3日、トランシットの金星が木星、土星、冥王星(カプリコーン・ステリウム)にスクエアを形成していくこと、そして3月8日に起きる太陽・海王星、金星・天王星との2つのレベル1(最強)コンジャンクションだ。またこの日は水星が順行に転じる前日でもある(3月9日/日本時間10日昼頃)。

通常なら、私は今後の3週間に為される約束は突飛で一貫性がないと言うかもしれない。ただし、魚座で逆行する水星の下での約束はけっして果たされない可能性があることを私は知っている。

ならばいっそのこと、歌ったり踊ったり、もしかすると瞑想でもしているほうが良いかもしれない。それでも、「事実」として流布される「噂」には十分気をつけてほしい。






訳文ここまで
—————————————————————


hiyoka_blue at 20:55│Comments(0)│ │金融アストロロジー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レイモンド・メリマン 週間コメント2/10【金融アストロロジー】🌑2/24の新月―みんなに降り注ぐエネルギー(フツウの戦士サンたちへ♪)